元彼と喧嘩別れ…友達には戻れる?復縁の仲直りをする方法

元彼と喧嘩別れをして、「元彼と仲直りをしたい」と考えている方がいるのではないでしょうか。 今回は、「元彼と喧嘩別れをしたあとに、友達に戻れるかどうか」と、「仲直りをする方法」を紹介します。 「元彼と仲直りして、友達に戻れたエピソード」も紹介するので、悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

元彼と喧嘩別れをして後悔した瞬間

冷静になったとき

元彼と喧嘩別れをしたとき、しばらくは頭に血が上っている状態で、「元彼と別れてすっきりした」といった考えが頭の中にあります。

しかし、しばらくたって冷静になると、「どうしてあんな喧嘩をしたんだろう」「別れるほどじゃなかった」と後悔してしまうことが多いです。

1人でいるのが寂しいとき

クリスマスやバレンタインなどの、カップル向けのイベントや、周囲の友達がみんなカップルのとき1人でいると、どうしても寂しさが出てきます。

そんなときに、喧嘩別れをしたことを後悔してしまうことが多いです。

喧嘩の理由が些細なものであれば、その後悔もより強くなってしまいます。

元彼と喧嘩別れ…友達には戻れる?

元彼と喧嘩別れをしたあと、音信不通になったり、友達として付き合えない状態になることが多いです。

「復縁は無理でも、せめて仲直りしたい」と考える方がいるかと思いますが、喧嘩別れをした相手と接触するのは勇気が必要です。

喧嘩別れの内容や、元彼の性格にもよりますが、しっかりとした対処をすれば、元彼と仲直りをして友達になることが可能です。

元彼と仲直りをして友達に戻る方法

【仲直りの方法1】冷却期間をおく

復縁だけではなく、仲直りをして友達に戻りたいときも、冷却期間が大切です。

冷却期間は、喧嘩をして頭に血が上った状態から収まるのを待つために重要です。

冷却期間が短すぎると、冷静に話し合うことができずに。関係がより悪化してしまいます。

冷却期間の長さは。喧嘩の内容や元彼の性格で変わってきます。

些細な喧嘩のときは、早めに謝ったほうがいいですが、大きな喧嘩のときは3か月以上必要になることもあります。

相手がまだ怒っているかを、相手の立場で考えることで、冷却期間の長さを把握しやすいです。

【仲直りの方法2】喧嘩の原因を理解する

冷却期間の間に、喧嘩の原因を理解しておきましょう。

「喧嘩の原因が相手にだけある」と思っている方も、一度冷静になって思い返すことが必要です。

カップルの喧嘩の原因は、お互いに悪い点があることが多いです。

相手が何に対して怒っているかを理解して、それを改善することで、元カレと仲直りしやすくなります。

【仲直りの方法3】自分から謝る

元彼と仲直りをして友達に戻りたいときは、自分から謝ることが大切です。

冷却期間中に反省したことを伝えて謝り、冷静に話し合いましょう。

謝っているときに、相手が言葉を挟もうとしたときは、落ち着いて相手に話をしてもらうことも大切です。

冷静に話し合えれば、お互いの関係を改善しやすくなります。

【仲直りの方法4】段階を踏む

元彼に謝ることができたあとは、段階を踏んで友達関係を目指しましょう。

元彼に「友達に戻りたい」と伝えて成功することもありますが、元彼が戸惑うことも多いです。

そんなときは、メールやLINEといった連絡方法で、簡単に挨拶できる関係から目指すことが大切です。

お互いに連絡をする仲になれば、友達にはすぐに戻ることができます。

元彼と仲直りして友達に戻れたエピソード

一緒にいて楽しい相手だったので、私から告白をして付き合いました。

しかし、ちょっとした喧嘩から大喧嘩になってしまい、別れてしまいました。

別れたあとに以前のように話すことがなくなり、「付き合わないで友達のままならよかった」と後悔しました。

どうしても以前の関係に戻りたかったので、自分の悪かったところを彼に伝えて謝り、友達に戻ってほしいとお願いしました。

元彼も「付き合うのはムリだけど、友達としてなら大丈夫」と言ってくれて、友達に戻れてほっとしました。

自分が悪かったら素直に謝ろう…!

喧嘩別れをした元カレと友達に戻る方法を紹介しました。

喧嘩別れをしたあとは、自分から謝ることが大切です。

しっかり反省をして謝れば、友達に戻れる可能性が高くなるので、あきらめないでください。

関連記事
男女で違う?「友達に戻りたい」と思う理由と対処法

男女で違う?「友達に戻りたい」と思う理由と対処法

関連キーワード

おすすめの記事