【パターン別】復縁できる可能性&復縁の方法3選

「私って復縁できるの?」と不安になっていませんか?

復縁できる可能性は、人によって異なります。

そこで、パターン別の復縁の可能性について詳しく紹介します。

今の状況や別れたときの状況を思い出しながら参考にしてみてください。

まずは、細かい状況別に分けて復縁の可能性を見ていきましょう!

復縁の可能性は人それぞれ!

「復縁するのは難しい」と一般的に言われているため「私は復縁できないかもしれない」と落ち込んでいる方がいるのではないでしょうか。

また、元パートナーと別れたあとにいい友人関係を築けているときは「すぐに復縁できる」と思っている方が多いかとおもいます。

復縁できるかどうかは人それぞれで、復縁が絶望的なケースや復縁しやすいケースがあります。

しかし、多くのパターンでは復縁の可能性はゼロではありません。

そのため「私は復縁できないかもしれない」と絶望的になっている方は、前向きに行動することでうまくいく可能性があります。

復縁できる可能性〜交際期間編〜

同棲していた場合

同棲をしていたカップルが別れたときは「同棲までして別れたのだから復縁できるはずがない」と絶望的になることがあります。

たしかに同棲をしてから別れたときは復縁の難易度が高いですが、復縁を成功させたカップルがいます。

同棲をしてから別れるときの原因としてもっとも多いのがマンネリ化したからです。

一緒にいればいるほどマンネリ化するのが早く「おたがいを異性として見れなくなった」というケースがあります。

しかし、別れたあとにしばらくして再会したときに「改めて元パートナーが好きだ」と感じることは男女ともにあります。

そのため、同棲から別れたとしてもあきらめないことが大切です。

しかし、同棲中に「おたがいに価値観が合わないことがわかった」や「なんども浮気を繰り返した」といったときは復縁できる可能性がかなり低くなります。

遠距離だった場合

遠距離恋愛中に別れたときの復縁の難易度はそれほど高くありません

遠距離恋愛中はおたがいに会うことができないため、おたがいに好きだとしてもうまくいかずに別れてしまうケースが少なくありません。

そのため、別れたあとであっても「元パートナーのことを忘れられない」という方が男女ともにたくさんいます。

そのため、遠距離が解消されたことをきっかけに復縁するカップルがいます。

しかし、遠距離恋愛中にどちらかが浮気をしたり新しい恋人をつくってしまったときは復縁できる確率が低くなります。

結婚前提だった場合

結婚前提の付き合いから別れたときは、復縁できる可能性があります

結婚前提から復縁を目指すときに気を付けることは、付き合っていたときと同じように結婚前提で復縁することが前提となります。

結婚前提で付き合っている方のほとんどが「そろそろ結婚したい」と思っている年代のため、ただの恋愛関係で復縁することができないためです。

そのため、付き合っているときに「恋人としてはいいけど結婚相手としては相性が悪いかもしれない」という相手とは復縁できる可能性があまりありません。

どれにも当てはまらないとき

ここまで紹介してきたパターンのどれにも当てはまらないときは、復縁の難易度が高いです。

交際期間があまり長くなくおたがいの本気度が低いときは、別れたあとに復縁したいとアタックしても相手が「復縁したい」と思ってくれないケースが多いためです。

しかし、別れたあとに印象が変わるほど成長しているときは「別れてもったいなかった」と思わせることができるので復縁できる可能性があります。

復縁できる可能性〜別れ方編〜

円満に別れた場合

おたがいが納得をして円満に別れたときは、復縁できる可能性が高いです。

円満に別れるときのパターンとして「家族に反対されたから」や「大きな仕事が片付くまで集中したいから」といったおたがいの気持ち以外の部分が原因になっていることが多いです。

そのため、家族を説得できたり仕事が片付いたりといった別れの原因が解決したときにスムーズに復縁できます。

また、円満に別れたときは縁を切ることがほとんどなく多くの場合で友達として付き合いつづけます。

友達として付き合いがつづいていれば「復縁したい」と思ったときにすぐに連絡を取れることがメリットとなります。

しかし、友達として付き合いが長くなりすぎると「恋人関係よりいまの関係が居心地がいい」と感じてしまい、復縁まで話が進展しないケースがあるので注意しましょう。

円満に別れられなかった場合

円満に別れられなかった場合は、復縁できる可能性が円満に別れたときより低くなります

円満に別れられなかったときはおたがいに「元パートナーのことを考えたくない」とネガティブな感情を抱きます。

そのためあなたが「復縁したい」と思ったとしても、元パートナーが復縁を考えてくれないケースが少なくありません。

しかし、円満に別れられなかったとしても復縁できる可能性はあります。

冷却期間をしっかり置けばおたがいに冷静になり、元パートナーの悪い部分だけではなくいい部分を思い出せるようになります。

冷却期間を置いたからといってすぐに復縁できることはあまりありませんが、友人関係を築いて復縁を目指すことができます。

しかし円満に別れられなかった理由が浮気やDV・モラハラといったものであれば復縁が絶望的になるので注意しましょう。

自然消滅した場合

自然消滅して別れたときは復縁できる可能性がありますが、自然消滅した理由によっては復縁が絶望的です。

おたがいがなんとなく会わなくなって自然消滅しただけであれば、おたがいの連絡先や住んでいる場所を知っているため「復縁したい」と思ったときに行動できます。

しかし、遠距離中に自然消滅をしたときに連絡先をブロックされてしまうと「復縁したい」と思っても連絡がとれずに距離を縮めることができません。

また、自然消滅したときの理由としてあなたが本命彼女ではなく都合のいい女だった可能性があります。

あなたが自然消滅だと思っていたとしても元彼が「もう会わなくていい」と思っているときは、復縁を迫ったとしてもうまくいきません。

場合によってはまた都合のいい女にされてしまい傷つくことがあるので注意しましょう。

マンネリが原因の場合

マンネリが原因で別れたときは復縁できる可能性が高いです

付き合いがマンネリ化するとおたがいに「一緒にいてもドキドキしない」と感じてしまい、デートの頻度が減ったり気持ちが離れていきがちです。

しかし、おたがいにネガティブな感情を抱いているわけではないため「やっぱり復縁しよう」と前向きに考えることができます。

マンネリが原因で別れてから復縁するためには、自分磨きをして新たな魅力を身に着けることが効果的です。

倦怠期が原因の場合

倦怠期が原因で別れたときは復縁できる可能性がマンネリがのときより低くなります

マンネリと倦怠期は似ていますが、倦怠期になってしまうと「パートナーと一緒にいるのが嫌」「パートナーの嫌な部分が目に付く」といったネガティブな感情が強くなります

おたがいに嫌な部分に気づいているため、なかなか復縁に前向きになれません。

しかし、倦怠期で別れたとしても復縁できるケースがあります

おたがいに悪い部分を改善することや「嫌な部分を含めて愛する」という意識をもつことでうまく復縁できます。

冷却期間の長さでも復縁できる可能性は変わる!

