付き合って半年で気持ちは変わる!倦怠期を乗り越える方法

付き合って半年がたつとトキメキを感じることが減ってきて、付き合ったばかりのときと比較すると気持ちが変化していると思います。 彼氏からのLINEを待ち遠しく思うことも、ドキドキすることも減ってくるので、半年が経過したカップルがマンネリとした倦怠期になるのはよくあることです。 この記事は交際して半年が経過し、倦怠期に突入したカップルの解決方法についてを紹介しています。いつまでもラブラブでいたい人は要チェックです。

付き合って半年の気持ちの変化

半年経過した男性心理

男性の多くは、付き合ったばかりの頃は彼女にいいところを見せたいという気持ちが高く、本来の自分よりも見栄を張ったりかっこつけようとします。でも半年が経過するとそんな緊張感が薄れて彼女に本来の自分の姿を見せるようになります。

ある意味これこそが彼氏の素の姿なのですが、以前よりも冷たくなったり、扱いが雑だと感じるかもしれません。

半年経過した女性心理

女性の多くは付き合ったばかりの頃「この人…本当に大丈夫なのかな?」 「私と相性が合うのかな?」と警戒をしています。ですが半年も経過をすると、そんな警戒心が晴れて彼氏への好きという気持ちがいっぱいになります。そして彼氏との結婚や将来のことなど、未来のことも想像をする傾向があります。その結果、付き合った当初とは違う好きだからこその不安を持ち出す傾向があります。

男性心理と女性心理の6ヶ月目の変化まとめ

  • 男性・女性共に緊張感が解ける
  • 男性はかっこつけた姿でなくありのままの姿を見せ始める
  • 女性は彼氏との将来を考え始める

半年でやってくる倦怠期の特徴

カップルの多くは付き合って半年経つと倦怠期に突入します。倦怠期はきちんと対処をすることで関係を改善できるときもあるのですが、倦怠期と気づくことができなかったり、何もしないでいると「気持ちが冷めたんだ…もう好きじゃないのかな…」「私達は合わないのかな…」と思い込んでしまいます。

今の2人の状況が倦怠期なのか、ぜひチェックをしてみてください。

特徴1: プレゼントが減った

「付き合ったばかりの頃はサプライズやプレゼントをたくさんしてくれたのに、最近は全然してくれない…」それは倦怠期の特徴の1つです。

彼氏が金銭的や時間的に余裕がないのに無理をしてサプライズやプレゼントをしていた場合は、ある程度は妥協をすることが大切です。ですが「大事にされていないのかな?」と不安にもなりますよね。

「以前くれた○○!今も大切にしているよ!」と過去に彼氏からもらったプレゼントやサプライズの話をして、彼氏の反応をみてみましょう。

特徴2: 喧嘩が増えた

付き合って半年経過すると、お互いに良いところだけでなく嫌なところも知るようになり、その結果、喧嘩をしやすくなります。

性格というのは中々直すことは難しいため、同じ原因の喧嘩を繰り返している場合は相手の嫌なところを受け入れられるか、そして自分の指摘されている部分をもう少し直せないか、考えてみるのもいいでしょう。

特徴3: キスの回数が減った

付き合ったばかりの頃はキスやセックス、ハグ、握手などのスキンシップが多かったのに最近はだいぶ減った…これは典型的な倦怠期の特徴です。

スキンシップをすると幸せホルモンである「オキトシン」が分泌されて、お互いの愛が深まりやすくなります。スキンスップが減ったなと思ったら、自分から彼氏に触れて彼氏の幸せホルモンを分泌させましょう!

特徴4: LINEがシンプルになった

「うん」「そうなんだね」そんな適当なLINEばかりになると、不安にもなるしイライラもしますよね。

元々LINEが苦手な人であったり、忙しくてそうなってしまっている可能性もありますが、以前よりもLINEがシンプルになったと感じる人はさりげなく彼氏に聞いてみるといいでしょう。

特徴5: 半年記念日に何もない

半年記念日は毎月の記念日よりも特別ですよね!それなのに記念日に何もない…あるいは忘れていた…なんてことがあったらそれは倦怠期です。好きな人なら記念日を大事にしてくれるはずなのに、かなり不安になりますよね。

記念日デートは半年が過ぎてからでもいいので、あなたが主催になってでも開催することをオススメします。イベント事はカップルがマンネリをしないためにとても重要だからです。

