彼氏とのエッチが減ったのは冷められたから?頻度を高める方法とは?

彼氏とエッチが減ったときに、「冷められたかもしれない」と不安になる方が多いのではないでしょうか。 この記事では、彼氏とのエッチが減った理由と、エッチの頻度を高める方法を紹介します。 彼氏とのエッチの回数が減って悩んでいる方や、エッチの回数を増やしたい方は参考にしてみてください。

エッチしたいのにしてくれない…

彼氏とエッチをする回数が減ったときに、「彼氏に冷められたかもしれない」と不安になってしまう方が少なくありません。

彼氏とのエッチが減ったときにはさまざまな理由があり、必ずしも彼氏に冷められたわけではありません。

そのため、彼氏とのエッチが減ったときはその理由を見極めることが大切です。

彼氏とのエッチの回数が減った理由とは?

【彼氏とのエッチの回数が減った理由1】忙しいから

彼氏とのエッチの頻度が低まった理由として、彼氏の仕事やプライベートが忙しいことが考えられます。

とくに、仕事が忙しいときは彼女とエッチをする体力が残っていないことが少なくありません。

このときは、彼氏の仕事が落ち着けばエッチの頻度が戻ることがほとんどです。

【彼氏とのエッチの回数が減った理由2】頻度が高いと感じているから

彼氏とのエッチが減った理由として、彼氏が「エッチが多すぎる」と感じていることがあげられます。

性欲は人によってそれぞれで、あなたと彼氏の性欲がかみ合わないことがあります。

あなたは「エッチが少ない」と思っていても、彼氏は満足していることが少なくありません。

【彼氏とのエッチの回数が減った理由3】我慢しているから

エッチの回数が減ったときの理由として、彼氏が「いままでエッチしすぎたかな」と不安になって誘えなくなっていることが考えられます。

とくに、あなたが彼氏のエッチを拒否したことがあるときに「エッチする回数が多すぎた」と反省して誘わなくなる彼氏がいます。

【彼氏とのエッチの回数が減った理由4】愛情がなくなったから

彼氏とのエッチの頻度が低くなった理由として、愛情がなくなったことが考えられます。

関係が悪化しているときは、早めに対処しないとエッチがなくなるだけではなく、別れてしまうことがあるので注意しましょう。

【彼氏とのエッチの回数が減った理由5】エッチをしなくても安心できるから

おたがいの付き合いが長くなると、彼氏にとってあなたは家族のような存在になっていることがあります。

そうなると、彼氏は「エッチをしないで一緒にいるだけで安心できる」と感じて、エッチに誘わなくなることがあります。

エッチの頻度を高める方法

エッチが減った理由を知ろう

エッチの頻度を高めるためには、エッチが減った理由を知ることが大切です。

彼氏が忙しいだけのときは、彼氏の状況が落ち着くまで待つことが効果的です。

このときは、ただ待つだけではなく彼氏のために癒してあげたり支えてあげることで「彼女が大切な存在」と思わせることができ、関係がよりよくなります。

また、彼氏の性欲があまり強くないときはおたがいが妥協できるセックスの頻度を決めることが効果的です。

女性から誘うことでうまくいくことがある

彼氏がエッチに誘うきっかけをつかめていないときは、あなたから積極的にエッチに誘うことでうまくいくことが多いです。

「自分からエッチに誘うのは恥ずかしい」と感じているときは、できるだけ彼氏にその気にさせるために行動することでうまくいくことがあります。

男性が抱きたくなる女性とは?

どんな女性を抱きたくなるかは、人によって違います。

そのため、彼氏がどんな女性を抱きたいと思っているのかを見極めましょう。

また、彼氏のために行動できる女性ほど「彼女を大切にしたい」と彼氏に思わせることができます。

そのため、彼氏のためになる行動をするとともにスキンシップを欠かさないようにすることでエッチの頻度を高めることができます。

女性としての魅力を上げよう!

彼氏とのエッチの頻度を高めたいときは、女性としての魅力を上げる自分磨きをすることが効果的です。

彼氏と付き合っていて安心をして自分磨きをおこたると、エッチの頻度が低まる原因になるので注意しましょう。

関連記事
嫌われた?それとも浮気?エッチをしない彼氏の心理とは?

嫌われた?それとも浮気?エッチをしない彼氏の心理とは?

彼氏がエッチをしてくれない!なんで?原因&対処法

彼氏がエッチをしてくれない!なんで?原因&対処法

多い?少ない?彼氏のエッチの頻度はどのくらいがいいの?

多い?少ない?彼氏のエッチの頻度はどのくらいがいいの?

彼氏に冷められたかも?男が冷めたときに見せる態度と取り戻す方法

彼氏に冷められたかも?男が冷めたときに見せる態度と取り戻す方法

関連キーワード

おすすめの記事