どうしても復縁したい!元彼に復縁したいと思わせる方法

「別れたものの、彼しか考えられない...」 どうしても復縁したい彼氏とよりを戻すにはどうすればいいのでしょうか。 復縁したい一方で、拒絶されるのが怖く、不安な気持ちもあると思います。 そこで、悩んでいるあなたのために、どうしても復縁したい人向け復縁する方法をまとめました。 復縁までの道のりを解説します!

どうしても復縁したい!元彼に復縁したいと思わせることは可能?

元彼に振られたことを受け入れられなかったり、元彼への思いが再燃すれば「復縁したい」と考えるでしょう。

ただ、復縁を成功させることは難しく、復縁までに心が折れてしまうこともあります。かといって、絶対に復縁できないわけではありません。

復縁を成功させるポイントを抑えることで、元彼に復縁したい思わせることは可能なのです。自分が何をすればいいのか、どのタイミングで元彼に近づけばいいのかをよく調べておきましょう。

どうしても復縁したい!行動する前にまず考えるべきこと

「どうしても元彼と復縁したい」と思う気持ちはわかりますが、勢いで行動しても、復縁することは難しいでしょう。

ここでは、復縁に向けた行動を起こす前に考えるべきことを紹介します。

考えるべきこと1:本当に復縁したいと思っているか

そもそもの話ですが、あなたは本気で元彼と復縁したいと思っていますか?

実は、復縁したいと思っている人のなかには、元彼が好きで復縁したいのではなく、元彼に対する執着心で復縁を考えている人がいます。

プライドが邪魔をして「元彼に振られたことが納得できない」と考えて、復縁を望む人は案外多いです。もしくは、元彼を振ったものの新しい彼氏ができずに、寂しさから元彼との復縁を考える人もいます。

復縁に向けて動き出す前に、復縁したいと思う自分の気持ちと向き合ってみましょう。

考えるべきこと2:元彼が復縁すべき相手なのか

元彼と復縁したいのかもしれませんが、果たして本当に復縁すべき相手で間違いないでしょうか?

たとえば、元彼の浮気が原因で別れたとしても、簡単に好きな気持ちを捨て去ることはできないでしょう。また、元彼の浮気相手に女として負けた悔しさから、執着してしまうことも考えられます。

元彼と復縁したいかどうかは本人が決めることですが、浮気をした元彼と復縁をしても、その後に浮気を繰り返される可能性があるのです。そもそも復縁できても、元彼を心から信用することができるとは限りません。

このように、本当に復縁すべき元彼なのかどうかをしっかりと考える必要があります。

考えるべきこと3:元彼との将来を考えることができるか

結婚願望がある人は、現実的に元彼との将来を考えることができますか?

「元彼が好きだから復縁したい」という気持ちはわかります。ただ、もし復縁に成功すれば、その後に恋人として関係が続くわけです。

恋人に戻れば嬉しいと思いますが、何か理由があって別れた人とうまくいく保証はありません。また別れることになれば、それだけ人生の貴重な時間を失うことになるのです。

あなたの人生には、結婚というイベントが待っており「復縁したものの別れてしまった」となれば、婚期を逃すことに繋がります。

人生は案外短いものです。限られた時間を大切に使うためにも、将来を考えられる元彼かどうかを見極めましょう。

復縁の基本!覚えておきたい法則とは

復縁に向けて考えるべきことがわかったあとは、少しでも復縁の成功率を上げる法則を知りましょう。復縁を成功させるうえで大事な内容となっています。

本気で元彼との復縁を考えているのであれば、しっかりと確認をしてみてください。

1:きちんと冷却期間を置く

復縁をするためには、きちんと冷却期間を置きましょう。冷却期間を置くと置かないでは、復縁の成功率が大きく変わるほど大事な期間です。

しかし、ただ期間を置くのでは意味がありません。元彼と復縁するための準備期間であり、別れた原因を解決したり、元彼の気持ちを取り戻すために自分磨きをしたりと、やるべきことがたくさんあります。

