やり直せるかな…元彼とよりを戻す方法&復縁後の付き合い方

別れた元カレに未練があったり、新しい彼氏とうまくいっていないときに元彼とよりを戻したいと思うことがありませんか?

元彼とよりを戻してやり直すためにはどうすればいいのでしょうか。

今回は、元彼とやり直す方法と復縁後にうまく付き合っていく方法を紹介するので参考にしてみてください。

まずは元彼とよりを戻したくなる心理を見ていきましょう。

ふとしたときに、こんなことを考えていませんか?

元彼とよりを戻したくなる心理

心理① 実はまだ元彼に未練がある

元彼と復縁したくなる心理として、元彼に対して未練があることが挙げられます。

元彼に未練が残っているときは、別れたあとにいつまでも元彼のことを考えてしまい新しい恋を探すより復縁を意識するようになることが多いです。

とくに、別れるつもりがなかったのに一方的に別れを告げられたときは「どうしても元彼を忘れられない」と引きずってしまうものです。

心理② 喪失感がある

元彼と関係が悪化していたとしても、別れたタイミングで「寂しい」と感じるのは当たり前のことです。

しかし、その寂しさや喪失感が強すぎるといつまでも元彼を忘れられずに復縁を考えるようになります。

喪失感の大きさは人によって違いますが、元彼のことばかり考えているとどんどん喪失感が大きくなってしまい日常生活に悪影響を及ぼすこともあるので注意しましょう。

心理③ 元彼のよさに気づいた

元彼と復縁したくなる心理として、元彼のよさに気づいたことが挙げられます。

元彼と別れたときに「元彼のすべてが嫌い」と感じていた人であったとしても、時間がたって冷静になると、元彼のよさを思い出すケースが多いです。

心理④ ひとりでいることが寂しい

元彼と復縁したいという心理として、ひとりでいることが寂しいことが挙げられます。

とくに「いつも恋愛していたい」と考えている方や、周囲の友達に彼氏がいるときに「元彼と復縁して寂しさを解消したい」と思うようになります。

また、クリスマスやバレンタインといったカップル向けのイベントがあるタイミングで「どうして私だけひとりなんだろう」と寂しさを感じて元彼と復縁することを考えるケースがあります。

よりを戻せる確率

あなたが「元彼と復縁したい」と思ったとしても、確実に復縁できるとは限りません

それでは元彼と復縁できる確率を見ていきましょう。

よりを戻せる確率はおよそ50%以下

元彼とよりを戻せる確率はおよそ50%以下とされています。

おたがいに「復縁したい」と思っているのであれば簡単に復縁できるケースがありますが、どちらか一方が復縁したいと思っているときはなかなか復縁できないでしょう。

別れ方によってよりを戻せる確率が変わる

しかし、元彼とよりを戻せる確率は、別れ方によって大きく違います

おたがいに納得をして円満に別れていたり、別れたあとにいい友達として付き合っているときは復縁できる確率がかなり高いです。

しかし、大きな喧嘩をしたり関係が冷え切ってから別れたときはおたがいにネガティブなイメージを抱いているため復縁できる確率が低いです。

また、どちらかが浮気を繰り返したり金銭トラブル・DV・モラハラといったことが原因で別れたときはいくら復縁したいと思ってもうまくいかないことが多いので注意しましょう。

元彼とよりを戻せる人の特徴

元彼とよりを戻せる確率は別れ方によって違いますが、それだけではありません。復縁が成功しやすい女性の特徴を見ていきましょう!

