元彼があなたと復縁したくなる!元彼と復縁するきっかけの作り方3選

元彼と別れたあと、どれくらいの頻度で復縁したいと思っていますか?

毎日のように元彼のことを思い出して、1人で辛くなっていませんか?

頭では復縁したいと思っていても、きっかけの作り方がわからなかったり「元彼に嫌われてたらどうしよう…」と不安になってしまうでしょう。

そこで、元彼に「復縁したい」と思わせる、上手なきっかけの作り方についてご紹介します。

「復縁できるのかな?」
「デートに誘って断られたらどうしよう…」
「LINEしても未読無視されるかも…」

元彼と復縁したいと思っても、失敗したときのことを考えるとネガティブ思考になったり、不安になりますよね。

このまま復縁のきっかけを作らずにいると、いつまでたっても元彼とは復縁できません。

「元彼と復縁したい!」と思っているなら、別れた原因を考えて、ベストなアプローチ方法を実践しましょう。

まずは元彼と別れた原因を考えてみよう!

「別れた彼氏のことが忘れられなくて復縁したい」というときは、まずは別れた原因を考えることが大切です。

別れた原因によって復縁の難易度が大きく変わるためです。

以下に、カップルが別れる主な原因をまとめました。あなたたちはどれに近かったでしょうか?

別れた原因① どちらかが浮気をしたから

カップルが別れる原因として多いのが、どちらかが浮気をすることです。

「浮気は男性がするもの」と考えている方がいるかと思いますが、女性の浮気で別れるケースが少なくありません。

浮気が原因で別れたときは、関係修復が難しく復縁の難易度が高いことが特徴です。

別れた原因② 価値観が合わなかったから

カップルが別れる原因として、価値観が合わないことが挙げられます。

付き合うまでは素敵な相手だと思っていたとしても、付き合ってから一緒にいる時間が長くなるにつれて「考え方が違う」と感じることが少なくありません。

ちょっとした価値観の違いであれば大きな問題になりにくいですが、お金や恋愛観が大きく違うと「付き合っていて楽しくない」と感じるようになり別れに発展しやすいです。

また、カップルの年齢によっては結婚に対する価値観の違いでギクシャクして別れることがあります。

別れた原因③ ささいな喧嘩をしたから

カップルが別れるきっかけとして、ささいな喧嘩をして勢いで別れてしまうことが挙げられます。

どれほど仲がいいカップルであったとしても、まったく喧嘩をしないカップルはほとんどいません。

うまく仲直りできるカップルであればささいな喧嘩はコミュニケーションのひとつですが、おたがいに謝れないカップルの場合はささいな喧嘩が大きな問題に発展することがあります。

