復縁したいなら冷却期間が必要?いらないパターンと成功のコツ

「別れたあとは冷却期間をおいたほうがいい」と、よく耳にしますよね。 しかし、一方で「復縁に冷却期間は必要ない」という声もあります。 この記事では、冷却期間を置かない方がいいパターンや、ベストな冷却期間の判断基準冷却期間中の過ごし方などを紹介します。 本気で復縁したいなら、自分たちに最適な冷却期間を見極めたうえで行動することが大切です。冷静に向き合って復縁を成功させましょう。

復縁したいなら冷却期間が必要なのはなぜ?

元彼に未練があれば、復縁したいですよね。

ただ、復縁したいなら冷却期間が必要と言われています。

まずは、どうして復縁に冷却期間が必要なのかについて見てみましょう。

別れた現実を受け入れるため

復縁をするためには、なによりも先に、元彼との別れを受け入れなければいけません

いつまでも「元彼と別れたくない」と、別れを受け入れることができなければ、別れる前のことばかりに目が向いて、復縁するための行動を起こすことができなくなるのです。

ただ、別れを受け入れるためには、それなりに時間がかかります。

一度元彼との別れを受け入れるために、冷却期間が必要とされています。

復縁を成功させるために準備が必要だから


復縁前の冷却期間必要なのは、復縁を成功させるためには準備がいるからです。

元彼との別れを受け入れることはもちろんですが、別れた原因を解決したり、元彼の気持ちを取り戻すためにやるべきことなど、準備をすることがたくさんあります。

しっかりと時間をかけて復縁の準備をしておけば、元彼と復縁できる確率を上げることができるのです。

冷却期間がいらない場合があるって本当?

冷却期間がいらないケースはある!

基本的に、復縁したいのであれば冷却期間が必要です。

ただ、絶対に冷却期間が必要というわけではなく、冷却期間がいらない場合があります。

むしろ、冷却期間を置くことによって、復縁が失敗してしまうのです。

元彼と復縁したいと考えている人は、むやみに冷却期間を置くのではなく、自分の場合に冷却期間が必要なのかを見極めましょう。

冷却期間を置かない方がいいパターンとは

冷却期間がいらない場合があることをお伝えしましたが、具体的にどんなパターンのときに冷却期間がいらないのでしょうか?

