元彼とやり直したい…別れた原因別の復縁期間&復縁する方法

元彼に未練が残っていたり、新しい彼氏とうまくいっていないときは、ついつい「元彼と復縁したい」と思うことがありますよね。

しかし「元彼と復縁したい」と思ったとしても、すぐに復縁できるとは限りません。

そこで、別れた原因ごとの復縁期間復縁する方法について紹介します。

元彼のことを忘れられずに「元彼と復縁したい」と思う方がいるかと思いますが、すぐにアタックしてもうまくいかないことが多いです。

それは、復縁を成功させるために復縁期間が必要なためです。

そもそも復縁期間とはどのようなものなのでしょうか。

復縁期間をおく理由とは

「元彼と復縁するためには復縁期間が必要」と言われるのは、しっかりと理由があるからです。

復縁期間をおく理由をすれば、焦る気持ちを抑えて、元彼との復縁を成功させられるでしょう。

ここでは、復縁期間をおく3つの理由を紹介します。

理由➀:お互いが冷静になれるから

今は冷静な状態で「元彼と復縁したい」と思っているかもしれませんが、別れるときに言い争いや「別れたくない」と泣きわめいたりと、お互いに感情的になったのではないでしょうか?

復縁するためには、別れた原因を解決したり魅力的になって、元彼の気持ちを取り戻さなくてはいけません

しかし、感情的になった状態では、なにが原因で別れたいのか、自分のなにがいけなかったのかを理解することができないでしょう。

復縁するには、何よりも先に冷静さを取り戻さなければいけないため、復縁期間が必要なのです。

理由➁:別れた原因を解決する必要があるから

たとえば、交際中にあなたが太ったことが原因で振られたのであれば、ダイエットをして美しいスタイルに戻ることで、元彼の気持ちを取り戻せます。

しかし、痩せるためには、それなりに時間がかかりますよね。

浮気・喧嘩・マンネリ・性格の不一致など、カップルが別れる原因はさまざまですが、その原因を解決しなければ復縁したくてもできないでしょう。

復縁期間は、しっかりと別れた原因を解決するために必要なのです。

理由➂:自分を成長させる必要があるから

彼氏を振るにしても、逆に振られるにしても、何かしらの問題があったからこそ二人は別れたわけです。

とくに、彼氏に振られた側であれば、あなたに何らかの原因があったと考えられます。

その原因を解決して、なおかつ彼氏の気持ちを取り戻すためには、あなたが別れたときより成長しておく必要があります

別れたときより可愛くなったり、優しく思いやりのある人になったりと、自分を成長させるために復縁期間が必要なのです。

復縁期間を置くメリット

復縁期間をおくことは、元彼との復縁を成功させるといったメリットがあります。

しっかりと復縁期間をおく理由を理解して、意味のある過ごし方をしましょう。

しかし、必ずしも復縁期間をおくことがいいわけではありません。

復縁期間をおくことには、いくつものデメリットがあります。

今度は、復縁期間をおくメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット➀:別れた原因を解決する時間がもてる

元彼と復縁したければ、別れた原因を解決しなければいけません。

しかし、好きな気持ちが冷めるほどの原因は、解決するまでに相当な時間がかかります

ダイエットをして魅力をアップさせるにしても、思いやりの心を持つにしても、簡単にできることではありません。

復縁期間をおくことは、別れた原因を解決する時間がもてるメリットがあるのです。

メリット➁:自分の魅力をアップさせられる

元彼と復縁する秘訣は、自分磨きをして魅力的な女性になることと言われています。

ダイエットをして可愛くなったり、ファッションやメイクといった外見を磨くためには、相当な時間がかかります。

また、誰にでも優しくできる性格や、料理を覚えて女子力をアップさせるには、外見を磨く以上に時間が必要なのです。

しかし、たっぷりと復縁期間をおけば、自分を磨いて魅力をアップさせることができるでしょう。

久しぶりに元彼と再会したときに「元カノと別れるんじゃなかった…」と、後悔させることができれば、きっと復縁できるはずです。

メリット➂:本当に大切なものを見極められる

たとえば、可愛い雑貨を見つけて「欲しい!」と思ったものの、「本当に必要なのかな?」と考えて、買うのをやめたことがありませんか?

