元カノと復縁するには冷却期間が必要!?女性心理

「元カノのことが忘れられない」「別れてから元カノの大切さに気づいた」そう後悔している男性が多いのではないでしょうか? 元カノと復縁をしたいときは、すぐに連絡をするのではなく冷却期間を設けたほうがいいです。しかし元カノのことが気になって気になって仕方がなく、実際に冷却期間を過ごすのは簡単なことではありません。 そこでこの記事では冷却期間の重要性と過ごし方を詳しく解説しています。 「冷却期間中の女性心理」と「復縁する方法」も紹介しています。 元カノと復縁したい!と思っている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも冷却期間とは?

冷却期間とは、一定期間連絡をとったり会ったりせず、お互いの気持ちを整理する期間のことです。別れた2人が「いったん距離を置く」という表現をすることがありますが、まさにその状態が冷却期間です。

カップルが別れた直後は男女共に精神的に弱っていて冷静に考えることが難しく、またお互いに対してマイナスな印象を持っていることが多いです。冷却期間を置くことでお互いが冷静になれる時間を作ることができます。

お互いが冷静になれば、付き合っていたときのことを落ち着いて思い返して「楽しかったな」「復縁したいな」といった気持ちが生まれることもあります。

そのため復縁をしたいときは冷却期間が有効なのです。

元カノと復縁したい場合…冷却期間は本当に必要?

自分改善ができる

別れたのには必ず原因があります。その原因を改善しないまま闇雲に復縁活動をしても、恋は実りにくいです。仮に復縁ができたとしてもまた同じ理由で喧嘩をしたり再度別れることになるでしょう。

自分の問題点を直すのはかなり難しいことで、数日でできることではありません。しかし冷却期間を設けることで自分の問題点を改善しやすくなります。

復縁のアプローチがしやすくなる

冷却期間を設けることで、時間ができるので自分や相手を分析することができます。その結果、適切なアプローチがしやしくなります。

また相手も別れた直後よりは冷静になっているので、あなたのアプローチも受け取ってくれやすくなります。

寂しいと思わせることができる

女性は比較的に男性よりも感受性が豊かです。そのため「寂しい」という気持ちも芽生えやすいです。

冷却期間を設けることで、あなたと、そして一緒にいた当たり前の時間を一気に失うのを実感して「寂しい」という感情が大きくなり、その寂しさが復縁願望につながるときがあります。

自分に未練がありそうな場合は不要

別れたあとも元カノがあなたに恋人のような言動をしてきたり、やたら連絡をしてくるときは、まだ未練があるのかもしれません。

相手にまだ未練がありそうなのを感じるときは、つまり復縁ができそうな状況がもう既にあるということです、そのため冷却期間は不要で、慌てず少しずつまた関係を取り戻していきましょう。

冷却期間中の女性心理の変化

冷却期間中の心理は、男女によって違います。

「元カノも自分と同じ気持ちになっている」と考えると、復縁を成功させることができません。

冷却期間中の女性心理をしっかり知ることで、もう一度元カノと恋愛関係に戻れる可能性が高くなります。

別れる前後は感情的

別れる直前や前後は感情的になっていることが多いです。特に喧嘩別れの場合の別れた直後は、ひどく元カレを軽蔑しているか後悔しているかのどちらかでしょう。

あなた以上に感情が乱れている可能性があるので、少なくても元カノが冷めているような状態なら別れた直後は自分からアプローチをしないほうがいいでしょう。

冷却期間中の女性心理①: いざ一人になると寂しいと思う

どんな別れ方をしても元彼のことを完全に忘れている人はいません。

ふとしたきっかけで元カレを思い出し「自分は今本当に一人なんだ」「もうあの頃には戻れないのか…」と寂しくなる女性心理が働きます。

一人になってからできた自由な時間をうまく使えずに、頭から恋愛のことを切り離せないでいる場合もあります。

冷却期間中の女性心理②: 元カレは今何してるのか気になりだす

冷却期間がはじまったばかりのときは元彼の行動や生活が気になるという女性心理が働いています。

男性は別れた直後に開放感を感じることが多いですが、そんな男性心理とは対象的で、別れてまだ数ヶ月も経っていない間は、寂しかったり元カレが気になるのが女性心理です。

しかし行動には移さずにこっそりSNSを見たり、友達から聞いて相手の様子を探ろうとしています。

復縁願望があってもなくても、元カレが何をしているのか気になってしまうのが女性心理です。

冷却期間中の女性心理③: 別れた原因を分析する

ある程度時間がたつと、元彼と交際していたときのことを思い出して「今回の別れた原因はなんだったんだろう」「あのときこうしておけばよかった」「なぜあんな行動をとってしまったんだろう」と分析します。

