カップルが距離を置く平均期間はどれくらい?理想の期間とは

恋人から「距離を置こう」と言われると、とてもショックですよね。何らかの理由から、彼氏・彼女と距離を置くことになった場合、どれくらいの期間がベストなのでしょうか。 この記事では、彼女や彼氏と距離を置く理想の期間や、距離を置いている間の連絡や注意点などについて紹介します。 距離を置いた後はいい方向に進んで進んで欲しいと思うはずです。ましてや、自然消滅は避けたいですよね。そこで、目安の期間や冷却期間中のポイントを押さえておきましょう!

カップルが「距離を置く」意味とは?

距離を置くとはカップルが一定期間会わないこと

カップルが距離を置くとは、一定期間彼氏・彼女と会わないことを意味します。恋人会わない期間を作ることで、関係を改善させたり、スムーズに別れるためだったりと、恋人との関係を変えようとしているのです。

もちろん、カップルによって距離を置く理由や目的は異なります。ただ距離を置く期間や、距離を置いている間の過ごし方に気をつけなければ、望まない結末を迎えることに繋がります。

恋人と距離を置きたい人も、恋人と距離を置くことになった人も、きちんと距離を置く意味を理解しておきましょう。

彼氏が距離を置きたいと言う理由&心理

先ほど、カップルが距離を置くには理由があると解説しました。

では、どんな理由で恋人と距離を置くのか、どういう思いで距離を置くのか、男女別で恋人に距離を置きたいと言う理由と心理を見てみましょう。

男性が冷却期間を設ける理由

彼氏が距離を置きたい理由は、大きく分けて以下の2つが考えられます。

1.彼女と離れて冷静になりたいから
2.距離を置いた流れで別れたいから

距離を置く時点で、彼女との関係が悪化していると思います。お互いに感情的になっており、落ち着いて話し合うことができないのでしょう。彼女に対する自分の気持ちや、今後の関係をどうするかについて、頭を冷やして冷静に考えたくて距離を置く男性がいます。

また、彼女が素直に別れてくれないとわかっている男性は、あえて距離を置くという表現を使って別れに繋げることがあります。すでに彼女への気持ちはなくなっており、スムーズに別れるために「一度距離を置いてやり直そう」と期待をもたせているのです。

距離を置きたいと言う男性心理

彼女に距離を置きたいと言う男性は「一旦頭のなかを整理したい」「彼女と離れて1人になりたい」と考えているようです。

男性は、女性と違って複数のことを同時に考えることを苦手としています。彼女への怒りや不満を抱えつつ、あれこれ彼女に言われたら、彼女の考えを理解することも、自分の気持ちをはっきりさせることもできずに混乱しても仕方がありません。

別れる・別れないを含めて、自分の納得いく答えを出したくて「距離を置こう」と言っていると思われます。

彼女が距離を置きたいと言う理由&心理

続いては、女性が距離を置きたいと言う理由と心理を見てみましょう。彼氏が距離を置きたいと言う場合との違いがわかるはずです。

女性が冷却期間を設ける理由

女性が冷却期間を置く理由は、彼氏と距離を置く時点ですでに愛情が冷めている可能性が高いからです。

恋愛において、女性は男性に比べてあっさりしている特徴があります。とくに彼氏への気持ちが冷めている女性は「早く別れたい」「顔も見たくない」と考えており、距離を置くと言うことで別れに繋げている場合がほとんどのようです。

このことから、彼女に距離を置きたいと言われた男性は、距離を置いた流れで別れを切り出される可能性が非常に高いといえます。彼女の性格にもよりますが、距離を置いている期間に相当な努力をしない限り、別れを回避することは難しいかもしれません。

自分が何をすべきか、どうすれば彼女の気持ちを取り戻せるかをしっかりと調べる必要があります。

距離を置きたいと言う女性心理

彼氏に距離を置きたいと言う女性の多くは「別れ話をするのがめんどくさい」「距離を置くことで気持ちがないとわかってほしい」と考えているようです。

すでに彼氏への気持ちが冷めているため、顔を合わせて話し合う必要性を感じなくなっているのかもしれません。たしかに、別れ話は時間もエネルギーも必要とします。「無駄なことはしたくない」という女性のさっぱりした考え方が、距離を置くという選択をしていると思われます。

