付き合って半年たったら読んで!倦怠期を乗り越えるための注意点

付き合って半年経つと、トキメキを感じることが減ってくるでしょう。

彼氏からのLINEを待ち遠しく思うことも、デートが楽しいと思うこともなくなると、「これから大丈夫かな?」と不安を感じるはずです。

今回は、「倦怠期を乗り越えるための注意点」や「半年でやってくる倦怠期の特徴」を紹介します。

付き合って半年を迎えたときの注意点

付き合って半年を迎えて、「彼氏と一緒にいるのに楽しくない」と感じている人は多いでしょう。

これからの二人の関係が大きく変わってくる時期なので、さまざまな注意点があります。

まずは、付き合って半年を迎えたときの注意点を見てみましょう。

注意点➀:嫌な部分を知ってしまう

付き合って半年経つと、お互いの嫌な部分を知ってしまいます

理想の男性と思っていたのに、「意外とだらしなくて嫌気がさす」「嫉妬や束縛がひどくてストレスを感じる」など恋人に対して不満を感じることが増えるでしょう。

不満を溜め込むか、きちんと不満を対処するか、どう対処するかで二人の関係が変わります。

注意点➁:マンネリ化・飽きてくる

付き合って半年一緒にいると、やることなすことワンパターン化してしまいます

会話やLINEのやり取りにときめきを感じなくなったり、毎回同じパターンのデートをしたり、エッチだってどきどきを感じなくなってくるでしょう。

付き合いがマンネリ化すると、気持ちにスレ違いが生じてうまくいかなくなってしまいます

早めにマンネリ解消をしないと、このまま関係が終わってしまうかもしれません。

半年でやってくる倦怠期の特徴とは

多くのカップルは、付き合って半年経つと倦怠期に突入してしまうでしょう。

倦怠期はきちんと対処をすることで関係を改善できるのですが、倦怠期と気づくことができないと、ただ気持ちが冷めたと思い込んでしまいます。

ここでは、半年でやってくる倦怠期の特徴を紹介します。

付き合って半年を迎えたときの注意点と合わせてチェックをしてみてください。

倦怠期の特徴➀:ときめきを感じられない

付き合いはじめたころは、恋人のやることすべてに「かっこいい」「本当に大好き」とときめきを感じていたのに、付き合って半年経つとその気持ちは落ち着くものです。

ときめきやドキドキを感じなくなり、「付き合っているけどつまらないな」「本当に恋人のことが好きなのかな」と自分の気持ちに不安を感じてしまうでしょう

一緒にいたら次第に慣れてくるものですが、「慣れ」ではなく「気持ちが冷めた」と勘違いをしてしまうと、二人の関係が破局に向かってしまうことがあります。

倦怠期の特徴➁:恋人といる時間が減る

付き合って半年経つと、「恋人といるより一人でいたい」「デートをするくらいなら友達と遊びたい」と恋人といる時間が減ってしまいます

一緒にいても楽しくない・つまらないと思ってしまうからこそ、一人の時間や友達を優先したくなるのでしょう。

このまま何もせずに距離を置き続けると、余計に関係改善が難しくなってしまいます。

付き合って半年の倦怠期を乗り越える方法

付き合って半年の倦怠期は、きちんと乗り越えないと恋人との関係が終わってしまいます。

どのように倦怠期を乗り越えたらいいのか、以下の方法を見てみましょう。

乗り越える方法➀:二人で新しい楽しみを見つける

付き合って半年の倦怠期は、慣れ・飽きの状態です

慣れや飽きは、新しいことを取り入れないと気分を変えることができません。

美味しいものを食べ歩いたり、旅行へでかけるなど、二人で楽しめる新しいことをはじめると、慣れ・飽きの感情を失くすることができるでしょう

楽しい・嬉しいといった感情の共有は、二人の距離と縮める効果があります。

乗り越える方法➁:あえて距離を置いてみる

付き合って半年の倦怠期は、「恋人と一緒にいるとイライラする」「LINEのやり取りがめんどくさい」とネガティブな感情を抱いてしまうでしょう。

