倦怠期中の話し合いって?電話、連絡頻度など倦怠期の乗り越え方

恋愛をしていると倦怠期が訪れやすいものです。 倦怠期の期間が来ると、彼氏との気持ちの差が生まれて毎日辛いですよね。かといって気まずい雰囲気が流れているので話し合いをするのも悩むものです。 そもそも倦怠期が訪れたときは、話し合いをした方がいいのでしょうか?それとも、一切連絡しない期間をつくるのが正解なのでしょうか? この記事では、倦怠期中に話し合いを切り出す方法具体的に話し合う内容を中心に、倦怠期の対処法やベストな連絡頻度を紹介します。 努力して相手に歩み寄ることが倦怠期の乗り越え方におけるポイントです。2人で頑張ってマンネリや倦怠期の期間を打破しましょう。

カップルに訪れる倦怠期とは?

そもそも、カップルに訪れる倦怠期とはどんな状態なのでしょうか。

まずは倦怠期の意味や内容について紹介します。

カップルの倦怠期とはどんな時期?

カップルに訪れる倦怠期は、恋人に飽きて関係がマンネリしているような状態を意味します。

倦怠期に突入して連絡頻度が3日に1回程度に落ちたり、中にはまったく連絡しないカップルもいます。倦怠期中は相手へのドキドキした感情や「会いたい」という気持ちがなくなります。

同棲などで毎日のように一緒にいたり、熱くラブラブなカップルほど倦怠期は訪れやすいです。逆に遠距離恋愛で会えなかったり、カップルらしいことを何もしていなかったがために「付き合っている意味があるのかな?」と倦怠期になる場合もあります。

カップル同士倦怠期になる場合もあれば、彼氏だけ、彼女だけと一方的に倦怠期になる場合もあります。

倦怠期は別れの危機でもあるが、重要な時期!

カップルにとって倦怠期やマンネリの時期は、マイナスで別れの危機に感じるかもしれません。

しかし倦怠期はほとんどのカップルに訪れます。いつまでも出会ったばかりのような新鮮な気持を維持できないからが理由です。

倦怠期がないカップルもいますが、大好きな状態を常に維持するカップルの方が大変珍しいです。

カップルの倦怠期は別れの危機でもありますが、お互いの信頼関係を築くための時期でもあります。カップルにとって大事なステップなのです。

倦怠期になるカップルはどれくらい?

今、あなたは彼氏と倦怠期中でモヤモヤした気持ちかもしれません。倦怠期の乗り越え方で悩みを抱えている人は男性も女性も共に多いです。

倦怠期になるカップルは半分以上いると言われています。50~70%くらいの割合で倦怠期のカップルがいます。

倦怠期の話し合いができずに悩んだり、彼氏と電話どころか連絡をするのもめんどくさいと思ってしまい、そんな自分自身にツラくなる人もいます。冷めた関係を取り戻したいものですが、簡単ではないのです。

倦怠期の話し合いの切り出し方

倦怠期中の話し合いはとても悩みますよね。

そもそも話し合いをすべきかも迷いますが、話し合いを切り出す方法がわからないパターンがあります。

たとえば1ヶ月連絡しない状況が続いたり、何を話しても喧嘩になると、彼氏に言葉をかけようと考えただけで疲れますよね。

いったい、どうすればい話し合いがスムーズに進むのでしょうか?

倦怠期中の話し合いを切り出す方法について解説します。

突然話し合いを切り出すのはNG

倦怠期中の話し合いを急に切り出すのはやめましょう。

いきなり「ちょっと大事な話がある」と伝えると驚かれてしまいますし、めんどくさいと思って話し合いに応じてくれない可能性が高いです。

特にLINEを連絡しない期間が長いカップルにとっては、相手のことが嫌いになる原因になるかもしれません。

たとえば、徐々に連絡頻度を増やしていき「これからも付き合っていきたいから2人のために一度話し合いをしよう」という流れなら自然ですし彼氏も話し合いに応じてくれやすいでしょう。

お互い心に余裕があるタイミングを狙う

倦怠期中に話し合いを切り出す場合、タイミングも成功のカギを握ります。彼氏、彼女ともにメンタルが安定しているタイミングなら話し合いが成功しやすいです。

倦怠期を乗り越えるためには直接会って、お互いへの本音や不満をぶつけることがおすすめです。そのためには冷静に話し合いができる状況がいいです。

仕事がうまくいかなくてイライラしている時期や、生活が忙しいときは避けましょう。そんなときに話し合いをして、少しでもしつこくしてしまったら余計に関係が悪化するかもしれません。

倦怠期の話し合いを切り出すのにおすすめの言葉は?