特徴① 反省して悪い点を改善できる女性

元彼とよりを戻せる女性の特徴として、反省をして悪い点を改善できることが挙げられます。

元彼と喧嘩をしたときや別れたときに「元彼が原因で、自分は悪くない」と考える女性がいます。

いつも自分が悪くないと考えていると、自分の悪い点に気づけずに同じことを繰り返してしまいがちです。

また、悪い点を改善できていないとよりを戻そうと思っても「元カノが成長をしていない」と思われてしまいよりを戻せる確率が下がります。

特徴② ポジティブな性格の女性

元彼とよりを戻せる女性の特徴として、ポジティブな性格をしていることが挙げられます。

また、日常生活をポジティブに送ることで元彼が「元カノが魅力的に見える」と感じて復縁できる確率が上がります。

特徴③ 別れを引きずらない女性

元彼とよりを戻せる女性の特徴として、別れを引きずらないことが挙げられます。

元彼との別れを引きずってしまうと、つねに元彼のことばかり考えるようになり「よりを戻せないかもしれない」とネガティブになりがちです。

特徴④ 計画的に復縁を考えることができる女性

元彼とよりを戻せる女性の特徴として、計画的であることが挙げられます。

「元彼とよりを戻したい」と思って感情だけで行動をしたとしても、復縁できる確率は高くありません。

よりを戻すためにすべきことをしっかり考え、元彼と距離を縮めることができれば復縁できる確率が上がります。

よりを戻す前にやるべきこと

本当によりを戻したいのかを冷静に考える

元彼とよりを戻す前に「本当に自分は元彼とよりを戻したいのだろうか」と考えましょう。

「よりを戻したい」と考えている女性のなかには「元彼に振られたのが悔しいからよりを戻したい」と感情的になっているケースがあります。

また、寂しさから「はやく恋人がほしいから元彼とよりを戻したい」と考える方がいます。

冷静に考えて「やっぱり元彼が大好きだからよりを戻したい、そして次はうまくいく自信がある」というときは復縁を目指しましょう。

元彼とよりを戻す方法

元彼とよりを戻すことを決めたあとは、成功させるための方法を知ることが大切です。

それでは元彼とよりを戻す方法を見ていきましょう。

方法① 元彼の状況を調べる

元彼とよりを戻したいときは、元彼の状況を調べることが大切です。

特に、元彼がすでに婚約したり結婚しているときはあなたがアタックをしてもうまくいかないことがほとんどです。そのため、新しい恋を目指すことがおすすめです。

方法② 連絡を取り合える関係を目指す

元彼とよりを戻す方法として、連絡を取り合える仲を目指すことが挙げられます。

また、ちょっとした連絡をしたときに元彼があなたに対してどんな感情を抱いているのかを知ることができます。

まったくメッセージが返ってこないときやブロックされているときは復縁できる確率が低いですが、元彼からメッセージがしっかり返ってくるときは復縁できる確率が高いです。

方法③ 別れた原因を改善する

元彼とよりを戻す方法として、別れた原因を改善することが挙げられます。

別れた原因を改善することができないと「よりを戻したい」とアタックしたとしても「成長していない元カノと復縁できない」と思われることが多いです。

また別れた原因を改善せずによりを戻せたとしても、同じ失敗を繰り返して別れることがあります。

別れた原因をしっかり改善できれば、元彼に成長した姿を見せることができるだけではなく自分に自信がついてポジティブになれる効果があるのがメリットです。

方法④ 自分磨きをする

元彼とよりを戻す方法として、自分磨きをすることが効果的です。

自分磨きをして魅力的になれば、あなたがアタックしなくても元彼側から「元カノと復縁したい」とアタックされるケースがあります。

方法⑤ 冷却期間を置く

冷却期間をしっかりおくことで、よりを戻すための準備ができます。

冷却期間の長さは別れ方や元彼の性格によって違うので、自分が「冷却期間をしっかり置いた」と思っても慌てて行動しないようにしましょう。

