結婚前提カップルの付き合う期間はどのくらい?長すぎも短すぎもNG?

結婚前提で付き合っているときは、「早く結婚したい」と結婚を焦ることがあります。 しかし、付き合う期間が短すぎるときは、結婚したあとに後悔することがあるので注意してください。 今回は、結婚前提のカップルが付き合う期間はどのくらいがいいのか紹介します。

結婚前提ってどのくらい付き合うのかな?

結婚前提で付き合っているときは、「早く結婚したい」と思っていることが多いです。

しかし、付き合う期間が短すぎると相手を見極めることができないため、結婚したあとに後悔することがあります。

また、ずるずると付き合う期間が長くなってしまうと「いつ結婚できるんだろう」と不安になったり、そのまま結婚できずに別れてしまうことがあります。

そのため、結婚前提で付き合っているときはベストな付き合う期間を理解する必要があります。

結婚前提カップルの付き合う期間

ベストな付き合う期間はカップルによって違う

結婚前提のときのベストな付き合う期間は、カップルによって違います

「30歳を過ぎたから、子供を産むために早く結婚したい」というカップルは付き合う期間が短いほうがいいですが、大学生カップルが「将来結婚しよう」と考えているときはベストな付き合う期間が長くなります。

結婚前提の社会人カップルのベストな付き合う期間は?

社会人カップルが結婚前提で付き合うことを決めたときは、「早く結婚したい」とおたがいに思っていることが多いです。

そのため、付き合う期間が長くなりすぎると「このままでは結婚できないかも」と焦って、2人の関係が悪化してしまいます。

「早く結婚したい」と考えている結婚前提の社会人カップルの場合は、半年から1年の付き合う期間がおすすめです。

結婚前提で付き合っているときは、付き合っている間に相手のことを「結婚相手にふさわしいか」と見極めようとします。

半年から1年程度の期間があれば、ある程度の見極めをすることができます。

結婚前提の大学生カップルのベストな付き合う期間は?

結婚前提で付き合っている大学生カップルは、結婚を焦っていることがほとんどないです。

そのため、付き合う期間を短くしすぎずにある程度長い期間付き合って問題ないです。

大学生カップルの場合は、就職をしたときに環境が大きく変わって別れてしまうことがあります。

この時期を2人でしっかり乗り越えるために、仕事が忙しくなったとしてもコミュニケーションを欠かさないようにしましょう。

「就職から1年たったら結婚する」「仕事に慣れたら結婚する」というように、結婚までの目標を2人で明確にすることで、ゴールインできる可能性が高くなります。

付き合う期間で知っておくべきこと

知っておくべきことは?

付き合う期間で、相手が結婚相手にふさわしいかを判断しましょう。

そのために知っておくべきことは、相手の価値観や性格、経済力といったことです。

人によって結婚相手に何を求めるかは違いますが、価値観が合わない相手と結婚をすると結婚したあとに喧嘩になりやすく別れるケースが少なくありません。

また、一緒にいて疲れない相手であれば結婚をしたあとにうまく行くことが多いです。

結婚後にお金で苦労したくないときは、経済力がある男性がおすすめです。

総合的な判断が大切

結婚相手を見極めるときは、一つの点だけではなく総合的に判断することが大切です。

そのため、付き合う期間にしっかり相手のことを知っておきましょう。

付き合う期間での注意点

結婚前提で付き合う期間は、あなたが相手のことを結婚相手としてふさわしいか確認しているのと同じように、相手があなたを結婚相手としてふさわしいか確認しようとしています。

そのため、あなたが結婚相手にふさわしくないと思われたときは簡単に別れられてしまいます。

そのため、男性から結婚相手として見てもらえるように自分磨きを欠かさないようにしましょう。

とくに、料理や家事能力を身に着けることで結婚相手に選ばれやすくなります。

結婚前提のお付き合いは慎重に!

結婚前提で付き合っているときは、慌てて結婚を決断しないようにしましょう。

結婚をしてからの人生は長いので、結婚してから後悔しないように相手を見極めることが大切です。

関連記事
結婚相手にふさわしいかわかる!ベストな見極め期間とは?

結婚相手にふさわしいかわかる!ベストな見極め期間とは?

関連キーワード

おすすめの記事