結婚を迷うのは当然!彼氏との結婚に迷った時の判断方法

彼氏からプロポーズをされたらどうしますか?好きだとしても結婚となると迷う方もいるのではないでしょうか?結婚は重要なことなので当然のことです。 この記事では彼氏との結婚を迷ってしまったときの、対処法やポイントについてを詳しく解説します。 焦らずに後悔をしない選択をしましょう!

彼氏との結婚を迷う理由

結婚は人生のなかで最も大きなイベントの1つです。だからこそ、結婚に憧れを抱いている女性が多いのではないでしょうか。

しかし交際期間が長くなったり、年齢などでいざ結婚が間近になると「本当にこの人と結婚をするべきなのかな?」と迷う人も多いでしょう。

そして迷う事自体にも違和感をもち「私は彼氏の事が本当に好きなのかな?」という不安も出てくるかもしれません。

結婚というのはみんな迷うものです。迷いを解決するには、なぜ彼氏との結婚を迷ってしまうのか、理由から見ていきましょう。

経済性がないから

結婚条件に必要な1つはやはり経済力です。2人の生活に困らない程度の安定した経済力が必要ですし、それだけでなく家族が増えた時に育児や子育てができるほどの収入が必要です。子育てを考えると理想の世帯年収は1,000万円程度だそうです。

彼氏の収入が低ければ、どんなに愛していても結婚に対しては不安を感じるはずです。「今の彼氏の収入じゃ結婚するのが怖い...」「彼氏が定職に就いていないから結婚に踏み切れない...」と経済的な不安があって、結婚を迷う人は多いようです。

価値観が違うから

彼氏と結婚をすれば、この先何十年もの長い時間を一緒に過ごすことになるわけです。「彼氏と一緒にいるときが一番楽しい」「彼氏と一緒にいると落ち着ける」と思えるのであれば、幸せな結婚生活が送れると思えます。

しかし「彼氏との趣味が合わない、食の好みも違う、金銭感覚も違う、性格も考え方も真逆...」といった具合であれば、苦痛を感じる結婚生活になるのが想像できますよね。彼氏と意見がぶつかりやすく、喧嘩ばかりしていれば、結婚を迷って当然ではないでしょうか。

正直好きか分からないから

恋人と長く付き合っていると、存在が当たり前のようになります。その結果、恋愛的に好きなのか分からなくなる事があります。好きなのか分からなくなった時、それは慣れやマンネリによるものなのか、それとも彼氏の短所や価値観が嫌で迷いがあるのかを考えてみるとよさそうです。

実際に夫婦というのは恋愛感情が薄れ、どちらかというと家族のような認識になっている人も多いです。そのため大好きでたまらないから結婚したけど、結婚後に恋愛感情が薄れる事はよくあります。好きなのか分からない…という悩みは、結婚後に起きる事もよくあります。

もっといい人がいる気がするから

安定した収入のある彼氏と結婚しても、その後にもっとハイスペックな収入のある男性と出会う可能性があるかもしれません。また彼氏の事を理想の相手だと思っていたとしても、もっと理想の相手に出会える可能性だってあります。

しかし一度結婚すれば、簡単に相手を変えることができません。「結婚は一生に一度」と考えるなら「本当に彼氏と結婚していいのかな?」「もっと自分に相応しい男性と結婚できるかもしれない」「もっと素敵な人がいる気がする」と、不安を感じて結婚を迷うこともあるようです。

年の差結婚になるから

年齢差があると価値観が違うし、また老後の事を考えると不安もありますよね。老後の生活や寿命、収入面、介護など、また年齢によっては子作りや妊娠についてと、年の差結婚ならではの不安があると思います。

いままで通りに仕事ができなくなるから

最近は共働き夫婦が当たり前になってきているため、結婚してから仕事を続ける女性が増えてきています。しかし結婚生活における家事や育児全般は、女性が中心にやっていく状況は残念ながら変わっていません。

