復縁の可能性が上がる!冷却期間の長さと過ごし方

「彼氏と復縁したい」と思ったらあなたはどうしますか?

実は、別れてすぐに行動をしてもうまくいかないことが多いようです。

そのため、別れた元彼と復縁するためには冷却期間をおくことが効果的です。

そこで、冷却期間が必要な理由や期間をたっぷり紹介します!

彼氏と別れたあとに後悔をして、「彼氏と復縁したい」と思った経験がある方がいるかと思います。

しかし、別れてからすぐに復縁を迫ったとしてもうまくいかない可能性が高いです。

そのため、復縁するためには冷却期間が必要とされています。

ところで、冷却期間とはいったいどのようなものなのでしょうか。

まずは冷却期間の意味について見ていきましょう。

冷却期間の意味

よく「元恋人と復縁したければ冷却期間をおくべき」と言われますが、冷却期間の意味を知らないまま距離を置いたところで、元彼と復縁することはできません。

本気で元彼との復縁を望んでいるのであれば、冷却期間を置く意味を知りましょう。

ここでは、冷却期間を置く2つの意味を紹介します。

意味➀:元彼と復縁するための準備期間

勉強でもスポーツでも、何かでいい結果を出すためには準備が必要ですよね。

しっかりと勉強をしたからこそテストで高得点が取れたり、普段から練習を続けてきたからこそ試合で勝てたりと、冷却期間は元彼との復縁を成功させるための準備期間を意味します。

しかし、冷却期間中は、ただ時間が経つのを待てばいいわけではありません。

しっかりと意味のある過ごし方をしなければ、元彼の気持ちも信頼関係も取り戻すことはできないのでうす。

冷却期間中を有効的に過ごして、復縁できる可能性を上げましょう。有効的な過ごし方については主に後半でじっくり解説します!

意味➁:別れた現実を受け入れる期間

ずっと一緒にいると思っていた元彼を失えば、簡単に別れた現実を受け入れることができないですよね。

別れているのに「絶対に別れたくない」「別れを受け入れたくない」と考えて、復縁したい気持ちを強めてしまうでしょう。

しかし、復縁したければ、第一に別れた現実を受け入れなければいけません

別れた現実を受け入れられれば、自分や元彼の気持ちと向き合えたり、別れた原因を解決したりと、前に進むことができます

冷却期間は、復縁に必要な別れた現実を受け入れるための期間の意味があるのです。

冷却期間が必要な理由

冷却期間が復縁するための準備期間であることがわかったと思いますが、より冷却期間の必要性を知るために、冷却期間がもつ3つの理由を見てみましょう。

冷却期間が必要な理由がわかれば、考えるべきことや正しい過ごし方を知ることができるはずです。

冷却期間が必要な理由を知って、元彼との復縁を成功させましょう。

理由➀:冷静になる必要があるから

なぜ復縁に冷却期間が必要なのかというと、あなたも元彼も冷静な気持ちになる必要があるからです。

元彼に振られたあなたは、別れた現実を受けいられずに「どうして別れちゃったの?」「やっぱり別れたくない」と取り乱していることでしょう。

反対にあなたを振った元彼は「本当に元カノがむかつく!」「二度と元カノの顔なんて見たくない」と、怒りや憎しみを抱いているはずです。

お互いが感情的になっている状態では、別れた原因や自分の気持ちに向き合えないため、復縁どころの話ではありません。

元彼と復縁について話し合える関係に戻るために、まずは冷却期間を置いて冷静になることが大切なのです。

理由➁:別れた原因を解決する必要があるから

元彼と別れてしまったのは、二人の間に問題があったからです。

浮気なのか、性格の不一致なのか、カップルによって別れた原因はそれぞれですが、元彼の気持ちが離れてしまった問題を解決しないことには復縁できません。

だからといって浮気相手と別れれば問題が解決するわけではなく、ましてや、あなたの性格や考え方は、そう簡単に変えることはできないでしょう。

別れに至った問題を確実に解決するために、冷却期間が必要なのです。

理由➂:信頼関係を取り戻す必要があるから

カップルが別れるときは、愛情がなくなるだけではありません。

付き合うために必要な信頼関係が完全に壊れており、彼女どころか友達以下の存在にしか見られなくなっていることが多いです。

また、失った信頼は、そう簡単に取り戻すことができないため、

「元彼との関係を改善したい」
「早く元彼とヨリを戻したい」

と考えていても、すぐに恋人に戻ることはできません。

いきなり恋人として関係を戻すのではなく、友達として少しずつ信頼関係を取り戻す必要があるから冷却期間が必要なのです。

冷却期間をおくメリット

冷却期間を置くことに意味があるとわかっても「すぐにでも元彼と復縁したい」と考えてしまうでしょう。

ここからは、冷却期間を置くメリットについて紹介します。

冷却期間を置くメリットを知れば、焦る気持ちを抑えて、じっくりと復縁に向けて動けるはずです。

メリット➀:自分の本当の気持ちに向き合える

「元彼と恋人関係に戻りたい」
「楽しかったあの頃に戻りたい」

と考えて、元彼との復縁を望んでいると思いますが、自分に自信を持って元彼のことが好きだと言えますか?

別れて一人になったことが不安なだけだったり、元彼のことが好きではなく執着しているだけではありませんか?

突然彼氏を失えば、誰でも復縁したい気持ちを持って当然です。

しかし大切なことは、これからの人生を本当に元彼と生きていきたいと思っているかどうかです

冷却期間は、元彼と距離を置いて自分の気持ちとじっくり向き合える時間がありますので、復縁を目指すかどうかを含めて考えれば、後悔しない決断ができるでしょう。

メリット➁:自分を成長させられる

「早く元彼ともとの関係に戻りたい」
「早くしないと他の女に元彼を取られるかもしれない」

と、寂しさや不安を感じていると思いますが、冷却期間を前向きに考えれば、一人の時間がたっぷりある状態です。

ダイエットをしたり、おしゃれになったり、交友関係を広げてたくさんの人から慕われたりと、自分自身を成長させることができます

別れたときより、魅力的になっているあなたを見た元彼は、

「あんなに魅力的だったかな?」
「元カノと別れるべきじゃなかった…」
「元カノに連絡してみようかな?」


と、思ってくれるでしょう。

そもそも復縁を成功させるためには、別れたときから成長しておかなければいけません。

外見と内面の両方を磨いて、もう一度元彼を振り向かせましょう

メリット➂:復縁にベストなタイミングを見極められる

元彼との復縁を成功させる鍵は、復縁したい気持ちを伝えるタイミングです。

たとえば、

  • 元彼の怒りがおさまっていない
  • 元彼の仕事が忙しい
  • 元彼に新しい彼女がいる

といったタイミングは、いくらあなたが魅力的になっていても、復縁することは難しいでしょう。

ましてや、復縁することだけを考えて過ごしていれば、元彼の状況を見極めることができないため、タイミングを間違えてしまいます。

しかし、しっかりと冷却期間をおいて冷静になっていれば、きちんと元彼の状況を見極められて、正しいタイミングで連絡したり告白ができるのです。

しっかりと冷却期間を置いて、復縁にベストなタイミングを見極めましょう。

冷却期間をおくデメリット

冷却期間を置けば、元彼との復縁を成功に導くメリットがたくさんありますが、その一方でいくつかのデメリットも存在します。

今度は、冷却期間を置く3つのデメリットを見てみましょう。

デメリット➀:新しい彼女ができるかもしれない

冷却期間を置くうえで「どのくらいの期間が必要なの?」と疑問に思うかもしれません。

冷却期間に明確な日数は決まっていませんが、別れた原因や別れ方の違いで、冷却期間の長さは異なります

しかし、冷却期間を置くということは、元彼がフリーであることを意味しており、いつ新しい彼女ができてもおかしくないのです

もちろん、冷却期間が長くなるほど、元彼に新しい彼女ができる可能性が高くなります

いつまでもウジウジと別れた悲しみを引きずるのではなく、一刻も早く現実を受け入れて、復縁するための前向きな行動をとることが必要です。

デメリット➁:元彼に忘れられる可能性がある

別れた直後の元彼は「元カノがむかつく!」「絶対に元カノのことは許さない」と憎しみの感情を持っているのですが、それだけあなたを意識している裏返しでもあります。

しかし、その憎しみは、時間が経てば経つほど薄らぐものであり、気づいた頃には、あなたのことを思い出すことさえなくなってしまいます

元彼のなかから怒りや憎しみの感情が消えることは嬉しいですが、その一方で、愛情も冷めてしまうため、復縁することが余計に難しくなるでしょう。

冷却期間を長く置くほど、元彼に忘れられる可能性が高くなることを理解して行動してください。

デメリット➂:復縁のチャンスを逃しやすい

冷静になればなるほど慎重に考えるようになるため、逆に復縁のチャンスを逃しやすくなることがあります。

ときには、勢いが大事な瞬間があることも理解しておかなければいけません。

冷却期間中の男性心理

元彼との復縁を望んでいる人は、自分の気持ちだけに意識が向きがちです。

元彼に連絡をしたり復縁を申し込むタイミングは、元彼との距離だけではなく、元彼がどんな気持ちでいるのかを見極めることも大切です。

そこで今度は、冷却期間中の男性心理についてみてみましょう。

元彼の心理がわかれば、自分の取るべき行動が見えてくるはずです。

男性心理➀:元カノに対するイライラ

別れた直後の元彼は、

「なんで元カノみたいな女と付き合ったんだろう」
「本当に元カノのことがむかつく!」
「もう二度と元カノの顔は見たくない」

と、元カノに対するイライラで感情的になっています

感情的になっている元彼に「別れたくない!ヨリを戻してほしい」と伝えたところで、無視をされるか、今以上に嫌われてしまうでしょう。

一刻も早く元彼と復縁したいでしょうが、しばらくはそっとしておく必要があります。

男性心理➁:一人になれた解放感

どれだけ元カノに対して怒っていても、数週間も経てば怒りの感情が落ち着きはじめます

そこでようやく、

「元カノと別れたんだから自分は自由だ!」
「今までできなかったことを楽しもう」
「友達を誘って合コンでもしようかな」

と、一人になれた解放感に満たされるのです

とにかく一人の時間を楽しんでいる期間ですので、元カノを思い出すこともなければ、新しい恋愛をする考えもありません

一人の時間に飽きるまで、もうしばらく様子を見ておきましょう。

男性心理➂:一人になった寂しさ

別れた原因や別れ方によりますが、別れて2ヶ月~3ヶ月ほど経つと一人の自由な時間に飽きはじめて

「なんだか一人が寂しく感じるな…」
「新しい彼女を作るべきなのかな?」
「元カノはどうしてるんだろう?」

と、寂しさを感じる時期に突入します

かと言って、新しい恋愛をはじめる活力があるわけではないため、自然と元カノと別れたことや、元カノの現状に興味を持つようになるのです。

また、よく「冷却期間は3ヶ月置きましょう」と言われますが、自分の気持ちに向き合う時間が取れるだけではなく、元彼が寂しさを感じる時期でもあることが理由の1つです。

最低でも3か月の冷却期間を置いて、しっかりと元彼の心理を見極めたうえで次の行動に移しましょう。

別れ方別!ベストな冷却期間の長さ

これまでに何度か説明しましたが、置くべき冷却期間の長さは、元彼と別れた原因やどんな別れ方をしたかによって違います

冷却期間の長さを間違えると、せっかくの復縁できるチャンスを逃しかねません。

あなたに合ったベストな冷却期間の長さを知って、復縁を成功させましょう。

円満に別れたときは1ヶ月~3ヶ月

お互いを傷つけあった最悪な別れ方ではなく、二人で話し合ったうえでの円満な別れ方をした場合は、1ヶ月~3ヶ月の冷却期間で十分です。

元彼は、あなたに対する愛情がなくなったと思ったから別れを選んだのでしょうが、とくに嫌われたわけではなく、ましてや元彼からの信用を失ったわけでもありません

また、円満に別れるケースとしては、二人のマンネリな状態を気持ちが冷めたと勘違いしていることが多いです。

しばらく時間を置くことで、

「やっぱり元カノのことが好きだ」
「なんで元カノと別れてしまったんだろう」

と、後悔している場合があります

1ヶ月~3ヶ月の冷却期間中は、悲しみを引きずるのではなく、明るく充実した生活を送りながら、元彼の近況を把握して連絡するタイミングを見極めましょう。

喧嘩別れしたときは3ヶ月~6ヶ月

些細なことがきっかけで、

「あなたなんて大っ嫌い!もう二度と顔を見たくない」
「付き合ってきた時間が無駄だったわ。本当にむかつく」

と、売り言葉に買い言葉でお互いを傷つけあって、喧嘩別れをしているカップルは多いと言います。

たった一度の喧嘩であっても、最後が悪ければ相手に与える印象が最悪なものになるため、そう簡単に気持ちを取り戻すことができません。

あなたへの怒りで感情的になっている元彼の気持ちが落ち着くまでには、相当な時間がかかります

また、元彼に与えた悪い印象を取り除かなければいけませんので、さらに時間が必要です。

そのため、喧嘩別れをした場合は、3ヶ月~6ヶ月の冷却期間が必要とされています。

浮気で別れたときは6ヶ月~1年

男女が付き合っていくには、愛情だけではなく信頼関係が必要ですが、浮気をすれば、今まで築いてきた信頼関係が一瞬にして壊れてしまいます

信用を失ったからこそ、元彼は別れを選んだわけですので、信用を取り戻さない限り復縁することは不可能なのです。

しかし、失った信用はそう簡単に取り戻せるものではなく、場合によっては、一生かかっても取り戻せないことがあります。

ましてや「自分のなにがいけなかったのか…」「どうして元カノは自分を裏切ったんだ…」と、浮気をされた怒りや悲しみの傷が癒えるまでには、相当な時間がかかるのです。

まず、あなたの浮気で別れた場合は、ほぼ復縁できないと言えますが、それでも復縁したいと考えるのであれば、最低でも6ヶ月~1年間は冷却期間を置きましょう。

その間に、しっかりと反省をしつつ、自分磨きをしながら元彼との距離を縮めましょう。

冷却期間中に考えるべきこと

冷却期間の長さは、復縁の成功率に直結します

元彼とどんな別れ方をしたのかを振り返りながら、上記で紹介した3パターンとを照らし合わせて、あなたに合ったベストな冷却期間の長さを見つけましょう。

また、冷却期間は、ただ元彼と距離を置くだけでは意味がありません。

しっかりと考えるべきことを考えておかないと、いざというときに行動に移せなくなるのです。

しかし、どんなことを考えて過ごせばいいのかはわかりませんよね。

そこで今度は、冷却期間中に考えるべきことを見てみましょう。

考えるべきこと➀:なぜ二人が別れたのか

元彼との復縁を望んでいる人は、

「早く元彼と復縁したい」
「楽しかった頃に戻りたい」
「また元彼から愛されたい」
「元彼と復縁できれば他のことはどうだっていい」

と、ただ自分の願望だけを考える傾向があります。

自分に余裕がないからこそ、復縁することだけに意識が向いてしまうのは仕方ありませんが、大事なことは、なぜ二人が別れたのかです。

たとえば、あなたの浮気が原因で別れたのであれば、

  • なぜあなたは浮気をしたのか?
  • 元彼にどんな不満があったのか?
  • 浮気がバレたときにどんな対応をしたのか?

と、上記の点をしっかりと考えなければ、あなた自身が心から反省することも、元彼からの信用を取り戻すこともできません

また、たとえ復縁できても、いずれあなたは同じように浮気を繰り返す可能性があります。

冷却期間中は、なぜ二人が別れたのかをしっかりと考えて、その答えを出しましょう。

考えるべきこと➁:本当に復縁すべき相手かどうか

元彼と別れた直後は、一緒にいるはずだった元彼を失った悲しみで、復縁することだけを考えてしまうものです。

たしかに復縁は、一人の寂しさや不安から抜け出すための方法と言えます。

しかし、元彼は本当に復縁すべき相手で間違いありませんか?

とくに、別れた原因が元彼にあった場合は、本当に復縁すべき相手かどうかを見極めなければ、たとえ復縁してもあなたが悲しい思いをしてしまいます。

恋愛は、あなたの人生を幸せにしてくれる1つでしかありません

本当に幸せな人生を送りたければ、わざわざ苦しい恋愛を選ぶのではなく、未練を断ち切って新しい恋愛を見つけるべきではないでしょうか。

自分が幸せになるために、しっかりと復縁すべき相手かどうかを考えましょう

考えるべきこと➂:元彼の気持ち

元彼との復縁を望んでいれば

「やっぱり元彼と別れたくない」
「どうして私の気持ちをわかってくれないの?」

と、考えてしまうでしょう。

それだけ元彼と復縁したい気持ちの現れなのですが、復縁できるかどうかは、あなたではなく元彼の気持ちで決まるのです。

自分本位な考えをするのではなく、

「元彼はどんな思いで別れを告げたんだろう」
「今の私を見て元彼はどう思うだろう?」

と、もっと元彼の気持ちを考えてみてください

元彼の気持ちが理解できれば、今のあなたに足りない部分がはっきりとわかって、復縁に向けてやるべきことが見えてくるはずです。

冷却期間中にすべきこと

冷却期間中は、たくさんのことを考えなければいけませんが、行動に移さなければ元彼との関係を縮めることができません。

そこで今度は、冷却期間中にやるべき3つのことを見てみましょう。

すべきこと➀:別れた原因を解決する

冷却期間中、真っ先にやるべきことは、別れた原因を解決することです。

別れた原因が解決できていなければ、いくら可愛く魅力的に変わっていても、元彼の気持ちを取り戻すことができません

浮気をしたのであれば、浮気相手と別れて関係を断つことが第一であり、原因が解決できてからがようやくスタートラインに立てることなのです。

自分の気持ちを落ち着かせて、冷静に別れた原因を振り返ってみましょう。

すべきこと➁:自分を成長させておく

冷却期間中の元彼は、あなたに対して別れたときに抱いた悪い印象だけが残っています

たとえ元彼を本気で好きであったとしても、別れた当時のままのあなたから告白されたところで、元彼にとっては迷惑でしかないのです。

元彼と復縁したければ、

「ちゃんと別れたことを考えてくれたんだ」
「なんで元カノと別れてしまったんだろう」

と、いい印象に変えるために、自分を成長させなければいけません

外見を磨いたり、周りの人から慕われる女性になるなど、自分自身を成長させる努力をしてみてください。

あなたが頑張った分だけ、元彼の気持ちを取り戻すことができるでしょう

すべきこと➂:自分の生活を充実させる

冷却期間中は「本当に元彼と復縁できるのか?」という不安や、「いつまで辛い思いが続くのか?」といった悲しみで、暗く落ち込んだ毎日を送ってしまいますよね。

友達からの誘いを断って一人で塞ぎ込んでは、辛い思いを大きくしてしまうでしょう。

しかし、暗い顔ばかりしている女性を見て、あなたは可愛いと思いますか?

「あの人って暗そうだな。一緒にいても楽しくなさそう」
「暗い人と一緒にいるとこっちまで暗くなりそう」

と、マイナスな印象を抱くのではないでしょうか?

同じ女性から見ても暗い女性の印象は悪いわけですので、男性から見れば、さらに印象が悪くなります。

どの男性も、笑顔が多くて愛嬌のある女性に惹かれるものです。

復縁できるかどうかわからない状況は辛いですが、前向きな気持ちを取り戻すために、自分の生活を充実させましょう

友達と遊んだり旅行に行ったりと、とにかく自分を楽しませてあげてみてください。

きっと、元彼からの印象が変わるはずです。

冷却期間中にしてはいけないこと

冷却期間中は、考えるべきことをしっかりと考え、やるべきことをきちんとやれば、元彼からの印象をよくして、復縁のチャンスを掴むことができるようになるでしょう。

しかし反対に、してはいけないことをわかっていないと、せっかくのチャンスを潰してしまいます。

冷却期間中はどんなことをしてはいけないのか、以下の3つを見てみましょう。

してはいけないこと➀:元彼に連絡してしまう

元彼と復縁したくて、元彼との距離を縮めたくて、まともに冷却期間を置かずに連絡をしてしまう人がいるでしょう。

しかし、別れの原因を解決していないうえに、何も成長していないあなたから連絡がきても、元彼にとっては迷惑なだけです。

ただでさえ元彼からの印象が悪いのに、冷却期間中に連絡をしてしまえば、余計に印象を悪くして復縁できなくなってしまいます

元彼への連絡は、タイミングが重要です。

  • 別れ方に合った冷却期間を置く
  • 元彼の近況や心境を見極める
  • 別れの原因を解決する
  • あなた自身が成長する

最低でも、上記の4点をクリアしてから連絡する様にしましょう。

してはいけないこと➁:悲観的になる

元彼と別れたことは、とても悲しいですよね。

また、冷却期間中にどれだけ努力をしていても、復縁できる保証がありませんので、余計に不安や苦しみを感じてしまうでしょう。

しかし、どれだけ冷却期間中が辛くても、悲観的になってはいけません

悲観的になれば、毎日暗い顔をするだけの魅力のない女性になったり、自分本位の考え方をしたり、逆に行動力をなくして、まったく前に進めなくなってしまいます。

できるだけ笑顔で過ごすために、一人でいることを避けて明るく前向きになれる努力をしましょう。

してはいけないこと➂:体の関係を持とうとする

自分から離れていった元彼の気持ちを取り戻せるのであれば「どんな手でも使ってやる」と考える人がいるでしょう

たしかに、強い気持ちで復縁に向けた行動を取ることは大切ですが、体の関係からヨリを戻すことをしてはいけません

はっきり言って、男は性欲が満たせるのであれば、好きでもない女性とセックスできます。

ましてや、付き合っていた頃に体の関係があった元カノであれば、なおさら都合のいい相手なのです。

また、順序を間違えて体の関係からヨリを戻すと、正式に復縁することが難しくなり、元彼にとって都合のいい女にされてしまうのです。

実際に、復縁を望む元カノの心理を逆手にとって、都合よくセフレにする男性は非常に多いため、本当に復縁したければ、体の関係を持たないように気をつけましょう。

冷却期間中に連絡を我慢する方法

冷却期間中にしてはいけないことの1つに、元彼への連絡があります。

冷却期間は、元彼と復縁するために距離を置くべき期間であり、途中で連絡をしてしまえば、より印象が悪くなって復縁することが難しくなります

とは言うものの、やっぱり元彼に連絡したい気持ちは消せませんよね。

いったいどうすれば、元彼への連絡を我慢できるのでしょうか?

ここでは、冷却期間中に連絡を我慢する3つの方法について見てみましょう。

方法➀:何か目標を立てる

「元彼の声が聞きたい」
「元彼に連絡したい」

と、こんなことを考えていれば、連絡したい気持ちが強くなってしまうだけです。

連絡を我慢するには意識をそらすことが大事であり、そのためには、何か目標を立てて達成することだけを考えてみてください。

「あと1ヶ月でマイナス5キロのダイエットをする!」
「今月中に友達と◯◯へ旅行する!」

など、少し頑張らないと達成が難しい目標を立てれば、意識をそらせて元彼に連絡したい気持ちがなくなるはずです。

また、目標が達成できれば、あなたの自信に繋がるため、自然と前向きな気持ちを取り戻すことができるでしょう。

方法➁:違うことに意識をそらす

何か別のことに夢中になれれば、連絡したい気持ちを抑えることができます

たとえば、ジムに通ったり仕事や趣味にのめり込んだり、友達と思いっきり遊んでみてもいいでしょう。

できるだけ、楽しいと思えることに夢中なれれば、元彼に連絡したい気持ちを忘れさせることができます。

「とくに達成したい目標がない」という人は、夢中になれる何かを探してみましょう。

方法➂:復縁できなくなると考える

自分で自分の意識をコントロールするやり方ですが、

「元彼に連絡すれば復縁できなくなる…」

と、考えてみてください。

あなたが一番叶えたい願いである元彼との復縁ができなくなるとわかれば、振られることが怖くて連絡できなくなるのではないでしょうか?

反対に「元彼に連絡しなければ復縁できる!」と考えれば、連絡したい気持ちを我慢して、復縁のチャンスを掴もうとするでしょう。

意識のコントロールと言うものの、冷却期間中に元彼に連絡をすれば、復縁できなくなる可能性が高まるのは事実です。

連絡を我慢することを元彼と復縁するための試練と思って、グッと我慢しましょう。

冷却期間後の復縁を成功させるポイント

しっかりと冷却期間を置いてやるべきことをやったあとは、元彼と復縁するための行動に移すときです。

しかし、勢いだけで復縁を迫ってもうまくいく可能性が低く、きちんとポイントを抑えて行動しなければいけません。

今度は、冷却期間後に復縁を成功させる3つのポイントを見てみましょう。

ポイント➀:友達からやり直す

「しっかりと冷却期間を置いたから告白してもいいよね?」
「別れた原因は解決したし、自分でも成長できたと思うから告白してもいいよね?」

と、いっきに元彼との関係を戻そうと考えたくなるでしょう

しかし、あなたが変わったかどうかは、直接元彼に確かめてもらわなければ、わかってもらうことができません。

そのため、いきなり告白をするのではなく、友達から関係をやり直して、元彼との信頼関係を築き直しましょう

タイミングを見て元彼に連絡をしたり、直接話しかけて、少しずつ距離を縮めることが復縁を成功させる秘訣です。

ポイント➁:信頼を取り戻す

冷却期間中にダイエットに成功したり、おしゃれに気を使って女としての魅力が上がれば、元彼からの愛情を取り戻す可能性が高まるでしょう。

しかし、男女が付き合う以上は、信頼関係が必要です

ただでさえ信頼関係を築くことは難しいのに、二人は一度別れているわけですので、マイナスの状態から信頼関係を築き直さなければいけません。

冷却期間後は、すぐに復縁を迫るのではなく、友達から関係をやり直しながら、元彼にとって一番の相談相手になってあげましょう。

ときには元彼の恋愛相談を受けるかもしれませんが、復縁のチャンスが訪れるまでグッとこらえて、親身に相談を聞き続ければ、きっと元彼からの信頼を取り戻せるはずです。

ポイント➂:タイミングを間違えない

復縁をするうえで重要なポイントは、タイミングです

また、見極めるべきタイミングはいくつもあります。

たとえば、

  • 元彼に連絡をするタイミング
  • 元彼に話しかけるタイミング
  • 元彼を遊びに誘うタイミング
  • 元彼とデートをするタイミング
  • 元彼に復縁を申し込むタイミング

と、ざっと挙げても、これだけの見極めるべきタイミングがあるのです。

どれもタイミングを間違えると、彼との関係を取り戻すことが難しくなり、復縁できる可能性がどんどん下がってしまいます。

考えるべきこと・やるべきこと・元彼の状況や心理を把握したうえで、行動を起こすタイミングを見極めましょう

せっかくの冷却期間を無駄にせず、意味のある過ごし方をしてくださいね。

復縁後の注意点

復縁を成功させる3つのポイントを活かせば、きっと元彼と復縁するチャンスを掴めるはずです。

冷却期間中は、意味のある過ごし方をして、元彼の気持ちを取り戻しましょう。

また、たとえ復縁できたとしても、その後をうまく付き合っていかなければいけません

過去の失敗を無駄にせず、正しい付き合い方をすれば、いつまでも円満な関係でいられるはずです。

そこで今度は、復縁後に注意すべき点を見てみましょう。

注意点➀:今後の付き合い方について話し合う

無事に元彼と復縁できたのでれば、しっかりと今後の付き合い方について話し合いましょう

別れたときの失敗を繰り返さないことが、復縁後の二人がうまく付き合っていく秘訣です。

「自分の気持ちを言いすぎると彼氏に嫌われそう…」と不安を感じるかもしれませんが、復縁した以上は何も心配する必要はありません。

むしろ、お互いの考えや気持ち、不満を抱いたことや改善してほしいことなど、胸のうちに秘めていることをすべて吐き出すことで、どう付き合っていくべきなのかを知ることができます。

注意点➁:価値観の違いを受け入れる

カップルというのは、お互いに愛し合った関係ですが、生まれも育ちも違えば、考え方や価値観も違います

価値観の違う者同士が付き合えば、ときには意見がぶつかって喧嘩に発展することがあるでしょう。

しかし、お互いの価値観の違いを受け入れなければ、今後をうまく付き合っていくことができません。

自分と違う価値観を受け入れることは、相手を尊重している証拠です。

「好きだ・愛している」だけで関係を続けるのではなく、パートナーのいい部分も悪い部分もすべて受け入れれば、きっと円満な関係でいられるでしょう。

注意点➂:自分自身を充実させる

大好きな元彼と復縁できれば、ずっと一緒にいたいと思うでしょう。

これまで、冷却期間の寂しさを一人で耐えてきたわけですから、余計に彼氏と過ごす時間を増やしたいと思って当然です。

しかし、恋愛だけが人生のすべてではなく、家族・仕事・友達・趣味といった自分だけの世界を充実させなければ、お互いがストレスを抱えてしまいます。

恋愛を大事にすることはもちろんですが、恋愛以外の部分も充実させて心をリフレッシュさせてください

自分が充実していれば、きっと復縁後の付き合いがうまくいくでしょう。

さいごに

この記事では、あなたの復縁をサポートするための冷却期間についてたっぷり紹介しました。

復縁する前の冷却期間は、メリットとデメリットの両方がありますが、間違いなく必要な期間といえそうです。

冷却期間中に、考えるべきことを考え、やるべきことをやれば、きっと元彼の気持ちを取り戻すことができるでしょう。

あなたにとってのベストな冷却期間の長さを知って、元彼との幸せな時間を取り戻しましょう。

関連記事
【カップル別】ベストな冷却期間ってどれくらい?
冷却期間がつらい…耐えられないときの対処法とは
どうしても復縁したい!元彼に復縁したいと思わせる方法とは

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!