喧嘩別れをした…仲直りにベストな復縁の冷却期間

「喧嘩別れをした元彼と仲直りしたい」「復縁は難しいかもしれない」と悩んでいませんか? 今回は、「喧嘩別れをしてから仲直りをするためのベストな冷却期間」を紹介します。 「復縁したあとにうまく付き合っていく方法」も紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

喧嘩別れは普通の別れより復縁が難しい!

喧嘩別れをした場合は、円満な別れをした場合よりも復縁が難しいとされています。

喧嘩別れをした直後の元彼は、あなたに対してネガティブな感情を持っているためです。

しかし、喧嘩別れをしたとしても、仲直りや復縁することが不可能なわけではありません。

冷却期間をおいてから冷静に元彼と話し合えば、仲直りすることができるようになります。

喧嘩別れをした…仲直りにベストな冷却期間

喧嘩別れをした直後は、元彼と冷静に話し合うことができません。

適切な冷却期間をおくことで、仲直りや復縁の可能性を上げることができます。

冷却期間は、元彼の性格や喧嘩の内容によって変わります。

勢いで別れたときの冷却期間

ちょっとした喧嘩にも関わらず、勢いで別れてしまうケースが多いです。

そんなときの冷却期間は、1週間から2週間程度とされています。

勢いで別れてしまった場合は、冷却期間を長くしすぎないことが大切です。

1か月以上連絡を取っていないと、「自分のことなんてどうでもいいんだ」「こんなことも謝れない相手なんてどうでもいい」と思われてしまい、仲直りしたり、復縁することができなくなってしまいます。

早めに自分から謝ることで、すぐに元の関係に戻れます。

ふつうの喧嘩別れの冷却期間

交際期間が長くなってくると、どうしてもおたがいの意見が合わなくなり、喧嘩を繰り返すことがあります。

このように仲がこじれて喧嘩別れをしたときの冷却期間は、3か月程度必要とされています。

勢いで別れたときと違って、すぐに気持ちが落ち着くことが少ないためです。

冷却期間をおいて、落ち着いたあとにアプローチすれば、仲直りして、復縁できる可能性があります。

相手の頭に血が上っている状態にも関わらずアプローチしてしまうと、たとえそれが謝罪であっても、ネガティブに受け止められてしまいます。

そうなると仲直りしたり、復縁することが難しくなってしまうので、慌てないようにしましょう。

浮気を繰り返したときや深刻な喧嘩のとき

浮気を繰り返したり、深刻な喧嘩が原因で別れたときは、冷却期間が1年以上必要なことがあります。

場合によっては、どれだけ冷却期間をおいても、あなたに対する信頼が回復せず、復縁できないことがあります。

そのようなときは、自分の悪い点を反省して改善し、次の恋を見つけましょう。

喧嘩別れをした…仲直りのために冷却期間にすること

原因を見つめなおして改善する

喧嘩別れをした原因を、冷静に見つめなおしましょう。

喧嘩をしたときは、「相手だけが悪い」と感じていても、多くの場合はおたがいに原因があります。

その原因を見つめなおして改善することで、仲直りするきっかけがつかめます。

自分磨きをする

喧嘩別れをした時点で、相手からの評価がマイナスになっています。

成長していない前の姿のまま、「仲直りしたい」「復縁したい」と迫ったところで、うまくいく可能性はかなり低いです。

外見だけではなく内面を磨くことで、パートナーに新しい魅力を見せることができます。

相手の興味を引くことができれば、仲直りして復縁できる可能性が高くなります。

謝罪をする

冷却期間が終わったら、自分から素直に謝罪しましょう。

ただ「ごめんなさい」と謝るだけではなく、自分が悪かった点と、解決策を伝えることが大切です。

しっかり考えていることが元彼に伝われば、「仲直りしよう」「復縁しよう」という気持ちにさせることができます。

復縁後にうまく付き合っていく方法

復縁したあとは、また同じ理由で喧嘩をしないようにしましょう。

同じことを繰り返さないように、自分の悪い点を常に改善していく必要があります。

2人で支えあい、尊重しあうことで、交際がうまくいくようになります。

喧嘩別れでも復縁できる可能性はある!

喧嘩別れをしても、仲直りして、復縁することができます。

自分の悪い点をしっかり反省して、改善しましょう。

かたくなに「私は悪くないから謝らない」という態度をとると、仲直りも復縁もできなくなってしまうので、注意してください。

関連記事
元彼と喧嘩別れ…友達には戻れる?復縁の仲直りをする方法

元彼と喧嘩別れ…友達には戻れる?復縁の仲直りをする方法

おすすめの記事