どんなことにも言えますが、ものの価値や本質を見極めるためには、時間をかけて考えることが大切です。

もちろん元彼との復縁にも言えることであり、復縁期間中にじっくりと元彼のことを考えれば、元彼の大切さや自分がやるべきことを見極めることができます。

また、人によっては「浮気した元彼と復縁しても信用できないから諦めよう」と、自分の本当の気持ちに気づくこともできます。

本当に大切なものを見極められれば、あなたにとって幸せな決断ができるため、しっかりと復縁期間をおきましょう。

復縁期間を置くデメリット

つづいては、復縁期間をおく3つのデメリットを見てみましょう。

復縁のためと思っていたものの、かえって復縁が遠ざかることも考えられます。

復縁期間をおくメリットと比較しながら、自分がどうすべきかを判断してみてください。

デメリット➀:元彼に新しい彼女ができるかもしれない

別れた原因や、どんな別れ方をしたかによって、おくべき復縁期間の長さが異なります。

復縁期間が長ければ、それだけ元彼に新しい彼女ができる確率が上がるわけです。

「やっと自分に自信がもてたから元彼に連絡してみよう」と思っても、新しい彼女がいる以上は、復縁できる可能性は低いと考えられます。

その後に元彼を諦めるにしても、復縁のチャンスを待つにしても、あなたが人生の時間を無駄にするリスクがあると言えます。

デメリット➁:疎遠になってしまう

基本的に復縁期間中は、彼氏との関係が断たれているわけですが、長く関わりがなければ、どんどん疎遠になっていきます

もしかすると、元彼が引っ越ししていたり、連絡先が変わってしまうかもしれません。

また、転勤によって、あなたと遠く離れた場所に行ってしまうかもしれません。

疎遠になれば、より復縁することが難しくなることを意味します。

デメリット➂:自分の気持ちが冷めてしまう

「可愛くなって元彼と復縁するぞ!」と頑張ってきたものの、時間が経つほど元彼のいない生活に慣れてしまうでしょう

一人の生活に慣れて自立することは素晴らしいのですが、元彼に対する自分の気持ちも冷めれば、あなたにとって本当に必要な人を取り戻せなくなります。

時間を無駄にする可能性もあれば、その後に「どうして元彼との復縁を諦めたんだろう…」と、後悔する恐れがあります。

元彼と復縁できるタイミング

元彼と復縁するためには、復縁期間をどう過ごすかだけではなく、復縁するタイミングが重要です。

しかし「どのタイミングで元彼に連絡すればいいんだろう…」「元彼に話しかけるタイミングがわからない」と、悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

そこで今度は、元彼と復縁できるタイミングについて紹介します。

タイミング①:元彼と友達に戻れてから

よく「別れてからも友達でいようね」と言って別れるカップルがいますが、たいていの場合は、その場しのぎの言葉でしかありません。

別れてから連絡を取り合うわけでもなく、赤の他人になるパターンがほとんどです。

このように、元彼と疎遠であれば復縁したくてもできませんので、まずは友達から関係をやり直す必要があります。

もう一度友達として仲良くなれれば、信頼関係を取り戻せて復縁するチャンスが訪れるでしょう。

タイミング②:元彼の誕生日

元彼と復縁できる効果の高いタイミングは、誕生日と言われています。

そもそも、自分の誕生日をお祝いされて、嫌な気持ちになる人はいません。

「誕生日おめでとう!」
「素敵な一年にしてね!」

と、誕生日のお祝いメッセージを送ってあげると、あなたに対するマイナスな印象が薄れるはずです。

実際に、誕生日に連絡をしたことがきっかけで、復縁に成功している人がたくさんいます

あなたも、元彼の誕生日にお祝いメッセージを送ってみてはどうでしょうか?

タイミング③:イベントシーズン

クリスマスやバレンタインのシーズンは、多くの人が「恋人がほしい!」と思っています。

実際に、クリスマスが近づくにつれてカップルの数が増加しているようです。

幸せそうなカップルの姿を見て羨ましく思うのか、イルミネーションで彩られた街の雰囲気を見てそう思うのか、なにかに影響を受けているのでしょう。

あなたの元彼も「去年は元カノとクリスマスデートをしたな」「今はどうしているんだろう」と、思い出してくれている可能性が高いため、復縁するにはピッタリのタイミングと言われています。

クリスマスやバレンタインのシーズン前に、元彼に連絡をしてみてはどうでしょうか?