そんな心理状態のなかで、無理に彼氏と一緒にいようとすると、「なんで自分だけ頑張っているのに恋人は何もしてくれないの?」と返って気持ちが離れてしまいます。

恋人とうまく付き合ううえで大事なことは、お互いが無理をしないことです

無理をせず、あえて距離を置いて今の付き合い方を冷静に見つめ直してみましょう

倦怠期になった原因や解決策を見つけることができるでしょう。

半年たってもラブラブなカップルの特徴

すべての付き合って半年カップルが倦怠期になっているわけではありません。

付き合って半年経つけどラブラブなカップルはたくさんいます。

今度は、半年経ってもラブラブなカップルの特徴を見てみましょう。

ラブラブなカップルの特徴➀:記念日やイベント日を大事にしている

付き合って半年経ってもラブラブなカップルは、記念日やイベント日を大切にしています

付き合った記念日はもちろんですが、二人の誕生日やクリスマスなどのカップルにとって大事なイベント日を一緒に過ごして恋人同士であることを再認識したり、「なんだかんだで恋人のことが大好き」と自分の気持ちを見つめ直しています。

付き合っている実感を持つことが、いつまでもラブラブになれる秘訣です。

ラブラブなカップルの特徴➁:一人の時間を大切にしている

お互いの一人の時間を大切にしているカップルは、付き合って半年たってもラブラブです

お互い好き同士でも常に一緒にいたら疲れてしまいますし、やることがワンパターン化してしまって、マンネリ化することを知っています。

お互いに一人の時間を持って、趣味を楽しんだり友達と遊んで気分をリフレッシュさせて、できるだけ新鮮な気持ちを失くさないようにしています。

付き合って半年!マンネリの対処法

付き合って半年経ったら、倦怠期を迎えてしまうことになるでしょう。

しかし、倦怠期になったときにどう対処するかで今後の関係が変わります。

以下に2つのマンネリの対処法を紹介するので、倦怠期を乗り越えるための注意点と合わせて、しっかり覚えておきましょう。

マンネリの対処法①:付き合い方を変える

付き合って半年のマンネリは、新しい何かを取り入れることで解消できます

二人で楽しめる新しいことをはじめてもいいですが、そもそもの付き合い方を変えてみましょう。

毎日LINEで連絡を取り合っているカップルは、LINEの頻度を減らしてみたり、時間が合わなくてデートができないカップルは、デートでなくてもお互いの家でまったりと過ごしたりと、今の付き合い方を変えるだけで気分を変えることができます

お互いに無理なく新鮮さを取り入れられるため、今の付き合い方を変えてみましょう。

マンネリの対処法➁:サプライズをする

毎回同じデートをしたり、義務的にLINEのやり取りをしていたら、いくら好き同士であろうと「付き合っているのに楽しくない」「恋人といるぐらいなら一人がいい」と思ってしまいます。

ときめき・どきどきを感じなくなったために、気持ちが冷めてしまうのです

マンネリを解消して前のようなラブラブなカップルに戻りたいなら、恋人に対してサプライズをしてみてはいかがでしょうか

恋人好みにガラッとイメチェンをして驚かせたり、恋人への思いを書いた手紙をあえて郵便で送ってみたりと、何かサプライズをすることで忘れかけていた気持ちを取り戻せるはずです。

無理なく、あなたにできるサプライズをしてみてください。

さいごに

「倦怠期を乗り越えるための注意点」や「半年でやってくる倦怠期の特徴」を紹介しました。

付き合って半年経ったら倦怠期になってしまいますが、倦怠期を乗り越える注意点に気をつけなければ、二人の関係を改善することが難しくなってしまいます。

倦怠期を乗り越える注意点に気をつけて、ラブラブなカップルになりましょう。

関連記事
早い?普通?付き合って半年で結婚を意識する心理
遠距離だけど半年記念日は会いに行く?おすすめプレゼント
このデートはNG!長続きするカップルがしないデートとは

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!