また冷却期間は、別れた理由や別れ方、別れた後の元彼との関係性によって異なります。どれくらいの冷却期間が必要かを調べるためにも、別れたときのことを振り返っておきましょう。

2:自分を成長させておく

先ほど冷却期間の必要性と、冷却期間が復縁するための準備期間であることをお伝えしました。

別れた原因を解決したり、自分磨きをしたりと、やるべきことがたくさんあります。なかでも、自分を成長させておくことはとくに重要です。

ダイエットやイメチェンで容姿を磨きつつ、仕事で結果を残したり、誰にでも優しく接して信頼を集めたりと、内面を成長させておくことも必要です。

別れてからの成長は、自分の自信に繋がるだけではなく、元彼の気持ちを取り戻すきっかけになるでしょう。

復縁までの基本的な流れって?

では、ここから具体的な復縁に向けての行動を見てみましょう。やみくもに行動しても復縁を成功させることはできません。

きちんとポイントを抑えながら、復縁のステップを踏みましょう。

ステップ1:しっかりと別れを受け入れる

復縁に向けて動くなかで真っ先にやるべきことは、しっかりと別れを受け入れることです。「別れたくない」「別れるなんて認めたくない」と考えていても、思考がマイナスな状態なので、行動そのものができなくなる恐れがあります。

ただ、一度別れを受け入れると、復縁というゴールに向けて前向きに動き出すことができるのです。別れを受け入れることはとても勇気がいりますが、時間がかかってでも元彼との別れを受け入れましょう。

ステップ2:最低3ヶ月以上の冷却期間を置く

元彼との別れを受け入れることができたら、きちんと冷却期間を置きましょう。別れた理由や別れ方、元彼との関係性によって置くべき冷却期間は変わります。

ちなみに一般的な冷却期間は、最低3ヶ月以上といわれているようです。3ヶ月の期間を置くことによって、元彼の気持ちが落ち着いたり、元彼が寂しさを感じはじめたりと、復縁に期待ができる状況へと変化していく傾向が見られます。

3ヶ月を目安にしつつ、自分に必要な冷却期間を判断してみてください。

ステップ3:連絡を取り合う関係に戻る

平均的な冷却期間である3ヶ月、もしくは、自分に適した冷却期間を置いたあとは、元彼に連絡をして断たれた関係を取り戻しましょう。ただ、勢いで元彼に連絡をしても意味がありません。ベストな内容やタイミングを見極めることが復縁の成功率を高めてくれます。

ちなみにおすすめの内容は、やはり謝罪の連絡ではないでしょうか?たとえ元彼に別れた原因があったとしても「あのときは酷いことをいってごめん。ちゃんと謝りたくて連絡しました」と謝罪の連絡であれば、元彼も素直に返事をしてくれるでしょう。

もしくは元彼の誕生日に、おめでとうのメッセージを送ってもいいかもしれません。誕生日のメッセージで復縁しているカップルが多く見られますので、期待ができるかもしれません。

また、連絡するタイミングは、冷却期間後であることと、元彼の環境や気持ちの部分で余裕があるときがおすすめです。仕事の忙しさや、新しい彼女がいるかどうかなどを把握してから、連絡をしてみてください。

スムーズに連絡のやりとりができる関係に戻れたら、復縁に大きく近づくでしょう。

ステップ4:定期的にデートをして信頼関係を築く

元彼と連絡をとりあう関係に戻れたのであれば、直接会ってより関係を深めましょう。もしかすると、元彼に会いたい気持ちがあるものの、会うことに不安を感じるかもしれません。

ただ元彼に会わないことには、お互いの気持ちを知ることも、元彼を振り向かせることもできないのです。もちろん、復縁するために必要な信頼関係を築き直すこともできないでしょう。勇気を出して「今度一緒にご飯に行かない?」と、最初の1歩を踏み出してみてください。

一度元彼とデートができれば、その後はスムーズに会うことができるはずです。

ステップ5:告白をする

元彼と気軽に連絡をとりあったり、デートをして信頼関係を築くことができれば、最後は告白をするだけです。また、復縁とはいえ、一度は別れている関係です。ゼロからの気持ちで告白をしなければ、元彼に自分の思いが伝わりません。

「やっぱり〇〇君のことが好き」「私と付き合ってください」と本気の告白を心がけましょう。

いちど別れて復縁までの期間はどれくらい?

復縁までの平均期間は半年~1年

復縁の基本的な法則や、復縁するまでの流れについて解説をしてきましたが「結局どれくらいの期間で復縁できるの?」ではないでしょうか?

そもそも復縁は、別れてすぐにできるわけではありません。3ヶ月以上の冷却期間を置いたあとにも、元彼との信頼関係を取り戻す期間が必要です。

そのため、別れてからの復縁までの平均期間は半年〜1年ほどかかると思われます。ただ、あくまで平均であり、すべてが順調にいった場合の期間です。別れた理由や別れ方によっては、1年以上の時間がかかるケースもよくあります。

復縁が成功したエピソード

一度別れてからの復縁するのは、簡単なことではありません。復縁を目指している女性の多くは、復縁に失敗しているといわれふくらいです。

それでも、元彼と復縁に成功している人はいます。あなたも元彼と復縁するために、実際に復縁に成功した人の体験談を参考にしてみましょう。

エピソード1

20代 女性

私が元彼と復縁できたのは、別れて7ヶ月後です。はじめの3ヶ月間は、元彼に連絡をすることなく、必死に可愛くなる努力をしました。

また、連絡をとりあったきっかけは、元彼の誕生日です。お祝いのLINEに返信があり、それからすぐに会って友達として付き合っていました。

お互いに反省をしていましたし、成長した私に惚れ直してくれて、復縁することができました。

エピソード2

20代 女性

元彼に新しい彼女ができたこともあって、復縁するまでに1年半ほど時間がかかりました。元彼の相談相手になれたことで、信頼関係が築けたのだと思います。ただ、新しい彼女の相談をされることも多く、悲しくなってばかりでしたね。

元彼が新しい彼女と別れてからは、会う頻度も一緒にいる時間も多くなったことで、自然と復縁することができました。辛いこともたくさんありましたが、時間をかけてよかったです。

元彼に復縁したいと思わせる方法【振られた場合】

エピソードを紹介してくれた女性のように、成功率が低くても復縁をすることは可能です。ただ、より成功率を上げるためには、元彼に復縁したいと思わせなければいけません。

そこでここからは、別れ方のパターン別で元彼に復縁したいと思わせる方法を見てみましょう。まずは、元彼に振られた場合の元彼に復縁したいと思わせる方法を紹介します。

方法1:振られた原因を解決する

元彼に振られたのであれば、振られた原因を解決しない限り元彼に復縁したいと思わせることは難しいです。

復縁のアクションを起こす前に、しっかり自分と向き合って、時間をかけてでも振られた原因を解決しておきましょう。

方法2:自分磨きをして魅力をアップする

振られた原因を解決できても、別れる前から成長できていなければ、元彼に復縁したいと思ってもらえません。

冷却期間中にダイエットやイメチェンをして、自分の魅力を磨きましょう。可愛くなれるほど自信がついて、より元彼との復縁率を上げることができるはずです。

方法3:元彼に生まれ変わった自分をアピールする

元彼に復縁したいと思わせるためには、別れてからの自分を見てもらわなければいけません。せっかく自分磨きをして可愛くなっているわけですから、元彼に生まれ変わった姿をアピールしていきましょう

直接元彼と会会える環境にいるのであれば、できるだけ元彼の視界に入ることを意識してみてください。また、元彼と会うことができない人の場合は、タイムラインやSNSに可愛く撮れた自分の写真を投稿するといいでしょう。

いずれにしても、元彼に魅力的になった自分の姿を見せつけることは「復縁したい」と思わせるきっかけになるのです。

元彼に復縁したいと思わせる方法【振った場合】

今度は、自分が元彼を振った場合の復縁したいと思わせる方法を見てみましょう。元彼から振られた場合とやるべきことが異なりますので、注意して読んでみてください。

方法1:冷却期間を置かずに連絡をする

復縁をするためには冷却期間が必要であると説明してきましたが、元彼を振った場合は逆です。冷却期間を置かずにすぐ元彼に連絡をしましょう

元彼は、まだあなたに未練を残している可能性が高く、別れてからの期間が短いほど復縁の成功に期待ができます。

とはいえ、すぐに復縁を迫るべきではありません。あくまで、元彼の意識を自分に向けさせることが目的の連絡です。「久しぶり、元気にしてる?」など他愛のない連絡をするだけで、元彼に復縁したい気持ちを芽生えさせることができるでしょう。

方法2:早めに会う約束を取りつける

元彼と連絡を取り合うことができたあとは、早めに会う約束を取りつけましょう。あなたと直接会うことによって、連絡をする以上に復縁したいと思わせる効果があります。

また、元彼と会っているときは、別れたときのことを謝ったり、近況について話をしたりと、できるだけ楽しい時間を過ごすことが大切です。さらに、元彼の手に触れるなどの軽いスキンシップをとることで、よりあなたを意識させることができるでしょう。

方法3:未練があることを匂わせる

元彼と連絡をとりあったり、デートをする関係に戻れたのであれば、復縁できるまでもう少しです。最後は、元彼に未練があることを匂わせて、元彼によりあなたを意識させましょう。

「もしかして自分に気があるのかな?」「復縁したいと思ってくれているのかな?」と考えさせることは、元彼に強く復縁したいと思わせる効果があります。

毎日LINEを送ったり、自分からデートに誘ったり、軽めのスキンシップをとったりと、元彼に未練を匂わせましょう。

元彼に復縁したいと思わせる方法【音信不通の場合】

元彼と別れて音信不通の人もいるでしょう。連絡を取り合うことができなければ「もう復縁できないのかな…」と不安になると思います。

たしかに、音信不通の元彼と復縁できる可能性は低いですが、いくつか復縁する方法があるのです。そこで今度は、音信不通の元彼に復縁したいと思わせる方法を見てみましょう。

方法1:元彼に会いに行く

元彼と音信不通の場合は、直接会いに行くのも方法の1つです。そもそも復縁をするためには、元彼との繋がりを再開させなけらばいけません。

過去に付き合っていたからこそ、元彼の職場や自宅を知っているはずなので、勇気を出して元彼に会いに行ってみてください。ただ勢いで会いに行っても、元彼に復縁したいと思わせることは難しいでしょう。

きちんと冷却期間を置いて、別れた原因や自分を成長させたうえで会いに行くことが大切です。

方法2:友達に協力をしてもらう

元彼と共通の友達がいる場合は、友達を介して繋がりを再開させる方法もあります。友達に元彼と復縁したいことや、元彼と音信不通であることを相談しつつ「仲を取り持ってほしい」とお願いをすれば、友達なりに協力をしてくれるかもしれません。

また、友達に相談をすることによって、復縁に対する不安を取り除くこともできるでしょう。いずれにしても友達の存在は、元彼との繋がりを復活させたり、復縁を成功させる効果が期待できます。

方法3:手紙やSNSで連絡をする

元彼に連絡をする手段は、電話やLINEだけではありません。手紙やSNSで気持ちを伝えることもできます。

手書きの手紙は、元彼に気持ちが伝わりやすく、普段手紙をもらうことがないことによって、元彼を喜ばせるメリットも考えられます。

また、SNSのDM機能が備わっており、元彼と繋がっているSNSからメッセージを送れば、連絡のやり取りを再開できるかもしれません。

電話・LINE・メールにこだわらずに、そのほかの連絡手段を探してみてください。どんな形でも構いませんので、元彼との関係を復活できれば、復縁したいと思わせることができるはずです。

元彼に復縁したいと思わせる方法【新しい彼女がいる場合】

元彼と音信不通以上に復縁が難しいパターンは、元彼に新しい彼女がいる場合です。すでに元彼の気持ちは新しい彼女に向いているのに、どのように復縁したいと思わせることができるのでしょうか。