別れた原因ごとの復縁期間

復縁期間をおくことには、いくつかのデメリットがあると紹介しましたが、それでも復縁期間をおかなければ復縁できません。

しかし、復縁期間をどのくらいおくべきかは、別れた原因によって異なります。

そこで今度は、別れた原因別による復縁期間の長さについて見てみましょう。

円満に別れたとき:2ヶ月~3ヶ月

大きな喧嘩をするわけでもなく、しっかりと話し合ってお互いに納得して別れるカップルがいるでしょう。

「終わりよければすべてよし」と言われるように、円満な別れ方をしたカップルは、2ヶ月〜3ヶ月と比較的はやい段階で復縁できる傾向にあります。

よい印象を残して別れられれば、付き合っていた頃の思い出が美化されやすく「やっぱり元カノとヨリを戻したいな」と、思ってくれます。

復縁期間の2ヶ月〜3ヶ月の間に、自分磨きをして元彼の気持ちを取り戻しましょう。

遠距離恋愛が原因で別れたとき:3ヶ月~6ヶ月

遠距離恋愛カップルは、長続きしないと言われますよね。

会えない寂しさを埋めるために、つい浮気をしてしまったり、姿が見えないことに不安を感じて束縛をしてしまったりと、別れに繋がるきっかけが多いのです。

たとえ復縁できても、その後に遠距離恋愛が続くわけですから、うまく付き合っていくための心構えや、実際の付き合い方を考えなければいけません。

そのため、遠距離恋愛が原因で別れた場合は、3ヶ月〜6ヶ月の復縁期間が必要と言われています。

復縁して遠距離恋愛を続けていけるのか、どうすれば遠距離恋愛がうまくいくのか、復縁期間中にしっかりと考えましょう。

マンネリ化が原因で別れたとき:6ヶ月~1年以内

どのカップルにも、倦怠期と呼ばれるマンネリする期間が訪れますが、マンネリをうまく解消できなければ別れてしまう原因の1つです。

「彼氏・彼女と一緒にいても楽しくない」
「彼氏・彼女といるとイライラする」

と、お互いにマイナスな印象を持つことが別れる原因とされています。

一度印象が悪くなると、そう簡単に愛情を取り戻すことができませんので、6ヶ月〜1年以内という少し長めの復縁期間が必要です。

なぜマンネリになったのか、どうすればマンネリを避けられるのかを考えたり、自分を磨いて元彼の気持ちを取り戻す努力をしなければ、たとえ復縁できても別れてしまうでしょう。

じっくりと時間をかけて元彼に印象よく思ってもらえれば、復縁を成功させられるはずです。

浮気が原因で別れたとき:1年以上

浮気問題は、カップルが別れる一番の原因とされています。

魔が差したのか、寂しさを埋めたかったのか、なにか理由があって浮気をしたのでしょうが、浮気をすれば二人の信頼関係が壊れるうえに愛情を失うため、付き合い続けることが難しいと言われています。

