結婚を迷うのは当然のこと?彼氏との結婚に迷ったときの判断基準

彼氏のことが好きだとしても、結婚となると迷うことがありますよね。

どうして好きな彼氏との結婚を迷ってしまうのでしょうか。

結婚を迷う理由と対処法について詳しく解説します。

結婚は人生のなかでもっとも大きなイベントのひとつのため、憧れを抱いている女性が多いのではないでしょうか。

しかし、結婚には迷いがつきものです。

まずは、彼氏との結婚を迷ってしまう理由から見ていきましょう。

結婚を迷う理由

彼氏との交際期間が長くなれば、結婚を意識してくるでしょう。

そうでなくても、ある程度の年齢になれば、どの女性も結婚を考えるはずです。

しかし、いざ彼氏との結婚を前にすると「本当に結婚するべきなのかな?」と、迷う人も多いでしょう。

そこでまずは、結婚を迷う5つの理由を紹介します。

理由①:彼氏の経済力に不安があるから

結婚生活に必要なことは、やはり経済力ですよ。

生活に困らない程度の安定した経済力があれば、ストレスなく円満な結婚生活を送ることができるでしょう。

しかし、彼氏の収入が低ければ、結婚生活に不安を感じるはずです。

「今の彼氏の収入じゃ結婚するのが怖い...」
「彼氏が定職に就いていないから結婚に踏み切れない...」

と、経済的な不安があって、結婚を迷う人は多いようです。

理由②:彼氏と性格や価値観に違いがあるから

彼氏と結婚をすれば、この先何十年もの長い時間を一緒に過ごすことになるわけです。

「彼氏と一緒にいるときが一番楽しい」
「彼氏と一緒にいると落ち着ける」

と、思えるのであれば、幸せな結婚生活が送れるでしょう。

しかし、彼氏との趣味は合わない・食の好みも違う・性格も考え方も真逆...といった具合であれば、苦痛を感じる結婚生活になる可能性があります。

彼氏と意見がぶつかりやすく、喧嘩ばかりしていれば、結婚を迷って当然ではないでしょうか。

理由③:義父母との関係に不安があるから

そもそも、本人の意思さえあれば結婚することは可能です。

しかし、結婚すれば、お互いの親族とも身内になるわけですから、自分と彼氏の親族との相性も考えておかなければいけません。

とくに、彼氏の両親との相性は重要であり、本当の娘のように可愛がってくれるのであれば、結婚しても彼氏の親族と良好な関係を築いていくことができるでしょう。

ただ、彼氏の両親と相性が悪ければ、2人の結婚生活に悪い影響を与えることがあります。

「彼氏の両親とうまくいかない...」
「彼氏の両親から歓迎されていないみたい...」

と、義両親との関係に不安があることで、結婚を迷う人もいます。

理由④:もっと素敵な人がいる気がするから

たとえ安定した収入のある彼氏と結婚しても、その後に彼氏よりハイスペックな男性と出会う可能性があるわけです。

しかし、一度結婚すれば、簡単に相手を変えることができません。

「結婚は一生に一度」と考えていれば、

「本当に彼氏と結婚していいのかな?」
「もっと自分に相応しい男性と結婚できるかもしれない」
「もっと素敵な人がいる気がする」


と、不安を感じて、結婚を迷うこともあるようです。

理由⑤:今の仕事を続けたいから

最近でこそ、共働き夫婦が当たり前になりましたので、結婚してからも大好きな仕事を続ける女性が増えてきています。

しかし、結婚生活における家事全般は、女性が中心にやっていく状況は変わっていません。

そのため、大好きな仕事を続けられるものの、独身時代のペースで働くことが難しくなり、キャリアアップを目指すことも厳しくなります。

頑張って大好きな仕事ができた人にとっては「結婚と仕事のどちらを選ぶことが自分の幸せなんだろう?」と、迷うからこそ、結婚に踏み切れなくなるようです。

結婚相手にふさわしい男性の特徴

結婚するのであれば、幸せな家庭にしたいですよね。

そのためには、結婚相手にふさわしい男性を選ばなければいけません。

しかし、結婚の経験がない人にとって、何を基準に結婚相手を選べばいいのかわからないはずです。

そこで今度は、結婚相手にふさわしい男性の特徴を紹介します。

彼氏との結婚に迷っている人は、以下の5つをチェックしてみてください。

特徴①:安定した収入がある

幸せな結婚生活を送るためには、経済力がとても重要です。

たしかに「愛があればお金はいらない」と言われることもあります。

