「優しい元彼を振ったことを後悔...」復縁を目指す方法と注意点

「元彼を振って後悔している」「元彼を振ったけど復縁したい」と、自分から元彼を振ったことに後悔していませんか? 今回は、「振った元彼と復縁を目指す方法」と、「注意点」を紹介します。 元彼と復縁したいけれど、なかなか言いだせない人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

自分から彼氏を振っておいて後悔...これって自分勝手すぎる?

自分から元彼を振って後悔することはある!

自分から元彼を振ったにも関わらず、「元彼と別れなければよかった」「自分から元彼を振ったから復縁したいと言えない」と悩みを抱えている人がいます。

「どうして自分から振ったのに後悔するのかな」「ちゃんと考えずに別れたから後悔するんでしょう」と思う人がいるのは事実です。

だからこそ、復縁を言いだせずに、悩みを大きくしてしまっているのでしょう。

ですが、「失ってから気づく」という言葉があるように、別れてから元彼に対する気持ちや、元彼の気持ちに気づいて後悔してしまうことがあります。

自分から元彼を振ったのかもしれませんが、復縁を諦める必要はありません

元彼を振ったことを後悔する理由

元彼を振ったのに、後悔する人がいます。

なぜ後悔してしまうのか、理由を確認してみましょう。

後悔する理由➀:好きな気持ちが蘇ったから

元彼を振ったことを後悔する理由は、別れたことで、「やっぱり元彼が好き」「どうしても元彼を思いだしてしまう」と好きな気持ちが蘇ったからかもしれません。

いつも側にいた元彼がいなくなったことで、元彼に対する自分の想いに気づいたのでしょう。

後悔する理由➁:他の男より魅力的だったから

元彼を振ったことを後悔する理由は、「元彼のほうがよかった」「元彼より好きになれる男がいない」など、他の男より元彼が魅力的だったからかもしれません。

交際期間が長くなるにつれて、元彼を好きになった頃の気持ちを忘れてしまっていたのでしょう。

後悔が消えないなら元彼との復縁を目指そう

自分から振った元彼との復縁は可能です!

「自分から元彼を振って後悔しているけれど、自分から振ったから復縁を言いだせない」と、復縁を諦めようとしている人が多いのではないでしょうか。

考えた上で別れを選んだはずなのに、「復縁したいなんて身勝手すぎるかも」「元彼が許してくれるはずないよね」と、思い込んでしまっているのかもしれません。

後悔すればするほど、復縁への気持ちが強くなり、余計に未練を断ち切れなくなるだけです。

あなた次第で、振った元彼との復縁を成功させることが可能です。

意地を張らずに、自分の気持ちに素直になって、元彼との復縁を目指しましょう。

冷却期間に注意!振った元彼と復縁する方法

復縁を目指すなら、何がなんでも復縁を成功させたいものですよね。

今度は、振った元彼と復縁する方法を確認しましょう。

復縁する方法➀:なぜ振ったのかを見つめ直す

振った元彼と復縁する方法は、冷却期間中に「なぜ元彼を振ったのか」と、元彼との別れを選んだ理由を見つめ直しましょう

振った理由を理解できると、「自分自身がどう変わるべきなのか」「どのように元彼との距離を縮めるべきなのか」という、復縁の問題を解決することができます。

復縁する方法➁:元彼に誠意ある謝罪をする

振った元彼と復縁する方法は、「あなたの優しさを無視して、勝手に離れていってごめんなさい」と、元彼に誠意ある謝罪をすることです。

「別れたい」と言ったり、「復縁したい」と言ったり、あなたの気持ちが変わりすぎることに、元彼はあなたに疑念を抱いています

どれだけ効果的な復縁方法を知っていようと、元彼の信頼を回復させなければ意味がありません。

まずは、元彼に誠意ある謝罪を行って、元彼との関係を回復させるきっかけづくりをしましょう。

自分から振った元彼と復縁したいときに注意すべきこと

元彼と復縁したいからと言って、勢いだけで行動してはいけません。

今度は、いくつかの注意点を確認して、確実に復縁を成功させましょう。

注意すべきこと➀:時間を置きすぎない

復縁を成功させるために、冷却期間を置くことが大切ですが、自分から振った元彼と復縁する際は、冷却期間を置きすぎてはいけません

冷却期間を置いて、元彼を振った理由や元彼の心境を考えることは大切です。

しかし、振られた直後の元彼は、「どうして振られたんだろう」「どうにかして復縁したい」とあなたとの復縁を考えており、時間が経って立ち直った頃に復縁を迫ったところで、復縁の成功が難しくなってしまいます

復縁を成功させいたのであれば、冷却期間は短めにしておきましょう。

注意すべきこと➁:絶対に嫉妬はさせない

自分から振った元彼と復縁したいのであれば、絶対に嫉妬をさせてはいけません

嫉妬させてしまうと、「他の男に飽きたから戻ってきたんだろう」「寂しいだけで戻ってきたんだろう」と、あなたに対する印象が悪くなってしまいます。

印象が悪いだけ復縁の可能性が低くなるため、元彼を諦めなければいけない状態に陥るかもしれません。

嫉妬をさせたり、他の男の話をせずに、「元彼と復縁したい」という素直な気持ちだけを伝えましょう。

さいごに

「振った元彼と復縁を目指す方法」と、「注意点」を紹介しました。

自分から振ったという負い目から、なかなか復縁を目指せない人が多いようですが、諦めなければ復縁を成功させることができます。

復縁する方法や、注意点をぜひ参考にして、あなたの復縁を成功させましょう。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事