今度は、元彼に新しい彼女がいる場合の復縁したいと思わせる方法を紹介します。

方法1:新しい彼女ができたことを受け入れる

元彼に新しい彼女ができたことは、あなたにとって辛く悲しい出来事だと思います。しかし、きちんと事実を受け入れることができれば、復縁のチャンスを掴むことができるかもしれません。

元彼の新しい彼女に嫉妬や対抗心を燃やせば、かえって元彼に警戒される可能性が高く、関係を断たれる可能性があります。また、なによりもあなたが前向きな気持ちで復縁に取り組むことができなくなるでしょう。

ただ、元彼の新しい彼女を受け入れることによって、元彼から相談を受けたり、友達としてあなたとの関係を深めることができたりと、復縁に期待できる状況に変えることができるのです。

きちんと新しい彼女の存在を受け入れることで、あなたに対する元彼の思いが再燃させることができるかもしれません。

方法2:元彼の相談役に徹する

元彼に新しい彼女がいる状況は、とても辛いでしょう。人によっては「もう復縁は無理だ…諦めよう」と考えてしまうはずです。ただ、元彼に新しい彼女がいる状況は、考え方によっては復縁のチャンスともいえます。

復縁を成功させるうえで大事なことは、元彼との信頼関係を再構築することであり、元彼の相談役に徹すれば、自然と強い絆で繋がることができるでしょう。

新しい彼女への思いや、新しい彼女との出来事を聞かされて辛くなることも多いと思いますが、誠実な気持ちで元彼の相談相手をしてみてください。もしかすると、新しい彼女よりあなたに居心地のよさを感じて、復縁したいと思ってくれるかもしれません。

方法3:自分の新しい一面を見せる

元彼の友達、もしくはよき理解者として関係を続けるなかで、自分の新たな一面を見せていけば、もう一度恋愛対象として見てもらえる可能性があります。

髪型や服装といった見た目はもちろんのこと、元彼への接し方を変えてみてください。元カノではなく、別の女性として意識してくれるかもしれません。

新しい彼女以上に元彼好みの女性になれば、元彼を振り向かせることができるはずです。

復縁に冷却期間は必要?

冷却期間を置かなければ復縁するのは難しい

これまでにも、冷却期間の必要性についてお話をしていましたが、より詳しく復縁と冷却期間の関係について解説をします。

まず、基本的に復縁に冷却期間は必要です。むしろ、冷却期間を置かなければ復縁することが難しいといえるでしょう。なぜなら、冷却期間は復縁の準備期間であり、別れた原因の解決はもちろんのこと、ダイエットやイメチェンをしたり、元彼と連絡をとりあって関係を深めるためには時間がかかるからです。

また、別れた直後の男性は感情的になっている可能性があります。ましてや元カノを振った男性は、別れたことに満足している可能性が高く、元彼に復縁したいという思いを持たせなければ、復縁することができないのです。

しかし、元彼を振った場合に限り冷却期間は長く置く必要はない

ただ、元彼を振った場合に限っては、あまり冷却期間を置くべきではありません。振られた男性は、すでに「元カノと復縁したい」という思いを持っており、時間が経つほどあなたへの未練が薄れてしまうからです。とはいうものの、本当に復縁すべき相手かどうかを見極めるためにも、多少の冷却期間は必要です。

冷却期間を置くことで復縁までに時間がかかるため「元彼と早く復縁したい」と思う人ほど冷却期間をもどかしく感じるでしょう。振った・振られたの状況に合わせて、自分に必要な冷却期間を決めてみてください。

元彼と連絡をとる場合の注意点

元彼と連絡をとらなければ、復縁することは難しいでしょう。ただ、元彼に連絡をするときは、いくつか注意すべきことがあります。そこで今度は、元彼と連絡をとる場合の注意点を紹介します。

注意点1:連絡するタイミングを見極める

元彼に連絡をする場合は、タイミングを見極めましょう。冷却期間を置かず、ただ復縁したい気持ちだけで連絡をしても「元カノから電話だ...鬱陶しいな」と思われる可能性があり、復縁に繋がらなくなるのです。

