復縁したい女性への完全マニュアル!元彼と付き合うには冷却期間が大事

「別れた彼氏と復縁したい」そう考える女性はたくさんいます。しかし、復縁のために何をしたらいいのかわからず、つらい思いを抱えたまま毎日を過ごしていませんか?

復縁を成功させるには冷却期間を置き、別れた原因をきちんと解決することが大切なポイントです。この記事では、元彼と復縁するために必要な手順について詳しく紹介します。

記事を読み終える頃には、彼と復縁できる可能性がわかるほか、自分の状況を客観視できるようになるはずです。大好きな彼と復縁できるまでのビジョンを描き、計画的に行動できるるようになりましょう!

そもそも「復縁」の意味とは?

「復縁」とは、離縁していた人々が元の関係に戻ることを意味します。別れた恋人同士をイメージする人が多いかもしれませんが、夫婦関係にも使われる言葉です。

人は別れを経験すると、そのつらい気持ちを乗り越えるために人間的に成長するものです。成長した2人が前よりさらによい関係を築いていく、それが「復縁」の意義と言えるでしょう。

別れた彼と復縁できる確率は?

実際にどれぐらいの人が今まで復縁に成功してきたのか、確率が気になりますよね。

元恋人との復縁に関して、とある調査によると、男女とも全体の約2割程度の人しか復縁経験がないことがないようです。やはり復縁は普通の恋愛よりもハードルが高いのかもしれませんね。

しかし、だからといって諦める必要はありません。よりを戻せたカップルはちゃんと存在します。

また、なんと30代になれば約8%ほど復縁率が上がることもわかっているんです。なぜ30代になると復縁率が上がるのかというと、それは20代のころに交際していた相手と30代になってから復縁するケースが多いことが要因のひとつとして考えられます。

時間の経過とともに2人の関係性が変化していき、30代になって再びお互いの新たな魅力に気づけるようになるのかもしれません。このことは決して30代には限りません。冷却期間を上手に過ごすことで、復縁の可能性をぐっと引き寄せることができると考えられます。

復縁しやすい別れ方、別れた理由

上記でもお伝えしたように、一般的な復縁の確率は約20%ほどですが、もちろん別れた理由によって復縁のしやすさは変わります。復縁しやすい別れ方にはどのようなものがあるでしょうか?

まずは、復縁しやすい代表的な3つの別れ方・別れた理由について紹介します。

遠距離や家庭の事情など、環境に問題があった

「遠距離恋愛をしなくてはいけなくなった」「親から反対された」など、別れの原因が当時の環境にある場合は、復縁できる可能性が高いです。

別れた恋人たちの中には、「お互いに気持ちは残っていたけれど、環境の問題でどうしても別れなくてはならなかった」という人もいるでしょう。そのような場合、現時点で環境の問題が解決できていれば2人の障害はほとんどないため、復縁しやすいと言えます。

別れ話で相手を責めず、気持ちを受け入れた

別れ話をしたときに、相手を責めずにすんなり別れを受け入れたという人は、復縁しやすい傾向があります。お互いに納得した上での別れは、そうでない場合と比べて悪い思い出になりにくいのです。

逆に、別れ話の際に相手を責めてしまった場合、過去にどんなに楽しい思い出があったとしても、あなたの印象は悪いものが強く残ってしまうでしょう。

相手の意見を尊重して笑顔で別れていれば、別れた後でも彼にはあなたのよいイメージが残っているため、復縁の可能性が高くなります。

友達の関係に戻った

別れた後に彼と友達関係に戻った人も多いと思います。「友達に戻ってしまったら、復縁するのは難しそう」と考えるかもしれませんが、実はそんなことはありません。友達に戻っているからこそ、復縁の可能性は高まるのです。

友達の関係であれば、彼と気軽に連絡を取ったり会ったりするチャンスが多くなります。
気まずい関係より、友達として居心地の良い関係を築けている方があなたの魅力を彼にアピールしやすく、復縁に繋がりやすいのです。欠点を改善したことも伝わりやすいでしょう。

復縁しにくい別れ方、別れた理由

復縁しやすい別れ方については分かったかと思いますが、一方で復縁しにくい別れ方や別れた理由にはどのようなものがあるでしょうか? 続いては、復縁しにくい代表的な3つの別れ方・別れた理由を紹介します。