倦怠期の話し合いをする場合、自分から言葉をかけるのは勇気が必要ですよね。

特に、連絡しない期間が長い場合や、彼氏と電話したいと思わない場合、逆にしつこくしてしまったと反省している場合は、何と声をかけたらいいかわかりません。

倦怠期中のカップルにとって、お互いへの気持ちが冷めている状態で話し合いをするのはレベルが高いです。

また、マンネリしているときに話し合いという言葉はめんどくさいと思われがちです。

そのため「話したいことまとめたからちょっと聞いてもらってもいい?」「2人の将来のためにちょっと話そう」などの言葉がおすすめです。

あえて話し合いという言葉を使う方法や、彼氏に歩み寄る誠実な態度をみせる方法がおすすめです。

倦怠期の話し合いの方法

話し合いをした結果、不満が爆発してそのまま別れることになったら嫌ですよね。倦怠期中になにも行動をしないのはNGですが、行動をするときは慎重に行うべきです。

倦怠期中の話し合いの仕方について紹介しますので、話し合いをするまえにチェックをしましょう。

事前に話したい内容を準備しておく

倦怠期中の話し合いでは、お互いに歩み寄り、相手に本音をぶつけることがポイントです。

そのために、話す内容を事前に準備しておく方法がおすすめです。少しでも話し合いをスムーズにすすめる努力をしましょう。

彼氏に対してどう思っているのか、今後どうしておきたいのかを紙に書き出したりしましょう。

もしくはLINEで事前に話そうと思っている内容を彼氏に共有しておく方法もおすすめです。

相手に対して怒らない

倦怠期中の話し合いでは相手を決して責めないように注意しましょう。

話し合いのときにしつこくしてしまったり説教のようになってはいけません。彼氏の不満が大きくなって別れや距離を置く原因になってしまいます。

特に、自分のことばかり話してしまう人は注意しておきましょう。

話し合いの仕方としては、どちらかが一方的にしゃべるのではなく、同じくらい話せるのが理想的です。

そのためには、冷静に相手の話に耳を傾ける時間をとりましょう。

話の内容はシンプルにする

倦怠期中の話し合いは「めんどくさい」と思われている可能性が高いです。そのため、できるだけ話が短くなるような努力をしましょう。

将来のことや結婚のことなど、あーだこーだ言いたくなるかもしれませんが、まずは今抱える2人の問題についてのみ話し合いましょう。

直接話すとダラダラながくなる可能性があるなら、LINEで話の概要を共有しておいたりする方法でもいいでしょう。

ベストな話し合いの仕方はカップルによって異なりますが、シンプルに終わる方法を選択しましょう。

これからも付き合っていきたい意志を伝える

倦怠期中の話し合いは、言いたいことだけ言って終わりがちです。

ですが、それだけではカップルがお互いの不満をぶつけておわり重い空気が残るだけです。

「これからも長く付き合っていきたい」「いまは倦怠期だけど感謝してるし、彼氏のことが好き」など、2人の未来に前向きな言葉を伝え合うのが乗り越え方のポイントです。

2人の関係がよくなるよう努力していきたい気持ちを伝えましょう。

倦怠期の乗り越え方!倦怠期がきたときの対処法

倦怠期が訪れたときには話し合いをしたほうがいいですが、それ以外の乗り越え方もあります。

カップルがマンネリ化したときに試してほしい対処方法をまとめました。

会う頻度を減らす

倦怠期中の話し合いは直接会って行うのが理想的です。

しかし、あまりにも空気が重かったり、少し電話しただけでも喧嘩になるカップルなら、まずは会う頻度を減らすのがいいでしょう。

会う回数やデートを減らすことで、それまでは気づかなかった相手への感謝が生まれやすいです。

次第に「会いたい」「電話したい」と思うようになり、直接会ったときには素直に謝ることができるでしょう。

冷却期間をおく

倦怠期やマンネリの状況の対処法として会う頻度を減らす方法がありますが、思い切って距離を置く方法もおすすめです。

彼氏、彼女といっさい連絡しない期間を作ります。いわゆる冷却期間ですね。

連絡しない期間をつくり、自分の本音と向き合いましょう。

ただし、距離を置く期間が長すぎると自然消滅の原因になります。

一切連絡取らない期間は長くて1ヶ月がおすすめです。

事前に2人で連絡しない期間となんのために距離を置くか共有しておきましょう。

カップルにとって思い出の場所へ行く

倦怠期が訪れたカップルにとって、新鮮な気持ちを思い出すことは効果的です。

付き合う前に2人でデートした場所や、告白の場所に言ってみましょう。

最初は気分が乗らなくても大丈夫です。次第に懐かしい気持ちが蘇ってくるでしょう。

毎日の会話やLINE、電話がマンネリ化してしまったカップルにおすすめの方法です。

一緒に趣味を楽しむ

趣味に没頭をしているときって楽しいですよね。趣味を一緒に楽しむことで、お互い一緒にいること自体も楽しいと思うことができます。

ゲームやスポーツなど、共通の趣味をして一緒に楽しい時間を送りましょう。

共通の趣味がない方は、美味しいものを一緒に食べるのもおすすめです。

倦怠期中の電話やLINEの連絡頻度

倦怠期中の連絡頻度って悩みますよね。

毎日辛くて1日でも元の状態に戻りたい気持ちは分かりますが、彼女がしつこくしてしまったら逆効果です。そのため倦怠期中は毎日電話しない方がいいです。

ですが、1ヶ月連絡しないしデートももちろんしないなどあまりにも距離をおくのはNGです。

いったいどれくらいの連絡頻度がベストなのでしょうか。倦怠期中の具体的な連絡について解説します。

倦怠期中のベストな連絡頻度はどれくらい?

倦怠期中にLINEや電話をする頻度は1~2週間に1回程度がおすすめです。

倦怠期中、彼氏にしつこくしてしまったら相手の心はどんどん離れていく可能性があります。

一方で連絡しない期間が長すぎるとそのまま関係が終わってしまう原因になります。

そのためLINEや電話をするのは1~2週間に1回がいいでしょう。

徐々に連絡頻度を上げていき、直接話し合いができる状況にもっていけるのがベストです。

倦怠期中に連絡が少なすぎるのは危険!