別れて半年以内の場合

別れて半年以内の冷却期間の場合は、復縁できる可能性はあまり高くありません

半年以内の冷却期間では元パートナーへのネガティブな感情がなくならないことが多く「復縁を考えられない」という心理になる方が少なくないためです。

しかし、別れ方やカップルのそれぞれの性格によって半年以内の冷却期間で問題なく復縁できるケースがあります。

とくに、おたがいに納得をして円満に別れたときやちょっとした喧嘩の勢いで別れたときは冷却期間が短い傾向にあります。

そのため、冷却期間が半年以内であったとしてもあきらめないことが大切ですが焦りは禁物です。

別れて半年以上たっている場合

別れて半年以上の冷却期間を置いたときは、復縁できる可能性が高いです

別れて半年以上たてばおたがいに対するネガティブな感情が少なくなり、冷静になることができます。

そのため「久しぶりに連絡したい」と伝えられたときに否定せず受け入れることができるのは男女ともに共通です。

また、半年以上冷却期間を置いたあとは付き合っていたときの辛いことだけではなく楽しかったことを思い出し「元パートナーと会いたい」と感じることができます。

このように冷却期間を半年以上置くことで復縁の可能性が高いですが、別れ方やおたがいの性格によって冷却期間が半年では足りないケースが少なくありません。

なかには3年以上たってから再会をして復縁を成功させているカップルがいます。

冷却期間の長さについてはあなたの感情だけではなく「相手がどう思っているのだろう」ということを中心に考えて判断しましょう。

復縁の可能性が高い&低いパターンまとめ

復縁の可能性が高いパターン① 円満に別れたとき

円満に別れたときは復縁の可能性が高いです。

おたがいにネガティブな感情を抱いていないだけではなく、別れたあとに友人関係を築けていることが多いためです。

別れの原因を解消できれば、冷却期間を考えずに復縁できる点が特徴です。

復縁の可能性が高いパターン② 遠距離恋愛で別れたとき

復縁の可能性が高いパターンとして、遠距離恋愛で別れたときが挙げられます。

遠距離恋愛ではおたがいの物理的な距離が離れているためどうしても寂しくなったり、コミュニケーション不足になりがちです。

そのため別れてしまうことが少なくありませんが、相手に対してネガティブな感情を抱くことが少ないです。

遠距離恋愛から復縁するためには、遠距離の解消か「遠距離恋愛を一緒に乗り越える」とおたがいに思うことが大切です。

復縁の可能性が高いパターン③ 冷却期間を半年以上置いたとき

冷却期間を半年以上置いたときが、復縁の可能性が高いパターンのひとつです。

冷却期間を長く置くことでおたがいに気持ちが落ち着き、復縁を前向きに考えることができるようになるためです。

しかし、別れ方やおたがいの性格によって冷却期間の長さが変わります。

また、おたがいの関係が決定的に悪化したときは冷却期間を置いてもうまくいかないケースがあるので注意しましょう。

復縁の可能性が低いパターン① 倦怠期で別れたとき

復縁の可能性が低いパターンとして、倦怠期で別れたときが挙げられます。

倦怠期になってしまうと相手の悪いところに目がいってしまい、おたがいにネガティブな感情を抱いてしまいます。

また、倦怠期になるカップルは1年以上付き合っているケースが多く「長い時間見極めて自分に合わない相手だと思った」という心理になり復縁を目指そうとしません。

また「復縁してもすぐに別れるかもしれない」とネガティブになりがちで復縁の成功率が低くなります。