そのため仕事量を減らさないといけなくなり、キャリアアップを目指すことが厳しくなる事があります。また苗字を変えるのも、取引先の事などを考えると面倒でしょう。

結婚により引っ越しをしないといけない場合は、退職や転職をしないといけない可能性もあります。

相手の仕事によっては転勤族になってしまい、安定した仕事をするのが難しくなる場合だってあります。

頑張って大好きな仕事ができた人にとっては「結婚と仕事のどちらを選ぶことが自分の幸せなんだろう?」と迷うからこそ、結婚に踏み切れなくなるようです。

彼氏の家族と仲が良いわけではないから

結婚すればお互いの親族とも身内になるわけですから、自分と彼氏の親族との相性も考えておかなければいけません。

とくに彼氏の両親との相性は重要であり、本当の娘のように可愛がってくれるのであれば、結婚しても彼氏の親族と良好な関係を築いていくことができるでしょう。ただ彼氏の両親と相性が悪ければ、2人の結婚生活に悪い影響を与えることがあります。

「彼氏の両親とうまくいかない...」「姑が怖そう…めんどくさそう…」「彼氏の両親から歓迎されていないみたい...」と、義両親との関係に不安があることで、結婚を迷う人もいます。

容姿がタイプでないから

「結婚相手は見た目で選ぶな!」とはよく聞きますが、あまりにも容姿がタイプでないなら悩みますよね。これから何年も何十年も一緒にいる事になるし、また自分の子供の容姿の事を考えると、正直見た目も少しは気になってしまうと思います。

関連記事
見た目が大事?結婚相手を容姿で選ぶメリット・デメリット

見た目が大事?結婚相手を容姿で選ぶメリット・デメリット

二股をしているから

実は二股をしていて好きな相手が2人いる場合は、浮気相手の方がいいんじゃないかと迷うかもしれません。二股は良いことではありませんが、パートナーに何か不安があるからこそ二股をしている人はよくいます。

彼女との結婚に迷う男性心理

長く付き合ってるのに結婚の話が出ない場合は。彼氏も結婚に迷っている可能性があります。

シングルマザー(ファザー)だから

妻だけでなく子供も支えないといけないので、2人分の責任をしっかり考えないといけません。だからこそ悩んでいるのです。子供思いであるほど考えると思います。収入の事や、将来の事、子供との相性で悩む事が多いです。

相手と子供との関係がまだ浅い時は、家族になる前に子供との相性を深めてからのほうがいいでしょう。

シングルマザー(ファザー)側もバツイチやバツニで、子供の事に追加して、また離婚する事にならないかという不安も抱え迷うでしょう。

もう少し自由でいたい

男性にとって結婚は責任の重みがあります。結婚をしたら自由に遊ぶ事ができなくなり、ましてや不倫をした場合は訴訟になる可能性もあります。

それに最近は「結婚=幸せ」ではなく、独身だからこそ幸せな人もたくさんいます。だからこそ無理に結婚をせず、もう少し自由でいたいと思う人は結婚を悩む時があります。

結婚の負担と責任が重い

結婚をすると法律で結ばれる事になり、簡単に別れる事はできません。また家族を支える責任が重くなります。結婚のそういった責任に負担を感じて悩む時があるようです。

結婚相手にふさわしい男性の特徴

結婚するのであれば、幸せな家庭にしたいですよね。そのためには結婚相手にふさわしい男性を選ばなければいけません。

そこで今度は、結婚相手にふさわしい男性の特徴を紹介します。彼氏との結婚に迷っている人は、以下の3つをチェックしてみてください。

① 経済面が安定している

幸せな結婚生活を送るためには、経済力がとても重要です。たしかに「愛があればお金はいらない」と言われることもあります。しかしお金に余裕があるかないかは、その人の精神状態に影響を与えるため、幸福度も変わってくるのです。

