倦怠期はいつくる?いつ終わる?乗り越える方法

「最近なんだか…彼氏とマンネリ」もしかしたらそれは倦怠期かもしれません。倦怠期とは相手に慣れてしまいドキドキせず飽きてしまい、不安でイライラする時期のことです。 できれば倦怠期なんて来てほしくないものですが、残念ながらどんなにラブラブなカップルでも倦怠期がくることは多いです。倦怠期が来ると「私のことが本当に好きなのかな…」「私達は愛し合っているのかな?」と恋愛に対して不安な気持ちが多くなり彼氏との関係は悪化しやすく、最悪の場合は別れるときもあります。 そんなのは絶対に嫌ですよね。そこで今回は「倦怠期が訪れる平均期間」と「倦怠期を早く終わらせる方法」についてを紹介します。

倦怠期とは?冷めたと何が違うの?

倦怠期とは?

どれだけラブラブなカップルであろうと、多くのカップルに倦怠期が訪れます。

倦怠期とはお互いにドキドキしなくなったり、一緒にいることが苦痛に感じたり、存在を鬱陶しく感じて、2人の間に見えない溝が生まれてしまうことです。

倦怠期はある程度の時間が経過すれば解消をするものですが、解消をするまでには時間差があります。倦怠期中に下手をすれば別れる可能性もあります。そのため、倦怠期だということを早く把握して対策をすることが大切です。

また倦怠期はカップルで同時に来る場合があれば、バラバラに来る場合があります。彼氏あるいは彼女だけマンネリしている倦怠期もありえるのです。

冷めたと何が違うの?

「倦怠期」の時期と「冷めた」時期は非常に似ています。そんな2つの大きな違いは相手への関心です。

冷めた状態のときは相手に無関心になり、相手がピンチな状況でも、他の人と浮気をしていようとも、どうでもいいという気持ちになってしまいます。

一方で倦怠期はどうでもいい気持ちとは真逆で感情的になります。ちょっとしたことでイライラしたり不安になります。倦怠期というのは愛情が冷めた状態ではなく恋愛感情があり、だからこそ感情的になりやすく苦しいのです。

関連記事
彼への気持ちが冷めたのは倦怠期だから?その違いは?

彼への気持ちが冷めたのは倦怠期だから?その違いは?

倦怠期の特徴

特徴に当てはまるほど倦怠期の可能性が高いです。

付き合った頃のドキドキが少ない

付き合った頃はドキドキして刺激的ですよね。連絡が1つくるだけでも嬉しかったと思います。

しかし付き合うとそんなことが当たり前の日常になり、関係も安定してくるのでドキドキは減ってきます。ドキドキが減ってくると「私って彼のことが好きなのかな?」という気持ちになりマンネリをするのです。

嫌なところばかり目にいく

どんな人にも長所と短所があります。しかし付き合う直前は相手に気に入られようと背伸びをすることが多いので、短所は付き合ってからやっと気づくことも少なくありません。付き合ってから相手の短所を知り、イライラするようになるのでしょう。

「相手の◯◯が嫌だ…直してくれないかな?受け入れるしかないのかな…」そんな気持ちでいっぱいになります。

喧嘩が増えた

付き合う前は着飾ったりある程度の我慢はできても、いつかは素の自分になってしまいます。お互いの短所がでてきて、また素の自分にもなるため、喧嘩をしやすくなります。小さなことで喧嘩をすることが増えたなら、それは倦怠期かもしれません。

倦怠期が起きる原因

できれば避けたい倦怠期…。どうして倦怠期は起こるのでしょうか?