ここでは、冷却期間を置かない方がいい3つのパターンを紹介します。

パターン1:別れてすぐに元彼から連絡がきた

別れてすぐに元彼から連絡がきた場合は、冷却期間がいらないでしょう。

元彼は、あなたとの距離を縮めたくて連絡をしているわけです。

連絡を無視することによって、

「元カノは自分に気持ちがないんだな」
「なんで無視するんだ?性格が悪いな...」

と、復縁が失敗に向かう恐れがあります。

元彼から連絡がきた場合は、すぐに返事をすれば、2人の関係を築き直すことができるでしょう。

パターン2:自分から元彼を振った

自分から元彼を振った場合も、冷却期間がいらないパターンです。

あなたに振られた元彼は、未練を残している可能性が高く「元カノと復縁したい」と、考えていると思われます。

元彼に気持ちが残っているタイミングで復縁を迫れば、高い確率で成功することができるでしょう。

反対に冷却期間を置いてしまえば、元彼が別れを受け入れて前に進み始めるかもしれません。

そうなると、復縁をすることが難しくなります。

自分から元彼を振った場合は、あれこれ考えずに、すぐ連絡をするべきです。

パターン3:遠距離が原因で別れた

遠距離恋愛は、2人の関係を長続きさせることが難しく、別れやすいカップルの代表といえます。

ただ、遠距離という物理的な距離の遠さが原因で別れた場合は、相手を悪く思っておらず、むしろ未練を残している可能性が高いのです。

冷却期間を置いて時間をかければ、元彼のあなたに対する気持ちが薄れて、復縁が難しくなってしまう可能性があります。

遠距離で別れたものの「元彼と復縁したい」と、思っているのであれば、タイミングを見て連絡をしてみましょう。

冷却期間なしで復縁を成功させるためのポイント

冷却期間がいらないパターンをお伝えしましたが、復縁を成功させるためには、いくつか重要なポイントがあります。

ここでは、冷却期間なしで復縁を成功させるための3つのポイントを見てみましょう。

ポイント1:別れた原因を理解しておく

元彼と別れた原因を理解しておかなければ、冷却期間なしの状態から復縁することは難しいでしょう。

別れた原因を理解せずに復縁を迫ってしまえば「復縁をしても同じ失敗を繰り返すだけ」と、元彼にマイナスな印象をもたれる可能性が高いのです。

とくに、あなたに原因があって元彼に振られた場合は、別れた原因を理解するだけではなく、改善していく必要もあります。

冷却期間あり・なしに関係なく、元彼に復縁後の明るい未来を期待させることを意識しましょう。

ポイント2:元彼と一定の距離を保つ

冷却期間がいらないのであれば、付き合っていた頃の感覚で元彼に接してしまうと思います。

ただ、一度は別れてしまった関係なので、元彼と一定の距離を保って、関係を再構築させなければいけません。

冷却期間がいらないからといって「ねえ、やっぱり復縁しない?」と、馴れ馴れしい接し方をすれば、元彼からの印象を悪くしてしまうのです。

冷却期間を置かずに復縁をする場合は、元彼と一定の距離を保ちつつ、少しずつ2人の関係を築いていきましょう。

ポイント3:しつこく復縁を迫らない

冷却期間を置かないからといって、しつこく復縁を迫ってはいけません

しつこく復縁を迫ってしまえば、かえって元彼からの印象を悪くして「別れてよかったかも...」と、思われる可能性があります。

元彼の復縁に対する心理を見極めながら、慎重に2人の距離を縮めましょう。

元彼の気持ちと、復縁を申し込むタイミングを間違えなければ、きっと復縁を成功させることができるはずです。

冷却期間なしで復縁する場合の注意点

冷却期間なしで元彼と復縁する場合は、注意すべきことがいくつかあります。

ここでは、とくに重要な3つの注意点を紹介しますので、復縁を成功させる過程で意識してみてください。

注意点1:連絡の頻度に気をつける

冷却期間がないからこそ、付き合っていた頃の感覚で元彼に連絡をする人がいると思います。

ただ、冷却期間を置いていないだけであって、2人が別れている事実は変わりません

ましてや、元彼の自分に対する気持ちを見極めていないなかで、何度も電話やLINEを送ってしまえば、元彼から鬱陶しく思われてしまうでしょう。

たしかに、元彼と復縁するためには、まずは連絡を取り合う関係に戻る必要はありますが、連絡する頻度には十分に気をつけてください。

注意点2:いきなり馴れ馴れしく接しない

冷却期間を置かなくても、別れた事実に変わりありません。

付き合っていた頃の流れで、元彼に馴れ馴れしいLINE話し方をすれば、かえって引かれてしまうでしょう。

はじめは、他人行儀に思えるくらいで構いませんので、一定の距離を保った状態から、元彼との関係を再構築していってください。

元彼に印象よく思われやすく、元彼から距離を縮めてくれるはずです。

注意点3:元彼の気持ちを理解する

復縁を成功させるためには、元彼の気持ちを理解しておかなければいけません。

たとえば、元彼に復縁の気持ちがないタイミングで復縁を迫っても、ほぼOKしてもらうことはできないのです。

元彼と連絡を取り合ったり、おしゃべりをするなかで、元彼の自分に対する気持ちや、復縁に対する考えを見極めましょう。

元彼の気持ちを理解すれば、復縁に向けて自分のやるべきことや、復縁を申し込むベストなタイミングがわかるはずです。

自分たちにベストな冷却期間って?判断基準5つ

「自分の場合は冷却期間っているのかな?」と、悩んでいる人は多いでしょう。

たしかに、冷却期間が必要かどうか、どれくらいの冷却期間が必要なのかは、別れ方や、別れたあとの2人の関係性によって変わります。

そこで今度は、自分に適した冷却期間の判断基準について紹介します。

判断基準1:どんな別れ方をしたか

冷却期間の判断基準は、元彼とどんな別れ方をしたかで決まります。

たとえば、大喧嘩をしてお互いを傷つけあった別れ方をした場合は、2人が冷静になれるまでに時間が必要になるでしょう。

むしろ、相手に対する印象が悪くなり、復縁したい気持ちを思っていないと思われますので、長めの冷却期間が必要と言えるのです。

このように、元彼とどんな別れ方をしたのかを振り返って、自分に適した冷却期間を判断しましょう。

判断基準2:別れた原因がなにか

元彼との別れ方だけではなく、別れた原因も冷却期間を決める重要な基準です。

たとえば、恋愛以外のことに集中したくて別れた場合は、お互いの印象が悪くなっていないため、それほど長い冷却期間は必要ないと言えます。

ただ、浮気が原因で別れた場合は、2人の信頼関係が壊れていたり、浮気をした相手に怒りや憎しみを抱いている可能性が高いため、気持ちが落ち着くまで長い冷却期間が必要でしょう。

このように、何が原因で自分たちが別れたのかを振り返れば、ベストな冷却期間を決めることができるはずです。

判断基準3:別れてからの元彼との関係性

別れてすぐに元彼と友達に戻れる人がいれば、別れた元彼と疎遠になっている女性など、人それぞれ元彼との関係性が違うと思います。

ただ、別れてからの元彼との関係性は、冷却期間を決める判断材料の1つです。

元彼と良好な関係であれば、比較的短い冷却期間でしょう。

反対に、元彼と疎遠だったり、元彼から距離を置かれている場合は、信頼関係を取り戻すことから始める必要があるため、長い冷却期間が必要と考えらえます。

別れてからの元彼との関係から冷却期間を決めて、復縁の成功率を高めましょう。

判断基準4:別れてからの元彼の心境・近況

元彼との別れ方や、別れた原因にもよりますが、元彼の心境置かれている状況からベストな冷却期間を決めましょう。

元彼に復縁の気持ちがないタイミングや、元彼が仕事で忙しくしている時期に復縁を迫っても、よい答えをもらうことは難しいといえます。

そもそも復縁するかどうかは、気持ちに余裕があるときでないと、前向きに考えることができません。

元彼の心境や状況をしっかりと見極めたうえで、自分に適した冷却期間を置きましょう。

判断基準5:お互いが冷静になれているか

たとえば、元彼と大喧嘩をして別れた場合、きっと怒りや憎しみで感情的になっているはずです。

あなたに対する印象は悪く、復縁どころか「別れてよかった」と、思っているかもしれません。

復縁の成功は、お互いに冷静でいるときにすべきことです。

自分を含めて、元彼が冷静になれているかどうかで、置くべき冷却期間を決めましょう。

別れた原因別に見るベストな冷却期間

冷却期間をどれだけ置くかは、別れた原因が大きく左右します。

ここでは、別れた原因別で、ベストな冷却期間を紹介します。

自分と照らし合わせて、適した冷却期間を決めてみてください。

自分から別れを切り出した場合:すぐ元彼に連絡をする

自分から別れを切り出した場合は、すぐに元彼に連絡を取りましょう

別れてすぐの元彼は、あなたへの未練を抱えて「復縁したい」と、思っている可能性が非常に高いです。

うまくいけば、早い段階で復縁できるかもしれません。

冷却期間を長く置くことによって、元彼のあなたに対する未練が消えてしまったり、次の恋に進んでしまうため、一刻も早く元彼に連絡をしましょう。

嫉妬や束縛が原因の場合:2~3週間

どちらかの嫉妬や束縛が原因の場合は、2~3週間の冷却期間で問題ないでしょう。

付き合っていた頃は、嫉妬や束縛に息苦しさを感じるものですが、いざ別れて1人になると、強烈な寂しさに襲われるのです。

2~3週間ほどで、元彼・元カノのことを思い出してくれますので、スムーズに2人の関係を取り戻すことができるでしょう。

あなたから歩み寄れば、元彼も応えてくれるはずです。

仕事や夢を優先させた場合:約1ヶ月

仕事や夢を優先させたくて、別れるカップルがいると思います。

一見すると復縁が難しく、長めの冷却期間が必要かと思われがちですが、実際は1ヶ月程度で問題ありません。

そもそも、仕事と恋愛は別のことであり、両立することで幸福度が増します。

また、仕事や夢を理由に別れたものの、すぐに1人の寂しさを感じて「やっぱり復縁したい」という思いが蘇るのです。

どちらが別れを切り出していても、別れて1ヶ月経った頃に元彼に連絡をしてみてください。

きっと、すぐに返事をしてくれるはずです。

マンネリが原因の場合:約2ヶ月

マンネリが原因で別れるカップルは多いですが、約2ヶ月ほどの冷却期間で問題ないでしょう。

たしかに、元彼の気持ちは薄れているかもしれませんが、決してあなたへの印象が悪くなっているわけではありません

重要なことは、冷却期間の約2ヶ月間で、自分磨きをしたり、充実した生活を送って、元彼の気を惹くことが大切です。

うまく元彼の気を惹くことができれば、いっきに復縁まで2人の距離が縮まるでしょう。

性格の不一致・浮気が原因の場合:約3ヶ月

浮気や性格の不一致は、カップルが別れる1番大きな原因と言われています。

ある程度の期間を付き合ってきたからこそ、性格が合わないと判断しているわけですから、なかなか復縁したいと思わせることができません。

また、浮気は、2人の信頼関係を完全に壊してしまいます。

そのため、性格の不一致や浮気が原因で別れた場合は、最低でも3ヶ月以上の長い冷却期間が必要です。

冷静かつ慎重に、本当に復縁すべきなのかについて、しっかりと考えてから行動に移しましょう。

冷められたくない!冷却期間中の過ごし方

これまでは、復縁に必要な冷却期間の有無について解説してきました。

ただ、冷却期間を置くことより、冷却期間をどう過ごすかが重要です。

元彼の気持ちが冷めないために、冷却期間中のベストな過ごし方を見てみましょう。

過ごし方1:別れた原因を解決する

自分たちに適した冷却期間を置いたとしても、そもそもの別れた原因を解決していなければ、復縁することは難しいでしょう。

むしろ「別れた原因が解決していないのに復縁できると思ったの?」と、元彼からの印象が悪くなってしまいます。

どれだけ時間がかかるかわかりませんが、元彼にアプローチをする前に、別れた原因を解決しておきましょう。

過ごし方2:自分磨きをする

別れたときから成長していなければ、元彼に復縁したいと思わせることができないでしょう。

自分磨きをして魅力的な容姿を手に入れたり、誰からも慕われる人気者になったりと、見た目・内面の両方を磨いてみてください。

自分磨きがうまくいけば、自信を持つことができて、前向きな気持ちで復縁に挑むことができるはずです。

過ごし方3:元彼に自分をアピールする

自分磨きをして、魅力的な自分になれたわけですから、元彼にアピールしなければ意味がありません。

同じ職場や学校に元彼がいるのであれば、元彼の視界に入ることを意識しましょう。

もし、元彼と会うことができなければ、SNSやタイムラインをうまく活用することで、元彼に自分をアピールすることができます。

別れてから魅力的になったあなたの姿を見て「なんで元カノと別れたんだろう」と、後悔してくれるかもしれません。

ちなみに、素敵な笑顔でいることも、元彼の気を惹く重要なポイントです。

過ごし方4:恋愛以外のことを楽しむ

冷却期間中を前向きに過ごすことは、復縁の成功を引き寄せる効果があります。

もちろん、復縁のために自分磨きをすることは大事ですが、恋愛以外のことも楽しまなければ、前向きで明るい気持ちを手にすることはできません。

そもそも、仕事や友達との時間が充実するほど、恋愛はうまくいきます。

元彼との復縁に向けて頑張りつつ、その他のことにも全力で取り組んでみてください

元彼があなたの頑張る姿を見て「復縁したい」と、思ってくれるかもしれません。

冷却期間中の連絡はどうすればいい?

冷却期間中の元彼への連絡は控えるべき!

元彼と復縁をするためには、連絡を取り合う関係に戻らなければいけません。

そのため「冷却期間中に元彼に連絡していいの?」と、気になっている人は多いと思います。

ただ、冷却期間は、あくまで復縁に向けた準備をするための期間です。

元彼から連絡がきたケースを除いて、自分から元彼に会うことも、元彼に連絡をすることも控えるべきであり、自分のやるべきことをやる期間と考えておきましょう。

逆効果!冷却期間中にしてはいけないNG行為

元彼と復縁したい気持ちが強いほど、冷静でいられなくなるでしょう。

ただ、冷静な行動を心がけなければ、よかれと思ってやったことが逆効果になる場合があります。

ここでは、冷却期間中にしてはいけないNG行為を紹介します。

以下の3つのNG行為を覚えて、復縁の成功に役立ててみてください。

NG行為1:元彼にしつこく連絡をする

復縁したい気持ちが強ければ、すぐにでも元彼との距離を縮めたくなるでしょう。

だからといって、元彼にしつこく連絡をすれば逆効果です。

うざい・しんどいといったマイナスな印象をもたれやすく、復縁できるものもできなくなってしまうかもしれません。

たとえ冷却期間が必要ない場合であっても、2人が別れていることには変わりないため、元彼の反応を見ながら連絡の頻度を決めていきましょう。

NG行為2:元彼に復縁を懇願する

たとえば、別れた直後に元彼から連絡がきた場合は、冷却期間が必要ない可能性が高く、復縁に期待が持てるでしょう。

ただ、必ずしも復縁できるわけではありません。

冷却期間がいらない=復縁できると勘違いをして、元彼に復縁を懇願すれば、かえって元彼に引かれてしまいます。

どんな理由があろうと、復縁したいのであれば、慎重な行動が大切です。

焦らず元彼の心理を見極めながら、復縁の成功を引き寄せましょう。

NG行為3:ほかの男性で寂しさを紛らわせる

元彼との関係がなかなか進展しなければ、焦りや不安だけではなく、自分の気持ちをわかってくれない寂しさを感じるでしょう。

だからといって、ほかの男性で寂しさを紛らわしてはいけません

とくに、ほかの男性と体の関係を持つことはNGです。

元彼に、ほかの男性と関係を持ったことが知られてしまえば、それこそ復縁ができなくなります。

冷却期間中の寂しさや不安は、仕事・趣味・友達との時間を使って、上手に解消していきましょう。

復縁が成功した人の冷却期間とは

復縁の成功に必要な冷却期間について説明していますが、ほかの人がどれくらいの冷却期間を置いているのか気になりませんか?

ここでは、復縁が成功した人の体験談を紹介します。

以下の体験談を読んで、どれくらいの冷却期間を置いたのか、冷却期間をどう過ごしたのかについて参考にしてみましょう。

体験談1:元彼から連絡があってすぐに復縁できました!

20代 女性

マンネリが原因で元彼と別れたのですが、1ヶ月ほど経った頃に元彼から連絡があって、復縁することになりました。

お互いに気持ちが冷めたと思っていたのですが、いざ別れて1人になると、やっぱり元彼のことが好きでしたね。

復縁する前に、元彼と今後の付き合い方について話し合っていたので、別れる前より楽しく幸せな関係を築くことができています。

体験談2:性格が合わない元彼と3ヶ月ほどで復縁しました

20代 女性

付き合って3年ほど経った元彼から、性格の不一致を理由に振られてしまいました。

ただ、私は元彼を諦めることができなかったので、3ヶ月ほどの冷却期間中に自分磨きをして、元彼から復縁しようと言ってもらえたのです。

復縁までに6ヶ月以上の時間がかかりましたが、友達として遊びに行ったり、別れたことについて話し合ったりと、内容の濃い時間を過ごしたおかげで復縁できたと思っています。

復縁が失敗する人と成功する人の違い

復縁が成功するかどうかは、別れた原因や別れ方だけでありません。

同じ条件であっても、復縁に成功する人がいれば、逆に失敗する人がいるのです。

ここでは、復縁に成功する人と失敗する人の違いについて見てみましょう。

違い1:前向きな気持ちでいるかどうか

復縁に成功する人と失敗する人の違いは、前向きな気持ちでいるかどうかです。

たとえば、元彼との別れを受け入れられず「やっぱり別れたくない」と、後ろ向きな考えをしていれば、暗く魅力のない女性になってしまうでしょう。

また、前向きでいないことで、自分のやるべきことに意識が向かないのです。

「元彼と復縁するために頑張ろう」と、前向きな気持ちを持てば、多少なりとも復縁の成功率を上げることができるでしょう。

違い2:復縁に向けて行動しているかどうか

「元彼と復縁したい」と強く思うだけでは、復縁することはできません。

復縁に向けて自分磨きをしたり、元彼にアピールしたりと、前向きな行動を取らなければ、復縁することができないのです。

実際に、復縁に成功する人と失敗する人は、行動しているかどうかの違いがあります。

元彼と復縁したいのであれば、先ほど紹介した【冷却期間中の過ごし方】を参考にして、復縁に向けて積極的に行動していきましょう。

ベストな冷却期間は人それぞれ!

復縁前の冷却期間がいらないパターンや、復縁が成功するコツを中心に紹介しました。

復縁前の冷却期間がいるか・いらないか、どれだけの冷却期間が必要なのかは、人それぞれ異なります。

元彼と別れた原因・別れ方・別れたあとの関係性など、たくさんのことを振り返って、自分に合った冷却期間を決めていきましょう。

関連記事
引き寄せの法則で復縁しよう!起こりうる前兆とは?

引き寄せの法則で復縁しよう!起こりうる前兆とは?

元彼が復縁したいと思う女の特徴と「戻りたい」と思わせる方法

元彼が復縁したいと思う女の特徴と「戻りたい」と思わせる方法

別れてすぐ復縁するメリット・デメリット&復縁した体験談

別れてすぐ復縁するメリット・デメリット&復縁した体験談

関連キーワード

おすすめの記事