しかし、お金に余裕があるかないかは、その人の精神状態に影響を与えるため、幸福度も変わってくるのです。

このことからも、安定した収入がある男性は、結婚相手にふさわしいと言えるでしょう。

彼氏の収入を把握して、お金に困らない結婚生活が送れるかどうかを考えてから、結婚するかを決めてもいいのではないでしょうか。

特徴②:優しくて誠実である

結婚相手とは、死ぬまで一緒にいるわけですから、そばにいて安心できる人>がいいですよね。

優しくて思いやりがある誠実な男性と結婚すれば、喧嘩をすることが少なく、いつも心を落ち着かせていられるでしょう。

また、誠実な男性は、自分の欲のために行動することがありません。

そのため、浮気をされる心配がなく、安心して結婚生活を送ることができるのです。

長い時間を過ごしていても、ずっと居心地よくいられますので、優しく誠実な男性は、結婚相手にふさわしいと言えます。

特徴③:共通の趣味がある

喧嘩をしてイライラしたり、浮気を心配して不安になるような結婚生活はしたくないですよね。

むしろ、毎日楽しく笑っていられる結婚生活を望むでしょう。

明るい夫婦でいられれば、家族が増えても笑顔が絶えない幸せな家庭を築けるはずです。

そんな家庭を築きたければ、共通の趣味をもつ男性と結婚することをおすすめします。

趣味が合うということは、2人の価値観が似ている証拠です。

どんなことでもわかり合える、素敵な夫婦になれるでしょう。

特徴④:体の相性がいい

意外と知られていませんが、体の相性が合うかどうかは、結婚相手を決めるポイントの1つです。

体の相性がよければ、充実したセックスライフが送れるため、子作りに効果的であったり、浮気防止に繋がったりと、夫婦生活においていくつものメリットを与えてくれます。

もちろん、パートナーに気持ちが冷めることも防げますので、円満な夫婦関係を築いていけるでしょう。

結婚相手を決めるときは、体の相性のチェックを忘れないでくださいね。

特徴⑤:子供や動物が好き

結婚相手を選ぶときは、子供や動物が好きな男性がおすすめです。

子供や動物が好きな人は、高い確率で優しく思いやりがありますので、あなたのことも、これから生まれてくるであろう子供のことも、大切にしてくれるはずです。

また、子供が好きということは「自分の子供がほしい」と、考えている可能性が高く、結婚後の子作り問題に悩まされる心配がありません。

子供や動物が好きな男性は、子供がほしい女性や、温かい家庭を築きたい女性にピッタリの結婚相手と言えるでしょう。

結婚すると後悔しやすい男性の特徴

結婚相手にふさわしい男性を選べば、幸せな結婚生活を送れるはずです。

しっかりと男性の特徴を見極めて、結婚するかどうかを判断してくださいね。

また、幸せな結婚をするためには、結婚相手におすすめできない男性を見抜く必要もあります。

そこで今度は、結婚すると後悔しやすい男性の特徴を見てみましょう。

特徴①:金遣いが荒い

お幸せな結婚生活を送るうえで、お金はなくてはならないものです。

住む場所、食べていくこと、子供を育てていくことにはお金が必要であり、お金がないことにストレスを感じれば、夫婦関係が悪くなります。

だからこそ、好きなものを好きなだけ買ったり、ギャンブルやお酒にお金をかけるような金遣いの荒い男性は、結婚相手にふさわしくありません。

お金に困る生活をすることになり、

「なんでこんな男と結婚したんだろう…」
「こんな貧乏な生活だったら結婚しなきゃよかった」

と、後悔することになるでしょう。

特徴②:何事にもルーズ

時間・女性・お金といった何事にもルーズな男性も、結婚相手にふさわしくありません。

時間にルーズな男性は、大事な書類の提出期限を忘れたり、仕事に遅刻して出世できなかったりといった問題があります。

また、女性にルーズな男性は、浮気を繰り返す可能性が高いため、夫婦関係がうまくいかなくなるでしょう。

このように、何事にもルーズな男性と結婚をすれば、幸せとは程遠い生活を送ることになりかねないのです。

やはり、真面目・堅実・誠実な男性ほど、結婚相手にふさわしいと言えるでしょう。

特徴③:責任感がない

結婚は、お互いに大きな責任を負うことでもあります。

男性と女性で、責任の感じ方に違いがあると思いますが、男性で言えば、家族を養っていくことでしょう。

しかし、家族を養っていく覚悟がない男性は、転職を繰り返したり、無駄遣いばかりしたりと、家族がどうなるかを考えていません。