このことからも、安定した収入がある男性は、結婚相手にふさわしいと言えるでしょう。

また経済面だけでなく金銭感覚が合うかも重要です。これからは「自分のお金=夫婦のお金」にもなります。金銭感覚が大きく違うと喧嘩の原因にはなりかねません。

② 性格が落ち着いている

結婚したら基本的には死ぬまで一緒にいるわけですから、そばにいて安心できる人がいいですよね。優しくて思いやりがある誠実な男性と結婚をすれば、喧嘩をすることが少なく、いつも心を落ち着かせていられるでしょう。

すぐに感情的になったり怒ったり、過度に悩み出す人は、何年も何十年もいるとなるとかなり苦痛になる可能性があります。

③ 愛してくれる

愛してくれるかも重要です。どんなにお金をもっていても、性格が安定していても、愛してくれなかったら寂しい結婚生活になってしまい戦略結婚のような状態になってしまいます。愛されているのを感じる人と結婚をするようにしましょう。

結婚すると後悔しやすい男性の特徴

では今度は、逆に結婚をすると後悔しやすい男性の特徴を見てみましょう。

① お金の管理ができない

幸せな結婚生活を送るうえで、お金はなくてはならないものです。住む場所、食べていくこと、子供を育てていくことにはお金が必要であり、お金がないことにストレスを感じれば夫婦関係が悪くなります。

だからこそ好きなものを好きなだけ勝手に買ったり、ギャンブルやお酒にお金をかけて、貯金ができない金遣いの荒い男性は、結婚相手にふさわしくありません。

お金に困る生活をすることになり「なんでこんな男と結婚したんだろう…」「こんな貧乏な生活だったら結婚しなきゃよかった」と、後悔する可能性があります。

② 女遊びが激しい

女遊びが激しいということは結婚に対して責任感が薄い可能性があります。浮気性だったり、風俗通いが趣味の場合は少し考えた方がいいかもしれません。

③ よく喧嘩をする

結婚前から喧嘩が多いということは、結婚後も喧嘩が絶えない可能性が高いです。何年も何十年も喧嘩をするのは辛いことですよね。

④ 家事・育児を全くしなそう

家事や育児を女性に任せっきりとなってしまう男性は意外と少なくないです。ましてや共働きなのに家事・育児をほぼ任せっきりにされたら、たまったもんじゃありませんよね。

⑤ だらしない

時間・女性・お金といった何事にもルーズな男性も、結婚相手にふさわしくありません。時間にルーズな男性は、大事な書類の提出期限を忘れたり、仕事に遅刻して出世できなかったりといった問題があります。

また女性にルーズな男性は、浮気を繰り返す可能性が高いため、夫婦関係がうまくいかなくなるでしょう。このように、何事にもルーズな男性と結婚をすれば、幸せとは程遠い生活を送ることになりかねないのです。

⑥ 性格に問題がある

例えばマイナス思考な男性は、結婚して後悔しやすい傾向があります。何を言っても「でも・でも・だって」を繰り返すだけで、前向きに変わろうとしないでしょう。何か2人の間に問題が起きたときも、逃げ腰になってしまって解決をするのが難しいでしょう。

また自己中心的な男性も注意です。妻・子供のことより自分を優先してしまい「もう疲れたから会社辞める」「眠たいから今日は仕事休む」と、自分のことしか考えない行動をとりやすく、経済的に苦しい生活になったり、家族に寂しい思いをさせたりと、結婚生活がうまくいかなくなる恐れがあるのです。

彼氏と結婚すべきかの判断基準

「彼氏のことは好きだけど、結婚するべきなのか迷う...」そんな時は以下の判断基準をチェックしてみてください。自分に一番ベストな答えがわかるかもしれません。

将来像が一致しているか

将来像が同じかは大事です。特に仕事についてや老後、子育てについては話し合ったほうがいいでしょう。将来像が大きく違う場合は、そのままにせず話し合う事をオススメします。

例えば子供には英才教育をさせたいと思っているのに、相手はのんびり育てたいと思っている場合や、将来的に海外に住みたいと思っているけど、相手は国内に住みたいと思っている場合は、よく話し合ったほうがいいです。

