別れてから1ヶ月の男の気持ちとは?復縁までの道のりについて

「1か月前に別れた彼とやり直したい…でも彼はどう思ってるのかな?」

どうしても忘れらない元カレの心理は気になりますよね。1か月も経ってしまうと、「私のことなんか忘れているかもしれない」と不安になってくると思います。

別れてからの1か月で男の気持ちは大きく変化します。復縁を叶えるためには、男の気持ちが変化するタイミングと道のりを理解するのが重要です。

別れてから1ヶ月の男の気持ちとは

男の気持ち① 別れてから1~3週間

別れてから数週間の男の気持ちは解放感が強いです。フリーになったことで時間や人間関係の制約が少なくなり、友達と遊んだり仕事に打ち込んだりと自分のやりたいことを謳歌しています。

別れの悲しみや後悔がない訳ではありません。むしろ、ネガティブな気持ちを吹っ切るために他のことに目を向けているのかもしれないです。

別れを正当化しようとあなたの嫌な部分ばかりを思い出している場合も多く、この時期に復縁を迫っても逆効果になります。

男の気持ち② 別れてから1ヶ月

女は別れた直後はひたすら落ち込みますが、しばらく経って吹っ切ることができると完全に前を向いて歩き始めますよね。しかし、男の気持ちの流れはまったく逆になります。男は別れてから1か月で寂しさを感じ始めるのです。

人間には誰しも孤独を感じる瞬間があります。数週間は遊びや仕事で誤魔化せても、1ヶ月ほど経つと元カノのことを思い出し「よりを戻したい」と考える場合が多いです。

復縁を考えているなら1ヶ月は冷却期間を置くようにしましょう。焦りもわかりますが、男の気持ちが動くタイミングをしっかり見極めるのが復縁の近道です。

復縁に対しての考えは人それぞれ

-アルカナ-恋愛成就チャンネル

このように、男子の復縁に対する考え方は非常にさまざま。しかし、元カノのことが忘れられず復縁を強く望んでいる人がいるのも事実です。

なぜ?連絡をしない男の心理

「1か月経っても元カレから連絡が来ない…復縁の可能性はもうないのかな?」

万が一、相手からの連絡がなくても復縁を諦める必要はありません。プライドが高い男は「別れてから未練を見せるなんてできない」と考えます。特に、ケジメを大事にするタイプの男の気持ちは頑なになりがちです。

別れてから連絡がこなくても焦りは禁物

男子には、本心では復縁したいと思っていても自分からはなかなか連絡できない場合もあるのです。あなたから連絡を取った方がいいかもしれません。1か月の冷却期間を置くのは忘れないようにしましょう。

連絡をして返事がない場合は、元カレがまだあなたに未練を感じていないということです。もう少し冷却期間を置く必要があります。

連絡をしようと思うきっかけは?

連絡を取る男の気持ち① SNSがカギ!

自分から連絡は取れないけど元カノの様子は気になる男の場合、SNSをこまめにチェックしている可能性が高いです。ブロックされていても、新しいアカウントを作って見てしまうという人までいるのだとか。

元カレとSNSで繋がっているのなら、復縁への大きなカギになるかもしれません。男は弱っている女に対して力になって良い所を見せたいという気持ちを持ちます。1ヶ月の冷却期間の間、意識して仕事や人間関係の悩みをSNSに書いてみましょう。

しかし、相手への未練をアピールするのはNGです。別れたことは気にしていないように見せるのが復縁には効果的です。

連絡を取る男の気持ち② イベント時が吉!

付き合っていたとき、2人で多くの時間を楽しんだと思います。そういった良い記憶はふとした瞬間に思い出されやすいです。

特に誕生日やクリスマスなどのイベント時は、カップルの思い出がたくさんあります。よって、男が元カノに連絡を取るきっかけになることが多いのです。恋人同士で素敵な思い出をきちんと積み重ねていたのなら、思い出してもらえる機会も沢山あるはずです。

また、自分から連絡をする場合もイベント時がおおすすめです。

元彼との復縁までの道のり

別れてから復縁までにはいくつかのステップを踏まなければいけません。すぐに復縁を迫ったりせず、落ち着いて行動しましょう。

冷却期間は必須

別れた直後は気が動転していきなり連絡を取ってしまいそうですが、ここは待つのが大事です。別れてからすぐに未練をむき出しにしてしまうと、相手にとってのあなたの価値や優先順位が下がってしまいます。「いつでもやり直せる」とないがしろにされるのです。

冷却期間の長さはケースバイケースです。少なくとも男の気持ちが寂しさに揺らぎ始める1か月後まで耐えることをおすすめします。

1ヶ月は自分磨きの時間

彼と連絡を取れない1ヶ月の間、あなたがするべきことは自分磨きで新しい魅力を身に着けることです。男は恋愛に刺激を求める傾向があります。元カレの知らない一面を見せられれば、復縁も成功しやすくなるのです。

また、ずっと一緒にいる相手より、久しぶりに会った相手の変化の方がより強いインパクトを与えます。別れてから1か月の冷却期間を逆手に取り、元カレに新鮮な魅力を感じてもらいましょう。

謝罪をして友達に

別れてから1か月、ようやくしっかり行動を起こすことができます。まずは相手に連絡を取りましょう。

別れ際に喧嘩をしたならその謝罪から入ります。ただ謝るのではなく、具体的に悪かった点を示す方が「本当に冷静になったんだな」と好印象なのでおすすめです。

そして、友達に戻りたい旨を伝えます。この時点では復縁を匂わせるような内容は禁物です。まずは定期的に連絡を取ったり食事に行ったりする関係を築くのが、復縁の第一歩です。

復縁の話は2度目の食事で

友人関係を築けたら、彼を食事に誘いましょう。1度目の食事では復縁の話は持ち出しません。あくまでも友人として誘っただけだと振る舞います。

これは駆け引きです。復縁したいと言わないあなたを相手は逆に意識しはじめます。元カレの意識を復縁に向けさせて、2度目の食事で復縁の話をしましょう。

男の気持ちを理解しよう!

いくら強い気持ちを持っていても、押し付けるだけでは復縁は成功しません。相手の心理を見極めるのが大事です。

別れてから1ヶ月。たかが1ヶ月されど1ヶ月で男の気持ちは大きく変化します。それをちゃんと理解して、復縁に臨みましょう。

関連記事
なんで急に!?元彼との再会の5つの注意点とは
失恋したら見て!別れても復縁の可能性が高いカップルの特徴
浮気して後悔。復縁ができるかもしれない方法
彼氏に冷めた瞬間9選&冷める原因

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード