元彼に連絡しづらい...LINEが続く内容とタイミング

元彼に連絡したいと思っていても

「私から連絡していいのかな?」
「連絡して無視されたらどうしよう…」

と悩んでしまいませんか?それは、ごく当たり前のことです。

そこで、元彼に連絡するタイミングや、LINEの返信をもらいやすい内容を紹介します。

元彼と連絡が続いたら復縁できる可能性が高いです!コツを覚えて復縁までの道を一緒に突き進みましょう!

元彼に連絡したくても、なぜかすぐにLINEの送信ボタンはポンっと押せないものです。

「無視されたらどうしよう」
「完全に嫌われたくない」
「もしかしてもう新しい彼女がいるかも」

と、ネガティブな気持ちになってしまうのではないでしょうか。

そこでまずは、少しでも不安を取り除くために、元カノから連絡がくる男性心理について知りましょう。

意外かもしれませんが、嬉しいと感じる男性が多いようですよ。

元彼から連絡がこない…私から連絡してもいいの?

連絡を取り合える仲になろう

元彼と復縁したいと思っている方はもちろん、「別れたとしても友達関係はつづけたい」という気持ちで元彼に連絡をしようとする女性がいます。

とくに、元彼と復縁を願っている方の場合は連絡をとりあえる仲になることが最低限の条件となります。

連絡するときはタイミングと内容が大切

そのため、元彼に連絡するのはNGではありませんが注意することがあります。

それは、元彼に連絡するタイミングが悪かったり連絡の内容が悪いときに関係が悪化して復縁が絶望的になることです。

元彼と連絡したいと思ったときは、すぐに行動せずにタイミングや内容を考えることが大切です。

別れたあとに元カノの連絡先を消す男性の割合

連絡先を消す男性はおよそ半数

「別れた元カノの連絡先を消しますか?」というアンケートの結果で、「連絡先を消す」と答えたのはおよそ5割でした。

連絡先を消す理由として多いのが、「別れた辛さを忘れたい」「元カノに間違えて連絡をしたら気まずい」といったものです。

連絡先を消す男性の多くは、「元カノと復縁するつもりはない」という感情を抱いています。

しかし、連絡先を消した男性のなかには時間とともに「やっぱり元カノを忘れられない」と感じて復縁を目指すケースがあります。

そのため、元彼に連絡先を消されたりブロックされたとしても「復縁は絶望的」と諦めないようにしましょう。

別れ方によって消さないことがある

「連絡先を消すかどうかは別れ方で違う」という男性がいます。

この考え方の男性が連絡先を消すケースは、「二度と元カノと連絡したくない」という別れ方をしたときです。

元カノの浮気やDV・モラハラといった理由で別れたときは、連絡先を消すことがほとんどです。

このようなケースで連絡先を消した男性は、時間がたったとしても復縁を考えることはありません。

元カノから連絡がくる男性心理

「元彼に連絡したい」と思っていてもなかなか連絡できないのは、「連絡をすると、元彼に嫌われるかもしれない」と不安になるためです。

そのため、連絡をする前に元彼の心理を知ることが大切です。

心理① 連絡がきて嬉しい

元カノから連絡がきたときに「嬉しい」と感じる男性が少なくありません。

とくに、元彼があなたとの復縁を考えているときは「これをきっかけに復縁できるかもしれない」と感じます。

また、復縁まで考えていないとしても「友達付き合いできるかもしれない」と感じる男性がいます。

このほかに、「元カノに頼られている」「元気な声をきけてよかった」といったさまざまな理由で嬉しく感じる男性がいます。

心理② 連絡がきて迷惑

「元カノと完全に縁を切りたい」と考えている男性の場合は、元カノから連絡がきたときに「迷惑でしかない」と感じます。

また、完全に縁を切りたいと思っているわけではないとしても別れたばかりで連絡がくると「どういうつもりだろう」とネガティブな感情を抱きます。

このほか、元彼に新しい彼女ができているときは「いまさら連絡されても迷惑」と感じたり「新しい彼女に疑われるかもしれない」と感じます。

心理③ 連絡がきて戸惑う

元カノから連絡がきたときに戸惑う男性が少なくありません。

戸惑う理由として、「復縁したいのだろうか、それとも連絡したかっただけだろうか」と元カノの考えを把握できないことが挙げられます。

とくに元彼が「元カノと復縁するつもりはない」と考えているときは、あなたからの連絡に対して戸惑いながらもネガティブにとらえてしまいがちです。

そのため、たとえあなたが復縁を目指しているとしてもすぐに復縁を迫るのはNGです。

連絡を取りあえる仲を目指すにしても、復縁を目指すにしても連絡するタイミグと内容は重要です。

元彼に連絡をするベストなタイミング

ベストなタイミング① 冷却期間をおいたあと

元彼に連絡したいときは、冷却期間をおいてからにすることが大切です。

別れたばかりのときは頭に血が上っているため、「元彼と話をしたくない」と考えている男性が多いためです。

また、冷却期間をおかずに連絡をすると「別れてすぐに連絡するなんてどういうつもりだろう」と思われてしまいます。

冷却期間は別れ方や元彼の性格により違いますが、少なくても3か月以上の期間を開けるようにしましょう。

大喧嘩をしたり元彼がなかなか立ち直れない性格のときは、冷却期間が1年近く必要なケースがあります。

慌てて連絡をせずに、元彼のことをしっかり考えて連絡することで元彼が返信してくれる確率が上がります。

ベストなタイミング② 元カレの誕生日

元カノという立場を活かして、元彼の誕生日に連絡するのがベストなタイミングです。

元カノであれば元彼の誕生日を知っていても不審に思われることがないほか、誕生日を祝われて嫌な気分になる男性がほとんどいないためです。

あなたが誕生日を祝うLINEを送ったときに「元カノは自分のことを大切に思ってくれている」と思わせることができれば復縁できる確率が上がります。

しかし、いくら元彼の誕生日だからといって冷却期間中の連絡は避けましょう

冷却期間中はたとえお祝いのメッセージだとしても、「元カノがうざい」と思われてしまうことがあるためです。

ベストなタイミング③ 年始のようなイベント

年始に「あけましておめでとう!」とメッセージを送ることがベストなタイミングのひとつです。

年始のあいさつであれば、しばらくぶりにメッセージがきたとしてもすんなりと受け入れてくれる確率が高いためです。

このほか、元彼が学校を卒業するときのようなイベントがあればメッセージを送りやすいです。

しかし、バレンタインやクリスマスといったカップル向けのイベントのときはメッセージを送らないようにしましょう。

カップル向けのイベントのタイミングでメッセージを送ると「自分に未練があるのかな」と思われてしまい、復縁するつもりがない元彼に避けられてしまうためです。

元彼に無視されない内容

無視されない内容① 軽い話題

久しぶりに元彼に連絡をするときは、「別れたときは私が悪かったです、ごめんなさい」のような思い話題はNGです。

「お久しぶり、元気にしてた?」のような軽い内容のほうが、元彼から返信してもらえる確率が高いです。

無視されない内容② 短めの文章

元彼に久しぶりに連絡するときは、「話したいことがいっぱいある」という気持ちになり長文になりがちです。

しかし、とつぜん長文を送ってしまうと「元カノからのメッセージが重い」と思われてしまい読んでもらえないケースがあります。

また、長文のメッセージを目にしただけで「読むのがめんどくさい」と思われることがあるので短めの文章を送ることが効果的です。

短めな文章で、ポジティブな内容のメッセージであれば元彼が気軽に返信してくれます。

無視されない内容③ 元カレの得意分野

元彼に返信してもらいやすいメッセージは、元彼の得意分野の質問です。

「〇〇のことはあなたにしか頼れないの」と質問することで、「元カノが自分を頼りにしている」と元彼が感じてメッセージのやりとりをするきっかけにできます。

元彼の得意分野だけではなく、元彼の趣味についてメッセージを送ることが効果的です。

たとえば、スポーツ観戦が趣味の彼氏が相手であれば「最近〇〇の調子がいいよね」とメッセージを送ることで返信がくる可能性があります。

このときは、できるだけポジティブな話題を提供することが大切です。

無視されない内容④ 急ぎの内容

「仕事の関係で〇〇さんに連絡しなくてはいけないんだけど、教えてもらえる?」のような、緊急性のある質問が効果的です。

緊急性がある質問であれば、元カノに対してネガティブな感情を抱いていたとしても返信してくれる男性が多いです。

また、「元カノに頼られている」と元彼が感じることであなたのことを意識するようになるケースがあります。

ただし、緊急性がある質問をなんども送ると「どういうつもりなんだろう」と不審に思われてしまいます。

なんども緊急性がある質問を送るのではなく、最初の返信をきっかけとしてLINEのやりとりをつづけることが大切です。

元彼から返信がきた!LINEを返すタイミング

復縁を目指している方の場合は、元彼からLINEがきたときに「すぐに返信したい!」と思うのではないでしょうか。

しかし、元彼からのLINEに対してすぐに返信してしまうと「自分に未練があるのかな」と思われてしまいます。

元彼が復縁を目指しているのであれば大きな問題になりませんが、様子を知りたかったり用事があるだけのときは引かれてしまう原因になります。

そのため、元彼からLINEがきたときは慌てて返信をせずにあえて時間をおいてから返信しましょう。

復縁しやすいベストな連絡頻度とは

元彼と復縁を目指している方ほど、「もっと元彼とLINEしたい」という気持ちで連絡頻度を多くしようとしがちです。

しかし、連絡頻度が多すぎると「元カノとのLINEがめんどくさい」と思われてしまいます。

そのため、元彼と復縁を目指すのであれば適切な連絡頻度を知ることが大切です。

ベストな連絡頻度① 最初は連絡頻度を少なめにする

元彼と復縁したいときは、「たくさんLINEしたい」という気持ちを抑えて連絡頻度を少なめにすることが大切です。

おたがいの関係が修復できていない段階で連絡頻度を多くしすぎると、元彼から返信がこなくなる危険性があるためです。

まずは関係を深めることを目標に、週に1回から2回程度の頻度で連絡しましょう。

ベストな連絡頻度② 関係が深まったら1日1回の連絡頻度を目指す

元彼との関係が深くなっていけば、連絡頻度を増やしていくことを目指しましょう。

関係が深くなったかどうかは、あなたの感情ではなく元彼のメッセージから読み取ることが大切です。

元彼からのメッセージの文面が長くなったり、あなたのことをより詳しく聞こうとするようになれば関係が深まったと考えて問題ありません。

関係が深くなったと思ったときは、連絡頻度を増やして1日1回のLINEのやりとりを目標にしましょう。

毎日「おはよう」「おつかれさま」といったやりとりができるようになれば、復縁できる確率が上がります。

ベストな連絡頻度③ 元カレの都合を優先する

元彼との復縁を目指したいときは、あなたの気持ちより元彼の気持ちを優先することが大切です。

それは、連絡頻度の好みが人によって違うためです。元彼がLINEを頻繁にすることを好むのであればそれに合わせて返信して問題ありません。

しかし、仕事中のLINEを嫌ったり連絡頻度が少ないほうを好む元彼が相手のときは連絡頻度を控えめにしましょう。

復縁を目指すときのLINEのやりとりは、楽しむことよりも元彼と距離を縮めるためのツールと考えることが大切です。

元彼の返信内容から見抜く!復縁できる可能性

機械的な返信ばかりのとき

元カレから機械的な変身ばかりくるときは、復縁できる可能性はあまり高くありません

あなたのメッセージに対して、「そうだね」「これは違うね」と機械的な返信ばかりでほかの内容がないときは、「これ以上のLINEのやりとりは不要」と元彼が考えているケースが多いためです。

しかし、男性のなかには「LINEでは必要な用件だけ伝えればいい」と考えている方がいます。

元彼と付き合っているときから機械的な返信が多いときはそれが元彼の個性だと判断して問題ありません。

このときは、LINEのやりとりだけではなく共通の友人に元彼の様子を見てもらったりSNSをチェックするといった方法で復縁できる可能性を探りましょう。

元カレが言いたいことだけ言っているとき

元カレが言いたいことだけを言っているときは復縁できる可能性があまり高くありません

あなたの質問を無視して自分のことばかり話すということは、あなたに対して興味を抱いていない確率が高いためです。

しかし、「元カノに自分のことをアピールしたい」という気持ちから自分のことばかり話すケースがあります。

あなたへの返信だけではなく、元彼からたくさんのLINEが届くときは元彼が復縁を考えている可能性が高いです。

的確な返信がくるとき

あなたのメッセージに対して的確に返信してくれているときは復縁できる可能性がかなり高いです。

的確に返信してくれるということは、あなたのメッセージをしっかり読んでくれている証拠だからです。

とくに、あなたのことを気づかうメッセージがあるときはより復縁できる確率が上がります。

しかし、的確に返信してくれるからといってすぐに復縁を迫るのはNGです。

あなた自身も元彼と同じように的確な返信をして、少しずつ距離を縮めていくことが復縁のためのコツです。

会いたいというとき

元カレが「会いたい」と返信してくるときは、復縁できる確率がかなり高いです。

会いたいということは、あなたに対してネガティブな感情がほとんどなくなっていることが考えられるためです。

しかし、このときに慌てて会おうとするのはNGです。とくに、会う時間を夜に設定されているときは注意しましょう。

元彼はあなたと復縁を考えているのではなく、「都合のいいセフレにしたい」と思っている可能性があるためです。

もし元彼と久しぶりに会うときは、気軽なランチのようなセックスが絡まない約束をすることが大切です。

復縁したいというとき

元カレから「復縁したい」と返信がきたときは、復縁できる確率がかなり高いです。

おたがいが「復縁したい」と思っていれば、すんなりと復縁できることが多いためです。

しかし、元彼の「復縁したい」というメッセージを鵜呑みにしてしまうのは危険です。

復縁を口実に都合のいいセフレにしようとするケースがあるためです。

「元彼に新しい彼女がいないか」「元彼の気持ちが本物か」といったことを見極めるために、時間をかけて距離を縮めていくことが大切です。

脈あり?別れたのに元カノと連絡をとる男性心理

心理① 友達関係に戻りたい

別れた元カノと連絡を続ける男性心理として、「せめて友達関係に戻りたい」というものがあります。

別れてしまったとはいえ、一度は好きになった相手のため「関係が完全に切れるのは寂しい」と感じる男性が多いためです。

おたがいに友達としてLINEを続けていくうちに「やっぱり元カノと復縁したい」と思うようになる男性がいます。

そのため、元彼とLINEを続けることができれば時間をかけて復縁に結び付けることができる可能性があります。

心理② 寂しさを埋めたい

彼女と別れたあとにひとりになったことで「寂しい」と感じる男性がいます。

とくに、クリスマスやバレンタインといったイベントがあるときや元カノとの思い出の写真を見たときに「寂しいから元カノにLINEしよう」と考えがちです。

寂しさを埋めるために連絡してくる元彼は復縁を考えていないケースが多いです。

しかし、LINEのやりとりをしていくうちに「寂しさを埋めることができる存在は元カノだけだ」と感じて復縁を考える男性がいます。

そのため、復縁を目指すときはLINEのやりとりを続けることが効果的です。

心理③ 都合のいいセフレにしたい

元カノにLINEをする男性心理として、「元カノなら都合のいいセフレにできるかもしれない」と下心を抱いているケースがあります。

とくに、元カノが未練をもっていると感じたときに「うまくやれば都合のいいセフレにできる」と考えてLINEをします。