何十年も一緒にいれる自信があるか

喧嘩をしてイライラしたり、浮気を心配して不安になるような結婚生活はしたくないですよね。むしろ誰だって毎日楽しく笑っていられる結婚生活を望むでしょう。何十年後かを想像して、一緒に楽しくいられるイメージがあるなら結婚をして幸せになれそうです。

共通の趣味をもっていたり、似たような価値観をもっていたり、体の相性も実は重要です。

意見を対等に言える関係か

上下関係なく対等な関係である事は重要です。たとえ喧嘩をしても、冷静に話し合って問題を解決できる関係でれば、2人の間に問題が起きても解決をしやすいです。

結婚をすれば、お金や子供のことなど、なにかと問題が多く発生します。それらを冷静に対処することが、夫婦円満の秘訣です。そのためには対等に意見を言える人と結婚をするのがいいでしょう。

収入面は問題ないか

やはり収入面は結婚において重要視されます。どんなに好きでも借金があったり、仕事が安定していない時は、収入面の問題が解決するまで結婚を待った方がいいかもしれません。

短所も受け入れられるか

彼氏のことが好きでも、なにかしら気に入らない部分があるでしょう。気に入らない短所を受け入れられるのであれば、結婚しても大きな問題にならないでしょうが、どうしても受け入れられない・許せない部分があるのであれば、結婚すべきではないと言えます。

自分自身は自立をしているか

結婚を決断するにあたって、相手だけでなく自分の状況を考えるのも非常に重要です。最近は世の中の変化が非常に早く、どんな人であれ思いもせぬピンチが起きる可能性があります。

例えば収入が高かった人が事故や事件、リストラに巻き込まれて借金持ちになる可能性があります。急に大きな病気や災害にあい大金が必要になる事もあります。また悲しい事に離婚率も高くなっており、いつ何が起こるかわかりません。

だからこそ結婚相手に頼る考え方をするのでなく、結婚をするにあたって自分自身も自立をする事は重要なのです。

信頼できるか

結婚相手は、自分の人生を捧げる人です。だからこそ信頼できる人であるかは重要です。すぐに疑ってしまったり、頼れない相手ならもう少し考えたほうがいいでしょう。

信頼できるかは今までの行いを振り返るだけでなく、周りの人との関係からも判断をするといいです。

お互いのことをよく知っているか

最近はスピード結婚も増えてきていますが、やはりお互いを知っているほうが、結婚後に後悔するリスクを下げることができます。慌てずにお互いをよく知ってから結婚を判断したほうがいいでしょう。

特に結婚相談所で出会った関係の場合は、すぐにプロポーズをされるケースもありますが、慌てないほうがいいです。

困難を一緒に乗り越えられそうか

結婚生活は良いことばかりではありません。困難が訪れたときに2人で乗り越えられる自信があるかは重要です。今まで共に困難を乗り越えられた2人なら、結婚をしてもいいかもしれません。

あなたの過去や彼氏の過去の経験から、乗り越えられそうか考えるのもいいでしょう。

彼氏との結婚に迷ったときの決め手

どんなに考えても決断ができず迷ってしまう時は、以下の方法で対処をしてみてください。すぐに決断できなくても、あなたの迷いを晴らすことができるかもしれません。

① なんで迷っているのか原因を明確にする

彼氏との結婚に迷うのは、なにか理由があるからです。決断をするにあたって、まずは原因を明確にしましょう。紙に書いて整理をすると、原因を明確にしやすいです。

② 正直に結婚相手に相談をする

結婚は2人でする事です。結婚に迷った時は1人で考えず、正直に結婚相手に伝えましょう。原因が明確なら相手も理解をしてくれる可能性が高いですし、相手に結婚願望があるならできるだけ改善しようとしてくれるはずです。