原因① 短所を知るようになるから

相手の長所だけでなく短所を知ったとき、当然嫌な部分なのでイライラするしモヤモヤもしますよね。今まで知らなかった相手の嫌な部分を知るからこそ倦怠期は訪れやすいです。

相手の短所を知ったときは辞めさせようとするよりも、どうやったら短所と上手く向き合えるかを考えるとよさそうです。

原因② 関係が当たり前になるから

以前は小さなことにも喜びや感謝の気持ちをもっていたのに、関係が当たり前になるとそんな感情を忘れてしまいます。その結果、ドキドキしなくなる倦怠期が訪れやすくなります。

原因③ 礼儀や遠慮がなくなるから

一緒にいると関係に慣れてしまい、礼儀や遠慮がなくなってしまいがちです。その結果、傲慢な態度をとったり、ストレートに物事を言い過ぎてしまうい、ワガママになりやすくなり、喧嘩をしやすくなりやすくなります。

いつ来る?倦怠期が訪れる平均期間

倦怠期とは3の倍数の周期で訪れやすいと言われています。特に3ヶ月と9ヶ月は倦怠期が訪れるカップルが多いです。

付き合って3ヶ月

最初の倦怠期が来る時期は交際3ヶ月目が多いと言われております。「カップルにおける3ヶ月は最初の山場」と言われるほど大事な時期とされています。

高ぶった感情が落ち着き出して、冷静に彼氏との関係を見つめはじめたからこそ、気持ちが冷めたように思えてしまうのでしょう。

彼氏と付き合い始めたばかりの人は、交際3ヶ月目をどう乗り越えるかを考えておきましょう。

関連記事
付き合って半年は気持ちが変わる時期!倦怠期を乗り越える方法

付き合って半年は気持ちが変わる時期!倦怠期を乗り越える方法

付き合って9ヶ月

付き合って9ヶ月になると相手が当たり前の存在になります。その結果「私は彼のことが本当に好きなのかな?」と恋愛感情が分からなくなってきます。

短所を充分に知っているからこそ「もっと幸せになれる人がいるんじゃないか」と他の人に関心をもちやすくもなります。

付き合って3年目

付き合って3年も経過すると無意識に「結婚」など将来のことを考えるようになります。そして金銭面や子育て、10年後、20年後、老後を想像して不安になり「本当にこの人でいいのかな」と不安になりやすくなります。

環境の変化がきっかけでも倦怠期はきやすい

倦怠期が来る時期は付き合ってからの期間だけではありません。環境が変化をしたときにも訪れることが多いです。

環境が変わるときは「倦怠期がくるかもしれない!」と予測しておくと、早く対策ができるので実際に倦怠期が来ても乗り越えやすいです。

同棲をしたとき

同棲をしたときはかなりの確率で倦怠期がきやすいです。同棲に憧れる人もいると思いますが、24時間ずっと一緒にいるというのは良いことだけではありません。

今まで知らなかった、家事や金銭感覚、生活サイクルの価値観のズレが原因でイライラしてしまうことも多くなるでしょう。

関連記事
同棲中に倦怠期になるきっかけって?対処法はコレ!

同棲中に倦怠期になるきっかけって?対処法はコレ!

遠距離恋愛になったとき

遠距離恋愛は会いたいときに会うことができません。そのため会いたくて辛い気持ちになりやすいですし、相手が何をしているのか明確に確認ができないので不安にもなりやすいです。

その結果、辛い気持ちや不安な気もちが積もりやすく倦怠期になりやすいです。

就職や転職をしたとき

就職や転職をすると関わる人が変わり環境も変わるので、倦怠期になりやすいです。仕事が変わると価値観が変わるときもあるので、そのため彼氏との関係にモヤモヤした気持ちになるときがあります。

また職場や勤務時間が変わり、彼と会う時間が減ったときも倦怠期になりやすいです。

結婚をしたとき

カップルから夫婦になると、2人の関係が契約で結ばれることになり。カップルのときよりも別れるのが難しくなります。そのため「本当にこの人でいいのかな」と不安になりやすいです。マリッジブルーという言葉もある位です。

また結婚した後に、安心して性格が今までと変わることもあります。その結果、結婚してからイライラが増えることもあるようです。

妊娠をしたとき

妊娠は女性にとって精神的にも体力的にもかなり大変です。そんな妊娠時期の相手の態度や行動にイライラしてしまうこともあるでしょう。気遣ってくれなかったり理解してくれないと、当然嫌な気持ちになりますよね。

妊娠だけでなく子育てでも、同じく倦怠期になりやすいです。

進学をしたとき

中学生や高校生、大学生は環境が変わりやすいです。特に進学をしたときは毎日の生活が大きく変わるので、環境の変化と彼氏との関係のズレを感じて倦怠期になりやすくなります。

倦怠期はいつまで?いつ終わるの?

