年収300万で結婚して子供を産むのは無責任すぎる?かかる費用とは

結婚相手が年収300万円で毎月ギリギリの結婚生活をしていると、「子供を育てられるのかな…」「年収300万円で子供を産むのは無責任かな?」と悩んでしまいますよね。

そこで、ここでは子供を産んで育てるのにかかる費用について紹介します。

年収300万円だけど「子供がほしい」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

年収300万円で結婚は厳しい?子供がほしいけど低収入だから不安

子供を産む費用が払えない

妊婦健診や出産費用など、子供を産むまでにかかる費用があります。

年収300万円で結婚生活を送るのがギリギリな場合は、妊婦健診や出産費用などを支払うことができないでしょう。

「子供がほしい」と思っていても、産んで育てることができないと意味がないでしょう。

ベビー用品を揃えられない

年収300万円で貯金がない場合は、ベビー服・ベビーカー・抱っこ紐など、赤ちゃんを育てるために必要なベビー用品を揃えることができないでしょう。

ベビー用品が揃えられないと、赤ちゃんを産んだあとに苦労してしまう可能性があります。

子供を育てられない

オムツ代・ミルク代・将来かかる学費など、子供を育てるにはお金がかかってしまいます。

年収300万円でギリギリの結婚生活を送っていると、子供のためにお金を使うことができず、子供を育てられないかもしれません。

低収入で子供を産むのは無責任すぎる?後悔したエピソード

20代 会社員

年収300万円の男と結婚して後悔しました。

毎月ギリギリの結婚生活を送っているうえに、妊娠・出産してから出費が多くて毎月赤字になっています。

「子供が生まれたら子育てに専念したい」と思っていましたが、夫の収入だけでは生活できないため、私も正社員で働くことになりました。

30代 パート

年収300万円の男と結婚をして、子供を育てるだけの余裕がありませんでした。

それなのに、妊娠・出産して私が働けるようになるまで赤字の生活が続きました。

子供がいるとなかなか雇ってくれるところがなくて、パート先を探すのに苦労しました。

結婚して子供を産むためにお金はどれくらいかかる?

補助券がもらえる

妊婦健診などは健康保険が適用されないため、年収300万円だと「妊婦健診の費用が高くて支払えない…」ということになりかねません。

しかし、市区町村から妊婦健診の際に使用できる補助券をもらうことができます。

補助券を利用すれば、妊婦健診を安く受けられます。

42万円が支給される

出産費用は決して安いとは言えないため、年収300万円だと「出産費用が払えない…」と思うでしょう。

しかし、出産時に国から42万円が支給されるため、実費分は少なくてすみます。

妊娠する前から出産費用を貯金しておけば、お金で苦労しないかもしれません。

産んだあともお金がかかる

子供のお金がかかるのは、妊娠・出産だけではありません。

オムツ代・ミルク代・学費など、子供を産んだあともお金がかかってしまいます。

そのため、結婚して子供がほしいのであれば、出産費用のことだけでなく子供を育てられるか考えたほうがいいでしょう。

年収300万円はキツい?子育てをしたあとにかかる費用もかなり多い

子供のお祝いの費用

子育てが終わっても、子供の成人式や結婚式などのお祝いの費用がかかってしまいます。

年収300万円だと子供のお祝いの費用を支払うことができない可能性があるため、「年収が低い人と結婚したのは失敗だった…」と思ってしまうかもしれません。

将来の孫にかかる費用

年収300万円で子供のことを育てることができても、将来孫のためにしてあげられることがないかもしれません。

「孫に誕生日プレゼントを買ってあげたい」「小学生に上がるときにランドセルをプレゼントしたい」と思っていてもできなくて、歯がゆい思いをしてしまうでしょう。

年収300万円だけど結婚して子供がほしい!先に考えるべきこと

年収300万円で結婚して子供がほしいのであれば、どうすれば年収が上がるのか考えてみるといいかもしれません。

転職をしたり出世したりすれば、今の状況よりもお金に余裕がでいるはずです。

また、生活状況を見直して節約できるところは節約するようにしましょう。

関連記事
「旦那の年収が低い」はどこから?簿給の夫と夫婦円満に暮らす方法
旦那が低収入だから将来不安…やりくりする方法は?
旦那の給料が低いからこの先不安!幸せに暮らす方法はある?

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!