特徴6: ときめく事が減った

付き合いはじめたころは、恋人のやることすべてに「かっこいい」「本当に大好き」とトキメキを感じていたのに、付き合って半年経つとその気持ちは落ち着くものです。

トキメキやドキドキを感じなくなり「付き合っているのにつまらないな」「本当に恋人のことが好きなのかな」「彼氏に冷めたかも…」と自分の気持ちに不安を感じてしまうでしょう。

一緒にずっといたら当然、次第に慣れてくるものですが「慣れ」ではなく「気持ちが冷めた」と勘違いをしてしまうと、2人の関係が破局に向かってしまうことがあります。

特徴7: デートや会うことが減った

付き合って半年経つと「恋人といるより一人でいたい」「デートをするくらいなら友達と遊びたい」と恋人の優先度が下がってしまうときがあります。

忙しくて恋愛以外のことも優先させたいだけのときもありますし、マンネリをして「一緒にいても楽しくない…つまらない…」と思ってしまい一人の時間や友達を優先したくなる場合もあるでしょう。

このまま何もせずに距離を置き続けると、余計に関係改善が難しくなってしまいます。

半年で別れるカップルが多い理由

① 嫌な部分を知るから

付き合って半年がたつと、お互いの良い部分だけでなく嫌な部分も知ってしまいます

理想の男性と思っていたのに「意外とだらしなくて嫌気がさす」「嫉妬や束縛がひどくてストレスを感じる」など恋人に対して不満を感じることが増えるでしょう。

不満を溜め込むか、きちんと不満を対処するか、どう対処するかで2人の関係が変わります。不安を溜め込むと不安はどんどん大きくなってしまい、大きなケンカや別れに発展することが多いです。

② 関係に飽きたから

付き合って半年一緒にいると、やることなすことがワンパターン化してしまいます。

会話やLINEのやり取りにときめきを感じなくなったり、毎回同じパターンのデートをしたり、エッチだってドキドキを感じなくなってくるでしょう。

マンネリ化するとだんだん関係に飽きて、そして相手に冷める場合があります。早めにマンネリを解消することが大事です。

付き合って半年の倦怠期を乗り越える方法

付き合って半年の倦怠期は、きちんと乗り越えないと恋人との関係が終わってしまい別れることになってしまいます。

どのようにして倦怠期を乗り越えたらいいのか、いくつか対処法を紹介するので試してみましょう。対処法を試すほど、きっと関係が改善できるはずです!

手紙を書く

手紙はLINEのメッセージや電話よりも思いが伝わりやすいです。またもらったら嬉しいですよね!「物よりも手紙が欲しい!」という人もいるほど、手紙の効果は絶大なのです。

倦怠期でマンネリを感じたときは、手紙で彼氏の愛する思いを文字にしましょう。きっと思いが伝わるはずです。

ただし不安な気持ちばかりを書くと「思い」ではなく「重い」になってしまいますので、言われて嬉しい言葉や愛のある言葉をたくさん書いてください。

サプライズをする

毎回同じデートをしたり、義務的にLINEのやり取りをしていたら、いくら好き同士であろうと「付き合っているのに楽しくない」「恋人といるぐらいなら1人がいい」と思ってしまいます。トキメキ・ドキドキを感じなくなったために、気持ちが冷めてしまうのです。

マンネリを解消して前のようなラブラブなカップルに戻りたいなら、恋人に対してサプライズをしてみてはいかがでしょうか。

恋人好みにガラッとイメチェンをして驚かせたり、ちょっとしたプレゼントを渡してみたり、何かサプライズをすることで忘れかけていた気持ちを取り戻せるはずです。無理なく、あなたにできるサプライズをしてみてください。

いつもと違うデートをする

付き合って半年の倦怠期は慣れ・飽きの状態です。慣れや飽きは、新しいことを取り入れないと気分を変えることが難しいです。

美味しいものを食べに行ったり、旅行へでかけるなどいつもと違うデートをしたり、2人で楽しめる新しいことをはじめると、慣れ・飽きの感情を失くすることができるでしょう。楽しい・嬉しいといった感情の共有は、2人の距離を縮める効果があります。

大好きと言葉にする

マンネリや倦怠期を感じているとき、愛を言葉にして伝えているのかを振り返ってみてください。もし最近お互いに「愛している」の言葉を交わしていないなと思う人は、言葉にして彼氏に伝えてみましょう。

「愛している」が性に合わなかったり恥ずかしいときは「大好き」「好きだよ!」でもいいです。「私のこと好き?」と聞くよりも、自分が好きだという気もちを相手に伝えることが先です。

