彼氏が冷たいから別れた方がいい?冷たい理由と対処法

「最近彼氏が冷たい...」と悩んでいませんか? 冷たいしそっけない彼氏の態度を見ると、別れるべきなのかと考えてしまい苦しいですよね。 彼氏が冷たいのには理由があるはずです。 そこで。彼女に冷たい態度を取る男性心理や、冷たい彼氏への対処法について紹介します。彼氏の気持ちを取り戻しましょう!

彼氏が冷たい...別れた方がいいの?

理由もわからず彼氏に冷たくされたら、悲しい気持ちになりますよね。また彼氏の冷たい態度がいつまでも続けば、別れを考えてしまうでしょう。

もし、彼氏に気持ちがないのであれば、別れを考えなければいけないかもしれません。しかし、必ずしも気持ちが冷めているわけではなく、ほかの理由も考えられます

彼氏が冷たい理由や心理を理解したうえで、後悔しない決断をしましょう。

彼氏が冷たくなったと感じる瞬間

彼氏が冷たい理由や心理を知る前に、女性が「彼氏が冷たい...」と感じる瞬間を見てみましょう。

彼氏が冷たいと感じる瞬間1:LINEの返事が素っ気ない

彼氏とLINEで連絡をとりあっている人がほとんどだと思いますが、LINEの返事が素っ気ないと「冷たいな...」と思ってしまいますよね。

絵文字もなく、質問をされるわけでもなく「うん」「わかった」の一言だけで返事をされたら、どんな女性でも彼氏が冷たいと感じてしまうでしょう。

付き合いはじめた頃のLINEの頻度と比べてしまうと、余計に彼氏が冷たいと感じてしまうのではないでしょうか。

彼氏が冷たいと感じる瞬間2:既読&未読スルーが増えた

大好きな彼氏にLINEを無視されると、やっぱり辛いですよね。カップルにとって、LINEは大事なコミュニケーションツールですから、時間差があっても返事はしてほしいはずです。

それなのに、彼氏からLINEを既読&未読スルーされたら、冷たいを通り越して「気持ちが冷めたのかな…」と不安になってしまうでしょう。

ただ、もしかすると仕事が忙しいだけかもしれません。冷たいと決めつけずに、なぜ彼氏がLINEをスルーするかを探ってみましょう。

彼氏が冷たいと感じる瞬間3:デートを断られることが増えた

カップルによってデートの頻度はそれぞれ異なりますが、彼氏にデートを断られる頻度が増えるにつれて「なんだか冷たい…私に会いたくないのかな」と不安に感じてしまうでしょう。

彼氏の愛情を感じることができなくなり、冷たさと同時に「ほかに好きな人ができたのかも…」「浮気話しているかも…」と不安に感じてしまうのではないでしょうか。

彼氏が冷たいと感じる瞬間4:話を聞いてくれない

辛い悩みや大事な相談は、信頼できる彼氏に聞いてもらいたいと思いますよね。また、彼氏に話を聞いてもらうことで、気持ちを落ち着かせたいと思うでしょう。

しかし、彼氏が話を聞いてくれなくなると「私のことなんてどうでもいいの?」と相手にされなくなった気分になるのではないでしょうか。

話を聞いてくれない=自分に興味や関心がないと考えて、冷たいと思ってしまうのかもしれません。

彼氏が冷たいと感じる瞬間5:スキンシップを避けるようになった

彼氏とのスキンシップは、大事な愛情表現の1つたと思います。彼氏とスキンシップをとるとこで、精神的な安らぎと、女としての自信を保つことができるでしょう。

ただ、彼氏にスキンシップを拒否されると、癒しを感じることも自信も持つこともできなくなり「私に女としての魅力がないのかな…」「浮気相手がいるのかもしれない」と悩んでしまうはずです。

実際に、彼氏にスキンシップを拒否されて「彼氏が冷たくなった…」と不安に感じている女性は多いようです。

彼氏が冷たい5つの理由

「彼氏が冷たい!」と感じる瞬間を紹介しました。彼氏に冷たくされることに寂しさを感じたり、彼氏の心変わりを心配している人は多いはずです。

では今度は、彼氏が冷たくする具体的な理由を見てみましょう。あなたの不安や心配が晴れるかもしれません。

彼氏が冷たい理由1:彼女への気持ちが冷めたから

彼女への気持ちが冷めたことによって、彼氏は冷たい態度をとっているのかもしれません。気持ちが冷めているということは、彼女への興味や関心がなくなりつつあるわけですから、彼氏のリアクションが薄くなっても当然といえます。