ささいな喧嘩が原因で別れたときは復縁できる可能性が高いですが、復縁するきっかけがうまくつくれずに失敗することがあります。

そのため、復縁するきっかけのつくり方を知ることが大切です。

男性が復縁したいと思うきっかけの作り方

別れた元彼と復縁したいときは、あなた自身が「復縁したい」と思っていても元彼の気持ちがこちらに向かないとうまくいきません。

そのため、元カレが復縁したいと思うきっかけを知ることが復縁の成功率を上げるために必要になります。

気持ちが落ち着いたとき

おたがいに納得をして別れたときを除いて、ほとんどのケースで別れたばかりのときはおたがいが感情的になっています。

そのため、「もう元彼・元カノの顔を見たいくない」と感じていますが時間とともに気持ちが落ち着いてきます。

とくに、ささいな喧嘩をきっかけに別れたときは気持ちが落ち着いたときに「どうして別れてしまったんだろう」と後悔することが多いです。

そのため、気持ちが落ち着いたことをきっかけに「元カノと復縁したい」と思う男性が少なくありません。

共通の友人から噂を聞いたとき

カップルが別れたあとにおたがいが合わなかったとしても、共通の友人がいるときに元恋人の噂を聞くことがあります。

そのときに、恋人と楽しい時代のことを思い出したことをきっかけに「元カノと復縁したい」と思う男性がいます。

そのため、「元彼と復縁したい」と思っているときは共通の友人に協力してもらうことが効果的です。

偶然再会したとき

元彼が復縁を一切考えていなかったとしても、元カノと偶然再会をしたことをきっかけに「元彼と復縁したい」と思うことがあります。

とくに、同窓会や飲み会といった2人きりではないシチュエーションで再会したときは2人きりで再会したときより身構えずに会話できます。

このときに、いい雰囲気を演出できれば復縁できる確率が上がります。

新しい彼女と別れたとき

新しい彼女がいる元彼の場合は、新しい彼女と別れることをきっかけに「元カノと復縁したい」と思うことがあります。

新しい彼女と別れていないとしても、うまくいっていないときは「元カノと一緒の時のほうが幸せだった」と感じて復縁を考える男性がいます。

元彼が新しい彼女とうまくいっているときは、あなたが復縁のアプローチをしてもうまくいかないことがほとんどです。

また、元彼が新しい彼女と結婚をしたり婚約しているときは元彼を諦めて新しい恋を探すことがおすすめです。

久しぶりに連絡がきたとき

元彼が元カノとの復縁を意識するきっかけとして、元カノから久しぶりに連絡がきたときが挙げられます。

男性は別れたあとに元カノのことを完全に忘れることができずに、未練を残しているケースが多いです。

そのため、忘れられない元カノから連絡がきたときに「やっぱり元カノのことが好き」と感じて復縁を目指します。

しかし、元彼に連絡したからといって確実に復縁できるわけではありません。

元彼と復縁を成功させるためには、連絡するきっかけやタイミングに気をつかうことが大切です。

元彼に連絡するきっかけやタイミング

元彼と復縁したいと思っている女性は「はやく復縁したい」という気持ちが強いため、すぐに連絡しようとしがちです。

しかし、元彼に連絡するタイミングを失敗すると復縁が遠のいてしまいます。

場合によっては復縁できる可能性がまったくなくなるため、慎重にタイミングを見極めることが大切です。

タイミング① 冷却期間を置いたあと

カップルが別れたあとはおたがいに頭に血が上っている状態で、すぐに連絡をしたとしてもうまく話すことができません。

そのため、復縁を目指しているときに連絡するタイミングとして冷却期間を置いたあとが適切です。

冷却期間は元彼の性格のほかに別れ方により長さが違います。とくに、浮気や裏切りといったことが原因で別れたときは1年以上の冷却期間が必要なケースがあります。

元彼に連絡をするときは、自分の気持ちより元彼の気持ちを考えてタイミングを探るようにしましょう。

タイミング② 自分磨きをしたあと

復縁は、はじめて付き合うときよりハードルが高いとされています。それは、おたがいに「同じことを繰り返すかもしれない」と不安になるためです。

また、別れた元彼に「復縁したい」と思わせるためには別れたときより成長した姿をみせることが大切です。