③ 家族や友達に相談をする

結婚は大きな決断です。だからこそ悩んだ時は一人で抱えず周りの信頼ができる人に相談をする事がおすすめです。

特に結婚に迷う原因が困難な事なら、友達や家族に相談をしましょう。友達に話す時は、仲が良い人だけでなく、既婚で経験がある人に相談をするのがおすすめします。

④ 先に同棲をする

結婚をしようか悩んで決断ができないなら、先に同棲をするのもオススメです。同棲をする事により、相手の事や2人の事がより分かり後悔をしない判断がしやすいです。

ただし同棲をする場合は、そのままズルズルと結婚をしない関係になる可能性がありますし、また別れるのも難しくなります。予め2人で期限を決めて同棲をした方がいいです。

結婚後に幸せになる方法

結婚の迷いが晴れたからといって、必ずしも結婚生活がうまくいくとは限りません。幸せな結婚生活を送るには、お互いに努力をする必要があるのです。

コミュニケーションを大事にする

結婚後は、今まで以上にしっかりとコミュニケーションを取りましょう。結婚をして夫婦になり毎日顔を合わせるからってコミュニケーションを疎かにしていれば、気持ちがすれ違いやすく、夫婦関係がうまくいかなくなります。

夫婦のコミュニケーションは、お互いの日常や人間関係、さらには心身の状態を把握できるメリットがあります。「おはよう」や「おやすみ」などの挨拶もしっかり言うようにしましょう。

スキンシップも怠らない

コミュニケーションの一環でもありますが、スキンシップも大事にしなければいけません。

  • 夫婦の愛情が深まる
  • 欲求不満を解消できる
  • セックスレスを防止できる
  • 浮気を防ぐ効果がある
  • 美意識を高くもてる

このように夫婦のスキンシップは、夫婦円満な関係を築くためのメリットがたくさんあります。

迷ったまま結婚した場合のその後

うまくいくときもある

「結婚は勢い」という言葉もあるので、迷っているけどそのまま結婚をする人もいます。特に25才を過ぎ、そして30代になると婚期を逃す焦りが増して、結婚をする場合もあります。

そういった人でも意外とうまくいくときがあります。だから迷ったまま結婚をする事は必ず失敗するわけではありません。

なんだかんだ受け入れる事ができる性格でお互いあれば、うまくいく可能性が高まります。

やっぱり後悔する

なんだかんだ上手くいく人もいますが、やはり後悔をする人もいます。だからこそ迷っているけど勢いで結婚をする人はようは賭け状態になるのです。

彼氏と結婚はしないと決断した場合…どうすればいい?

別れる

結婚は絶対ないと思う相手で、且つあなたか相手に結婚願望がある場合は、悲しいですが別れたほうがいいです。好きだけど結婚ができない場合は別れるのは辛いかもしれませんが、あなたにとっても相手にとっても長い目で見たらよくありません。

婚約相手として付き合う

迷って決断できる状態でないなら、迷う理由を相手に話して婚約者としてお付き合いをしましょう。

お互いに結婚を意識した付き合いをすることによって、将来像や価値観を確認する事ができます。また結婚に向けて一緒に貯金をする事も可能です。

結婚前提の付き合いをすれば、彼氏と結婚したときのことをリアルにイメージができるため、結婚するべきかを判断しやすくなるでしょう。

結婚は迷うならやめたほうがいい?

彼氏との結婚に迷ったときの判断基準を中心に紹介しました。結婚は一生に一度のつもりで決断をするものですから、彼氏のことが好きでも迷って当然です。

彼氏との結婚に迷うときは、迷う理由を明確にし、彼氏が結婚相手にふさわしい男性かを見極めて、あなたの迷いを晴らしましょう。今回紹介したことを参考にして、幸せな人生を歩んでくださいね。

関連記事
付き合うなら結婚前提ってどういうこと?男女別の心理&注意点

付き合うなら結婚前提ってどういうこと?男女別の心理&注意点

結婚前提の同棲が不安!結婚までゴールインするためのコツ

結婚前提の同棲が不安!結婚までゴールインするためのコツ

自覚アリ!結婚に向いていない男女の特徴&結婚を成功させるためのポイント

自覚アリ!結婚に向いていない男女の特徴&結婚を成功させるためのポイント

関連キーワード

おすすめの記事