彼氏の気持ちが完全になくなる前に、一刻も早く対処が必要です。

彼氏が冷たい理由2:彼女に魅力を感じなくなったから

彼女への気持ちが冷める理由にも当てはまりますが、彼女に魅力がなくなったことで冷たくする男性もいるようです。

基本的にどの男性も、女性の見た目を重視する傾向があります。付き合いはじめた頃から体型が変わったり、おしゃれをしなくなった彼女に魅力を信じなくなったのでしょう。

周りにいる女性と比較をして、変わってしまった彼女にげんなりしているのかもしれません。

彼氏が冷たい理由3:彼女の発言や行動に不満を感じているから

彼女の発言や行動に不満を感じて、冷たい態度をとる男性もいるようです。彼氏を馬鹿にした発言をしていたり、彼氏に不安を与える行動を繰り返していれば、うんざりされて冷たい態度を取られても仕方がないといえます。

彼氏が冷たいと感じている人は、彼氏に対する自分の発言と行動を見つめ直してみましょう。

彼氏が冷たい理由4:マンネリ化しているから

どのカップルにもマンネリ(=倦怠期)は訪れるものです。倦怠期は、恋人との関係に慣れや飽きを感じて、興味・関心が薄れてしまう時期のことです。

冷たい態度をとる彼氏は、彼女との関係にマンネリを感じて、やることすべてに興味を持てなくなっているのかもしれません。

早くマンネリを打開しなければ、今以上に彼氏の気持ちが離れていく可能性があります。

彼氏が冷たい理由5:ほかに好きな人ができたから

彼氏とのLINEやデートの頻度が減ったり、スキンシップをとってくれなくなった場合は、もしかすると彼氏に新しく好きな人ができたのかもしれません。

新しく好きな人ができれば、彼女への対応が疎かになってしまうでしょう。彼女への愛情も薄れつつあるため、より冷たい態度になっても仕方がないといえます。

彼氏が冷たい理由6:疲れているから

仕事が忙しかったり、なにか悩みを抱えていたりと、彼氏の心身は疲れているのかもしれません。

心と体が疲れているときは、LINEの返事を後回しにしたり、スキンシップを拒否したりと、彼女への対応が雑になりやすい特徴がみられます。

心許せる相手だからこそ、彼氏は甘えてしまっているのです。疲れている彼氏を癒してあげれば、冷たい態度も和らぐのではないでしょうか。

彼氏が冷たい理由7:やりたいことができたから

多くの男性は、仕事や趣味など何かやりたいことがあると、彼女への対応を後回しにする傾向がみられます。

やりたいことに夢中になるあまり、LINEやデートをしなくなったり、彼女の話を聞けなくなるのです。ただ、彼女への気持ちが冷めたわけではありません

やりたいことに飽きれば、彼女との関係に向き合ってくれるはずです。

彼氏が冷たい理由8:別れを考えているから

彼女の立場としてはとても辛いかもしれませんが、彼氏が冷たい態度をとるのは、彼女との別れを考えている場合があります。

彼女との別れを判断するために、彼氏なりに彼女と距離をとって自分の気持ちと向き合っているのです。もしくは、すでに別れを決断しているものの、別れを切り出すタイミングを見極めているのかもしれません。

いずれにしても、彼女との別れを考えている男性は、露骨に冷たい態度をとる特徴が見られます。

彼女に冷たくする男性心理とは

今度は、彼女に冷たくする男性心理を見てみましょう。冷たい態度をとる彼氏の心理が理解できれば、正しい対処の仕方がわかるはずです。

男性心理1:彼女に気にかけてほしい

彼氏に素っ気ない態度をとられると「どうしたんだろう?」「私が彼氏を怒らせることでもしたのかな?」と気にしてしまいますよね。

実は、彼女に気にかけてもらいたくて、素っ気なく冷たい態度をとる男性もいます。寂しがり屋なかまってちゃんなタイプなのでしょう。しっかりと愛情表現をすれば、彼氏の態度も変わってくれるはずです。

男性心理2:別れたい気持ちを察してほしい

別れたい気持ちを察してほしくて、彼女に冷たい態度をとる男性もいます。別れ話をするのが面倒なのか、彼女に情が湧いて心変わりを防ぎたいのか、何かしら思うところがあるのかもしれません。

ただ、冷たい態度をとることによって、彼女に「彼氏の気持ちは冷めたのかな…」と考えさせることができるのは確かです。自然消滅や、彼女から別れを切り出させることを狙っているのかもしれません。

冷たくなった彼氏への対処法

彼氏が冷たくなった理由や、彼女に冷たくする男性心理がわかったと思いますが、しっかり対処をしなければ、彼氏との関係が悪化してしまうでしょう。

そこで今度は、冷たくなった彼氏への対処法を紹介します。

対処法1:正直に自分の気持ちを伝える

彼氏に冷たくされているものの、今後も関係を続けていきたいのであれば、正直に自分の気持ちを伝えなければいけません

正直に気持ちを伝えることによって、彼氏が冷たくする本当の理由を知ることができたり、あなたの不安や悲しい気持ちを晴らすことに繋がるでしょう。

彼氏のことで悩んでいるわけですから、しっかりと思いを伝えて解決していくことが大切です。

対処法2:放っておく

彼氏に冷たくされて不安に感じているかもしれませんが、一方的な彼氏の行動に振り回される必要はないのではないでしょうか。

彼氏のペースに流されるだけ、不安や悲しみは大きくなり、余計に彼氏を束縛したりと、2人の関係が余計に悪化する可能性があります。

彼氏の気持ちが落ち着くまで、様子を見る意味でも放っておいてはどうでしょうか。案外「彼女が気にかけてくれない…」と不安に感じて、彼氏から歩み寄ってくれることがあります。

彼氏の冷たい態度を気にせず、これまで通りに接してみてください。

対処法3:彼氏と距離を置く

一時的で構いませんので、完全に彼氏と距離を置いてみるのも対処法の1つです。彼氏と距離を置くことによって、これまでの自分の行動を振り返り、反省すべきことが明確にできるでしょう。

また、お互いに自分の気持ちと向き合うことができるため、今後の2人の関係をどうしていきたいかを決断することもできるはずです。後悔しないためにも、一度彼氏と距離を置いてみることも大切といえます。

彼氏が冷たくなったときのNG行為

冷たくなった彼氏との関係改善を目指しているのであれば、先ほど紹介をした対処法でうまくいくはずです。冷たい彼氏のことで悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

また、逆にやってはいけない行為を理解しておくことも大切です。彼氏との関係を悪化させないためにも、やってはいけないNG行為を見てみましょう。

NG行為1:しつこく理由を聞く

彼氏に冷たくされると「どうして?なんで冷たくするの?」「冷たくする理由はなに?」と気になってしまうでしょう。また、きちんと答えてもらわなければ、不安を取り除くことも、納得することもできないはずです。

だからといって、彼氏にしつこく冷たくする理由を問いただしてしまうと、かえって彼氏からの印象を悪くする恐れがあります。なにか理由があって冷たい態度をとっているわけですから、彼氏の気持ちが落ち着くまでそっとしておくことも必要です。

NG行為2:過度に尽くそうとする

彼氏に冷たくされる不安から、LINEや会う頻度を増やしてみたり、手料理を振る舞って彼氏の機嫌を伺ってみたりと、あれこれ尽くしてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、冷たくされて尽くす行為は「機嫌をとろうとしているんだな」と思われることがあり、かえって彼氏の機嫌が悪くなるかもしれません。

たしかに、彼氏の機嫌をとりたくなる気持ちはわかりますが、尽くしすぎずに今まで通りの接し方を心がけましょう。

NG行為3:イライラをぶつける

突然彼氏に冷たくされて「いったい何なの?」とイライラする人もいるでしょう。また、冷たい態度をとる理由を答えてくれなければ、余計に腹が立ってしまうのではないでしょうか?

