元彼とよりを戻したい!復縁して良い関係を築く方法

別れた元彼を忘れることができずによりを戻したいと思うことがありますよね。

しかし、あなたがよりを戻したいと思ったとしても確実に成功するわけではありません。

また、よりを戻したあとにまた別れてしまっても意味がありませんよね

そこで、元彼とよりを戻す方法、そして復縁後にいい関係を築く方法を紹介します。

元彼と別れたばかりのときは「元彼のことを忘れたい」と思っていたとしても、時間がたつとともによりを戻してやり直したいと思うことがありますよね。

それでは、元彼とやり直したいと思う理由についてみていきましょう。

元彼とよりを戻したい理由

理由① 元彼に未練があるから

元彼とよりを戻したい理由として、元彼に未練があることが挙げられます。

元彼に対して未練が残るような別れ方をすると、別れてからすぐに「元彼とやり直したい」という心理になる女性が多いです。

また別れた直後は「元彼と二度と会いたくない」と考えていたとしても、時間とともに元彼への未練が強くなり復縁を考えるケースがあります。

理由② ひとりが寂しいから

元彼とよりを戻したい理由として「ひとりが寂しいから」というものがあります。

孤独感が苦手な女性は自分の周囲に頼れる人がいないときに、寂しさに耐えられなくなります。

また、孤独を感じていないとしても周囲にカップルが多いときに「自分だけ彼氏がいない」と感じて復縁を考えるケースがあります。

理由③ 新しい彼氏と比較したから

元彼とよりを戻したい理由として、新しい彼氏と比較することが挙げられます。

元彼のことを完全に忘れていない女性ほど、新しい彼氏と元彼を比較しがちです。

比較したときに「元彼のほうが今の彼氏より自分に合っている」と感じたときに、復縁を考えるようになります。

元彼と新しい彼氏を比較するときに、新しい彼氏が元彼をすべての面で上回ることはほとんどありません

そのため、元彼のほうが優れている部分に目が行きがちで復縁を考えるようになるケースが多いです。

理由④ 新しい恋愛ができないから

元彼とよりを戻したい理由として、新しい恋愛ができないことが挙げられます。

新たな出会いがなかったり、気になった相手にアタックをして失敗することがつづくと「やっぱり元彼とやり直そうかな」と感じるためです。

とくに、恋愛に依存するタイプの女性は恋愛できていない期間が長くなると「はやく誰かと恋愛したい」という心理になり元彼との復縁を考えます。

よりを戻したいときに考えること

「元彼とよりを戻したい」と思ったとしても、すぐに行動するのはNGです。

よりを戻したいときに考えるべきことを紹介します。

よりを戻して幸せになれるか考える

元彼とよりを戻したいときは、よりを戻して本当に幸せになれるかを考えましょう。

よりを戻したときのことを想像して「復縁したとしてもまた別れそう」という不安があるときは、よりを戻すべきではありません。

将来のことを考えてうまくいく自信があるときは、よりを戻すための行動をはじめましょう。

元彼の現状を考える

元彼とよりを戻したいときは、元彼の現状を考えることが大切です。

あなたがよりを戻したいと思ったとしても、元彼があなたとよりを戻すことを考えていなかったり、新しい恋人がいるときはうまくいかないケースが多いです。

とくに元彼が新しい彼女と婚約していたりすでに結婚しているときは、元彼を諦めて新しい恋を探すことをおすすめします。

後ろ向きな理由のときはよりを戻すべきではない

後ろ向きな理由でよりを戻したいときは、よりを戻すことをおすすめできません。

後ろ向きの理由としては「ほかにいい人がいないからよりを戻したい」のようなものです。

後ろ向きな理由でよりを戻すことに成功したとしても、幸せになれないケースが多いです。

よりを戻さないほうがいい男性に注意!