また、元彼の仕事が忙しいときや、元彼に新しい彼女がいるタイミングで連絡をしても、かえって迷惑をかけることになりかねません。友達から元彼の情報を集めたり、元彼のSNSのチェックをして、元彼の現状を把握することが大切です。

注意点2:いきなり復縁を匂わせない

元彼と連絡をとりあうことができたとしても、いきなり復縁を匂わせるべきではありません。別れた理由がなんであろうと、2人の信頼関係は壊れている可能性が高く、もちろん愛情も冷めていると考えられます。

いくら過去に付き合っていた関係であったとしても、好きでもない人とよりを戻したいとは思わないでしょう。連絡をとりあうなかで、しっかりと信頼関係を築いてから復縁を申し込みましょう。

注意点3:重い内容は避ける

当たり前のことですが、元彼に重い内容で連絡をすべきではありません。暗い話で連絡をすれば、元彼の気分を悪くしてしまうでしょう。もちろんあなたへの印象も悪くなり「やっぱり元カノと別れて正解だった」と思われてしまいます。

元彼に連絡をするときは、明るく楽しい話題を心がけましょう。

復縁の可能性を上げるためのポイント

今度は、復縁の可能性を上げるためのポイントを見てみましょう。これまで解説してきた内容のまとめになっています。

復縁のポイントを抑えて、元彼を振り向かせましょう。

ポイント1:自分磨きをする

元彼と復縁したいのであれば、冷却期間中に自分磨きをしましょう。可愛くなれば、それだけ元彼の気持ちを振り向かせることに繋がります。また「元カノが可愛くなってる…別れなければよかった」と後悔させられるかもしれません。

自分の魅力をアップさせるためには、大変な努力が必要になると思います。心が折れそうになったときは、元彼との復縁を思い出して気持ちを奮い立たせましょう。

ポイント2:タイミングを見極める

復縁の秘訣は、きちんとタイミングを見極めることです。連絡をするタイミングも、元彼と会うタイミングも、復縁を申し込むタイミングも重要です。どれか1つでもタイミングを間違えれば、復縁できなくなるかもしれません。

別れた理由や元彼との関係性、元彼の状況をもとに、ベストなタイミングを見極めましょう。

復縁したくなる元カノとは

元彼と復縁をするためには、男性が復縁したいと思う女性になることも大切です。いったいどんな女性が復縁したいと思われるのか、以下の内容を読んでみましょう。

特徴1:別れたときより可愛くなっている

基本的にどの男性も、女性の見た目から恋愛対象を選ぶ傾向があります。そのため、別れたときより可愛くなれば、元彼に復縁したいと思われやすいのです。

可愛くなるためには自分磨きをする必要があります。体型・髪型・ファッション・メイクに気を使って、元彼好みの女性を目指してみてください。

可愛くなったあなたの姿を見て、元彼から復縁したいといってくれるかもしれません。

特徴2:別れたことを引きずっていない

別れたことを引きずっていない女性は、元彼がいない毎日を前向きに過ごすことができるでしょう。楽しいことを素直に楽しんだり、仕事にきちんと向き合えるからこそ、女性としての魅力が際立つのかもしれません。

元彼と別れたこと、元彼と復縁できない状況は、とても辛いことだと思います。それでも一度は別れを受け入れて、気持ちの上で自立をしましょう

彼の潜在意識に働きかけるには?

これまでは、現実的な視点から復縁する方法についてお話をしてきました。今度は、少しスピリチュアルな方法で元彼との復縁を引き寄せてみましょう。

引き寄せの法則を使う

復縁する方法を調べるなかで、潜在意識を知った人がいるかもしれません。実は、元彼の潜在意識に働きかけることで、復縁したいと思わせる効果があるようです。

やり方は、イメージしたことを現実に引き起こすことができる引き寄せの法則を使います。元彼と復縁するまでの細かい情景を事実と認識するくらいイメージを繰り返すだけです。

ただ「復縁したい」と願ってはいけません。潜在意識は「すでに復縁している」と思い込むことが重要なのです。この引き寄せの法則を使えば、元彼との復縁も、元彼に復縁したいと思わせることも可能になるかもしれません。

元彼に復縁したいと念を飛ばす

あなたは言霊(ことだま)をご存知ですか?