ただ、彼氏にイライラをぶつけたところで2人の関係が改善されるはずはありません。関係が悪くなったときこそ冷静でいることを心がけて、彼氏の様子を見たり、心を落ち着かせて話し合っていくことが大切です。

怒りの感情をぶつけてしまえば、売り言葉に買い言葉で、大きな喧嘩に発展してしまうかもしれません。

別れるか本気で悩んだときの判断方法

いつまでも彼氏の態度が冷たいままだと「もう別れるべきなのかな…」と考えてしまうでしょう。しかし、彼氏が冷たいだけを理由に別れを決めてしまえば、後悔する可能性があります。

そこで今度は、態度が冷たい彼氏と別れるか本気で悩んだときの判断方法を見てみましょう。

判断方法1:彼氏と距離を置いて自分の気持ちと向き合う

態度が冷たい彼氏がそばにいる状態では、彼氏との思い出が甦ったり、彼氏への情が湧いてしまったりと、別れるかどうかの答えが出せなくなるでしょう。

そのため、本気で彼氏と別れるか悩んだときは、一度彼氏と距離を置いてみてください。彼氏と距離を置くことで、じっくりと自分の気持ちに向き合うことができるはずです。

自分の気持ちがはっきりするまで、彼氏と会うことも、連絡をとりあうこともせずに1人になってみましょう。

判断方法2:信頼できる友達に相談をする

信頼できる友達に相談をするのも、判断方法の1つです。1人で不安や悲しみを抱えていても、余計に彼氏への未練を強めることがあります。

ただ、友達に悩みを打ち明けることで、スッキリとした気持ちで彼氏との関係を考えることができたり、友達からのアドバイスによって冷静な気持ちを取り戻すことができるかもしれません。

彼氏と別れるかどうかの悩みは、今のあなたにとって失敗できない大事な決断です。1人で抱え込まずに誰かに相談することも考えてみましょう。

判断方法3:話し合って彼氏が冷たくする原因を明確にする

彼氏と別れるかどうかの判断は、彼氏ときちんと話し合うことが大切です。そもそも別れるか悩む原因は、彼氏の冷たい態度なわけですから、はっきりと原因がわかれば、後悔しない決断をとることができるでしょう。

お互いに気持ちにも時間にも余裕があるタイミングで話し合えば、2人にとって納得いく選択ができるはずです。

別れて後悔しないためにやるべきこと

たしかに彼氏に冷たくされながら付き合い続けていくのは、悲しく辛い思いをすることになるため、別れを考えても仕方がないといえます。

ただ、別れてから後悔をしても後戻りすふことはできません。そこで今度は、別れて後悔しないためにやるべき大事なことを見てみましょう。

やるべきこと1:自分の気持ちを再確認する

彼氏の冷たい態度は、別れを決める理由といえるでしょう。ただ、彼氏のことが好きなのに別れてしまえば、未練を引きずることになりかねません。

別れを決断する前に、彼氏に対する自分の気持ちや、別れて後悔しないかについて考えましょう

「彼氏への思いは吹っ切れた」「彼氏と別れても後悔しない」と思えるのであれば、別れても前向きに進んでいくことができるはずです。

やるべきこと2:前向きな気持ちで2人の関係を改善させる動きをとる

彼氏と別れるか悩んだときは、とりあえず2人の関係改善に向けて動いてみましょう。結果がどうなるかはわかりませんが、やるだけのことをやってダメであれば、納得して別れを決断することができるのではないでしょうか。

もちろん頑張った結果、彼氏との関係が改善される可能性もあります。勢いで別れて後悔するより、やるだけのことをやってみるべきだと思います。

やるべきこと3:直接彼氏に相談をする

別れるかどうかの判断方法でもお伝えをしましたが、別れる前はしっかりと話し合うことをおすすめします。

お互いの気持ちを知らなければ、納得して別れることも、関係を改善させていくこともできないでしょう。別れるか別れないか、どちらになるかはわかりませんが、いずれにしても今の停滞した関係から前に進むことができるはずです。

冷たい彼氏の気持ちを取り戻そう!

彼氏が冷たい態度をとる理由や心理、冷たくなった彼氏への対処法を中心に紹介しました。

彼氏に冷たくされて「別れるべきなのかな?」と悩んでしまうかもしれませんが、あなた次第で冷たい彼氏の気持ちを取り戻せる可能性があります。

やるべきことや、注意すべきことを理解して、冷たくなった彼氏との関係を改善していきましょう。

関連記事
彼氏が怒っている!理由がわからないときの対処法

彼氏が怒っている!理由がわからないときの対処法

彼氏が冷たい!優しく愛される対応方法

彼氏が冷たい!優しく愛される対応方法

彼氏が冷たい!本当に好きなのか確かめる方法とは?

彼氏が冷たい!本当に好きなのか確かめる方法とは?

関連キーワード

おすすめの記事