それでは、よりを戻すために必要な冷却期間の長さを見ていきましょう。

よりを戻すために必要な冷却期間の長さ

① 円満に別れた場合

おたがいが納得をして円満に別れた場合に必要な冷却期間はまったくなくても問題ないケースがほとんどです。

円満に別れたときは相手に対してネガティブなイメージをもっていないため、おたがいが「よりを戻したいしたい」と思えたタイミングですんなりよりを戻せます。

しかし、おたがいが納得をして別れたとしても別れた原因が解消できなければよりを戻せません。

そのため、冷却期間の長さより別れた原因を解消できるかどうかが重要になります。

② 喧嘩をした勢いで別れた場合

喧嘩をした勢いで別れた場合に必要な冷却期間の長さは、1か月から3か月程度です。

とくに、ちょっとした喧嘩で別れたときはおたがいの気持ちが落ち着くまでの時間が短いため場合によっては1週間程度の冷却時間で問題ないケースがあります。

しかし、なんどもちょっとした喧嘩を原因に別れとよりを戻すことを繰り返していると「相性が悪いかもしれない」と思うようになりよりを戻せなくなるので注意しましょう。

③ マンネリ化して別れた場合

マンネリ化して別れた場合に必要な冷却期間は半年から1年程度です。

マンネリ化するまで交際しているときは、相手のいい部分だけではなく悪い部分を知り尽くしています。

そのため「パートナーのことが嫌いじゃないけど、付き合っても失敗する」とおたがいに思いがちです。

そのため、長い冷却期間をおいておたがいの悪い印象を消す必要があるほか、成長して新しい姿になる時間をつくることが大切です。

④ 同棲して別れた場合

同棲して別れた場合に必要な冷却期間は、1か月から3か月です。

同棲は普通に付き合っているときと違い、おたがいが一緒にいる時間が長くなるためストレスがかかります。

そのため、ちょっとしたことが気になってしまい別れることが少なくありません。

同棲して別れたあとによりを戻したいときは、おたがいが「どこが悪かったのだろう」と冷静に考えて改善しましょう。

悪い点を改善できればすんなりよりを戻せるケースが多いです。

⑤ 浮気やDVが原因で別れた場合

浮気やDVが原因で別れた場合に必要な冷却期間は1年以上です。

浮気されたりDVされたときは、相手に対して強いネガティブなイメージを抱くためよりを戻そうと思えないことがほとんどです。

また、あなたが浮気やDVをされていた場合は本当によりを戻すべきか冷静に考えることが大切です。

冷却期間中の過ごし方

冷却期間は頭を冷やすだけではなく、適切な行動をとることでよりを戻せる確率が上がります。

それでは、冷却期間の過ごし方を見ていきましょう。

恋愛から頭を切り離す

「元彼とよりを戻したい」と思っているときは、どうしてもそのことばかり頭によぎってしまいます。

しかし、冷却期間中に元彼のことばかり考えてしまうとほかのことに手がつかなくなってしまい日常生活に悪影響をおよぼします。

そうなってしまうと、ネガティブになってしまい元彼とよりを戻せる確率が下がります。

そのため、恋愛から頭を切り離して仕事や趣味といったことに打ち込みましょう。

日常生活が充実するとポジティブになれて、よりを戻すための力が湧いてくるほかに魅力的な女性になってよりを戻せる確率が上がります。

よりを戻すための努力をする

冷却期間中はよりを戻すための努力をすることが大切です。

冷却期間中に自分の悪い点を改善したり、自分磨きをしっかりしましょう。

元彼の気持ちを見極める方法

よりを戻すためには、元彼の気持ちを確かめる必要があります。

それでは、元彼の気持ちを確かめる方法を見ていきましょう。

方法① メールやLINEを送る

元彼の気持ちを確かめる方法として、メールやLINEを送ることが効果的です。

あなたのメッセージに対する反応で元彼があなたにどんな印象をもっているかがわかるためです。

気持ちを確かめたいときは、あまり長文のメッセージを送らないようにしましょう。めんどくさいと思われてはもったいないです!