感受性が豊かだからこそ別れた直後は怒りや恨みでいっぱいですが、冷却期間を設けるとたくさん考えるあまりに、冷静に分析までしだすのが女性心理です。そして元彼のことを分析して、復縁がありかなしかも考え始めます。

復縁のデメリットが大きいと感じれば、気持ちを切り替えてバサッと新しい恋にいきますし、復縁願望が芽生えるときもあります。

また女性は男性と比べて細かいことを覚えていることが多いため、冷却期間が長すぎると元彼の嫌な点もたくさん出て、元彼から気持ちが離れていくこともあります。

冷却期間中の女性心理④: フリーを楽しむ

冷却期間に入り元カレとの復縁がありでもなしでも「せっかくだからフリーを楽しもう」という女性心理が働き、友達と遊んだり男遊びをしだす人もいます。しかしこれは女性に限らず男性もです。

あなたに分かるように堂々と遊んでいる場合は脈なしかもしれませんが、あなたに隠すようにこっそり男遊びをしている場合はもしかしたら脈アリかもしれません。

冷却期間中の女性心理⑤: 新しい出会いを探す

元彼の悪い点に気づき心が離れて冷めてしまうと、「新しい恋愛をしたい」と考えるようになります。

しっかり反省や分析をしているので、「私にはこんな人が合っているのかもしれない」と具体的に条件もつくって、新しい恋愛に切り替えるケースが多いです。元彼に対する不満が大きければ大きいほど、その傾向が強くなります。

女性心理から考えると復縁の可能性は低い…

冷却期間中は男性も女性も、元恋人について考える時間が生まれます。

しかしこの冷却期間中に復縁願望が芽生える場合もありますが、残念ながら「復縁してもうまくいく気がしない」「私には他の人のほうがいいだろう」と、完全に冷めてしまい新しい恋を考えてしまう場合もあります。

女性は一度冷めてしまうとそれまでのケースが多く、どちらかといえば例え冷却期間を設けても復縁できる可能性は低いです。

付き合っているときの行いがいいなら復縁したいと思ってくれる場合もありますが、そうでないならかなり厳しいでしょう。

そのため例え元カノと復縁をしたいと思っていたとしても、同時に新しい恋愛も視野に入れたほうがいいでしょう。

女性が復縁したくなる瞬間

寂しいとき

多くの女性が別れたあとは寂しく感じるものです。そして「こんなに寂しいのはまだ元カレのことが好きなのかな?」と思い復縁願望が芽生えるときもあります。

なかには元カレとは合わないと頭では分かっていても、寂しくて連絡をしてしまう女性もいます。

懐かしくなった時

付き合っていたときのことを思い出すことによって、「やっぱり私はあの人といるのが一番だわ!」と感じ復縁願望が芽生えることがあります。

しかし付き合ったことを冷静に思い返すには、やはり感情的だと難しいので冷却期間が必要でしょう。

元カレがイイ男だと思ったとき

このケースは女性の場合はあまりなくて男性の方が多いのですが、「あの人ほど私を理解してくれる人はいなかった」と別れてから元カレがいい男だったことに気づいて後悔と共に復縁願望が芽生えるケースもあります。

付き合っているときは良い部分も当たり前に感じてしまっていて、でも別れてからそれが当たり前でなかったことに気づくのです。

新しい恋や片思いの恋が実らなかったとき

他に好きな人ができて別れるケースもあれば、あるいは別れた後に新しい恋をする場合もあります。

新しい恋がうまくいかなかった場合、寂しさはかなり大きく、その反動で「やっぱり私には元カレが一番なのかも…」と復縁願望が芽生えるときがあります。

冷却期間は何ヶ月?