元彼とよりを戻したいときは、相手がどんなタイプかを考えてから判断することが大切です。

それでは、よりを戻さないほうがいい男性の特徴を見ていきましょう。

特徴① 浮気性な男性

よりを戻すべきではない男性の特徴として、浮気性なことが挙げられます。

浮気性の男性は「もう浮気をしない」と言っていたとしても、なんども浮気を繰り返す傾向があります。

そのため、浮気性の元彼とよりを戻すと女性問題で悩まされることが多いので注意しましょう。

特徴② 自分勝手な男性

よりを戻すべきではない男性の特徴として、自分勝手なことが挙げられます。

とくに、別れた原因が元彼の自分勝手な性格のときは注意が必要です。

自分の欠点を自覚して改善しようとしても、性格はなかなか帰ることができないためです。

そのため、よりを戻したとしても同じ原因で関係が悪化することが多いです。

特徴③ 価値観が合わない男性

よりを戻すべきではない男性の特徴として、価値観が合わない男性が挙げられます。

カップルがいい関係を築くためには、おたがいの価値観が合うことが大切です。

また、価値観の違いを認め合える関係であればうまくいきます。

しかし、価値観が大きく違うときはおたがいに歩み寄れず喧嘩が増えてしまいうまくいきません。

特徴④ DV・モラハラをする男性

よりを戻すべきではない男性の特徴として、DV・モラハラをする男性が挙げられます。

DV・モラハラをする男性と付き合うと、いい関係を築くことができないだけではなくあなた自身が傷ついてしまいます。

DV・モラハラをする男性に未練があるときは、未練を断ち切る努力をすることが大切です。

元彼とよりを戻す方法

元彼とよりを戻したいと行動したとしても「どうすればいいかわからない」と悩むことがありませんか?

それでは、元彼とよりを戻すときの方法について見ていきましょう。

方法① 元彼の状況を調べる

元彼とよりを戻したいと思ったときは、まずは元彼の状況を調べてみましょう

新しい彼女とうまくいっていたり、すでに結婚しているときはよりを戻すのが難しいためです。

また、元彼があなたに対して強いネガティブな感情を抱いているときは復縁できないケースが多いです。

方法② 冷却期間をおく

元彼とよりを戻したいときは、冷却期間をおくことが効果的です。

別れたばかりのときはネガティブな感情を抱いている元彼が、時間とともに頭を冷えてきます。

そうすることでネガティブな感情がなくなるだけではなく「いい付き合いだった」とポジティブになるケースがあります。

そのため、冷却期間をおくことで復縁できる確率が上がります。

ちなみに、必要な冷却期間の長さは別れ方やおたがいの性格によって違います。

一般的には3か月程度必要ですが、関係がこじれすぎているときは1年以上必要なことがあるので注意しましょう。

方法③ 連絡を取り合う仲を目指す

元彼とよりを戻したいときは、連絡を取り合う仲になることを目指しましょう。

元彼に連絡をしても返信がないときや、そっけない返信しかこなくて連絡を取り合えないときは復縁できないケースが多いです。

また、連絡を取り合う仲になれないと距離を縮めることができません。

連絡を取り合う仲になれれば、元彼があなたに対してネガティブな感情を抱いていないと判断できます。

方法④ 自分磨きをする

元彼とよりを戻す方法として、自分磨きをすることが効果的です。

別れたままの姿では、元彼はあなたに対して興味をもたないためよりを戻せる確率が低いです。

よりを戻すために自分磨きをするときは、外見だけではなく精神面や家事といった内面を磨きましょう。

あなたが魅力的な女性になれれば、元彼からアプローチしてくるケースがあります。

また別れたときの原因を改善して成長することで、よりを戻せる確率が上がります。

方法⑤ 少しずつ距離を縮める

元彼とよりを戻す方法として、少しずつ距離を縮めることが効果的です。

元彼があなたとよりを戻す気持ちがない段階であなたが距離を縮めすぎると、元彼が引いてしまい距離をおかれてしまいます。

そのため「はやくよりを戻したい」という気持ちはわかりますが、慌てて距離を縮めずにじっくる関係を深めていきましょう。

方法⑥ ポジティブに行動する

元彼とよりを戻したいときは、なにごともポジティブに行動しましょう

ポジティブな女性は男性から魅力的に見えるため、元彼があなたとよりを戻したいと思うようになるためです。

また、日ごろからポジティブに行動することを心がければ日常生活が充実するメリットがあります。

よりを戻したいときの連絡方法

元彼とよりを戻したいときは、連絡を取り合うことが大切です。

それでは、よりを戻したいときの連絡方法を見ていきましょう。

方法① 簡単なメッセージを送る

元彼とよりを戻したいときの連絡方法として簡単なメッセージを送ることがおすすめです。

「お久しぶりです、体調を崩していませんか」のようなメッセージであれば、元彼があなたに返信しやすくなるためです。

久しぶりのメールを送るときに、あまりにも長い文章を送ってしまうと「読むのがめんどくさい」と思われる危険性があります。

方法② 少しずつ連絡頻度を増やす

元彼とよりを戻したいときは、少しずつ連絡頻度を増やしていきましょう。

よりを戻したいときは気持ちが焦っているため、連絡頻度を多くしがちです。

しかし、彼氏がよりを戻したいと思っていない段階だと「元カノの連絡がうざい」「彼女ではないのにどうして連絡するんだろう」と思われてしまいます。

方法③ SNSを活用する

元彼とよりを戻したいときは、SNSを活用することがひとつの方法です。

LINEやメールといった連絡手段をつかうときより、SNSは気軽に利用できる点がメリットです。

元彼のメッセージに対してリプライを送ったりいいねをつけることで、元彼が反応してくれるケースがあります。

また、SNSをチェックすることで元彼の現状やあなたへの感情を見極めることができます。

方法④ 共通の知人に頼る

元彼とよりを戻したくてもなかなか連絡するきっかけがつかめないことがありませんか。

そんなときは、共通の知人に頼ることがひとつの方法です。

あなたに味方してくれる共通の知人がいれば、万尾と彼との仲を取り持ってくれるケースがあります。

元彼はあなたの言葉を聞こうとしないとしても、共通の知人の言葉であれば素直に聞くことが多いためです。

よりを戻したいときのNG行動

元彼とよりを戻したいときはNG行動に注意しましょう

NG行動をとってしまうと、よりを戻すことができなくなります。

NG行動① 新しい彼女の悪口を言う

元彼に新しい彼女がいるときに、邪魔な存在と感じてしまうことがあるかと思います。

このときに「新しい彼女の評価が悪くなればよりを戻せるかも」と考えてはいけません。

元彼と新しい彼女の関係が悪化すればよりを戻すチャンスがあるのは事実ですが、あなたが新しい彼女の悪口を言うのはNGです。

元彼にとって大切な新しい彼女の悪口を言うと「元カノが邪魔」と思われてしまい、よりを戻すことが絶望的になります。

NG行動② ストーカー化する

元彼とよりを戻したいときのNG行動として、ストーカー化することが挙げられます。

元彼への未練が断ち切れないときは、どうしても元彼のことが気になってしまいます。

しかし、ストーカーのように付きまとってしまうと元彼はあなたに対してネガティブな感情を抱きます。

「自分はストーカー化していない」と思っていても、無意識にストーカーのような行動をとることがあります。

友人にそのことを指摘されたときは、素直に意見を受け入れましょう。