自分が浮気をした

別れた原因が自分の浮気である場合、残念ながら彼と復縁するのは難しいと言えます。彼からしたら、あなたは自分のことを一度裏切った相手。自分が原因で彼をひどく傷つけてしまった過去がある以上、彼との信頼を取り戻すのにはかなりの時間と労力が必要でしょう。

一方で、相手の浮気が原因で別れたけれど、彼がすでに浮気相手と別れている場合においては、復縁の可能性は高くなります。

2人の価値観が違った

恋愛とは、生まれ育った環境がまったく異なる赤の他人同士で育むものです。そのため、どんなに仲の良いカップルでも何かしらの価値観のズレは生じてしまうもの。

しかし、それが別れに至るほどの価値観の違いであり、現在もなお価値観が変わっていない場合、復縁はしづらいでしょう。特に、どんな結婚をしたいか、子どもを持つかどうかなど、ライフプランに関する価値観が一致していない場合は、もし復縁できたとしても長続きしにくい傾向にあります。

別れ話で相手のことを強く責めた

別れ話の際に、あなたが自分のことを棚に上げて相手のことばかりを責めてしまっていたなど、円満ではない別れ方をした場合、彼との復縁は難しいかもしれません。「終わりよければすべてよし」という言葉があるように、別れ際で相手によい印象を残せているかどうかは復縁においてとても大事なポイントです。

最後に彼を責めてしまった以上、あなたは彼から「自分の非を認めない人」「ヒステリックな人」という印象を持たれている可能性が高く、そのネガティブイメージが復縁の障害となってしまう可能性があります。

これらの別れ方に当てはまらない場合は、復縁につなげやすいと言えます。次の章では復縁によくあるきっかけを見てみましょう。

元彼とまた付き合えたきっかけ3パターン

復縁は一般的な恋愛より少々ハードルが高いとは言え、復縁に成功して彼と幸せな日々を送っている人がいるのも事実です。

元彼と復縁するきっかけとして、どのようなパターンが考えられるのでしょうか?

どちらかが連絡をした

別れた後にどちらかが相手に連絡をしたことがきっかけで関係をやり直すのは、復縁の王道パターン。仕事に関する事務的なことや誕生日といったイベントごとなど、ふとしたタイミングで連絡を取って「また会おう」いう流れになることが多いようです。

知人との集まりで再会した

学生時代に付き合っていた元彼とは、同窓会や地元の飲み会など、共通の知人との集まりで再会したことがきっかけで復縁につながるパターンがよくあります。

お互いに冷却期間を十分に置いてから再会しており、相手に対する感情がフラットになっているケースが多いため、復縁がスムーズに進みやすい傾向にあります。

SNSで近況を知り、再接近した

最近ではSNSをフォローしあった結果、お互いの近況を知り懐かしくなって再接近する、というケースも多くなってきています。

最初は「いいね」やコメントをSNS上でやりとりするだけだったのが、最終的に直接連絡を取り合うようになって復縁に至る、という流れが一般的です。

復縁の可能性がある脈ありサイン

復縁につながりやすいパターンがわかると、復縁までの具体的なビジョンを描きやすくなったのではないでしょうか? 今度は、実際にあなたと彼が復縁できる可能性がどれぐらいあるのか知りたいですよね。

復縁したい女性は、彼のちょっとした行動に一喜一憂してしまうもの。「これって復縁の可能性があるってこと?」というモヤモヤを解消するためにも、次は復縁が可能かどうかの参考になる脈ありサインと男性心理について紹介していきます。

「元気?」と向こうから連絡がくる

頻繁に連絡を取っているわけではないのに、彼から唐突に「元気?」と連絡が来た場合。これだけでは彼が復縁したいかどうかまでは分かりませんが、彼があなたのことを気にしてくれているのは確かです。

あなたと完全に他人になるのではなく、今後も繋がりを持とうとする意思があるので、「元気?」の連絡は脈ありサインのひとつと捉えてよいでしょう。

ただし、いくら連絡が嬉しかったとはいえ、この段階では彼の本心はまだわかりません。
喜びのあまり長文で返事をしたりせず、同じ熱量でサラッと返信するのがポイントです。