"距離を置く理想的な平均期間とは

彼氏・彼女の恋人に距離を置きたいと言う理由や心理がわかったと思いますが「どれくらいの期間、距離を置けばいいの?」と気になっている人もいるでしょう。

距離を置く期間は、今後の2人の関係に影響を与える重要なポイントです。そこで今度は、パターン別で見る距離を置く理想的な平均期間を紹介します。

些細な喧嘩や口論をしたカップルは数日で問題ない

運悪く機嫌がよくない時だったのか、些細なことで恋人と喧嘩をして距離を置くケースがあるでしょう。些細な喧嘩とはいえ、距離を置くことに変わりはないので「このまま振られるかもしれない...」と不安に感じてしまうかもしれません。

しかし、喧嘩の内容も大したことではない可能性が高く、一時的に感情的になってしまっただけだと思われます。そのため、些細な喧嘩をした場合の距離を置く期間は、数日で問題ないでしょう。気持ちが落ち着いた時点ですぐに謝れば、彼氏・彼女と仲直りができるはずです。

倦怠期カップルが距離を置く期間は2週間前後

倦怠期カップルが距離を置く場合は、約2週間前後を目安にするといいでしょう。

カップルが倦怠期に入ると、彼氏・彼女の存在を鬱陶しく感じてしまいます。一緒にいても楽しいと思えず、むしろストレスを感じることまであるようです。そのため「気持ちが冷めたのかも...」と考えて距離を置くケースがよくあるのですが、必ずしも気持ちが冷めたわけではありせん

彼氏・彼女の存在を当たり前に感じているだけの可能性が高く、2週間ほど恋人と距離を置いて1人で過ごしてみてください。彼氏・彼女に対する自分の気持ちをはっきりさせることができるはずです。

浮気が原因で距離を置く場合は1ヶ月~2ヶ月

多くのカップルが彼氏・彼女の浮気問題を抱えていますが、浮気が原因で距離を置く場合は、1ヶ月~2ヶ月ほどの期間が必要といえます。

浮気とは、2人の信頼関係に影響を与える問題です。たとえ浮気をした恋人への気持ちが残っていても、信用できない相手と付き合っていくには不安があります。

別れるのか・再構築をするのか、自分の気持ちと向き合いながら、後悔しない決断をするために1〜2ヶ月の時間が必要なのです。

頻繁に喧嘩を繰り返しているカップルは約3ヶ月

些細な喧嘩を含めて、頻繁に喧嘩を繰り返しているカップルの場合は、3ヶ月ほどの期間が必要かもしれません。

喧嘩が多いということは、お互いに不満を抱えていると思われます。付き合っていくことに疲れている可能性も高く、短い期間では気持ちを整理することはできないでしょう。

・恋人と別れるかどうか
・なぜ喧嘩ばかりするのか
・自分は恋人をどう思っているのか、

別れと再構築のどちらかを選択するうえで、たくさん考える時間が必要なのです。

実際にみんなどのくらい距離を置いたの?

パターン別で恋人と距離を置く平均期間を紹介しましたが、実際に彼氏・彼女と距離を置いた経験がある人は、どれくらいの期間だったのか気になりますよね。

そこで今度は、恋人と距離を置いた人の体験談を見てみましょう。

エピソード

20代 女性

彼氏と些細な喧嘩をすることが多くなり、距離を置きたいとお願いしました。彼氏への気持ちもわからなくなっていたので、今後の関係を決めるうえでも必要だったと思います。

1ヶ月ほど彼氏と連絡をとることもなくじっくりと考えた結果、彼氏の大切さに気づくことができました。

30代 女性

浮気をした彼氏が許せなくて、別れる前提で距離を置きました。すでに彼氏への気持ちはなく、怒りしかありませんでしたね。

このまま自然消滅を狙っていたのですが、2ヶ月ほど経った頃に別れを拒む彼氏から連絡があったので、LINEで別れを告げました。

その後もしつこく復縁要請がありましたが、距離を置きたいと伝えた時点で別れを察してほしかったです。

自然消滅に注意!修復不可能になる距離を置く期間

彼氏・彼女と距離を置く期間は、その後の関係に影響を与えるほど重要なことです。しっかりと考えて距離を置く期間を決めなければ、自然消滅になるかもしれません。

そこで今度は、恋人と距離を置くうえで修復不可能になる期間を見てみましょう。

冷却期間を決めてない

彼氏・彼女と距離を置くのであれば、明確な期間を決めましょう。距離を置く理由をもとに、数日なのか数ヶ月なのかを決めておかなければ、自然消滅に繋がる恐れがあります。

たとえ喧嘩の勢いで「距離を置こう」と言ってしまった場合でも、きちんと距離を置く期間について恋人と話し合いましょう。

半年や1年といった長く距離を置く

理由によって距離を置く期間は変わりますが、どれだけ長くても3ヶ月程度です。半年や1年といった長く距離を置いてしまえば「もう別れているだろう」と勘違いをされる可能性があります。

長く距離を置いたからといって、2人の関係が改善されるわけではありません。最長でも3ヶ月を目安に、集中して恋人との関係に向き合いましょう。

距離を置くメリット・デメリット

恋人と距離を置く理由や目的は人それぞれですが、そもそも距離を置くことにどんな効果があるのでしょうか?

今度は、恋人と距離を置くメリットとデメリットを見てみましょう。以下の内容を確認すれば、本当に彼氏・彼女と距離を置くべきかどうかを判断できるはずです。

距離を置くメリット1:冷静になれる

恋人と距離を置くことによって、冷静になれるメリットがあります。とくに喧嘩が多いカップルや、マンネリ気味のカップルにとっては、大きなメリットといえるでしょう。

恋人との関係は、感情的に決めることではありません。冷静かつ慎重に考えなければ、後悔するような間違った選択をしてしまいます。

恋人と離れて1人になれば、喧嘩をした怒りを抑えたり、彼氏・彼女に対する不満やストレスを抜きにして、自分の本当の気持ちをしっかり向き合うことができるはずです。

距離を置くメリット2:自分の気持ちに向き合える

冷静になれる点でも解説をしましたが、彼氏・彼女と距離を置いて1人になれば、自分の気持ちとしっかり向き合うことができるでしょう。

恋人への情に流される心配もなく、後悔しない決断ができるはずです。また、関係を改善させるにしても、そもそも2人の関係が悪化した原因や、問題の解決をするには時間が必要です。

自分の気持ちをはっきりさせたうえで、やるべき行動がとれる点も、恋人と距離を置くメリットの1つといえるのかもしれません。

距離を置くデメリット1:再会時が気まずい

数日距離を置いた場合は問題ありませんが、1ヶ月以上も恋人と距離を置くと、その後の再会時に気まずい思いをする可能性があります。

そもそも距離を置くとは、彼氏・彼女と会うことはもちろん、一切の連絡もとらないことです。ましてや、距離を置く直前は険悪な状態だったわけですから、いくら気持ちが落ち着いたとしても「何を話せばいいんだろう」と関係がギクシャクしてもおかしくありません。

場合によっては、再会時の気まずい雰囲気が原因で関係の修復ができなくなることも考えられます。

距離を置くデメリット2:別れに繋がる場合がある

修復不可能になる距離を置く期間のなかでも解説をしましたが、恋人と距離を置くことによって別れに繋がる場合があります。

実際に、自然消滅を狙って距離を置く人も多く、たとえ距離を置く期限を設けていたとしても、約束の日に会うことができないまま別れに至るケースもよくあるのです。

また、距離を置いたことによって「彼氏・彼女がいなくても大丈夫だ」「恋人がいなければ1人で自由に楽しめる」という思いが芽生えるきっかけになるかもしれません。

いずれにしても、彼氏・彼女との別れを考えていないのであれば、距離を置くときに関係改善が目的の期間であることを伝えておく必要があります。

距離を置く間は何をする ?冷却期間中の注意点

これまでは、恋人と距離を置く場合の平均期間を中心に解説をしてきました。ただ、距離を置く期間をどう過ごすかも重要なポイントです。

そこで今度は、注意点を踏まえて距離を置く期間にすべきことを見てみましょう。

注意点1:距離を置く原因を解決する

彼氏・彼女と距離を置くのは、2人の関係が悪化しているわけです。その原因を解決に向けて動かなければ、距離を置く意味がなくなってしまいます。

考える時間はたっぷりありますので、とにかく集中して距離を置く原因を解決していきましょう。

注意点2:自分磨きをして成長する

恋人と距離を置いている期間は、自分磨きをして見た目も内面も成長させておきましょう。そもそもカップルが距離を置くということは、物理的に会わないだけではなく、心が離れかけている状態です。