復縁の可能性が低いパターン② 関係が悪化しすぎたとき

復縁の可能性が低いパターンとして、関係が悪化しすぎたときが挙げられます。

どちらかが浮気を繰り返したり、DV・モラハラ・金銭トラブルといった深刻な理由で別れると「復縁は絶対に考えられない」という心理になります。

また、大きなトラブルが原因で別れたのにも関わらず復縁したとしても同じトラブルに巻き込まれてしまいうまくいかないケースが多いです。

復縁の可能性が低いパターン③ 冷却期間が半年以下のとき

復縁の可能性が低いパターンとして、冷却期間が半年以下のときが挙げられます。

冷却期間がみじかいときは元パートナーに対するネガティブな印象が消えていないため、復縁を迫ったとしても「話をしたくない」と距離を置かれてしまいます。

とくに、しつこく連絡をしたり復縁を迫ると拒絶されてしまい復縁が絶望的になるので注意しましょう。

しかし、円満に別れたときやちょっとした喧嘩で勢いで別れたときは冷却期間が半年以下であっても復縁できるケースがあります。

どちらともいえないパターン① 結婚前提で別れたとき

復縁できる可能性がどちらともいえないパターンとして、結婚前提で別れたときが挙げられます。

結婚前提で別れたときは、単純に復縁を目指すのではなく結婚前提の復縁を目指すことが必要です。

そのため、別れるときに「結婚相手として考えられない」と感じたときは復縁が難しくなります。

しかし「一度別れたけど、やっぱり元パートナーと結婚したい」とおたがいが思えることで復縁できる可能性があります。

どちらともいえないパターン② 自然消滅して別れたとき

復縁できるかどちらともいえないパターンとして、自然消滅して別れたときが挙げられます。

だんだん疎遠になって自然消滅したときであれば復縁できる可能性がありますが、二股をかけられていて相手の本命ではないときは復縁が絶望的です。

また、自然消滅したときは連絡を取れるかどうかで復縁の可能性が変わります。

復縁の可能性を上げる方法

方法① 元パートナーの状況を調べる

復縁の可能性を上げるために、元パートナーの状況を調べることが大切です。

元パートナーに新しい恋人ができているときは、復縁を迫ると邪魔な相手と思われてしまい復縁が絶望的になります。

また、元パートナーが復縁の意思があるかどうかを調べることができればより効果的です。

SNSをチェックしたり共通の知人に手伝ってもらい元パートナーの状況を調べましょう。

方法② 別れた原因を改善する

復縁の可能性を上げるために、別れた原因を改善することが大切です。

別れた原因を改善できていないと元パートナーに「成長していない」と思われてしまい、復縁できる確率が下がってしまいます。

また別れた原因を改善しないまま復縁すると、復縁したあとに同じ失敗を繰り返してしまい別れる原因になります。

しかし「別れた原因は自分にはなく、すべて相手が悪い」と思っている方がいるのではないでしょうか。

実際に別れの主原因が相手にあったとしても、おたがいに悪いところがあるケースがほとんどです。

自分の悪い点がよくわからないという方は、友人に相談してみましょう。

あなた自身では気づけない悪い点を第三者の視点から教えてくれます。

方法③ 焦りすぎない

復縁の可能性を上げるために焦りすぎないことが大切です。

復縁を強く願う方ほど「はやく復縁したい」と焦りがちですが、相手が復縁を考えていないときにアタックしすぎると「めんどくさい」「迷惑」といった理由で距離を置かれてしまい復縁がうまくいきません。