NG行動③ しつこく連絡しすぎる

元彼とよりを戻したいときのNG行動として、しつこく連絡しすぎることが挙げられます。

よりを戻したいという気持ちが強いと、どうしても連絡頻度が増えがちです。

しかし、元彼があなたの連絡を面倒だと感じてしまうとよりを戻せなくなるので注意しましょう。

NG行動④ よりを戻す前に体の関係をもつ

元彼とよりを戻す前に体の関係をもつことはNG行動です。

よりを戻す前に元彼から体の関係を誘われたときに「受け入れたほうがうまくいくかもしれない」と感じるかもしれません。

しかし、よりを戻す前に体の関係をもつとあなたは都合のいい女になってしまいます。

都合のいい女になってしまうと、本命彼女になれずにずっと都合のいい女あつかいされるので注意しましょう。

元彼とよりを戻した人の体験談

それでは元彼とよりを戻すことができた方の体験談をチェックしてみましょう。

体験談をチェックすることで、成功のイメージをしやすくなります。

別れた元彼を忘れることができずに、いつまでも新しい恋に踏み出せませんでした。

そこで元彼に未練があるならよりを戻せばいいと考え、元彼に連絡することに。

久しぶりの連絡で「よりを戻したい」と言ってもうまくいかないと思ったので、簡単な挨拶を送りました。

返信があるか不安でしたが、次の日に元彼からのメッセージが到着しとてもうれしかったです。

それをきっかけに連絡をつづけ、一緒に遊びに行く関係に戻れました。

そこで私から「復縁してください」とお願いしたところ、元彼がOKしてくれてよりを戻せました。

元彼とよりを戻すコツは、少しずつ距離を縮めていくことです。

焦りすぎるより、じっくり関係を深めることで成功率が上がります。

復縁後に良い関係を築く方法

復縁に成功したとしても、いい関係を築けないと意味がありません。

それでは、いい関係を築く方法を見ていきましょう。

方法① おたがいの欠点を改善する

復縁したあとにいい関係を築くために、おたがいの欠点を改善することが大切です。

カップルが別れるときはおたがいに原因があるケースがほとんどのため、どちらか一方だけが欠点を改善してもうまくいかないことが多いです。

そのため「自分たちはどうして別れたのか」としっかり考えて、欠点を改善しましょう。

また、マンネリ化を防ぐためにそれぞれが自分磨きをして成長するとよりよい関係を築けます。

方法② おたがいを尊重する

復縁したあとにいい関係を築くため、おたがいを尊重することが大切です。

相性がいいカップルであったとしても、考え方や価値観がすべて一致することはほとんどありません。

そんなときにおたがいを尊重しあっていれば「考えが違うけど、彼のことを信じよう」と前向きになれます。

また、おたがいを信頼していれば嫉妬しすぎたり束縛することなく健全な関係を築けます。

方法③ 将来を具体的に意識する

復縁したあとにいい関係を築くため、将来のことを具体的に意識することが効果的です。

「彼氏と2年後に結婚する」のように、はっきりとした目標ができればちょっとしたトラブルを乗り越えることができるためです。

もちろん、彼氏を結婚相手としてふさわしいか見極めることが大切です。

そのため、将来のことを具体的に意識しつつおたがいのことを見極めましょう。

④ 定期的に話し合う

復縁後にいい関係を築くため、定期的に話し合うことが大切です。

定期的に話し合うことでコミュニケーション不足を解消するとともに、おたがいの不満を早い段階で知ることができます。

そのため、話し合いをするときは感情的にならずそれぞれが自分の意見を言うようにしましょう。

どちらかが遠慮してしまうと不満がたまってしまい、関係が悪化する原因になります。

復縁後の注意点&NG行為

復縁後の注意点やNG行為を紹介します。

これから紹介する点に気を付けることで、関係悪化を防ぐことができます。

① 過去の別れを蒸し返さない

復縁後は過去の別れを蒸し返さないことが大切です。

復縁に成功したとしても、どうしても過去の別れのことが頭に残るケースが多いのではないでしょうか。

「別れの原因は自分より彼氏のほうにある」と感じていると、もやもやした感情が残ります。

しかし、復縁後に別れのことを蒸し返してもいいことはなにもありません。

とくに喧嘩をしたときに過去を蒸し返すと「彼女に信用されていない」と思われてしまい、別れの原因になります。

② 同じ失敗をしない

復縁後は同じ失敗を繰り返さないことが大切です。

過去に失敗したことと同じことを繰り返すと「成長していない」と思われてしまい、いい関係を築けません。

これは、過去の別れの原因だけではなくこの先についても同様です。

なにか失敗したことがあれば、しっかり反省して改善することを意識しましょう。

③ 恋愛に依存しない

復縁したあとにいい関係を築くため、恋愛に依存しないようにしましょう。

「彼氏が大切だ」と思えば思うほど、恋愛のことばかり考えてしまいがちです。

しかし、恋愛に依存してしまうと結果的に彼氏を束縛してしまい関係悪化のきっかけになります。

また、恋愛に依存してしまうと日常生活に悪影響をおよぼしてしまうデメリットがあります。

さいごに

元彼とよりを戻すことは難易度が高いですが、復縁に成功した女性がたくさんいます。

しかし、未練があるとしてもすべてのケースでよりを戻すべきとはいえません。

よりを戻す前に「本当に元彼と復縁していいのだろうか」と考えることが大切かもしれませんね。

関連記事
やり直せるかな…元彼とよりを戻す方法&復縁後の付き合い方
元彼の気持ちを見抜け!本気で復縁したいと思っている男の心理&行動
元彼に連絡しづらい...LINEが続く内容とタイミング

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!