どれだけ反省をしていようと、謝罪の言葉を伝えようと、簡単に信じてもらうことはできないでしょう。ただ、冷却期間中に自分を成長させておけば、自分の言葉や態度に説得力を持たせることができます

「ちゃんと反省しているんだ」「自分の気持ちを理解してくれたんだ」と前向きに捉えてもらて、関係修復に繋げることができるのです。

距離を置く期間は、やるべきことがたくさんあります。「別れることになったらどうしよう...」と悩む前に、自分磨きをしていきましょう。

注意点3:自立した生活を送る

恋人と距離を置くことになれば「振られるかもしれない」という不安に襲われるかもしれません。気分は落ち込む一方で、仕事に行く気力が湧かなければ、食事も睡眠も不規則になりやすく、余計にマイナスなことばかり考えるようになるでしょう。

そうなれば、距離を置いた原因を解説することも、自分磨きをすることもせず、距離を置く前から何も変わることができなくなります。

もし、恋人に距離を置かれて落ち込んでいるのであれば、意識をしてでも規則正しい生活を送ってみてください。

きちんと規則正しい生活を送っていれば、心も体も元気でいられますので、前向きな考え方と行動力を保つことができるはずです。

距離を置く間の連絡はどうするべき?

距離を置く間は一切連絡をすべきではない

彼氏・彼女と距離を置くことになって「連絡はどうしたらいいんだろう…」と迷っている人は多いのではないでしょうか。

とくに「できれば恋人と距離を置きたくない」「彼氏・彼女と別れたくない」と考えている人であれば、距離を置く期間も連絡をとりあいたいと思うでしょう。

しかし距離を置くということは、恋人への情に流されることなく、2人の今後の関係について答えを出すための期間なのです。このことから、冷却期間中は一切連絡をすべきではありません

お互いに完全1人の状況のなかで、集中して彼氏・彼女との問題や今後の関係に向き合いましょう。

距離を置いた彼氏と会う前にはこれをチェック!

彼氏・彼女と一定期間距離を置いた後は、きちんと会って今後のことを話し合わなければいけません。ただ、距離を置いた恋人との再会までに、以下の2点を確認しておきましょう。

・自分が恋人との関係をどうしたいのか
・自分と異なる恋人の答えを尊重できるのか

自分の気持ちがまとまっていなければ、恋人と再会をしても話し合うことができなくなります。そのため、きちんと話し合う前に、自分の気持ちだけははっきりとさせておくべきです。

また、自分と恋人の意見が異なる可能性も考えられます。あなたは再構築をしたくても、恋人に別れたいと言われたときに受け入れられるのかを考えておけば、その場で気持ちにけじめをつけることができるでしょう。

距離を置いた後の恋人との再会は、今後の2人の関係性が決まる緊張の瞬間といえます。どんな結果になろうとも、前に進める心の準備をしておきましょう。

距離を置いた結果、いい方向に進むケースは多い!

カップルが距離を置く平均期間や、パターン別でみる理想の期間、カップルが距離を置くメリット&デメリットを中心に紹介しました。

カップルが距離を置くことにマイナスな印象を持つ人はたくさんいますが、案外距離を置いた結果、いい方向に進むケースは多いです。

「彼氏・彼女とうまくいかない...」と悩んでいる人は、恋人と距離を置いてよりよい関係を目指してみてください。

関連記事
1ヶ月距離を置く効果とは?離れている間にあなたがやるべきことは?

1ヶ月距離を置く効果とは?離れている間にあなたがやるべきことは?

効果あるの?彼氏と距離を置く意味&やるべきこと

効果あるの?彼氏と距離を置く意味&やるべきこと

気持ちが分からないなら効果的!彼氏と距離を置く効果

気持ちが分からないなら効果的!彼氏と距離を置く効果

関連キーワード

おすすめの記事