いつまでも独身気分が抜けず、遊んでばかりの生活を繰り返す傾向もあります。

特徴④:マイナス思考

マイナス思考な男性は、結婚して後悔しやすい傾向があります。

はじめのうちは、励ましの言葉をかけると思いますが、何を言っても「でも・でも・だって」を繰り返すだけで、前向きに変わろうとしないでしょう。

また、マイナス思考の男性は、行動力が乏しい特徴もあります。

動く前からマイナスな結果を想像するため、

「どうせ自分なんて出世できないんだ」
「自分に新しい仕事が見つかるはずない」

と、家族のためであっても動こうとしないのです。

家族を守ることからも逃げる場合があるため、結婚をしても幸せになるのは難しいでしょう。

特徴⑤:自己中心的な性格

結婚をすれば、自分のことより、妻や子供のことを優先して考えていかなければいけません。

たとえば、どれだけ会社を辞めたくても「自分が仕事を辞めれば家族に辛い思いをさせてしまう」と考えて、思いとどまらなければいけないのです。

しかし、自己中心的な男性は、妻・子供のことより自分を優先してしまいます。

「もう疲れたから会社辞める」
「眠たいから今日は仕事休む」

と、自分のことしか考えない行動をとりやすく、経済的に苦しい生活になったり、家族に寂しい思いをさせたりと、結婚生活がうまくいかなくなる恐れがあるのです。

自己中心的な行動や発言をする彼氏であれば、結婚するべきではないかもしれません。

結婚相手に向いているか見極めるポイント

「彼氏のことは好きだけど、結婚するべきなのか迷う...」と、悩んでいる人は、結婚相手に向いているかどうかを見極めてみましょう。

ここでは、結婚相手に向いているか見極める5つのポイントについて紹介します。

上記で紹介してきた、結婚相手にふさわしい男性・結婚すると後悔しやすい男性の特徴を踏まえてチェックをすれば、彼氏と結婚するべきかの迷いを晴らせるでしょう。

ポイント①:自立した生活ができているか

あなたの彼氏は、生活面で自立できていますか?

結婚すれば、2人で生活を共にするわけですから、炊事・洗濯・掃除といった家事全般を協力していかなければいけません。

また、妊娠中や、出産後の女性は、思うように動くことができなくなるため、これまで通りに家事全般をやっていくことが難しくなります。

いざというときに頼れる男性かどうかは、しっかりと見極めておきましょう。

ポイント②:誰にでも優しく接しているか

あなたの彼氏は、誰にでも優しくできる男性ですか?

相手を見て態度を変えることなく、平等に優しくできる人は、本当に心の優しい男性であると言えます。

感情的になることもなく、たとえ喧嘩をしても、冷静に話し合って問題を解決できるでしょう。

また、優しくされれば、あなたも彼氏に優しくしたいと思わせる効果があるため、円満な夫婦関係を築きやすいのです。

誰にでも優しくできたり、多くの人に慕われる彼氏であれば、幸せな結婚生活を送ることができるでしょう。

ポイント③:精神的に安定しているか

あなたの彼氏は、精神的に安定していますか?

精神的に安定している男性は、なにかトラブルが起きても、慌てることなく落ち着いて行動してくれるため、結婚しても頼れる旦那になってくれるでしょう。

また、結婚生活で問題が起きれば、夫婦で言い争うこともでてくると思いますが、感情的になることなく、冷静に話し合ってくれる特徴もあります。

そもそも結婚すれば、お金や子供のことなど、なにかと問題が多く発生します。

それらを冷静に対処することが、夫婦円満の秘訣です。

反対に、喧嘩中に感情的になって大きな声をだしたり、暴力を振るう彼氏であれば、結婚すべきではないと言えます。

ポイント④:真面目な性格をしているか

真面目な男性であれば、責任感をもって結婚を決断しており、家族を守るために頑張って働いてくれるでしょう。

また、愛する奥さんを悲しませないために、異性との距離感を考えたり、もちろん浮気をする可能性も低いと言えます。

結婚相手が真面目かどうかは、安定した家庭や、円満な夫婦関係を築くうえで必要なポイントなのです。

ポイント⑤:人付き合いが上手か

人付き合いが上手な男性は、結婚相手におすすめです。

幸せな結婚には、男性の経済力や性格が大きく影響するとお伝えしていますが、人付き合いが上手であれば、職場で円滑な人間関係を築くことができるため、出世しやすいと言われています。