「彼氏できた?」と聞いてくる

「彼氏できた?」「好きな人できた?」と聞いてくる場合、彼はあなたへの恋愛感情をまだ持っている可能性が高いです。

完全に未練がない場合は、このような復縁に繋がる恋愛ネタは避けるはず。それを彼の方から振ってくるということは、脈ありのサインです。

あなたと復縁したくて探りを入れているかもしれないので、「まだできてないよ。そっちは?」などと、あなたの方からも彼の様子を伺うようなメッセージを送ってみましょう。

LINEやメールの返信が早くなった

LINEやメールの返信が早くなったのは、あなたへの興味が高まっている証です。

別れた直後は反応が悪かったのに、最近になって返信が早くなったり彼からも連絡がくるようになったりしている場合は、あなたに対するネガティブな印象が薄まっていると考えていいでしょう。

雑談LINEも続くようであれば、少しずつ連絡の頻度を増やしてみると復縁につながりやすくなります。

3ステップで解説!元彼との復縁マニュアル

あのときの彼の行動が脈ありサインだったことがわかり、「復縁できそう!」と手応えを感じている人もいるでしょう。とはいえ、元彼との復縁を目指すには焦ってはいけません。

復縁を成功させるには、きちんと段階を踏むことが大切です。元彼と復縁をするためのステップは大きく分けて3つあります。具体的に見ていきましょう。

冷却期間を置く

別れてすぐの間は寂しさや悲しさから彼と会いたい気持ちが高まりますが、その気持ちをぐっと堪え、まずは彼と冷却期間を置きましょう。

別れた直後はお互い感情的になっていて、どうしてもマイナスのイメージが高まりやすい時期です。そんな期間に復縁を迫っても彼はあなたに対してプラスの感情を抱きにくく、復縁するのは難しいと言えるでしょう。

別れた後にあえて彼の前から姿を消す冷却期間を設けることで、お互いが別れに冷静に向き合うことができ、付き合っていた頃の反省点を振り返りやすくなります。一見遠回りに見えますが、復縁がうまくいくための重要なファーストステップなのです。

2. 別れの原因を解決する

冷却期間を置いた後にあなたがすべきなのは、別れの原因を解決することです。解決できなければ、もし復縁しても同じことで揉めてしまい、関係を長続きさせるのは難しいでしょう。

付き合っていた頃、あなたは彼からどんなことを指摘されていましたか? 自分にどんな欠点があったかと思いますか? 別れるまでの過去を振り返り、原因が自分にあったのであればそこを直す努力をしましょう。

別れの原因をしっかり振り返り解決することが、同じ過ちを防ぐことにつながります。

3. 会ったら、明るく堂々と振る舞う

冷却期間で感情的になっていた心を落ち着かせ、別れの原因をきちんと解決できたら、いよいよ彼に連絡をして会う約束をしましょう。このとき、会いたい気持ちと同時に不安な感情に襲われてしまう人もいます。

しかし、実際に彼の前に立つときは、別れのネガティブな印象を払拭するように明るく堂々と振る舞うことが大切です。自信のないあなたを見ても、彼にプラスの印象は与えられません。成長して魅力的になったあなたを知ってもらうために、明るく努めましょう。

さらに見た目もイメージチェンジすると「もうあの頃とは違うんだな」と感じさせられるため、彼によりよい印象を与えられます。

冷却期間はどれぐらい空けるべき?

実際に冷却期間はどれくらい空けるべきなのでしょうか? 冷却期間は別れ方によって必要な期間が異なります。次はケースごとに異なる具体的な冷却期間について説明します。

勢いで喧嘩別れした場合は…【1ヶ月程度】

突発的な喧嘩別れをしてしまった場合は、喧嘩の内容によって期間は異なりますが、1週間〜1ヶ月ほどの冷却期間を取るのがおすすめです。冷却期間中に喧嘩になってしまった理由をしっかり整理し、その後彼に素直に謝ってみましょう。

もし喧嘩の原因が彼にあったとしても、まずは喧嘩中に彼に嫌な思いをさせてしまったことに対して「ごめんね」の気持ちを伝えることが大切です。

自分の欠点によって別れた場合は…【半年程度】

自分に悪い点があって彼に振られた場合は、半年程度の冷却期間を設けましょう。あなた自身がその欠点としっかり向き合い、欠点を改善する時間が必要です。

しばらくは彼の中にあなたの悪い記憶が残っているため、彼の感情をフラットにするためにも半年ほどは彼の前から姿を消しましょう。あなた自身も、半年ほど経てば振られた悲しみをどうにか乗り越え、前向きに自分の欠点に向き合えるようになるはずです。

