婚約してから結婚までどのくらいかかる?ベストな過ごし方とは

彼氏にプロポーズをされて婚約できたあなたは、結婚までどのように過ごそうと考えていますか? 結婚までの過ごし方を誤ると、幸せから一変して悲しい思いをするかもしれません。 ここでは、「婚約してから結婚までにかかる期間」と「婚約中のベストな過ごし方」を紹介します。 婚約中の人は、最後まで読んでみてください。

婚約してから結婚までどのくらいかかる?

婚約してから約半年で結婚するのが理想です!

プロポーズをされて舞い上がっていると思いますが、婚約したからと言って夫婦になったわけではなく、無事に入籍するまでの大事な時期に入ります。

とくに重要になるのが、婚約してから結婚までの期間の長さです。

短すぎても長すぎてもトラブルが起こりやすく、ベストな期間を見極めないと婚約そのものが破談になってしまうかもしれません。

ちなみに、婚約してから約半年で結婚するのが理想とされており、結婚生活の予行練習をしたり、二人が協力して結婚の準備を進めることで幸せな結婚が迎えられます。

「早く結婚したいけど、どのくらいの期間が必要なの?」と悩んでいる人は、婚約してから半年を目安に結婚の準備に取り掛かりましょう。

婚約してから結婚までの間、何をする?

婚約したら、結婚までの準備をはじめなければいけません。

しかし、具体的に何をするべきなのかと困っている人は多いと思います。

まずは、婚約中にするべきことを確認してみましょう。

婚約中にするべきこと➀:両親に結婚の報告をする

二人の中で婚約が成立したら、真っ先に両親へ結婚の挨拶に伺いましょう。

両親から結婚の承諾が得られなければ、結婚そのものができない場合があります。

できるだけ印象よく思ってもらうために、最低限の挨拶のマナーを守ることをおすすめします。

お互いの両親から祝福された状態で結婚できると、結婚後の幸せ度がアップします。

婚約中にするべきこと➁:結納・両家の顔合わせ

無事に両親に結婚の承諾が得られた後は、結納をしたり、両家の顔合わせを執り行いましょう。

結納や顔合わせはお互いの家と家とが親睦を深める機会であり、二人が結婚したことで今まで赤の他人だった家同士が親戚関係になるため、円満な関係を築かないと結婚してから苦労します。

場合によっては、家同士の不仲が原因となって婚約が白紙になるため、それだけ重要な行事です。

婚約中にするべきこと③:入籍までの準備

両親や友達に祝福されて幸せに満たされていると思いますが、結婚までやることが山積みです。

結婚式を挙げる人は、二人で予算を話し合いながら式場選びや式のプランを決めなければなりません。

結婚式の有無に関係なく、入籍日を決めたり新居や家具を選ぶなど、考えること・やるべきことがたくさんあります。

入籍までの準備を速やかに行わないと、いつまで経っても結婚できません。

しっかりと二人で協力しながら、入籍までの準備に取り掛かりましょう。

婚約してから結婚までの間のベストな過ごし方

婚約中のカップルほど別れるリスクが高いと言われており、婚約してから結婚までの期間をどう過ごすかが重要になってきます。

無事に結婚まで進むために、婚約期間中のベストな過ごし方を確認してみましょう。

ベストな過ごし方➀:積極的に行動する

婚約中をどう過ごすかは、結婚できるか・できないかを左右する大事な時期です。

「婚約しているからいずれ結婚できる」と安心してだらだらと過ごしたり、パートナーに準備を任せっきりにしていると、いつまでも婚約期間が続くだけで本当の夫婦になれないままです。

次第に結婚の意欲が冷めてしまい、結婚せずに破局を迎える可能性も秘めています。

仕事やプライベートで忙しいと思いますが、積極的な行動を心がけましょう。

ベストな過ごし方➁:二人の歩幅を合わせる

たとえば、あなたは行動的なのに彼氏がマイペースだと、「なんで動いてくれないの?」「こんなに自己中な人と結婚して大丈夫かな」と思ってしまうでしょう。

しかし、あなたの勝手な判断で、彼氏をマイペースと決めつけていいのでしょうか。

気持ちや行動のズレは、パートナーに不満を抱く原因です。

マイペースな彼氏に見えて、もしかすると体調が悪いだけかもしれません。

お互いに性格が違えば考え方が違うため、しっかり気持ちを理解しながら、同じペースで結婚までの準備や気持ちの整理をつけましょう。

婚約してから結婚までの間の注意点

結婚までの婚約期間をうまく過ごさないと、結婚できなくなる可能性があります。

今度は、結婚までの期間に注意すべき点を確認しておきましょう。

注意点➀:喧嘩を長引かせない

婚約して幸せな気分を味わっていると思いますが、結婚までの準備や結婚する不安から、婚約中のカップルこそ喧嘩の頻度が増えると言われています。

できることなら喧嘩は避けたいですが、どうしても意見がぶつかり喧嘩に発展することだってあるでしょう。

しかし、喧嘩を長引かせると、「このままじゃ結婚できない」「この人と本当に結婚していいのか自信がなくなった」と結婚する気を失くすかもしれません。

喧嘩をしたら、すぐに仲直りをする努力をして、喧嘩を長引かせないようにしましょう。

注意点➁:お互いの気持ちを理解する

結婚は、二人が手を取り合って幸せな家庭を築いていかなければなりません。

婚約中は二人で協力して結婚まで過ごす必要がありますが、そのためにはパートナーが何を考え・何をしてほしいと思っているのかを理解する必要があります。

自分の気持ちを押し付けずに、彼氏の気持ちを理解して、二人のペースで過ごしましょう。

そのためには、話し手より聞き手になることを意識してください。

結婚までの間は慎重に!

「婚約してから結婚までにかかる期間」と「婚約中のベストな過ごし方」を紹介しました。

婚約してから結婚までの期間は、二人の気持ちを確認しながら慎重に過ごしましょう。

関連記事
どんな理由なんだろう…? 男女が婚約破棄をした理由

どんな理由なんだろう…? 男女が婚約破棄をした理由

婚約ってどこから成立する?婚約破棄しないために注意すること

婚約ってどこから成立する?婚約破棄しないために注意すること

関連キーワード

おすすめの記事