倦怠期が終わる時期は目安としては1〜2ヶ月です。しかし1週間で終わるカップルもいれば数ヶ月かかるカップルもいて、カップルによって大きく異なります。

倦怠期があまりにも長引いてしまうと、倦怠期の状態ではなく、冷めた状態にシフトチェンジしてしまい別れの危機が訪れてしまいます。倦怠期だと把握したら、できるだけ早く解消できるように努力をしましょう。

倦怠期を早く終わらせる方法

倦怠期を終わらせるために自ら動き出しましょう。問題の解決に動き出したら、もしかしたら早くて1週間で倦怠期から抜け出すことができるかもしれません。

たくさんコミュニケーションをとる

倦怠期が来ると「彼氏と一緒にいるとイライラする」「もう彼氏と別れて一人になろうかな」と自分から彼氏と距離を置こうとしてしまうでしょう。

しかし気持ちが離れつつある状況の中で、彼氏と物理的な距離を置いてしまうと、ますます距離が離れてしまう可能性があります。

一緒にいてイライラするかもしれませんが、倦怠期を終わらせたいと思う気持ちがわずかでもあるなら積極的にコミュニケーションを取りましょう。

自分から彼氏に話しかけたり、毎日連絡を取り合ったり、たまにはデートをしたりと、彼氏との距離を縮める努力を続けましょう。

新しい思い出をつくる

倦怠期中の二人は、お互いがお互いの存在を当たり前に感じている状態なので、新しい思い出を作って付き合い始めた頃の気持ちを取り戻しましょう。

ポイントは倦怠期を終わらせるために思い出を作るのではなく、純粋に彼氏との時間を楽しむ気持ちでデートや旅行をして思い出を作ることです。

無意識に彼氏と一緒にいて楽しいと思えるようになれると、これからも彼氏とうまく付き合っていけるでしょう。

倦怠期が終わらない…NGなこと

気持ちを押し付ける

マンネリした原因や嫌な気持ちを一方的に相手に押し付け合っているようだと、いつまでも倦怠期から抜け出すことができず、むしろ2人の関係は終わってしまうでしょう。

自分の意見も主張をすることは大切ですが、その分、相手の意見も聞くようにしましょう。

ネガティブ発言

倦怠期は2人の関係が暗く重くそしてきまずい状態になります。そんななかで「どうせ◯◯なんでしょ」「私なんか◯◯なんでしょ」とネガティブ発言ばかりを言ってしまうと、余計雰囲気が重くなります。倦怠期のときこそ、明るい言葉選びをしましょう。

倦怠期がこないカップルの特徴

倦怠期は必ず来るわけではありません。なかには倦怠期知らずのカップルもいます。

  • 明るい雰囲気
  • 感謝と愛の言葉を伝えている
  • お互いに自立していて依存していない
  • イベントを大事にしている
  • 将来の話をよくしている
  • 助け合っている
  • 嫉妬や束縛がほぼない

こちらに当てはまる関係なほど、倦怠期は訪れにくいです。

別れないために…倦怠期は早く乗り越えよう

「倦怠期が訪れる、そして終わる平均期間」と「倦怠期を早く終わらせる方法」について紹介しました。倦怠期が来る時期は、人それぞれです。

倦怠期を正しく対処することができれば、倦怠期がきても乗り越えることができるでしょう!「最近彼氏と関係がマンネリ…」そんな悩みを抱えている方が解決できれば幸いです。

関連記事
彼氏が倦怠期になった…どうしたらいい?乗り越える接し方

彼氏が倦怠期になった…どうしたらいい?乗り越える接し方

自分だけが倦怠期だなんて…なぜ?気持ちを確かめるには?

自分だけが倦怠期だなんて…なぜ?気持ちを確かめるには?

早く乗り越えたい!倦怠期を乗り越えた後の付き合い方とは

早く乗り越えたい!倦怠期を乗り越えた後の付き合い方とは

関連キーワード

おすすめの記事