そのため、復縁をするときは新しい恋愛をはじめるつもりで元パートナとじっくり距離を縮めていきましょう。

方法④ 自分磨きをする

復縁を成功させるために自分磨きをすることが大切です。

自分磨きをして魅力的な姿になることで、元パートナーに興味をもってもらえるようになるためです。

また、自分磨きを怠って別れたときのままの姿だと「成長していない」と思われてしまい復縁の確率が下がってしまいます。

自分磨きをするときは外見を意識するだけではなく、内面を磨くことを忘れないようにしましょう。

自分磨きをすれば相手に興味をもってもらえるだけではなく、自分に自信がついてポジティブになる効果があります。

復縁の方法3選

「別れた元パートナーと復縁したい」と思ったときは、行動する前に「本当に復縁したいのか」としっかり考えましょう。

「振られたままだと悔しいから復縁したい」のような心理のときは、復縁をしてもうまくいかないためです。

また「復縁してもうまくいかないかも」と不安があるときは、きっぱりあきらめて新しい恋を見つけることがおすすめです。

「絶対に復縁したい」という方は、復縁の方法をしっかり理解して復縁を目指して行動しましょう。

方法① 連絡を取り合える仲を目指す

別れた元パートナーと復縁する方法は冷却期間を置いたあとにすぐに復縁を目指すのではなく、連絡を取り合える仲を目指しましょう。

連絡を取り合える仲になれなければ、そもそも復縁が成功することはほとんどありません。

そのため、連絡を取り合って関係を進展させていくことが重要です。

そのときに「別れたパートナーにどうやって連絡をすればいいんだろう」と悩む方が多いかと思います。

連絡するきっかけは大切で、最初の連絡を失敗すると連絡を取り合える仲になれません。

連絡をする方法としておすすめなのが、元パートナーの誕生日を祝うことです。

うまく連絡を取り合えるようになったら、友人関係を目指しそれから復縁を成功させましょう。

② チャンスを待ってアタックする

復縁するための方法として、チャンスを待ってアタックすることが効果的です。

あなたが復縁したいと思ったとしても、そのタイミングで元パートナーに新しい恋人がいたり仕事やプライベートが忙しいと復縁を考えてくれません。

そのため、友人関係を築きつつあなたがアタックするチャンスを見つけましょう。

とくに新しい恋人がいるときは、関係が悪化するのを待つことが大切です。

新しい恋人とうまくいっているときにあなたが割り込もうとすると「邪魔をされている」と思われてしまい絶縁される危険性があるためです。

チャンスを待っている間は自分磨きをしつつ、距離を縮める努力をしましょう。

③ イメージチェンジする

復縁する方法として、イメージチェンジをすることが効果的です。

復縁したいときは前の恋をやり直すのではなく、新しい恋をはじめるという気持ちが大切です。

イメージチェンジをすることで元パートナーの興味を惹くとができるため、こちらから連絡をしなくても相手から連絡がくるケースがあります。

また、自分磨きをして魅力的な姿になることで「元パートナーと別れなければよかった」と思わせることができ復縁の確率が上がります。

実際に復縁できた人の体験談

冷却期間を置いて復縁した体験談

別れた元彼のことをどうしても忘れられずに復縁を目指しました。

しかし、別れるときに感情的になってしまい大喧嘩してしまったため「すぐに復縁したいと言っても彼が受け入れてくれないだろう」と思いました。

そのため、しばらく恋愛から離れて仕事に熱中し冷却期間を置くことに。

1年くらいたったときに「お久しぶりです、お元気でしたか?」とメールを送ってみました。

すると彼からすぐに返信があり連絡を取り合う仲になりました。

連絡を取り合っているうちに彼のほうから「復縁しよう」と言ってくれてうまく来ました。

自分磨きをして復縁した体験談

元彼と別れたときは「もう二度と顔も見たくない」と思ったのですが、新しい彼をうまくいかずに「やっぱり元彼のほうがよかった」と思うようになりました。

そのため復縁したいと思ったのですが、成長していないままアタックしてもうまくいかないだろうと思い自分磨きをしました。

復縁を絶対に失敗したくないと思い、自分が納得できるまで自分磨きをしているときに元彼と偶然再会することに。

そのときに元彼から「見違えた」と言われて「これならうまくいくかも」と感じ食事に誘いました。

それからなんどかデートをし復縁することに成功、復縁後も自分磨きをしている効果があり別れる前よりいい関係を築けています。

チャンスを待って復縁した体験談

元彼と別れたときから未練が残っていましたが、しばらく連絡をしないで元彼を忘れようとしました。

しかしどうしても元カレを忘れられず復縁するために元彼にアタックしようと思ったのですが、すでに元彼には新しい彼女がいました。

新しい彼女がいるところでアタックをしても無駄だと思い、それでも諦められずに友人関係を築くところからはじめることに。

それから友人として付き合いつつ、元彼の恋愛の悩みを女性視点で聞く立場になりました。

しばらく元彼を支えていたところ、新しい彼女と別れた元彼のほうから「復縁したい」と告白されました。

諦めずに彼のそばにいたことが復縁成功の理由だと思っています。

相手を思いやる気持ちが伝われば、復縁が成功する可能性がグッと上がりそうですね!

さいごに

復縁できるかどうかはカップルによって違い、とくに別れ方によって復縁の成功率が変わります

復縁が絶望的なケースでないときは、焦らずに時間をかけて距離を縮めることで復縁できる確率が上がります。

関連記事
大事なのはタイミング!元彼と復縁をする方法を解説
もう無理かな?元彼との復縁を諦めるきっかけ5選
復縁の可能性有りな前兆サイン&見たときの対処法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!