冷却期間中の連絡はどうする?ベストな連絡内容とNGな内容

別れた元彼と復縁をするためには、冷却期間が必要とされています。それでは、冷却期間中はどのように連絡すればいいのでしょうか。 連絡をしていいのか、それともしてはいけないのかといったのほか、冷却期間中の男性心理、冷却期間中のベストな連絡内容といった今回は冷却期間中の連絡について紹介します。

冷却期間中は連絡あり?なし?

冷却期間中は基本的に連絡をしてはいけないとされています。その理由は、冷却期間中はまだ別れた彼の頭の中が整理できていないため、元カノからの連絡を「うっとうしい」「迷惑だ」と感じてしまうためです。

元カノからの連絡が多いときは、「復縁を狙っているのではないか」と警戒されてしまい、音信不通になりかねません。基本的に、冷却期間が終わったあとに連絡することをおすすめします。

しかし、別れた状況や2人の性格によっては連絡をしてもいいケースがあります。冷却期間とはいえ、一切やり取りがない場合は疎遠になって復縁が絶望になる可能性もあります。

冷却期間中の男性の心理

冷却期間中の男性心理を紹介します。男性はどんな心理状態になるのでしょうか。

【冷却期間初期】元カノに対して嫌悪感を抱く

別れたばかりの冷却期間初期の男性心理は、多くの場合元カノに対して強い嫌悪感を抱いています。恋人という縛りから解放され「ストレスが減ったことにホッとした」と感じることも多いようです。

このような心理状態のとき、元カノから連絡が来ると「未練がましくてうっとうしい」と感じてしまいます。そうなると音信不通になる可能性もあります。

【冷却期間中期】寂しさが出てくる

冷却期間中期になると、「今どうしているのかな?元気かな?」と元カノのことが気になり始めます。ここまでに連絡をしてしまうと、元カノの状況がわかるため寂しさを感じることはありません。

この段階になると、男性も復縁を考え始めるケースがあります。しかしプライドが邪魔をして、自分から行動できないことが多いようです。

【冷却期間後期】元カノが魅力的なら復縁したくなる

冷却期間後期になると、復縁したいと考える男性は気持ちを抑えられなくなってきます

「復縁したい」という気持ちが大きくなったとき、元カノから連絡がくれば「元カノも同じ気持ちだったんだ」と安心します。

2人が再会したとき、元カノが魅力的な女性になっていれば復縁をしたいと男性の方からアプローチをすることも多いです。

冷却期間中のベストな連絡内容

冷却期間中に連絡をしたいとき、どんな内容がベストなのでしょうか。

重すぎないけど、元彼に連絡をしないと意味が無い内容

「冷却期間中なのに、どうしても連絡がしたい」と思うことがあります。このようなとき、連絡をしてしまうのも一つの方法です。

冷却期間中の連絡内容は、重すぎない内容で、元彼に連絡する必要があるといったものがベストです。たとえば物の貸し借りや、過去に買い物をした店の名前を聞くといったものです。

このとき、連絡方法はLINEやSNSがおすすめです。電話で急に連絡をすると、元彼は重く受け止めてしまいます。

冷却期間後期なら友達のような関係を目指す

冷却期間後期であれば、お互いに連絡をしあえる友達のような関係を目指しましょう。この段階になれば、連絡をする内容は世間話のような誰が相手でも問題ない内容で大丈夫です。

ただし、このときも焦りは禁物です。慌てて復縁をにおわせると、元彼は警戒して離れて行ってしまう可能性があります。

冷却期間中のNGな連絡内容

冷却期間中は、相手に未練があることがバレるような内容はNGです。未練があることがバレると元彼は離れて行ってしまうことが多いです。

また、連絡頻度にも注意しましょう。連絡をして元彼が反応をするとうれしくなり、すぐにまた返信をするというケースがあります。

連絡頻度が多くなると、元彼は「うっとうしい」と感じて距離を置くようになります。冷却期間中は多くても、1日に1回程度の連絡頻度にしましょう。

さいごに

冷却期間中の連絡について紹介しました。基本的には冷却期間は連絡をしないことをおすすめします。

どうしても連絡をしたいときは、記事を参考に軽めの連絡からスタートしてください。

関連記事
どう思ってる?復縁に対する男性心理&復縁する方法

どう思ってる?復縁に対する男性心理&復縁する方法

【カップル別】ベストな冷却期間ってどれくらい?

【カップル別】ベストな冷却期間ってどれくらい?

ほぼ無理?復縁できないパターンの別れ方&それでも復縁する方法

ほぼ無理?復縁できないパターンの別れ方&それでも復縁する方法

関連キーワード

おすすめの記事