嫌いになったわけじゃないカップルの冷却期間&復縁方法

恋人のことが嫌いになったわけじゃないのに、理由があって別れてしまうカップルがいますよね。

ここでは、嫌いになったわけじゃないカップルの冷却期間と、復縁方法について説明します。

「冷却期間をどれくらいおけばいいのかわからない」「元恋人と復縁したい」と考えている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

嫌いになったわけじゃないのに別れた理由とは

別れた理由① 当たり前の存在になった

毎日のように一緒にいたり、付き合っている期間が長かったりすると、当たり前の存在に思ってしまいますよね。

「嫌いになったわけじゃないけど、マンネリだし別れようかな」と考えて、別れを決意したのかもしれません。

別れた理由② 1人の時間がほしくなった

誰かと付き合っているときは、他の異性と極力遊ばないようにしたり、貴重な休みを会う時間にしたり、気を使うことがありますよね。

「もっと1人の時間がほしい」「気を使いたくない」という気持ちから、嫌いになったわけじゃないのに、別れることになってしまったのかもしれません。

別れた理由③ 意見が合わなかった

女性は「なるべく早く結婚したい」と思う人が多いですが、男性は「結婚せずに遊んでいたい」と思う人が多いです。

そういった意見の違いから、嫌いになったわけじゃないのに、別れることになったのかもしれません。

嫌いになったわけじゃないカップルの復縁の可能性

復縁できる可能性は高い!

嫌いになったわけじゃないのに別れた場合は、もう一度好きになってもらえる可能性があるため、復縁できることが多いです。

復縁するために、別れたあとに冷却期間をおいて、タイミングを見計らって連絡をしましょう。

新しい恋人ができたら復縁は難しい

嫌いになったわけじゃないのに別れた場合でも、新しい恋人ができていたら、復縁は難しいといえるでしょう。

冷却期間が長いと、新しい恋人ができてしまう可能性があるため、冷却期間を長期間おかないようにしましょう。

嫌いになったわけじゃないカップルの冷却期間

1ヶ月から6ヶ月未満がおすすめ

別れてから復縁をするまでにおすすめの冷却期間は、1ヶ月から6ヶ月未満です。

冷却期間が短いと、1人の時間を堪能することができず、「復縁したい」と思ってもらえないかもしれません。

反対に、冷却期間が長いと、新しい恋人ができてしまう可能性があるため、冷却期間は1ヶ月から6ヶ月未満にするといいでしょう。

他の人と付き合ってからでも遅くない

冷却期間が長いと、新しい恋人ができてしまう可能性がありますが、他の人と付き合ってからでも、復縁できる可能性はあります。

復縁するまでに時間がかかりますが、新しい恋人と別れたときを狙って、復縁を目指しましょう。

冷却期間を経て復縁する方法

友達のように連絡をする

嫌いになったわけじゃないのに別れたのであれば、まずは友達のように連絡をしてみましょう。

友達のように連絡をすることで、元彼が返信しやすくなり、会話が続きやすいです。

「最近何してるの?」「ひさしぶり、元気にしてた?」など、気まずさを出さずに連絡をしてみるといいでしょう。

2人だけで遊ぶ約束をする

元彼と、頻繁に連絡をとれるようになったのであれば、2人で遊ぶ約束をしましょう。

嫌いになったわけじゃないのに別れた場合は、デートの誘いを迷いなくOKしてくれるはずです。

デートを重ねるごとに復縁できる可能性が高くなるため、一度でなく、何度かデートをするようにしましょう。

復縁の告白をする

デートを重ねるごとに、元彼もあなたのことを意識するため、復縁できる可能性が高いです。

何度かデートを重ねて、「今なら復縁できる」と自信がもてたのであれば、復縁の告白をしましょう。

復縁したいなら諦めないで!

嫌いになったわけじゃないのに別れた場合は、もう一度好きになってもらえる可能性が高く、復縁できるケースが多いです。

そのため、嫌いになったわけじゃないのに別れたのであれば、復縁を諦めないようにしましょう。

復縁するために冷却期間をおいて、友達のように連絡をして、デートができる関係を築くことが大切です。

関連記事
交際期間の短いカップルが復縁するための冷却期間&注意点
復縁の前に!友達に戻るための冷却期間&復縁する方法
【カップル別】ベストな冷却期間ってどれくらい?

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!