そのため、元カレと復縁したいときは自分磨きをして元彼を振り向かせる自信がついたあとがおすすめです。

自分磨きだけではなく、同じことを繰り返さないように別れた原因を見つめ直して改善することを忘れないようにしましょう。

タイミング③ 元彼の情報を掴んだあと

元彼と復縁したいときは、元彼がどんな状況なのかを知ることが大切です。とくに、元彼に新しい彼女がいるかどうかを調べましょう。

新しい彼女とうまくいっているタイミングで連絡をしてしまうと、「元カノは邪魔な存在」と思われてしまいうまくいきません。

元彼の状況を知るためにはSNSをチェックすることがおすすめです。また、共通の友人がいるときは協力してもらうことで状況を掴みやすくなります。

最初が肝心!元彼に連絡する内容

元彼と復縁したいときは、連絡するタイミングだけではなく最初に連絡する内容が大切です。

「復縁したい」という気持ちが伝わる連絡をしてしまうと、警戒されてしまい距離をおかれる危険性があるためです。

元彼と復縁するときは、少しずつ距離を縮めることを意識して最初の連絡内容を決めましょう。

内容① 記念日を祝う

元彼の誕生日や新年といった記念日に「誕生日おめでとう!」「あけましておめでとうございます」といった記念日を祝う連絡がおすすめです。

記念日であれば久しぶりの連絡をしたとしても警戒されることが少ないためです。

また、誕生日を祝われたときに「元カノが自分のことを忘れていない」と思わせる効果があります。

しかし、クリスマスやバレンタインといったカップル向きの記念日に連絡するのは避けましょう。

カップル向きの記念日に連絡をすると、「元カノは自分に未練がある」と思われてしまい避けられる危険性があるためです。

内容② 彼氏の得意分野

元彼の得意分野や趣味について質問をすることが、久しぶりに連絡するときの内容としておすすめです。

「〇〇についてどうしてもわからなくて、詳しいあなたに教えてもらいたかったの」と頼ることで、元彼は気分よくLINEの返信をしてくれる可能性が高いです。

男性の多くは、女性から頼られたときに気分がよくなるためです。

また、過去のデートで行ったことがある店を聞くような元彼にしか聞けないことを質問することがおすすめです。

内容③ 軽い近況報告

復縁したい元彼に連絡をするときは、軽い近況報告がおすすめの内容です。

復縁を目指すときは、すぐに距離を縮めるのではなく少しずつ距離を縮めていくことが効果的なためです。

「お久しぶりです、最近の仕事の調子はどうですか」のように軽い質問をして、元彼からの反応をチェックしましょう。

すぐに返信がきたり、「前と変わらず忙しいよ、君は最近どう?」のようにあなたのことを質問してくるのであれば連絡を取りあえる仲になれる可能性があります。

すぐに返信がこないときはなんども連絡するのではなく、じっくり待ちましょう。

なんども連絡をしてしまうと「元カノがめんどくさい」と思われてしまい、最悪の場合は元彼にブロックされてしまうためです。

内容④ 気軽に食事に誘う

元彼に連絡をしたときに楽しくやりとりできるケースがあります。

そのときは、すぐに復縁をにおわせるのではなく、「あなたの都合がいいときにどこかで食事でもしない?」と気軽に食事に誘ってみましょう

このときは、真剣に誘うのではなく友達感覚で誘うことがおすすめです。

真剣に誘ってしまうと元彼に引かれてしまいうまくいかなくなります。

また、元彼を食事に誘うときは警戒されないように夜ではなく昼間がおすすめです。

夜に誘うと「復縁を目指しているのかな」と警戒されるだけではなく、「都合のいいセフレあつかいできるかも」と思われる危険性があります。

元彼と復縁するまでの平均期間

復縁までの期間はカップルによって違う!

復縁までの期間はカップルによって大きく違います。これは、2人の性格や別れ方によって復縁までの期間が変わるためです。

カップルのなかには喧嘩をするとすぐに別れますが、1週間以内にまた復縁をすることを繰り返すケースがあります。

また、ちょっとした喧嘩で別れたとしてもおたがいに頑固なためなかなか復縁できないことがあります。

以下で紹介する復縁までの期間についてはあくまでも一般的なものなので、自分たちの性格や別れ方を参考にして「どのくらいの冷却期間が必要なのだろう」ということを見極めてください。