まずは冷却期間1ヶ月

冷却期間中は1日が1ヶ月に感じるほど長く感じるものです。そのため思っている以上に大変で辛いかもしれませんがまずは最低でも1ヶ月の冷却期間を設けましょう。

1ヶ月経過をしたら相手に連絡をしてみてもいいでしょう。しかし別れ方がかなり深刻だった場合や、完全に嫌われているような場合はもう少し冷却期間を設けましょう。

おすすめは冷却期間3ヶ月

3ヶ月経過するとだいぶ気持ちは落ち着いていることが多いです。そのため酷い別れ方をした場合は冷却期間を3ヶ月設けましょう。

冷却期間1ヶ月目に連絡をするよりも、冷静に連絡がとれるケースが多いです。

冷却期間半年

「残念ながら連絡をしても返事がなかった…」あるいはブロックをされていて連絡を避けられている…。そういった難しい状況でもどうしても諦めることが難しいなら、6ヶ月目まで冷却期間を設けましょう。

別れて半年も経過していると、相手はもうほとんど気持ちが切り替わっているケースが多いです。だからこそ新しい関係として再スタートができるかもしれません。

しかし可能性は高くはありません。

もう一度元カノと恋愛関係に!復縁の可能性を上げる方法

方法①: 反省をする

別れた原因を客観的に考えて反省をしましょう。しかしただ後悔をすることは反省ではありません。

「あのときああすればよかった」「こうしなきゃよかった」と思うだけでなく、どんな自分になればいいのか未来に向けての反省を具体的にしましょう。

方法②: 自分磨きをする

元カノと復縁するために、冷却期間中は後悔と悲しみでただただいっぱいになるのではなく徹底的に自分磨きをしましょう。

復縁をしたいなら「前の恋愛をやり直す」という考えではなく、「新しい恋愛を始める」という考えをもつことが大切です。

あなたのことをすでに知っている元カノを惚れ直させるためには、新たな魅力を身に着けたり、別れたときの自分の悪い点を直す必要があります。

自分の悪い点が改善されていなければ復縁は難しいし、仮に復縁ができたとしても、また同じことを繰り返して別れてしまう可能性が高いです。

自分磨きは見た目もですが、それ以上に中身も改善することがかなり重要です。

冷却期間中にやってはいけないこと

SNSを監視するように見る

いくら相手が気になるからってSNSを監視するように見てはいけません。裏アカウントで見ればバレないと思っているかもしれませんが、女の勘は鋭くてすぐに気づくものです。

元カノがSNSを見られているのを知ってしまうと、それは冷却期間ではなくなってしまします。

また元カノのSNSを見るほど辛くなったり、ちょっとしたことを怪しく感じてしまい、冷却期間が余計に辛くなってしまいます

元カノに連絡しない

「元カノと復縁したい」と考えているときは、たとえ冷却期間中でも我慢ができずに連絡をして関係を修復したいと考えがちです。

しかし冷却期間中に連絡をすると、「依存されている」「うっとうしい」と思われてしまうため復縁できる可能性が低くなってしまいます。

とくに悪い点を反省できていないときや、別れたときから成長していない場合は、元カノに見向きもされないでしょう。慌てて行動しないで、自分を成長させるためにコツコツ努力をしましょう。

相手の気持ちを考えない行動

我慢できないからって一方的に連絡をしたり、押し付けたりと、感情的になったりと相手の気持ちを考えない行動は絶対に辞めましょう。それは愛ではなく執着です。

相手のことも考えるのが、本当の愛なのです。

冷却期間が終わったあとは?

恋愛には触れず連絡をする

冷却期間が終わったら連絡をしましょう。しかし連絡は恋愛や復縁には一切ふれず「最近元気?」など何気ないことを送るようにしましょう。

ここで相手から返事がなかった場合は、残念ながらもう少し冷却期間を設けたほうがいいでしょう。

ゆっくり関係を深める

冷却期間が終わったあと、慌てて復縁を迫らないようにしましょう。

「復縁したい」という気持ちが元カノにない場合、復縁を匂わせると引かれてしまうため、復縁できる可能性が低くなってしまいます。

最初は友達として関係を深め、あなたの魅力を見せることで、復縁できる確率が高くなります。

復縁を本当にしたいなら女性女性をしっかり理解しよう!

復縁は難易度が高いとされていますが、決して可能性はゼロではありません。

女性心理を理解することで、復縁できる確率が高くなります。

そのためには自分の感情に支配されず、冷静になり復縁活動をすることが大切です。そういったためにもぜひ冷却期間を意識してみてください。

関連記事
元カノに連絡したい!注意点と復縁のポイント

元カノに連絡したい!注意点と復縁のポイント

元カノと復縁までの道のりって?冷却期間や連絡のポイント

元カノと復縁までの道のりって?冷却期間や連絡のポイント

元カノに新しい彼氏ができて辛い!復縁する方法

元カノに新しい彼氏ができて辛い!復縁する方法

関連キーワード

おすすめの記事