喧嘩別れでも復縁できる?成功の可能性を上げる冷却期間

喧嘩別れをした元彼と復縁したくて悩んでいませんか? 仲直りをして元のようによりを戻したいと思う一方で、喧嘩別れしたら復縁は絶望的かもと落ち込んでいるかもしれません。連絡したいと思っても、LINEをしていいのか、本当に仲直りできるのか、すごく不安ですよね。 そもそも、喧嘩別れでも復縁ってできるのでしょうか?この記事では、喧嘩別れをした場合の復縁率、喧嘩別れからの復縁の方法、喧嘩別れから復縁までのベストな冷却期間について紹介します。

喧嘩別れをした後に復縁できる可能性

喧嘩の原因の違いで復縁できる可能性は変わる

彼氏との喧嘩別れほど、後悔する別れ方はないのではないでしょうか。「どうして別れてしまったんだろう」「もっと冷静に話し合えばよかった...」と後悔する気持ちはわかりますが、別れた以上はどうすることもできません。

あなたのやれるべきことは、未練を断ち切って前に進むか、元彼との復縁を目指すかの2つの1つです。復縁に成功すれば、別れた彼氏ともう一度関係をやり直すことができるでしょう。

しかし、そもそもの復縁の成功率は低く、喧嘩の原因によっては、復縁できる可能性がゼロに近い場合もあります。どれだけ努力をしても、どれだけ時間をかけても、復縁がうまくいかないことを理解してください。

ただ、可能性がゼロでない以上は、あなたの頑張り次第で復縁のチャンスを掴めるかもしれません

喧嘩別れは復縁率が低く、復縁が難しい。

正直に言えば、喧嘩別れは復縁率が低く、相当な努力と時間をかけなければ、復縁をすることは難しいでしょう。むしろ、復縁できない可能性が高く、貴重な時間を無駄にして、せっかくの幸せになれるチャンスを逃してしまうかもしれません。

ただ、喧嘩の原因や、復縁までの正しいプロセスを踏むことによって、多少は復縁の成功率を上げられる可能性があります。

・喧嘩別れをした彼氏はどう思っているのか
・どうすれば別れた彼氏と仲直りできるのか
・LINEや電話はどのタイミングでするべきなのか

など、いくつもの重要なポイントを抑えることが、復縁を成功させる秘訣です。

どんな気持ち?喧嘩別れしたあとの男性心理

この記事を読んでいる人は、彼氏と喧嘩別れしたことを後悔しているのでしょう。しかし、復縁をするためには、別れたあとの彼氏の気持ちを知る必要があります。

復縁を成功に導くための第1歩として、喧嘩別れしたあとの男性心理を見てみましょう。

男性心理1:元カノのことがムカつく

喧嘩別れをしたあとの彼氏は、元カノに対する怒りでイライラしていると思われます。

直接的な喧嘩の原因だけではなく、付き合っていた頃に感じていた不満までもが溢れ出して、腹を立てている可能性も考えられるでしょう。

ただ、個人差はありますが、時間が経てば彼氏の怒りはおさまるはずです。いつになるかはわかりませんが、しばらくは彼氏をそっとしておきましょう。

男性心理2:元カノと完全に縁を切りたい

喧嘩別れをした彼氏の怒りがおさまらなければ、完全に元カノとの縁を切りたいと思うことがあります。実際に、元カノの電話番号やLINEをブロックするケースは多く、人によっては、引っ越しをして自分の居所をわからなくするほど、徹底して元カノとの縁を切る場合もあるようです。

すでに2人は別れているので、縁を繋ぎとめる必要性がないのは確かです。ただ、別れた彼氏と音信不通になったとわかったときは、相当なショックを受けてしまうでしょう。

男性心理3:元カノと別れられてホッとしている

彼氏から別れを切り出したケースでよく見られるのは、元カノと別れられてホッとしていることです。

とくに、喧嘩をした元カノを振った男性は、以前から不満を抱いていた可能性が高く「めんどうな彼女と別れることができてよかった」「やっと自由になれた!」と、嬉しく感じる傾向がみられます。

怒っているわけではないのですが、元カノに対する興味や関心がほとんどないため、彼氏の気を惹くところからやり直す必要があります。

男性心理4:少し言い過ぎたと反省をしている

喧嘩別れをした直後は、元カノに腹を立てていたとしても、怒りという感情は、時間と共に静まっていくものです。

実際に、別れてしばらく経つと「ちょっと元カノに言い過ぎたな」「もう少し冷静でいればよかったな」と、反省している男性は多くいます

ただ、別れてどれくらいの期間で怒りがおさまるかについては、喧嘩の原因や別れ方によって異なりますので、別れてからの彼氏の近況や心境をしっかりと見極めなければいけません。

男性心理5:喧嘩別れをしたことを後悔している

喧嘩別れをしたあとに「何であんなことで別れてしまったんだろう…」「もっと元カノの話を聞いていれば別れることもなかったのに…」と、後悔している場合もあります。

彼氏本人に喧嘩の原因があると自覚していたり、喧嘩中に元カノへ言い過ぎたことを反省しているのでしょう。

また、別れて時間が経つほど怒りは静まるものです。冷静さを取り戻したことによって「喧嘩別れなんてしなければよかった」と後悔している可能性もあります。

喧嘩別れからの復縁を成功させるポイント

では、ここから喧嘩別れから復縁するポイントについて見てみましょう。先ほど解説した【喧嘩別れをしたあとの男性心理】を踏まえると、より復縁の成功率を上げることができるはずです。

ポイント1:しっかりと冷却期間を置く

喧嘩別れに限らず、別れた彼氏と復縁をするためには、しっかりと冷却期間を置かなければいけません

冷却期間は、復縁の準備をする期間であり、意味のある過ごし方をしなければ、どれだけ時間を空けたところで復縁することはできません。

後ほどパターン別のベストな冷却期間を解説しますが、一般的な冷却期間は約3ヶ月といわれています。ただ、喧嘩別れの場合は、彼氏からの印象が悪くなっていたり、喧嘩の原因や喧嘩の度合いで、復縁に必要な冷却期間が異なります

冷却期間中は、喧嘩の原因を明確にしたうえで、彼氏の気持ちを取り戻すための準備をしておきましょう。

ポイント2:喧嘩の原因を解決する

冷却期間は、ただ時間が過ぎるのを待つだけの期間ではありません。喧嘩の原因を理解して、しっかりと反省しなければ復縁に繋げることができないのです。

たとえ喧嘩の原因が彼氏にあったとしても、喧嘩両成敗という言葉がある通り、あなたにも反省すべき点があります。

自分が変わらなければ、別れた彼氏と仲直りすることも、もちろん復縁をすることもできません。最低でも3ヶ月間の時間がありますので、彼氏と喧嘩別れしたときをじっくり振り返りましょう。

ポイント3:自分から歩み寄る

そもそもの話ですが、喧嘩別れした彼氏と復縁をするためには、まず仲直りをしなければいけません

仲直りをする秘訣は、自分から歩み寄ることであり、たとえ喧嘩の原因が彼氏にあったとしても「言い過ぎてごめん」と、自分から謝ることが必要なのです。

ただ、謝る手段や、どんな謝罪の言葉を使うかによって、彼氏に与える印象が変わります。うまく謝ることができれば、別れた彼氏によい印象を持ってもらえるでしょう。

ポイント4:信頼を取り戻す

喧嘩別れした彼氏と仲直りをしていることが前提ですが、仲直りしたからといって復縁できるわけではありません。

一度別れた以上は、彼氏との信頼関係が失われています。もちろん、あなたに対する愛情も興味も失くしている可能性が高く、ゼロから信頼関係を築き直さなければいけないのです。