出世できれば、収入アップが期待できますので、経済的に安定した結婚生活を送ることができるでしょう。

また、親族との関係をとりなしてくれやすく、義両親とも良好な関係を築くことにも繋がるのです。

彼氏の人付き合いについて、気にしたことがないかもしれませんが、結婚生活に影響しやすいポイントですので、ぜひチェックをしてみてください。

彼氏と結婚すべきかの判断基準

彼氏との交際期間が長くなり、結婚を気にする年齢になれば、彼氏との結婚について真剣に考えはじめるでしょう。

そうでなくても、彼氏からプロポーズをされれば、結婚すべきかの答えを出さなければいけません。

しかし、迷ったままでは、結婚の決断ができませんよね。

そこで今度は、彼氏と結婚すべきくの判断基準について見てみましょう。

判断基準①:理想の結婚相手に近い彼氏か

人は誰でも、結婚相手に理想を思い描いていると思います。

お金持ち、イケメン、優しい性格など、理想の結婚相手像に違いがあると思いますが、あなたが思う理想の結婚相手に彼氏が近いかどうかで、結婚すべきかの決断をしてみてください。

そもそも理想というのは、自分が幸せになるために必要な条件のことです。

あなたが求める理想の結婚相手の条件に、どれだけ彼氏が当てはまるかをチェックしてみましょう。

判断基準②:彼氏の嫌いな部分を受け入れられるか

彼氏のことが好きでも、なにかしら気に入らない部分があるでしょう。

気に入らない部分を受け入れられるのであれば、結婚しても大きな問題にならないでしょうが、どうしても受け入れられない・許せない部分があるのであれば、結婚すべきではないと言えます。

これから先何十年と続く結婚生活で、嫌いな部分がある彼氏と円満に暮らしていくことはできないでしょう。

彼氏と結婚すべきか悩んでいる人は、彼氏の嫌いな部分を受け入れられるかで判断してみてください。

判断基準③:一緒にいて安心できるか

旦那に安定した収入があることなのか、それとも旦那が超絶なイケメンなのか、何をもって幸せな結婚と呼ぶかは、人それぞれ違うと思います。

しかし、どんな条件を並べても、一緒にいて心が安らぐ相手でなければ、幸せな結婚生活を送ることはできません。

一緒にいて安心できる相手は、愛情と信頼関係があってこその存在です。

「彼氏といるときが一番落ち着くな」と思えるかどうかで、結婚するかを判断してみてはどうでしょうか?

彼氏との結婚に迷ったらどうすればいい?

彼氏と結婚すべきかの判断基準を参考にすれば、結婚するかどうかを決断しやすくなるでしょう。

しかし、それでも彼氏との結婚を決断できなければ、以下の方法で対処してみてください。

すぐに決断できなくても、あなたの迷いを晴らすことができるはずです。

対処法①:なにに迷っているかを明確にする

彼氏との結婚に迷うのは、なにか理由があるからです。

迷う理由がわからなければ、彼氏に経済力があっても、2人の相性がどれだけよくても、いくら考えても結婚を決断することはできないでしょう。

彼氏と結婚するか・しないかを考える前に、なぜ彼氏との結婚を迷っているのかを明確にすることからはじめてみてください。

彼氏との結婚を迷う理由がわかれば、後悔しない決断ができるはずです。

対処法②:迷いが晴れるまで結婚を保留にする

結婚は、迷いのなかでするものではありません

迷った状態で結婚する・しないの決断をすれば、

「やっぱり彼氏と結婚するべきだった」
「やっぱり彼氏と結婚するべきじゃなかった」

と、後悔する可能性があります。

そのため、たとえ彼氏にプロポーズをされても、迷いがあれば返事を保留にしましょう

結婚を保留にする間に、迷っている理由を明確にしたり、彼氏が結婚相手にふさわしい男性かを見極めたりと、じっくり考えてみてください。

迷いが晴れれば、自分に納得できる答えが出せるはずです。

対処法③:結婚前提の付き合いに変える

彼氏にプロポーズをされていても、されていなくても、結婚に迷ったときは、その日から結婚前提の付き合いに変えてみてはどうでしょうか

だからといって、無理に同棲をはじめたり、親族と密に関わる必要はありません。

大事なことは、結婚を意識した付き合いをすることです。

たとえば、結婚生活にはお金が必要ですから、お互いの収入を把握したり、結婚に向けて貯金をはじめたりするのです。

もちろん、今まで以上に彼氏の人間性を見て、2人の相性はどうなのか、一緒にいて落ち着ける存在なのかをチェックすることも忘れてはいけません。

結婚前提の付き合いをすれば、彼氏と結婚したときをリアルにイメージできるため、結婚するべきかを判断することができるでしょう。

結婚後に幸せになる方法

結婚の迷いが晴れたからといって、必ずしも結婚生活がうまくいくとは限りません。

幸せな結婚生活を送るには、お互いに努力する必要があるのです。

そこで今度は、結婚後に幸せになる5つの方法を見てみましょう。

方法①:コミュニケーションを大切にする

結婚後は、今まで以上にしっかりとコミュニケーションを取りましょう

結婚して夫婦になったから、毎日顔を合わせるからを理由にコミュニケーションを
疎かにしていれば、気持ちがすれ違いやすく、夫婦関係がうまくいかなくなります。

また、夫婦のコミュニケーションは、お互いの日常や人間関係、さらには、心身の状態を把握できるメリットがあります。

相手を知れる安心感や、相手のために自分ができることを見つけられれば、いつまでも円満な夫婦でいられるでしょう。

方法②:スキンシップを疎かにしない

コミュニケーションの一環でもありますが、スキンシップも大事にしなければいけません

  • 夫婦の愛情が深まる
  • 欲求不満を解消できる
  • セックスレスを防止できる
  • 浮気を防ぐ効果がある
  • 美意識を高くもてる

と、夫婦のスキンシップは、円満な関係を築くためのメリットがたくさんあります。

セックスはもちろんですが、おはよう・行ってらっしゃいのキスや、手を繋いで外出をしたり、まったりと過ごす時間にくっついたりと、スキンシップを大切にしていきましょう。

方法③:不満をため込まない

どれだけ頑張っていても、結婚生活には問題がついてまわります

たとえば、旦那が一切家事を家事を手伝ってくれなければ「私はあなたの家政婦じゃない!」と、イライラすることがあるかもしれません。

また、子供ができれば、子育てに協力してくれない旦那に対して、イライラしてしまうことも考えられます。

一緒に暮らしているからこそ、大小さまざまな不満を感じるのは仕方がないことのです。

しかし、結婚生活のなかで感じた不満は、旦那にきちんと伝えて夫婦で解決していかなければいけません

「夫婦喧嘩になりそうで不満をぶつけられない...」と、不安を感じるかもしれませんが、しっかりと不満を吐き出して、フラットな気持ちで夫婦関係を送ってくださいね。

方法④:感謝の気持ちを忘れない

円満な結婚生活は、自分一人でできるものではありません

たとえば、旦那は家族のために一生懸命に働いて、お金を稼いできてくれます。

一方で奥さんは、家族の健康を考えて美味しい料理を作ったり、気持ちよく生活できるために部屋をきれい片付けてくれます。

このように、お互いに自分のやるべきことをきちんとやっているからこそ、笑いの絶えない幸せな家庭が築けるのです。

だからこそ、感謝の気持ちを忘れずに、しっかり「いつもありがとう」と伝えていきましょう。

感謝の気持ちを伝えられる夫婦になれれば、お互いに「パートナーのためにもっと頑張ろう」と、思えるはずです。

方法⑤:価値観の違いを受け入れる

愛し合い、信頼しあっている2人だからこそ、結婚を決めたと思います。

しかし、パートナーと自分は違う人間ですので、性格や価値観に違いがあり、お互いの価値観を受け入れなければ、円満な夫婦関係を築いていくことができません。

些細なことで言い争いが起きたり、パートナーに対してイライラすることが増えて、場合によっては、気持ちが冷めてしまうのです。

パートナーの価値観を否定するのではなく「そんな考え方もあるんだ!」と、ポジティブに捉えれば、幸せな夫婦になれるでしょう。

さいごに

彼氏との結婚に迷ったときの判断基準を中心に紹介しました。

結婚は、一生に一度のものですから、彼氏のことが好きでも迷って当然です。

彼氏との結婚に迷う理由を明確にしたり、彼氏が結婚相手にふさわしい男性かを見極めて、あなたの迷いを晴らしましょう。

また、彼氏と結婚したその後は、2人で力を合わせることが、幸せな夫婦関係を築く秘訣です。

今回紹介したことを参考にして、幸せな人生を歩んでくださいね。

関連記事
結婚して大丈夫?男性が結婚するのに不安になる理由
結婚して幸せすぎる!と感じた瞬間&幸せな結構生活を送る条件
彼女と本当に結婚していいのか迷う...後悔しない方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!