おたがいに納得して別れたときはすぐに復縁できる

仕事が忙しくなったり遠距離恋愛になることをきっかけにおたがいに納得をして別れるケースがあります。

このときは、おたがいに対して悪い感情を抱いていないほか別れたあとに連絡を取り合うことが少なくありません。

おたがいに納得をして別れたカップルの場合は、別れた原因が解消されることですぐに復縁できることがほとんどです。

また、原因が解消されていないとしても「やっぱり復縁したい」とおたがいが考えて復縁することがあります。

ささいな喧嘩で別れたときは1ヶ月程度

ささいな喧嘩をきっかけとして別れたカップルの場合は、1か月程度で復縁できることが多いです。

おたがいがさっぱりとした性格をしているときは、1か月以内に復縁することが少なくありません。

ささいな喧嘩をきっかけに別れて復縁するときは、同じことを繰り返さないことが大切です。

なんども同じことを繰り返すと「自分たちは相性が悪いのかな」と感じて、うまくいかないことが多いためです。

マンネリ化して別れたときは半年程度

マンネリ化が原因で別れたカップルの場合は、半年以上の冷却期間が必要になります。

マンネリ化をしたカップルの場合は、おたがいのことを知り尽くしているため「復縁をしたとしてもまた同じことを繰り返す」と感じるためです。

マンネリ化が原因で別れて復縁を目指すときは、自分磨きをして元彼を惚れ直させることが効果的です。

じっくりと自分磨きをして元彼の前にあらわれることで、元彼は新鮮な気持ちになり復縁に前向きになります。

自分磨きをするときは外見だけではなく内面を磨きましょう。元彼を惚れ直させることができれば、あっさりと復縁できる可能性が高いです。

浮気や大きな喧嘩が原因のときは1年以上

浮気や大きな喧嘩が原因で別れたときは、1年以上の冷却期間が必要なことが多いです。

とくに、浮気をして相手の信頼を損なってしまったときは1年の冷却期間で足りないことが少なくありません。

「復縁を諦めたほうがいいかも」と感じるときは、元彼のことをすっぱりと諦めて新しい恋を探すことがひとつの方法です。

復縁できないケースがある

なんども浮気を繰り返して別れたときや、元彼に新しい彼女がいるときは復縁ができないケースがあります。

とくに、元彼がすでに新しい家庭をつくっているときは復縁を目指そうとしてもうまくいかないことがほとんどです。

復縁が不可能な状況になったときは、元彼への執着を捨てて新しい恋を探しましょう。

どうしても元彼が忘れられずに新しい恋ができないときは、恋愛から頭を切り離して仕事や趣味に没頭しましょう。

そうすることで気持ちが切り替わり、前を向いて進めるようになることが多いです。

復縁はできる!元彼と復縁した人の体験談

体験談:自分から連絡して復縁できました!

元彼と復縁をしたいと思っていましたが、直接告白をして失敗してしまいました。

しかしどうしても諦めることができずに、「どうしたら復縁が成功するのだろう」と考えました。

焦って告白してもうまくいかないと気づいたため、少しずつ距離を縮めることを目標に。

「仕事忙しそうだね、体に気をつけてね」「お誕生日おめでとう」といった軽いやり取りをしているうちに、おたがいに楽しい話や悩みをする間柄になれました。

そのうちに一緒に会う機会を自然につくれて復縁に成功、焦らずに距離を縮めることが復縁の成功の要因だと思います。

「元彼と復縁したい」と思ったとしても、ストレートに告白をして失敗したケースです。

しかし、関係が切れていなければ復縁を成功させるチャンスがあります。

焦らずにじっくりと距離を縮めることで、元彼側から告白させることができます。

体験談:勇気を出して連絡したら...!

元彼と別れてから別の男性と付き合いましたが、「元彼のほうが自分に向いている」と改めて感じてしまいすぐに別ることに。

元彼と復縁を決意し、「どうやって連絡を取ろうか」と悩んでいました。

そのときに、元彼が野球好きなことを思い出しました。そこで、元彼が好きなチームのことを勉強して「〇〇って選手、すごい活躍してるね」とLINEをしました。

元彼はすぐに話に乗ってくれて、LINEが盛り上がり一緒に野球観戦に行く約束を取り付けました。

それがきっかけで復縁できたほか、共通の話題ができたことで別れる前より仲良くなれたと思います。

元彼と復縁したいと思ったとしても、なかなか連絡のきっかけをつかめない方が多いのではないでしょうか。

そんなときは、元彼が楽しんでくれる話題を提供することが効果的です。

元彼の趣味の話題を提供することでLINEで盛り上がれるだけではなく、継続して連絡をやりとりできます。

また、共通の趣味をつくれば元彼と距離を縮めることができるのでおすすめです。

体験談:元彼から連絡がきました

久しぶりに元彼からLINEがきたときに、嬉しいという気持ちと戸惑いがありどう返信するか悩んで1日放置しました。

すると、1日後に元彼からまたLINEで「付き合っているときは毎日LINEしていたので、いまはとても寂しい」というメッセージがきました。

別れてしばらくたっていたので元彼に対する悪い感情がなかったため、LINEの返信をしそれから連絡をする仲に。

おたがいに未練が残っていることがわかったため、おたがいが同意をして復縁しました。

復縁するときに別れたときと同じ失敗を繰り返さないようにするため、おたがいに悪い点を振り返ったため復縁してからはいい関係を築けています。

元彼と復縁を考えているタイミングで元彼から連絡がくるケースがあります。

そんなときは「元彼からの連絡がうれしい」と舞い上がってしまい、すぐに返信したくなります。

しかし、元彼との復縁を目指すときはいったん気持ちを落ち着けて、あえて自分から連絡しないことがコツです。

そうすることで元彼は「元カノに振り向いてもらいたい」と強く思うようになり、復縁の成功率が上がります。

体験談:友達に協力してもらって大成功!

元彼と別れたあとにだんだんと寂しくなり、「やっぱり元彼と復縁したい」と思うようになりました。

しかし、元彼が自分のことをどう思っているのかわからずなかなかアタックできませんでした。

そこで、元彼と共通の友人の力を借りることを思いつき相談しました。

共通の友人に元彼の現状を聞くとともに、友人は私の気持ちをそれとなく元彼に伝えてくれました。

そして、元彼と会う機会をつくってもらい「もう一度チャンスをください」と伝えることができ復縁しました。

「元彼と復縁したい」と思ったとしても、なかなかアタックできない方が多いのではないでしょうか。

元彼と共通の友人がいるときは、協力を求めることで復縁の成功率を上げることができます。

元彼は元カノからの言葉を素直に聞けないとしても、第三者の立場である友人の言葉であれば素直に聞けるためです。

体験談:元彼と偶然再会して...

元彼のことを忘れていたのですが、飲み会で偶然元カレと再会しました。

別れてから1年以上たっていたため、すでに元彼に対する悪い感情がなくなっていたため楽しく会話できました。

久しぶりに会った懐かしさから気持ちが盛り上がり、未練がなかったはずの元カレと「復縁してもいいかもしれない」と思うように。

元彼も同じように感じていたようで、それから連絡のやりとりをして復縁しました。

カップルがおたがいに復縁を考えていないとしても、心のどこかで「元恋人のことが忘れられない」と思っているケースがあります。

そんなときは、偶然の出会いをきっかけとして「復縁しよう」と思うようになることが少なくありません。

また、復縁したいと思っていてもうまくきっかけがつかめないときに、偶然の出会いというチャンスを逃さずに復縁のきっかけをつくることができます。

体験談:SNSから距離が縮まった!

元彼と別れましたが、おたがいにTwitterやInstagramのフォローを外していませんでした。

そのため、別れてしばらくしてから復縁したいと思ったときに「SNSを活用すればいいかもしれない」と思い、まずは元彼の状況をチェックしました。

SNS上では新しい彼女ができた雰囲気がないため、「これなら復縁できるかもしれない」と思いアピールを開始。

わたしがしたSNSの活用方法は、元彼のツイートにリプライをしたりいいねをしたりすることです。

そのうちに元彼からリプライがくるようになり、少しずつ距離を縮めることができました。

距離が縮んだあとに思い切ってLINEで連絡をして、復縁に成功しました。

元彼と復縁したいときに、SNSを有効活用できます。

SNSで元彼の状況をチェックするだけではなく、元彼の興味を惹く投稿をすることで距離を縮めることができるためです。

さいごに

元彼と復縁できる確率はおよそ2割程度とされていて、ハードルが高いことが特徴です。

しかし冷却期間をしっかりおいたり連絡するときの話題を正しく選択するといったことを忘れなければ復縁の成功率を上げることができます。

元彼と復縁したいときは焦り過ぎずに、自分に合った方法を見つけてアプローチしましょう。

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!