仲直りするまでにも時間がかかったと思いますが、復縁をするためには、さらに長い時間がかかると考えておいてください。

友達からやり直して、少しずつ確実に信頼できる関係を築いていきましょう。

喧嘩別れから復縁する方法4選

先ほどお伝えした【喧嘩別れからの復縁を成功させるポイント】を踏まえて、より具体的な復縁をする方法を見てみましょう。

以下の方法を参考にすれば、喧嘩別れした彼氏と復縁できる確率を上げることができるはずです。

復縁する方法1:まずは謝罪の連絡をする

「喧嘩別れした彼氏と復縁したい」「別れた彼氏に連絡したい」と、あれこれ考えていると思いますが、そもそも別れた彼氏と仲直りをしなければ、復縁をすることはできません。

仲直りをするためには謝罪が必要であり、自分の気持ちがうまく彼氏に伝われば、仲直りをすることができるはずです。また、謝罪は彼氏に連絡をするきっかけの1つにもなるため、疎遠になっていた2人の距離を縮めることができます。

謝罪の連絡をするタイミングや文面に気をつけて、仲直りを成功させましょう。

復縁する方法2:時間をかけて良好な友達関係を築く

お互いに謝罪をして仲直りができれば、今度は良好な友達関係を築いていきましょう。

謝罪をしたから、謝罪を受け入れてくれたからといって、すぐにもとの関係に戻れるわけではありません。

あくまで謝罪を受け入れただけで、彼氏からの印象がよくなるわけでも、信頼関係が修復されるわけでもないのです。

はじめはギクシャクした関係かもしれませんが、定期的に連絡を取り合ったり、グループ交際から再スタートしたりと、少しずつ別れた彼氏との関係を取り戻しましょう。

彼氏が他の女性と仲良くしている姿を見たり、恋愛相談を受けることがあるかもしれませんが、グッと我慢してよき相談者を目指してくださいね。

復縁する方法3:成長した自分をアピールする

適度な距離感を保ちつつ、元彼と連絡を取り合ったり、グループ交際を続けていれば、次第にもとの関係に戻っていくでしょう。

ただ、仲直りをすることができても、喧嘩別れをしたときから成長できていなければ、別れた彼氏の気を惹くことができません。

ダイエットやイメチェンといった可愛くなる努力をしたり、誰からも慕われる優しい女性になったりと、しっかりと自分磨きをしてアピールしていきましょう。

人として、女性として成長することができれば、別れた彼氏に「やっぱり別れるべきではなかった…」と後悔させることがでかるはずです。

復縁する方法4:繰り返しデートをする

喧嘩別れした彼氏とある程度の関係に戻れたのであれば、2人だけのデートを繰り返しましょう

2人きりのデートであれば、お互いに向き合うことができるため、気持ちを確かめたり、自分の魅力をアピールすることができます。

また、デートで直接コミュニケーションを取ることによって、ぎこちなかった心の距離を一気に近づけることもできるはずです。

付き合っていた頃の気持ちを思い出してもらえる期待もできますので、復縁の成功率を上げることができるでしょう。

喧嘩別れをした...仲直りにベストな冷却期間

「喧嘩別れをした彼氏と仲直りしたい」「喧嘩別れをした彼氏と復縁したい」と考えていると思いますが、いずれにしても、冷却期間を置くことが成功に秘訣です。

ただ、どんな喧嘩をしたのかによって、置くべき冷却期間の日数は異なります。そこで今度は、喧嘩のパターン別でみる仲直りにベストな冷却期間を見てみましょう。

喧嘩をした勢いで別れた場合:1~2週間

突発的な喧嘩の勢いで別れてしまった場合は、1~2週間ほどの冷却期間で問題ありません。一時的に感情がヒートアップしているだけの可能性が高いため、1~2週間もあれば気持ちが落ち着きやすく「なんで別れてしまったんだろう...」と、反省することができるのです。

また、距離を置いている期間が短い分気まずくなりにくく、連絡がしやすかったり、謝りやすいといったメリットがあるため、スムーズに仲直りをすることができるでしょう。

以前から喧嘩を繰り返していた場合:3ヶ月程度

以前から喧嘩を繰り返していた結果、別れてしまうカップルがいると思います。

お互いが相手に対して不満を溜め込んでいる可能性が高く、突発的な喧嘩別れをしたケースのように、短い冷却期間で仲直りをすることは難しいといえます。

最低でも3ヶ月程度の冷却期間が必要であり、喧嘩の原因を振り返りつつ、本当に復縁をするべき相手なのかを考えていかなければいけません。

「早く仲直りしたい・復縁したい」と焦っているかもしれませんが、不満が溜まっている分、気持ちが落ち着くまでに時間がかかると考えておきましょう。

3ヶ月の冷却期間中に、別れた彼氏の気持ちを取り戻す準備を進めておくことが大切です。

喧嘩の原因が浮気などの深刻な場合:半年~1年以上

カップルによって、喧嘩の原因はそれぞれですが、浮気や借金といった深刻な問題が原因で喧嘩別れをした場合は、相当な時間がかかります。恐らく1年前後の冷却期間が必要になるでしょう。

たとえば、浮気が原因で喧嘩別れをした場合、一瞬にして2人の信頼関係は壊れてしまいます。加えて、愛情もなくなっている可能性が高く、むしろ嫌われているといっても過言ではありません。

また、浮気をされた怒りや悲しみ、浮気をした相手への恨みや憎しみの負の感情や
、浮気をされた側の衝撃が簡単に消えることはないのです。

どちらに喧嘩の原因があるかでも、置くべき冷却期間は変わりますが、1年前後の期間を置いて、相手の信頼を取り戻す努力をしておく必要があります。

彼氏と喧嘩別れをしたあとの連絡の取り方とは

喧嘩別れをしたパターンからみるベストな冷却期間を紹介しましたが、いくら仲直りしたいと思っても、別れた彼氏に連絡をするのは勇気がいりますよね。

そもそも、連絡をするきっかけやタイミングがわからない人も多いはずです。そこで今度は、彼氏と喧嘩別れをしたあとの連絡の取り方を見てみましょう。

連絡の取り方1:自分の悪かった点を反省しておく

直接彼氏に連絡をするまでのことですが、まずは自分の悪かった点をしっかり反省しておきましょう。仲直りしたいから、復縁したいから「とりあえず謝ろう」という考えでは、彼氏に気持ちが伝わりません。

根本的な喧嘩の原因が彼氏にあったとしても、喧嘩中に言葉で彼氏を傷つけたことなど、謝罪をする理由を明確にしておくことが大切なのです。

連絡の取り方2:LINEを送って彼氏の様子を見る

彼氏と喧嘩別れをして最初の連絡は、電話ではなくLINEをおすすめします。

LINEであれば、彼氏に時間的にも精神的にも余裕を与えることができるため、返事がくる確率を高めることができるのです。また、たとえ返事がなかったとしても、あなたの気持ちを知ってもらえる可能性もあります。

LINEで連絡をしたあとは、しばらく彼氏の様子を見ておきましょう。

連絡の取り方3:文面は謝罪からはじめる

喧嘩別れをした彼氏に送るLINEの文面は、謝罪の言葉からはじめまじょう。

「久しぶり。あの時のことをちゃんと謝りたくて連絡しました…酷いことを言って本当にごめんなさい」と、謝罪をすることによって、彼氏の気持ちを落ち着かせることができるため、お互いに喧嘩別れを反省して、仲直りしやすくなるでしょう。

別れた彼氏と復縁をすることが最終的な目標ですが、まずは仲直りをしないことにはどうすることもできません。復縁したい気持ちを押しつけるのではなく、謝罪を目的としたLINEの文面を心がけましょう。

連絡の取り方4:しつこく連絡をしない

喧嘩別れをした彼氏にLINEを送ったからといって、すぐに返事がくるわけではありません。

まだ、あなたに対する怒りがおさまっていなかっり、単に仕事が忙しかっりと、なにか理由があって返事をしてくれない可能性が考えられます。

別れた彼氏からLINEに返事がこなければ、復縁できない不安や焦りを感じてしまうでしょう。ただ、しつこく彼氏にLINEを送れば、それこそ自分の印象を悪くしてしまいます。

LINEの返事を2〜3週間ほど待って、それでも返事がなければ、もう一度LINEを送ってみてください。

喧嘩別れ後におすすめ!具体的なLINEの例文

喧嘩別れをした彼氏にLINEを送りたくても、どのような文面にするかは悩みどころですよね。きちんと読んでもらうことはもちろんですが、自分の気持ちが伝わらなくては仲直りをすることが難しくなります。

そこで今度は、喧嘩別れをした彼氏に送るおすすめのLINEの例文を見てみましょう。

例文1

久しぶり。元気にしてるかな?

喧嘩をしたときのことを、きちんと謝りたくて連絡をしました。

今さらなかったことにはできないけれど、あのとき〇〇君に酷いことを言って、傷つけたことを後悔しています。

本当にごめんなさい。

これからは、大切な人を傷つけないように頑張っていくね。

先ほどお伝えしましたが、まずは謝罪の気持ちを伝えることが大切です。ただ、喧嘩したことを謝るのではなく、謝っている理由を明確に伝えましょう。

また「男は女の涙に弱い」と言われる通り、女性が落ち込む姿に「冷たくするのがかわいそうになってきた…」と、考えを変えてくれることがあります。

このことから、謝罪の言葉に加えて後悔していることを強調すると、彼氏の気持ちを揺れ動かすことができるかもしれません。

例文2

あのときは、私が〇〇していれば別れることにはならなかったよね。

いつも〇〇君が優しく注意をしてくれていたのに、理解したつもりで本当はわかっていなかったんだと思う。本当に悪いことをしてごめんなさい。

もっと早くこのことに気づけばよかった...

でも、〇〇君のおかげで自分を成長させられそうです。本当にありがとう。

こちらの例文の基本は、例文1と同じです。はじめに謝罪の言葉を伝えつつ、後悔していることをアピールすれば、彼氏に印象よく思ってもらえるでしょう。

また、文面の最後に「◯◯君のおかげで…ありがとう」と書かれている通り、感謝の気持ちを伝えることによって、より好印象を与えることができます。

また、文の末尾に「ありがとう」を書くことによって、2人の関係が完全に終わる印象を持たせることができるため、彼氏にあなたがいなくなる寂しさを感じさせることができるのです。

印象がよいだけではなく、彼氏の意識を自分に向ける効果が期待できるのではないでしょうか。

復縁率が下がる!喧嘩別れをした後のNG行為

喧嘩別れをした後は、彼氏に対する怒りで冷静でいられなくなるでしょう。ただ、感情的に取った行動は、復縁率を下げてしまうのです。

ここでは、復縁率が下がる喧嘩別れをした後のNG行為を紹介します。以下のNG行為から1つでも当てはまる行動を取っていた人は、復縁をすることが難しいかもしれません。

NG行為1:元彼の悪口を言いふらす

喧嘩別れをした直後は、彼氏に腹が立っていると思いますが、間違っても周りの人に彼氏の悪口を言ってはいけません。悪口を言っていることは、友達を通して彼氏の耳に入る可能性が高く、喧嘩別れをしたとき以上に印象を悪くしてしまいます。

もしかすると、完全に縁を切りたいと思われて、電話やLINEをブロックされるかもしれません。冷静になって「復縁したい」「連絡したい」と思ったところで、どうすることもできなくなるのです。

別れた彼氏のことがムカついたとしても、他人に悪口を言うことだけはやめましょう。

NG行為2:喧嘩の原因を元彼に押しつける

根本的な喧嘩の原因はありますが、喧嘩をした時点でお互いに責任があります。彼氏1人に喧嘩や別れた責任を押しつけていれば、いつまで経ってもあなた自身が反省することができないでしょう