彼に好きな人ができて振られた場合は…【3ヶ月程度】

彼に好きな人ができて振られた場合は、3ヶ月程度の冷却期間を取りましょう。3ヶ月ほど経てば、彼とその相手との間に何かしらの進展があるはずです。

冷却期間中に彼が好きな人とうまくいっていなかった場合、彼はあなたとの別れを後悔している可能性が高く、あなたのことを思い出す時間が増えている可能性があります。女友達として彼の恋愛相談にのる名目で再会できるチャンスもあるかもしれません。

冷却期間後に「魅力的になった」と彼に感じてもらうため、再会する日に向けて自分磨きをがんばりましょう。

2人で話し合って別れた場合は…【半年程度】

お互いにしっかりと話し合い、納得の上で別れた場合は、半年程度の冷却期間を設けましょう。別れた直後に「やっぱりやり直したい」と思っても、すぐに復縁を迫るのはNGです。
彼からしたら「あんなに話し合ったのに?」と、あなたに対して不信感が生まれてしまいます。

お互いの合意の上で別れたのであれば、まずはお互いが冷静になって別れた原因を解決するために、半年ほどは焦らず待ちましょう。

復縁するために冷却期間でやるべきこと

冷却期間を設けると言っても、何もせずに待っていればいいだけではありません。これから挙げるアクションを冷却期間中に取ることで、復縁できる可能性が高まります。

外見と内面の自分磨きをする

彼と復縁したいと思ったとき、今すぐにでも始められることといえば自分磨きです。自分磨きをしておくと、彼と再会したときに「また付き合いたいな」と思ってもらえる確率が上がります。

外見についてはダイエットをしたりファッションやメイクを研究したりして、以前とは違う魅力をまとったあなたを彼に見てもらいましょう。

また、内面を磨くために新しいことにチャレンジしてみるのもおすすめです。外見と内面の両方から自分磨きをすることで、本当の意味で成長した新しい自分になれるはずです。

彼の誕生日にLINE(ライン)を送る

冷却期間中でも、誕生日は彼にLINEを送ってお祝いの言葉をかけましょう。誕生日は一年に一度の特別な日。元カノからのメッセージもきっと素直に受け入れられるはず。そんな大切な日だからこそ、このタイミングを逃してはいけません。

しかし、だからといってあまりに長文のメッセージや重たい内容のものを送るのはNGです。短いながらも明るいメッセージを送って、「今でもあなたの味方だよ」ということをさりげなく伝えましょう。

また、しつこさが出ないよう、誕生日までの最低1ヶ月程度は連絡を取らない方が効果的です。

新しい彼氏を作る

長い冷却期間が必要な場合は、新しい彼氏を作ってしまう方法もあります。

「彼に気持ちがあるのに他の人と付き合うの?」と驚きましたか?

人は新しい相手と付き合うと感性や価値観がアップデートされるもの。付き合うまではいかなくても、新しい男性と出会ってデートを重ねることが、新たな自分の魅力につながるでしょう。

一段と魅力的になった姿で彼にアプローチするためにも、新しい男性と出会うのは有効的な手段のひとつです。

SNSで他の男性の存在を匂わせる

ちょっと高度なテクニックかもしれませんが、冷却期間中はSNSで他の男性の存在を匂わせるのもおすすめです。男性と一緒に食事をしている写真や、ショッピングを楽しんでいる写真をSNSに載せてみましょう。

そうすることで、元彼に対して「他の男性に取られるかもしれない」という危機感を煽り、彼があなたに関心を向けるきっかけになるかもしれません。

復縁したいときにしてはいけないNG行動

復縁のためにやるべきアクションとは逆に、やってはいけないNG行動もあります。

冷却期間を置いてビジョン通りに行動していても、彼と復縁したいがために取った行動がきっかけで復縁に失敗してしまうことも…。そんな事態を避けるためにも、次は復縁のためのNG行動にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

何度も連絡して、復縁をしつこく迫る

復縁したいからといって何度も電話やLINEをしてしつこく復縁を迫るのは、復縁を成功させるうえで絶対にしてはいけない行動です。

相手にその気がない状態で何度も復縁を迫るのは、相手にとっては迷惑でしかありません。
迫る側からしたら自分の気持ちに正直に行動しているだけかもしれませんが、相手からは「こちらの都合を考えず復縁したがる女」としか思ってもらえないでしょう。

復縁の提案は、ここぞという場面のみに抑えるのがポイントです。

元彼と体の関係を保つ

復縁していない状態で彼と体の関係を持ってしまうと、セフレ化してしまう可能性が高くなります。中にはうまく復縁につながることもありますが、一旦都合のいい女になってしまうと、そこから彼女に昇格するのは至難の業です。

もし復縁前に彼から求められても、感情に流されていけません。セフレ化して悲しい想いをするのはあなたなので、強い意志で断りましょう。

「いつまでも待つ」とアピールする

彼との別れがつらいあまりに、彼に「いつまでも待つ」アピールをするのも、復縁をする上での代表的なNG行動です。男性は関心のない女性から「いつまでも待ってるから」と言われても、「何だか面倒だな」くらいにか思いません。

復縁するにはあなた自身がへりくだりすぎず、「他の男を好きになるかもしれない」と思わせるくらいの雰囲気を醸し出しましょう。その方が彼もあなたと気軽に会いやすく、関係をやり直そうと思う可能性が高くなります。

冷却期間が終わったあとの復縁の切り出し方

復縁を提案するためにやるべきことを終えたら、いよいよ彼に復縁を切り出しましょう。

些細なニュアンスは異なるとはいえ、復縁を切り出すことは好きな人に告白するのと同じことです。冷却期間を終えた後、いざ復縁を提案するとなるとどうしたらいいか悩んでしまう人もいるでしょう。

そんな人は、これから紹介する復縁の切り出し方を参考にしてみてください。

1. 距離が縮まったら「会わない?」と誘う

彼と本当に復縁したいなら、きっかけを自分から作ることが大切です。冷却期間を終え、彼とLINEができるような関係性になったら、「少しだけ会わない?」と自分から彼を誘ってみましょう。

ただ呼び出すだけでなく、「話がある」と事前に伝えておけば、彼も「もしかしたら復縁の話かもしれない」と、心の準備をしてからあなたに会いに来てくれるはずです。

2. 素直に「また付き合いたい」と切り出す

彼と直接会ったら、自分の想いをストレートに彼に伝えてみましょう。「別れてからあなたの大切さに気がついた」「本当に好きだからまた付き合いたい」と、素直な気持ちを真剣にぶつければ、彼もあなたに真摯に向き合ってくれるはずです。

このとき、彼への想いを伝えるのと合わせて、現在では別れた原因を理解し今は改善している旨も伝えると、よりあなたの真剣さが伝わりやすくなります。

復縁から結婚する人も多い!その理由は?

一度別れた2人が復縁するのは、通常のお付き合いよりハードルが高いことをこれまでお伝えしてきました。しかしその一方で、無事に復縁できたカップルは結婚まで至るケースが多いことをご存知ですか?

復縁した恋人たちは、互いに「別れ」というつらい過去を乗り越えた経験がある2人。そのため、一般的なカップルよりも深い絆で結ばれているケースが多く、結婚まで辿り着きやすいのです。

また、一度付き合っていた2人だからこそ、お互いのよいところも悪いところも知り尽くしており、結婚までの準備期間が短くて済むのも要因のひとつと言えます。

さいごに

元彼を諦めることができず、苦しい思いをしている女性は多いはず。たしかに、復縁は時間がかかりますし難しいため、計画性が必要です。しかし彼を想ってただ泣いて待っているだけでは状況は変わりません。

この記事を読んで、今の自分の状況を客観視し、復縁までの具体的なビジョンが湧くようになりましたか?

彼と復縁するには、自分磨きを頑張り、別れた原因を解決することが大切です。今は無理でも冷却期間を置くことで、復縁の成功率が高まります。大好きな彼と復縁できるよう、前向きに行動してみましょう。

関連記事
元彼から連絡ほしい!効果があると噂のおまじない5選
どうしても復縁したい!元彼に復縁したいと思わせる方法とは
新しい彼女がいるときは復縁不可能?元カレとのベストな冷却期間

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード