冷却期間中、SNSが復縁に繋がる!?SNSの動かし方とは

多くの人が利用しているSNSは、カップルの連絡手段としても使用されることが多く、生活に密着しています。 今回は、「復縁したい方におすすめのSNSの使い方」と「SNSをきっかけに復縁する方法」を紹介します。 冷却期間中にNGな、SNSの使い方も紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

冷却期間中、SNSが復縁に繋がる!?

復縁するためには冷却期間が必要とされており、連絡を絶つ必要があります。

しかし、直接元彼に連絡をしなくても、SNSであれば元彼にアピールすることができます。

冷却期間にSNSをうまく動かすことで、元彼の興味を引くことができ、元彼の興味をうまく引くことができれば、復縁できる可能性が高くなります。

冷却期間中のSNSの動かし方

Facebookはどう動かせばいいの?

実名で利用するFacebookは、言葉の内容を重く受け止められがちです。

そのため、別れた直後はFacebookの投稿を控えたほうがいいでしょう。

重い内容を書き込むと、元彼に「自分が悪いって言いたいのかな」と受け止められてしまい、明るい内容だと、「別れたのにショックを受けないのか」と受け止められてしまいます。

このように、どんな内容でもネガティブに受け止められてしまうので、Facebookへの投稿はおすすめできません。

冷却期間2週間目くらいから、軽い投稿をするといいでしょう。

このとき、ネガティブな内容は書かず、ポジティブな内容の投稿を徐々に増やしていくと、1か月程度で元彼から「いいね」が付く可能性が高いです。

Twitterはどう動かせばいいの?

気軽にハンドルネームで利用できるTwitterは、別れたあとも今までどおり更新することをおすすめします。

Twitterを別れと同時にやめてしまうと、「別れを引きずっている」と思われてしまいます。

このとき、元彼についてネガティブな投稿はしないようにしましょう。

また、別れたときの印象があまりにも悪いときは、Facebookと同様に控えたほうがいいです。

mixiやMobageはどう動かせばいいの?

簡単な日記のように使えるmixiやMobageなどのSNSは、別れたあとも更新して問題ありません。

ネガティブな内容では印象が悪いので、ポジティブな内容で更新しましょう。

LINEはどう動かせばいいの?

多くの方が連絡手段として利用するSNSであるLINEは、失恋とともにブロックする方が多いです。

しかし、LINEをブロックしても、相手の印象が悪くなるだけなのでおすすめできません。

冷却期間後に「連絡したい」と思っても、ブロックしたという経緯があると、相手から「ブロックしたくせに今更何?」と思われてしまいます。

冷却期間中のNGなSNSの動かし方

冷却期間中に、SNSを使って元彼に対するネガティブな投稿をするのはNGです。

別れた直後は頭に血が上っているため、「元彼に対する気持ちを吐き出したい」と思うかもしれませんが、多くの人が見るSNSに投稿してしまうと、元彼にブロックされたり、「もう関わりたくない」と思われてしまいます。

冷静になってから「復縁したい」と思っても、SNSが原因で復縁できなくなる可能性があります。

SNSをきっかけに復縁する方法

SNSは、復縁をしたいときにうまく使うことができれば効果的です。

冷却期間がはじまったばかりのときは、あまり効果がありませんが、相手の気持ちが落ち着いてきた冷却期間の終盤は、自分に興味を持たせるために利用することができます。

元彼に興味を持ってもらうためには、SNSで直接「復縁したい」とアピールするのではなく、充実した日常を見せることを意識しましょう。

楽しそうな日常を送る女性は、男性から魅力的に見えます。

また、自分磨きをして新たな魅力を身に着けることも重要です。

SNSに魅力的になった写真を投稿すると、元彼は「元カノってこんなに魅力だったっけ」と興味を持ちます。

元彼があなたに惚れ直せば、復縁までもうすぐです。

復縁したいのなら諦めないで!

復縁することは難しいことですが、あきらめなければ復縁できる可能性は残っています。

SNSをうまく利用することで、復縁できる可能性が高くなるので、あきらめないで復縁を成功させましょう。

関連記事
元彼はどう思う?SNSで楽しそうなアピールをする効果と注意点

元彼はどう思う?SNSで楽しそうなアピールをする効果と注意点

関連キーワード

おすすめの記事