古くから、言葉には霊力が宿ると信じられており、言葉に念を込めることによって現実に叶えることができるといわれています。

元彼の潜在意識に働きかけたいのであれば、強い気持ちで「元彼と復縁したい」「元彼に振り向いてほしい」と念を込めて唱えてみてください。

言霊を信じるか信じないかはあなた次第ですが、案外念を飛ばして願いを引き寄せることができるかもしれません。本気で復縁したいのであれば、言霊を試す価値はあるのではないでしょうか。

"スピリチュアルの力も借りて復縁を成功させよう!

元彼の潜在意識に働きかける方法を紹介しましたが、ほかにも復縁に効果のあるスピリチュアルな方法があります。

「元彼と復縁できた!」と評判のよい方法をピックアップしましたので、ぜひ試してみてください。

復縁に効果のあるおまじないをする

元彼との復縁がうまくいかないと悩んでいるなら、復縁に効果のあるおまじないをしてみてはどうでしょうか?

おまじないは、古くから世界中で盛んに行われており、ときの権力者ほどおまじないで自分の願いを叶えていたと伝えられています。

もちろん復縁に効果のあるおまじないは多く、おまじないで復縁に成功している人もたくさんいるようです。

手軽にできるおまじないもありますので、ぜひ一度調べてみてください。

復縁が叶う神社に参拝する

全国各地に復縁が叶う神社がたくさんあります。近くにある復縁効果の高い神社に参拝をすれば、もしかすると神様があなたの願いを叶えてくれるかもしれません。

以下は、全国にある復縁効果が高い神社です。

・東京大神社(東京都)
・神田神社(東京都)
・気多神社(石川県)
・恋木神社(福岡県)
・常陸国出雲大社(茨城県)

上記の神社は、全国的に復縁効果が高いことで知られています。時間を作って、ぜひ参拝に足を運んでみてください。

占いを受ける

復縁をするのであれば、ぜひ占い師に相談をしてみてください。占い師は、不思議な能力を使って復縁が成功する方法をいくつも教えてくれます。

また、復縁できるかどうかはもちろんですが、元彼に連絡をするタイミングや、復縁の可能性を高める方法、元彼の気持ちまで具体的に教えてもらうことができるでしょう。

最近は、対面鑑定だけではなく、電話やLINE、テレビ電話やzoomによるオンラインで本格的な占いを受けることができます。いつでもどこでも相談に乗ってもらえますので、元彼のことを考えて辛くなったときにこそ、話を聞いてもらいましょう。

復縁の効果がある待ち受けにする

おまじないの1つともいえますが、スマートフォンの待ち受け画面を復縁効果の高い画像に変えてみてはどうでしょうか?幼獣ユニコーンやローズクォーツ、すずらんやブルームーンの画像は、復縁効果がとくに高いことで知られています。

「待ち受けを変えたくらいで本当に復縁できるの?」と思うかもしれませんが、やってみる価値はあります。

・元彼と復縁できる待ち受け
・音信不通の元彼から連絡がくる待ち受け

など、あなたの願いに合った待ち受け画像を探してみてください。

元彼に復縁したいと思わせることはできる!

別れ方のパターンでみる元彼に復縁したいと思わせる方法や、復縁の可能性を上げるポイントを中心に紹介しました。

どれだけ復縁が難しい状況であっても、焦らず慎重に行動すれば、元彼に復縁したいと思わせることはできます。

現実的な方法だけではなく、ときにはスピリチュアルな力を信じて、元彼との復縁を成功させてみてください。

関連記事
復縁できた・できなかったカップルの共通点&確率を上げる方法

復縁できた・できなかったカップルの共通点&確率を上げる方法

関連キーワード

おすすめの記事