また、一度失った信頼はそう簡単に取り戻せません

ましてや、嫌われた状態から気持ちを取り戻すことは、さらに難しいと言えるでしょう。

そのため、はっきり言って復縁は無理に近いと思われますが、一年以上の復縁期間をおいて信頼を取り戻すことができれば、復縁が成功するかもしれません。

しかし、3年も5年も元彼との復縁にこだわっていれば、あなたの人生の貴重な時間を無駄にしてしまうため、どこかで期限を決めておきましょう

元彼と復縁する方法

元彼と復縁したいと思っても、具体的にどうすれば復縁できるのかを知らなければ、復縁の願いを叶えることができません。

そこで今度は、元彼と復縁する3つの方法について見てみましょう。

方法①:冷却期間明けに連絡をする

たとえ円満な別れ方であっても、別れたあとは元彼との間に距離ができているはずです。

連絡を取り合うこともなければ、もちろん会って遊ぶこともしなくなるでしょう。

しかし、元彼との繋がりを復活させなければ、復縁することができません。

まずは、別れた原因に応じた冷却期間をおいて、元彼に連絡することからはじめてみてください。

また、連絡することに緊張したり「なにをきっかけに連絡すればいいの?」と、悩んでしまうかもしれません。

しかし、深く考えてもどうしようもありませんので「久しぶり!元気にしてる?」と、他愛のない内容のメッセージを送りましょう。

元彼に連絡をすることが、復縁するための第一歩です。

方法②:友達としての信頼を得る

浮気や喧嘩が原因で別れた場合は、信用をなくしているため、復縁期間を長くおいて信頼関係を築き直さなければいけません。

ただ、長い復縁期間をおいたからといって、すぐに恋人として戻れるわけではなく、友達として少しずつ距離を縮める必要があります。

連絡する頻度を増やしつつ、相談をしあったり、二人で遊びに行けるほどの関係に戻れるまで、しばらくは友達としての関係を続けましょう。

方法③:元彼の近況を把握する

元彼と友達に戻れても、元彼に新しい彼女ができていたり、元彼に好きな人がいれば、復縁を申し込んだところで断られてしまうでしょう。

一度復縁を断られれば、せっかくこれまで頑張ってきたことが無駄になり、復縁することがより難しくなります。

ただ元彼との繋がりを取り戻せばいいのではなく、しっかりと元彼の近況を把握しながら関係を築いてみてください。

復縁を申し込むタイミングを見極めることができたりと、復縁の成功率を高めることに繋がるでしょう。

復縁期間にすべきこと

  • 連絡を取り合って元彼との繋がりを復活させること
  • 元彼との信頼関係を築き直すこと

上記2つのポイントを意識した方法であれば、どんなやり方でも復縁できる可能性を高めることができます。

紹介した3つの復縁する方法だけではなく、自分なりに考えてみてくださいね。

また、復縁期間中をどう過ごすかが、復縁するためのカギです。

今度は、復縁期間中にすべき3つのことを見てみましょう。

すべきこと①:別れたことを受け入れる

元彼に未練があったり、元彼の大切さに気づいたからこそ「早く復縁したい」と思ったはずです。

しかし「元彼と別れたくない」「別れを認めたくない」という思いを断ち切って、しっかりと別れた事実を受け入れなければ、前向きな気持ちで行動することができません。

本気で元彼と復縁したければ、一度別れを受け入れて、自分のなにがいけなかったのか、どうすれば元彼の気持ちを取り戻すのかを考えましょう。

前向きな気持ちで復縁について考えれば、ダイエットをしたり誰にでも優しくなれたりと、積極的に行動に移せるはずです。

すべきこと②:別れた原因を解決する

浮気だったりマンネリだったりと、カップルによって別れる原因はさまざまです。

別れた原因によって復縁期間の長さが変わるため、なぜ彼氏と別れたのかを理解する必要があります。

また、別れた原因を解決しなければ「なにも変わってないな」「どうして別れたのかをわかっていないんだな」と、元彼からの印象が余計に悪くなるのです。

復縁期間中に別れた原因を解決して、復縁のスタートラインに立ちましょう。

すべきこと③:自分磨きをする

元彼と復縁するためには、やっぱり自分磨きをする必要があります。

たとえば、別れてから元カノが美人で魅力的な女性になっていれば「別れるんじゃなかった…」と後悔させたり、「ヨリを戻せないかな?」と復縁を考えさせるきっかけになるのです。

また、見た目だけではなく、思いやりをもったり料理を覚えて家庭的になったりと、内面を磨けば、より彼氏に復縁したいと思わせることができます。

復縁期間は、自分磨きをするには十分な時間ですので、魅力をアップさせて元彼を振り向かせましょう。

元彼の気持ちを知る方法

元彼と離れている間は、寂しさや不安を感じるかもしれませんが、前向きな気持ちで復縁期間をどう過ごすかで、復縁の成功率が変わります。

復縁期間中にすべきことを参考にして、元彼の気持ちを取り戻しましょう。

また、元彼に連絡をしたり復縁を申し込むためには、元彼のリアルな気持ちを知ることが大切です。

そこで今度は、元彼の気持ちを知る方法を見てみましょう。

方法①:直接元彼から気持ちを教えてもらう

元彼の気持ちを知っているかどうかで、復縁できる可能性が変わります。

相手の気持ちを知る方法はいくつかありますが、やはり直接本人から聞かせてもらうのが一番確実です。

元彼と連絡を取り合ったり、なんでも話ができる関係に戻れているのであれば「好きな人とかいないの?」と、それとなく質問してみてください。

恋愛や女性に関する質問をすれば、元彼の気持ちを知ることができるでしょう。

方法②:友達から元彼の気持ちを聞いてもらう

まだ、元彼とぎこちない関係だったり、元彼との繋がりが復活できていない人は、直接気持ちを聞くことができませんよね。

そんなときは、元彼と共通の友達に気持ちを探ってもらうのも1つの方法です。

友達から元彼の気持ちを聞いてもらえれば、

「なんで別れちゃったんだ?」
「復縁したいと言われたらどうするの?」

と、よくも悪くも真実に近い答えを知ることができるでしょう

元彼と共通の友達がいる人は、一度相談してみてはどうでしょうか?

きっと、あなたのために協力してくれるはずです。

方法③:当たる占い師さんに相談をする

「自分で直接元彼の気持ちを聞くなんてできない」「元彼と共通の友達がいない」と、元彼の気持ちを聞くことができない人がいるでしょう。

たしかに、一度別れていれば、失敗を恐れて慎重になってしまうはずです。

しかし、元彼の気持ちがわからなければ、連絡をしたり復縁を申し込むタイミングを見極められないため、どうしても復縁できなくなるのです。

そんなときは、当たる占い師さんに元彼の気持ちを占ってみてはどうでしょうか?

タロット・霊視など、占いの種類はたくさんありますが、当たる本物の占い師さんは、遠くにいる人の気持ちがわかる能力をもっています。

そのため、元彼の気持ちや、元彼と復縁するために必要なアドバイスをしてくれるはずです。

占い師さんの口コミ調べて、本物の占い師さんを探してみてください。

元彼の近況を知る方法

元彼の気持ちを知ることも大事ですが、元彼の近況を把握しておかなければ、連絡したり復縁を申し込むタイミングを間違えてしまいます。

タイミングを間違えれば、復縁の可能性をなくしてしまうでしょう。

どうすれば元彼の近況を知ることができるのか、以下の方法を参考にしてみてください。

方法①:友達に教えてもらう

別れてから元彼との関係を再構築できていなければ、直接元彼に確認することができません。

そのため、友達を通して元彼の近況を教えてもらいましょう

  • 元彼に好きな人がいるのか
  • 元彼に新しい彼女がいるのか
  • 元彼が自分のことをどう思っているのか

あなたに代わって探りをいれてくれたり、友達の知っている範囲で元彼の近況を教えてくれるはずです

方法②:元彼のSNSのチェックをする

元彼と共通の友達にお願いするのが、元彼の近況を知る一番の方法です2が、元彼と共通の友達がいない場合は、SNSから元彼の近況を知ることができます

TwitterやInstagramなど、元彼が利用しているSNSを徹底的にチェックをすれば、彼女がいるのか、仕事が忙しいのかを知ることができるはずです。

しかし、あくまでSNSに投稿された記事からの憶測になるため、すべてが真実とは限りません

元彼のSNSに特定の女性が登場するからといって「新しい彼女ができたんだ…」と、落ち込む必要はありませんよ。

方法③:元彼を観察する

たとえ元彼と会話や連絡を取りあっていなくても、同じ学校や職場であれば、直接元彼の姿を見ることができますよね。

  • いつが休みなのか
  • 休みの日はなにをしているのか
  • 仕事が忙しいのか
  • 普段誰と仲良しなのか
  • 異性関係はどうなのか

元彼をよく観察すれば、簡単に近況を知ることができるはずです。

また、元彼に関する噂を耳にすることも多いはずですから、より詳しく近況を知ることができるでしょう。

しかし、自分から元彼に関する情報を聞き回れば、かえって印象を悪くするため注意が必要です。

復縁したあとに気を付けること

元彼の気持ちや近況を把握して、復縁期間を前向きに過ごせば、元彼と復縁できるでしょう。

しかし、復縁できたからといって安心していては、また同じように別れてしまいます。

復縁した元彼とうまく付き合っていくために、3つの気を付けることを見てみましょう。

気を付けること➀:復縁成功をゴールと思わない

元彼と復縁したくて頑張ったわけですから、復縁できれば嬉しく思うでしょう。

しかし、復縁してからも元彼との関係が続くわけであり、元彼の気持ちを冷めさせない努力を続けていかなければいけません。

復縁できたことをゴールと思わずに、どうすればうまく付き合っていけるのかを考え続けましょう。

気を付けること➁:危機感をもって付き合う

元彼と復縁できたからといって、必ずしもあなたのことを好きになっているわけでも、完全に信頼を取り戻しているわけでもありません。

復縁してからが本当の意味で二人の関係が再構築されますので、気を抜いているといつ別れてもおかしくないのです。

元彼との関係に危機感をもち続けて、可愛くいる努力をしたりマンネリを防ぐために工夫をして、円満な付き合いをしていきましょう。

気を付けること➂:愛される彼女でいる努力をする

カップルがうまく付き合っていくためには、やっぱり愛されていることが大切です。

可愛いと思われることも、守りたいと思われることも、一緒にいて癒されると思われることも、あなたが愛されているからです。

元彼に愛される彼女でいる努力を続ければ、復縁後をうまく付き合っていけるでしょう。

もしかすると、このまま結婚できるかもしれませんので、気を抜かずに愛される彼女を目指してくださいね。

さいごに

元彼と別れた原因ごとの復縁期間や、元彼と復縁する具体的な方法を中心に紹介しました。

「復縁期間中に元彼に新しい彼女ができたらどうしよう…」と不安に感じるかもしれませんが、復縁したければ復縁期間をおくことが大切です。

しっかりと復縁期間を意味のあるものにできれば、もう一度元彼とラブラブな関係になれるはずです。

関連記事
元彼と連絡がしたい!返信率が一番高いタイミングは◯◯
もう無理かな?元彼との復縁を諦めるきっかけ5選
元彼から連絡がこない。彼の心理とは?

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!