付き合うなら結婚前提ってどういうこと?男女別の心理&注意点

結婚というのは、好きになって信頼を深めてから考えるのが一般的ですが、一方で付き合うなら結婚前提と考える人もいます。 「結婚前提でお付き合いをしたい!」と告白をされたら相手の本気度を感じて嬉しくもありまずが、一方で付き合うのが重く不安にもなり少し複雑な気持ちになりますよね。 今回は付き合うなら結婚前提と考える男女の心理を紹介すると共に、付き合うにあたっての注意点やポイントを紹介します。

付き合うなら結婚前提!という心理

結婚前提で付き合うってどういうこと?

まずは、付き合うなら結婚前提と考える男性と女性の心理をそれぞれ確認してみましょう。結婚前提というのはそのままの意味ではなく、裏の意味があることが多いです。

男性心理

まだ相手のことをよく知らないのに、付き合う前から「結婚前提でお付き合いをしたい」という男性は、理想の女性だと本当に思ったからそのように言っています。

男性は顔が好みだったり、優しく家庭的そうな女性だったりと、自分が求める理想の相手であれば自分だけのものにしたい独占欲がわきます。その結果他の誰かに取られないために結婚前提で付き合おうと考えます。

また仕事や収入が安定して「年齢的にそろそろ結婚したいな」「自分の家族がほしいな」と思ったときに、付き合うなら結婚前提と考える男性も多いです。

男性の結婚年齢が高いと言われるのは、結婚の責任を負う自信が持てないだけであって、結婚の責任を負える環境が整っていればいつでも結婚したいと考えています。

自分の癒しの場所である家庭を持って、自分の遺伝子を継ぐ子供を授かりたいと思ったからこそ、結婚前提で付き合おうと考えるようです。

女性心理

女性が結婚前提にお付き合いをしたいと思うのは、男性とはまた違う心理があります。

付き合うなら結婚前提という女性は「早く結婚して落ち着きたい」「憧れの結婚をしたい」と考えています。結婚が女性の一番の幸せと思っていたり、めんどくさい恋愛をせずに早く結婚したいと思う気持ちが強くて、結婚前提の告白をしたり、結婚前提であれば告白を受け入れようとします。

付き合うなら結婚前提という女性は、結婚に焦っています。結婚適齢期に突入した女性や、次々に友達が結婚したことで焦りを感じているのでしょう。

女性の場合は妊娠や子育てを考えたときに、年齢に関係してくる部分もある為、男性よりも焦りやすいです。「早く結婚しないと妊娠しづらくなる」と考えるため「私には時間がないから付き合うなら結婚前提」と覚悟を決めるようです。

結婚前提で告白をされた時の本当の意味

男性心理と女性心理が異なるため、告白をされた時の本当の意味も異なります。

男性が結婚前提でお付き合いをしたいと言う場合は「本当に理想の相手だよ」そして「僕は結婚できる環境が整っているよ」ということが本当の意味です。

一方で女性が結婚前提でお付き合いをしたいと言う場合は「私は早く結婚しないといけないから、結婚願望がないなら付き合わないで!」「あなたは結婚ができる環境が整っていると思うよ」ということが本当の意味なのです。女性のほうが言葉に重みがあります

年齢によっても違う

高校生や大学生が「結婚前提でお付き合いをしたい」と言ってる場合は、半分は感情的に言ってる傾向があります。本人は本気のつもりですが、好きでたまらないという情熱的な気持ちが先行していることが多いです。

年の差があり相手がかなり年上の場合は真剣な可能性が高いです。好きという感情面よりも、収入や子育てなどの生活面や現実的な事が先行していることが多いです。

結婚前提で付き合いたいと言われる人の特徴

結婚したいのにできない状況が続くと「一生独身のままかもしれない」「孤独のまま死にたくない」と不安を感じると思います。

ですが結婚前提で付き合えると結婚できない不安をなくせますよね。結婚前提のお付き合いを望む方は、以下の特徴に当てはまるように意識をしてみてください。

自立をしている

結婚というのは男性にとって責任の重さを感じるものです。男女平等にはなってきたといえ、まだまだ男性が支えないといけない風潮があります。

そのため収入面が低い女性や、精神的に自立をしていない女性は、男性にとって責任の負担が大きくなりやすいと思われて結婚前提でお付き合いをされにくいです。

また男性側も自立をしていないと、女性にとって「頼れない…結婚はできないな…」と思われてしまいます。収入面が安定していて、あらゆる面で自立をしている方が結婚前提になりやすいのです。

結婚願望がありそう

まだ若かったり、結婚願望がなさそうな人には「結婚前提でお付き合いをさせてください」とは言われにくいです。

結婚を考える年代であったり、結婚願望があるのが明確な人のほうがやはり結婚前提の告白をされやすいです。そのため30代以降や、婚活サイトの出会いの場合は、結婚前提のお付き合いをしやすいです。

支え合って暮らせそう

男性にとっては家事や育児をしてくれる、そして癒してくれる人
女性にとっては家事や育児を任せっぱなしにせず、優しく寄り添ってくれる人

そんな人を結婚相手に求めやすいです。そのため男女共にだらしなかったり、自分勝手で短期の場合は結婚相手にされにくいです。

結婚前提に付き合っても別れる事は多い

実は別れるカップルも多くいる

結婚前提にお付き合いをしたからって100%結婚ができるわけではありません。やはりお互いの事をよく知らない状態でのスタートになるため、短所や価値観の違いを感じて別れるカップルも多くいます。しかしその場合は付き合って3ヶ月頃と、割と早い段階で別れる事が多いです。

別れはしないけどズルズル結婚しないパターンもある

結婚前提で付き合ったのに、結婚に至らずにズルズル付き合うカップルもいます。その原因は結婚前提というのは本心ではなかったときです。

「理想的な人だから絶対に付き合いたい!」という情熱的な感情が先行して、その感情を表現するために「結婚したいほど付き合いたい」という意味で「結婚前提」と発言した場合は、付き合えたことに満足して結婚の行動に移さないパターンもあります。結婚話が出てこない時は、その可能性が高いです。

結婚前提に付き合う注意点

結婚相手に本当に相応しいのか見極める

「早く結婚したいから」「恋愛がめんどくさいから」という理由だけで、結婚前提の付き合いをしてはいけません。

「思いやりはあるのか」「自立ができているのか」「安定した収入はあるのか」など、重要なポイントのチェックをしながら結婚相手に相応しい相手か見極めましょう

付き合うのも大変ですが、別れるのも大変な事なのです。結婚となると離婚するのはもっと大変です。結婚は重要な事だからこそ、どんなに焦っていたといても相応しい人なのか見極めましょう。

結婚をプレッシャーにさせない

いくら結婚をしたいとしても「結婚したい」とばかり言うと相手の重みになってしまいます。相手だってあなたが結婚相手に相応しいかしっかり判断をしたいはずです。あまりにも結婚を急かしたり焦らせると、重すぎて相手が距離をおいてしまう可能性があります。

迷うなら正直に伝える

結婚前提のお付き合いをしたいと告白をされて、実際に迷う気持ちがあるなら、その迷う気持ちは正直に相手に伝えたほうがいいです。迷う気持ちを押し殺して付き合って、結局合わなかったとき、結婚を期待していた相手を傷つけることになります。

また付き合っている途中で「本当にこの人と結婚していいのかな」と迷ったときも相手に伝えましょう。相手に本気で結婚願望がある場合、結婚の未来がないお付き合いなら早く伝えないといけません。

先に同棲をする

結婚前提でお付き合いをする場合は、短い交際期間で結婚に至る事が多いです。そんな短い期間でお互いをよく知るためには同棲をする事をおすすめします。

同棲をすると今まで知らなかったお互いの本性が良くも悪くも明るみになります。結婚前に同棲をする事によって、この人で本当に大丈夫なのかが確認しやすくなります。

付き合ってどの位の期間で結婚する?

結婚前提でお付き合いをする場合は、プロポーズまでの平均交際期間は約1年間です。2年3年と長く付き合わない事が多いです。スピード婚という言葉もあり、半年などもっと短い期間で結婚をするカップルもいます。

結婚前提のお付き合いのはずなのにいつまでもプロポーズがない場合は、しっかりと話し合う事が大切です。またスピード婚を求めない場合は、事前に相手に伝える事も重要です。

結婚前提のお付き合いは慎重に!

「付き合うなら結婚前提」と考える男女の心理についてを紹介しました。早く結婚したいかもしれませんが、結婚前提のお付き合いは慎重になりましょう。焦らず、じっくり結婚相手を見極めることが大切です。

関連記事
結婚前提でも別れる可能性は高い!破局の原因と対策方法

結婚前提でも別れる可能性は高い!破局の原因と対策方法

結婚前提カップルの付き合う期間はどのくらい?長すぎも短すぎもNG?

結婚前提カップルの付き合う期間はどのくらい?長すぎも短すぎもNG?

男性にとって結婚前提って重い?重いと思われないようにする方法

男性にとって結婚前提って重い?重いと思われないようにする方法

関連キーワード

おすすめの記事