そのため、元彼とLINEが続いているからといってすぐに復縁できると考えないようにしましょう。

都合のいいセフレを探している男性のLINEは、やたらと会いたがったり下ネタが多い特徴があります。

しっかり元彼のLINEのメッセージを分析するほか、共通の知人に協力してもらったりSNSをチェックして元彼の考えを見極めることが大切です。

心理④ 復縁したい

元カノと復縁したいという心理でLINEを続ける男性が少なくありません。

とくに、あまりLINEをしない男性がLINEを続けているときは相手に好意を抱いていることがほとんどです。

また、ほとんどの男性は嫌いな相手やどうでもいいと思っている相手とLINEを続けることはありません。

重要な用事以外のLINEが長続きしているときは、元彼と復縁できる確率が高いといえます。

自分から元彼に連絡して復縁できた体験談

体験談① 冷却期間をおいて連絡して復縁に成功

元彼と別れたばかりのときは、「もう二度と元彼と会いたくない」と思っていましたが時間とともに「別れなければよかった」と後悔するようになりました。

「元彼に連絡しようかな…」という気持ちになんどもなりましたが、すぐに連絡しても復縁できると思えず冷却期間をおくことにしました。

冷却期間の間は、復縁を成功させるために自分磨きをして「元彼を惚れ直させよう」と努力をしたほか、共通の知人をとおして元彼の情報を収集。

別れて半年くらいたったときに、自分に自信がついたほか元彼に新しい彼女がいないことを確認して思い切って「お久しぶりです、元気にしていますか?」とLINEを送りました。

それからなんどかLINEのやりとりをし、元彼も復縁を考えていることを知りました。

それから1ヶ月ほどしてから再開して、おたがいに気持ちを確かめて復縁に成功しました。

復縁を成功させるために冷却期間をおくことが効果的です。

冷却期間中になんとなく過ごすのではなく、自分磨きや元彼の情報を集めるといった努力をすることで復縁できり確率を上げることができます。

体験談② 気軽な連絡をきっかけに復縁に成功

別れてからしばらくしたときに、「そういえば元彼はなにをしているのかな」と気になりました。

そこで、「久しぶり、最近どうしてる?」と気軽なLINEを送ってみました

このときは復縁を考えていなかったのですが、それからLINEのやりとりが復活をして「LINEをしていて楽しいな」と感じるようになりました。

LINEのやりとりをしばらくしているうちに、おたがいに「復縁しようか」という気持ちになり復縁に成功。

もともと復縁は考えていなかったのですが、LINEのやりとりをしているうちに相性のよさを感じたのが復縁の決め手となりました。

復縁のきっかけのLINEは、最初から復縁を求めるよりも気軽なLINEが効果的です。

LINEのやりとりができるようになれば、おたがいの気持ちが復縁に向くケースがあるためです。

体験談③ 少しずつ距離を縮めて復縁に成功

ちょっとした喧嘩をきっかけに別れて後悔して復縁を考えました。

しかし、すぐに復縁するのは難しいと感じ「LINEの連絡をきっかけに少しずつ距離を縮めよう」と思いました。

別れてからしばらくしてから元彼にLINEをしたところ、返信はありましたがそっけない内容でした。

心が折れそうになりましたが、「時間をかけてでも復縁したい」という気持ちでやりとりを続けました。

LINEのやりとりをしているうちに元彼の態度が変わっていき、1年後に復縁に成功。

諦めずにやりとりを続けてよかったと実感しています。

あなたが「元彼と復縁したい」と思っていたとしても、元彼が復縁を考えていないときはすぐに復縁は成功しません。

LINEをきっかけに距離を縮めていくことで、復縁できる確率が上がります。

さいごに

元彼と復縁するためには、まずは連絡をとりあう関係を目指しましょう。

慌てて復縁を目指してもうまくいかないことが多いので、じっくり距離を縮めて復縁を目指しましょう。

関連記事
もう無理かな?元彼との復縁を諦めるきっかけ5選
元彼がしつこい!上手に拒否する対処法
元彼を忘れたい!辛い過去を吹き飛ばす方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!