心から反省をしていなければ、気持ちのこもった謝罪をすることができず、彼氏からの印象を変えることもできません。喧嘩別れをしたときの悪い印象のままであれば、復縁することが難しいといえます。

NG行為3:復縁したいと泣いてすがる

冒頭で解説した通り、喧嘩別れの復縁率が低く、復縁を成功させるために必死に努力をしたとしても、一度離れた彼氏の心は簡単に取り戻すことはできないのです。

だからといって「復縁したい」と泣いてすがれば、彼氏に引かれて、余計に復縁をすることが難しくなります。やるだけのことをやって、それでも復縁をすることができなければ、彼氏への未練を断ち切って前に進みましょう

復縁後にうまく付き合っていく方法

復縁を成功させることは大事ですが、復縁後をどう付き合っていくかも考えなければいけません。

とくに喧嘩別れをしたカップルは、復縁後の付き合いに気をつけなければ、また喧嘩別れをしてしまうでしょう。ここでは、復縁後をうまく付き合っていく方法を紹介します。

方法1:相手の意見や価値観を尊重する

復縁後は、これまで以上に相手の意見や価値観を尊重した付き合い方をしていきましょう。

相手の意見を受け入れることは、お互いの考えをより深く理解することに繋がります。付き合うなかでストレスを感じることなく、固い絆で結ばれたカップルになれるでしょう。

もちろん喧嘩も減りますので、円満な関係でいられるはずです。

方法2:優しさや思いやりの心を持つ

喧嘩別れから復縁したカップルこそ、思いやりの心を持って付き合っていかなければいけません。優しさや思いやりは、カップルが喧嘩を減らすコツの1つであり、イライラしたり不満を感じることなく、円満に付き合っていくことができるでしょう。

相手が何を考えているのか、何に悩んでいるのかを考えながら接していれば、自然と優しく接することができるはずです。自分より相手の気持ちを考えることを意識してみてください。

方法3:しっかりと愛情表現をする

彼氏・彼女といる時間をどれだけ安心して過ごせるかは、カップルが喧嘩をすることなく仲良く付き合っていく秘訣です。優しさや思いやりに加えて、日頃からしっかりと愛情表現をしていれば、愛し愛される関係でいることができるでしょう。

「大好きだよ」と言葉で伝えたり、キスやハグなどのスキンシップをしたりと、言葉や態度でどんどん愛情を伝えてみてください。いつまでもラブラブでいることができるはずです。

方法4:コミュニケーションを大切にする

復縁後は、彼氏としっかりコミュニケーションを取って、お互いの気持ちを理解した付き合いを心がけましょう。毎日のLINEはもちろんですが、たまには電話でおしゃべりをしたり、もちろんデートをすることも大切です。

きちんとコミュニケーションを取っていれば、お互いに相手が何を考え、どんな悩みを抱えているかを把握することができるでしょう。

気持ちのすれ違いから喧嘩をする心配もなくなりますので、うまく付き合っていくことができるはずです。

喧嘩別れでも仲直りして復縁できる可能性はある!

喧嘩別れをしたあとの男性心理や、復縁の成功の可能性を上げる冷却期間、喧嘩別れから復縁する方法を中心に紹介しました。

喧嘩別れから復縁できる確率は低いですが、仲直りをすることも、復縁することも無理な話ではありません。喧嘩別れをした彼氏の心理を理解したうえで、復縁の成功に向けて頑張ってくださいね。

関連記事
元彼と喧嘩別れ…友達には戻れる?復縁の仲直りをする方法

元彼と喧嘩別れ…友達には戻れる?復縁の仲直りをする方法

復縁できる冷却期間は別れた原因で決まる!?カップルの復縁期間

復縁できる冷却期間は別れた原因で決まる!?カップルの復縁期間

嫌いになったわけじゃないカップルの冷却期間&復縁方法

嫌いになったわけじゃないカップルの冷却期間&復縁方法

復縁の前に!友達に戻るための冷却期間&復縁する方法

復縁の前に!友達に戻るための冷却期間&復縁する方法

関連キーワード

おすすめの記事