倦怠期中、連絡しない期間が長すぎるのはNGです。

「何だか気まずいし…」「何を話したらいいかわからないから…」と連絡の頻度を1ヶ月~数ヶ月に1度くらいの割合にすると、余計に連絡がめんどくさいと思われがちです。

最終的に自然消滅をしたり別れ話に発展する可能性があるので要注意です。

2人にとってちょうどよい連絡頻度を見つけることが、とても大切になります。

カップルに倦怠期が訪れやすいタイミング

倦怠期の乗り越え方で悩んでいるのはあなただけではありません。

多くのカップルが倦怠期で悩んでいます。倦怠期中は辛いですが、カップルが成長するためのチャンスでもあります。

そもそも、カップルに倦怠期がやってくるのはいつごろなのでしょうか?倦怠期が訪れやすい時期について解説します。

カップルに倦怠期が訪れやすい時期とは

倦怠期が訪れやすい時期として、付き合って3ヶ月前後が挙げられます。

カップルによってマンネリになるタイミングはそれぞれですが、1ヶ月を過ぎたあたりから倦怠期になるカップルの割合がじわじわと上がってくるようです。

付き合った当時の「大好き!」「毎日電話したい!」という気持ちが落ち着いてきたり、ドキドキした感覚がなくなってくると倦怠期になりやすいです。

LINEなどの連絡頻度が減ってくるだけではなく、セックスの回数も減ったりセックスレスになります。

彼氏、彼女がとなりにいて当然な状況になると倦怠期がやってきやすいです。

倦怠期のカップルの特徴

倦怠期がきたら辛いですが、乗り越え方を知り、彼氏と2人で向き合っていきましょう。

倦怠期がきたカップルの特徴を紹介します。

彼氏、彼女へのドキドキがなくなる

倦怠期がやってくると付き合った時期のようなワクワク感、ドキドキ感がなくなります。

また、彼氏が隣にいることが当たり前になると、感謝を忘れてしまいがちです。

次第に、お互いに不満をぶつけるようになったり、相手を思いやる努力をしなくなります。

LINEや電話の頻度が減る

カップルに倦怠期がくると、電話やLINEの連絡頻度が低くなります。

それまでは朝から夜までLINEしていたのに、突然まったく連絡しない期間がやってくるカップルもいます。

連絡頻度が減るのはほぼすべての倦怠期カップルにみられます。

話し合いを避ける

倦怠期の乗り越え方として、話し合いをする必要があります。

ですが、マンネリの時期になるとめんどくさがって話し合いを避けるようになります。

これまれは喧嘩をするたびに話し合いで解決していたのに、話し合おうとすると避ける態度を取るようになります。

直接「今から話し合いしよ!」と言っても応じてくれない可能性が滝ので、まずは電話やLINEで自然に話せる状態に持っていきましょう。

会うたびにイライラして喧嘩になる

付き合った当時は、こんなに完璧な相手いない!と思っていても、時間がたつにつれて嫌なところが見えてくるものです。

デートのたびに喧嘩になったり、少し電話しただけでも口喧嘩になります。

そんなときは無理して連絡しないのがおすすめです。

「彼氏、彼女がいてくれるのってあたりまえじゃないんだな」と、お互いの存在に感謝できるようにしましょう。

セックスの頻度が減る

倦怠期中のカップルはセックスの頻度が減る傾向にあります。

恋人とセックスレスになるパターンもあります。

また、デート中に手を繋ぐカップルが倦怠期になった途端ぱったりスキンシップをとらなくなるのもよく見られる状況です。

相手への思いやりがなくなる