方法② SNSをチェックする

元彼の気持ちを確かめる方法として、SNSをチェックすることが挙げられます。

別れたあとに連絡が途絶えていたとしても、TwitterのようなSNSであれば元彼がアカウントを変えていなければメッセージをチェックできます。

それで元彼に新しい彼女がいるかどうかを見極められるだけではなく、あなたがリプライしたときの反応で気持ちがわかります。

方法③ 共通の知人の話を聞く

元彼の気持ちを確かめる方法として、共通の知人に話を聞くことが挙げられます。

元彼があなたと会ってくれないとしても、共通の知人であれば素直に話してくれるケースがあるためです。

また、よりを戻したいときに協力してくれる共通の知人がいれば成功率が上がります。

元彼の脈ありサインとは

元彼の脈ありサインを見逃さないことで、よりを戻せる確率が上がります。

それでは脈ありサインにはどのようなものがあるのかをチェックしましょう。

脈ありサイン① 元彼から連絡がくる

元彼がみせる脈ありサインとして、元彼から連絡がくることが挙げられます。

あなたに連絡をしてくるということは、ネガティブな感情を抱いていないことがほとんどです。

とくに、自分をアピールする話題やあなたの状況を知りたがっているようなメッセージがきたときは脈ありの可能性が高いです。

脈ありサイン② 2人きりでの食事に誘う

元彼がみせる脈ありサインとして、2人きりで食事に誘うことが挙げられます。

2人きりで食事を誘うときはかなり脈ありの可能性が高く、すぐによりを戻せることがあります。

しかし、夜の食事に誘われたときは注意が必要です。

元彼があなたとよりを戻したいのではなく「都合のいい女にしたい」と思っているケースがあるためです。

脈ありサイン③ 付き合っているときの思い出話をする

元彼がみせる脈ありサインとして、付き合っているときの思い出話をすることが挙げられます。

あなたに対して思いで話をすることはあまりありませんが、共通の知人やSNS上で思い出話をすることがあります。

そのため、共通の知人に話を聞いたりSNSをチェックすることを忘れないようにしましょう。

脈ありサイン④ 記念日を祝う

元彼がみせる脈ありサインとして、誕生日やクリスマスといった記念日を祝うことが挙げられます。

とくに、メールやLINEで誕生日を祝われたときは元彼があなたの誕生日をしっかり覚えていたことがわかります。

男性は女性とくらべて記念日を気にしない傾向にあるので、そんな元彼に祝われたときはよりを戻せる確率が高いです。

元彼の脈なしサインとは

元彼がみせる脈ありサインだけではなく脈なしサインをチェックすることが大切です。

脈なしサインに気づいたときは、無理によりを戻すことを考えず新しい恋を探したほうが幸せになれるケースが多いです。

脈なしサイン① 連絡先をブロックする

元彼がみせる脈なしサインとして、連絡先をブロックすることが挙げられます。

別れたあとにブロックされているときは、冷却期間をおいたあとにブロック解除してくれるケースがあります。

しかし、あなたが久しぶりに連絡にしたにもかかわらずブロックをされている場合は、あなたに完全に興味がなくなっている可能性が高いです。

脈なしサイン② 当たり障りのない話しかしない

元彼がみせる脈なしサインとして、当たり障りのない話しかしないことが挙げられます。

メールやLINEで連絡をしても元彼から話題の提供がないときや、会ったときに当たり障りのない話だけしかしないときは「元カノとよりを戻すつもりはない」と思っていることがほとんどです。

脈なしサイン③ よりを戻す前に体の関係をもとうとする

元彼がみせる脈なしサインとして、よりを戻す前に体の関係をもとうとすることが挙げられます。

よりを戻す前に体の関係をもとうとする元彼は、あなたを恋人候補ではなく都合のいい女にしたいと思っています。

「元彼の希望どおり体の関係をもったほうがよりを戻せるかも」と考えてしまうと、都合のいい女にされてしまい本命彼女になれる確率がほとんどなくなります。

元彼とよりを戻せた体験談

実際によりを戻せた女性の体験談をひとつ紹介します。

冷却期間を意識してよりを戻した体験談

別れた元彼のことをどうしても忘れられずに「よりを戻したい」と思いつづけていました。

しかし、元彼と大きな喧嘩をしたためすぐにはよりを戻せないという実感がありました。

そのため、元彼の気持ちが落ち着くまで冷却期間をおいて、その間に自分磨きをすることに。

「冷却期間の間に元彼に彼女ができていたらどうしよう」と不安でしたが、SNSをチェックしてみるとそんなそぶりがなく安心しました。

しっかり冷却期間をおくとともに自分磨きをして自信がついたころに、思い切って元彼に連絡。

すぐにはよりを戻せませんでしたが、少しずつ距離を縮めることができ結果的に復縁できました。

復縁後にうまく付き合っていく方法

元彼とよりを戻したあとは、別れないようにうまく付き合うことが大切です。

それでは復縁後の付き合い方についてみていきましょう。

方法① おたがいのことを尊重する

元彼とよりを戻したあとは、おたがいのことを尊重しあうことが大切です。

どちらかが自分の意見ばかりとおそうとしてしまうと、相手側の不満が大きくなり関係が悪化する原因になります。

方法② 定期的に話し合う

元彼とよりを戻したあとにいい付き合いをする方法として、定期的に話し合うことが大切です。

定期的に話し合うことでおたがいの考え方がわかるほか、不満に早く気づけて深刻な状態になる前に対処できます。

また、話し合いがコミュニケーション不足を補ってくれるためいい関係を築けます。

方法③ ポジティブに接する

元彼とよりを戻したあとにいい付き合いをする方法として、ポジティブに接することが挙げられます。

おたがいにポジティブに接することで、ちょっとした不満を抱きにくくなる効果があります。

また、なにごとにもポジティブに取り組むことで精神的に安定していい関係が築けます。

さいごに

元彼とよりを戻すのは簡単なことではありませんが、うまくよりを戻して幸せになっている女性がたくさんいます。

よりを戻すときは冷却期間をおくほか、しっかり自分磨きをすることが大切です。

関連記事
男女別のよりを戻すきっかけとは?よりを戻す方法&復縁心理
またあの頃に…。元彼とよりを戻したい理由&よりを戻す方法
どう思ってる?復縁に対する男性心理&復縁する方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!