倦怠期は相手への思いやりがなくなります。

彼氏、彼女がどう思っているかを考えることができなくなります。

まずは相手への感謝と思いやりの気持ちを取り戻すことが、倦怠期を1日でも早く終わらせるためにおすすめの方法です。

倦怠期を乗り越えるためのポイント

話し合いの結果、倦怠期の原因やお互いの本音を知ることができれば、マンネリ解消にグッと近づきます。

2人で倦怠期を乗り越えてラブラブなカップルに戻るためには、どんな努力をすべきでしょうか。

最後にカップルが倦怠期を乗り越えるためのポイントを紹介します。

自分が変わるチャンスだとプラスに捉える

カップルにとって、倦怠期中は辛いです。

特に、彼氏と毎日連絡をとりたい女性からしたら、全く連絡しない期間はたった1日でも嫌ですし大きなストレスです。できれば倦怠期を長引かせたくないと思うのは自然なことです。

倦怠期を終わらせたいならまずは、自分自身を変える努力をしてみましょう。

彼氏に歩み寄る態度を見せることができればベストですが、関係がギクシャクしているとなかなかできません。そのため、まずは自分磨きをしてみる方法がおすすめです。

友達と一緒に出掛けたり仕事に打ち込んだり、習い事を始めるなどして時間を彼以外に使いましょう。

生き生きとしていれば気持ちが前向きになります。彼氏と話し合いをしたときも、ポジティブに進めることができるでしょう。

本音をぶつけ合う勇気を持つ

話し合いをすることで、倦怠期を乗り越えられる可能性がグッとあがります。

話し合いは正直めんどくさいと思うかもしれませんし、自分の弱みを見せたくないと思うかもしれません。一歩失敗したら別れるかもしれないので不安な気持ちもあるでしょう。

ですが問題を解決できなくては、前に進めません。そして問題を解決するのは原因と対策を把握することが大切です。だからこそまずは話し合いをして自分をさらけ出してみてください。

お互いが本音で話すことができれば、なぜ倦怠期になったのか原因がわかるはずです。

倦怠期の原因がわかればあとは解消するだけです。お互いが感じていた違和感やモヤモヤが消えて嘘のように良い関係に戻れるかもしれません。

相手への感謝をもつ

倦怠期のときは自分本位になったり、当たり前のことを忘れがちです。

倦怠期だからこそ、相手への感謝、相手を理解する気持ちを忘れないでください。

お互いに歩み寄り、思いやることで倦怠期を乗り越えることができるでしょう。

話し合いは大切!お互いが歩み寄ることで倦怠期は乗り越えられる

倦怠期中の話し合いを切り出す方法や、話し合うべき内容などお伝えしました。

彼氏との関係がマンネリになると、話し合いをすべきか悩むかもしれません。ですが、話し合いができる状況ならするべきです。

2人でこれからも素敵な未来を歩みたいのなら、お互いに本音をぶつけ合いましょう。相手が自分のことをどう思っているのかを知ることで、倦怠期を乗り越える道がきっと開けてくるはずです。

関連記事
彼氏と話し合いのポイントは?話し合いを避ける彼氏への対処法

彼氏と話し合いのポイントは?話し合いを避ける彼氏への対処法

彼氏と話し合いができない!切り出し方&タイミング

彼氏と話し合いができない!切り出し方&タイミング

夫婦の話し合いは大切!上手に話し合いを進めるコツ

夫婦の話し合いは大切!上手に話し合いを進めるコツ

倦怠期はいつくる?いつ終わる?乗り越える方法

倦怠期はいつくる?いつ終わる?乗り越える方法

関連キーワード

おすすめの記事