シャイな彼氏は中々「好きだよ」と言葉にしてくれないかもしれませんが、あなたの好きな思いを伝え続けるときっと言葉にしてくれるはずです。

付き合い方を変える

付き合って半年のマンネリは、新しい何かを取り入れることで解消できることがあります。先程ご案内したような2人で楽しめる新しいことを始めてもいいのですが、そもそもの付き合い方を変えてもいいでしょう。

毎日LINEで連絡を取り合っているカップルは、LINEの頻度を減らしてみたり、時間が合わなくてデートができないカップルはデートでなくてもお互いの家でまったりと過ごしたりと、今の付き合い方を変えるだけで気分を変えることができます。

お互いに無理なく新鮮さを取り入れられるため、今の付き合い方を変えてみましょう。

最終手段はあえて少し距離をとってみる

付き合って半年の倦怠期で上記の方法を試しても改善しなかったり、あるいは「恋人と一緒にいるとイライラする」「LINEのやり取りがめんどくさい」とあなたがネガティブな感情を抱いてしまっているのなら、あえて距離をおくのもオススメです。

不安定でどうしようもない心理状態のなかで、無理に彼氏と一緒にいようとすると、「なんで自分だけ頑張っているのに恋人は何もしてくれないの?」と返って気持ちが離れてしまいます。恋人とうまく付き合ううえで大事なことは、お互いが無理をしないことです。

無理をしていると思っている方は、あえて距離を置いて今の付き合い方を冷静に見つめ直してみましょう。倦怠期になった原因や解決策を見つけることができるかもしれませんし、お互いの大切さに気づけるかもしれません。

別れる可能性UP!半年でやってはいけないこと

付き合って半年を迎えて「彼氏と一緒にいるのに楽しくない」と感じている人は少なくないのがわかりましたね…。半年というのは、お互いのことが良い点も悪い点もわかるようになる時期なので、さまざまな注意点があります。

今度は、付き合って半年を迎えたときの注意点を見てみましょう。

彼氏を試す

彼氏の気持ちを確かめるために、わざと他の男性を匂わせたり、嫌いなふりをして、彼氏を試すのはやめましょう。

倦怠期のシビアな時期に試すことをしてしまうと「何を考えているのかわからない…めんどくさい女だったんだな…」と悪い印象をもたれて冷められてしまう可能性があります。

疑いまくる

「他に好きな人ができたのかな?」「もう私のことは愛していなくて冷めたのかな?」そんな不安を1回ぐらいなら彼氏にぶつけてもいいかもしれませんが、何度もしつこく疑いまくってしまうと「しつこいな!」と思われて、本当はなんでもなかったのに疑っていたことが現実になってしまう恐れがあります。

疑う気持ちもわかりますが、疑う気持ちをそのまま彼氏にぶつけるのは避けるようにしましょう。

マンネリな態度をやり返す

彼氏に冷たくされたり適当な態度をされてムッとしても、やり返すのはNGです。やり返すことによってマンネリが加速する恐れがありますし、本当に冷められてしまう場合があります。やり返すのはでなく、向き合う姿勢をとりましょう。

半年経ってもラブラブ !倦怠期がないカップルの特徴

すべてのカップルが倦怠期になっているわけではありません。なかには半年など付き合った時期に関係なくいつまでもラブラブなカップルもいます。半年経っても倦怠期しらずのラブラブなカップルには特徴があります。

記念日やイベントを大事にしている

付き合って半年経ってもラブラブなカップルは、記念日やイベントを大切にしています。

付き合った記念日はもちろんですが、2人の誕生日やクリスマス、バレンタインデー、ホワイトデーなどのカップルにとって大事なイベント日を一緒に過ごして恋人同士であることを再認識したり「なんだかんだで恋人のことが大好き」と自分の気持ちを見つめ直しています。

マンネリ防止にもなり、付き合っている実感をもつこともできるため、いつまでもラブラブになれる秘訣です。

結婚や将来の話をしている

マンネリや倦怠期でも、将来を感じるなら長い目で考えることができるので乗り越えることができるでしょう。

結婚についてどう思っているのか、これからどんな人生を歩もうとしてるのか、そんなことを2人で話してみましょう。

話し合った結果2人の考えにズレを感じたときは、どうしたら同じ道を歩めるのかについても話し合ってみるといいかもしれません。深い話をすると絆が深まりやすくなります

1人の時間も大切にしている

お互いの1人の時間を大切にしているカップルは、付き合って半年たってもラブラブです。

お互い好き同士でも常に一緒にいたら疲れてしまいますし、やることがワンパターン化してしまって、マンネリ化しやすいです。

お互いに1人の時間を持って、趣味を楽しんだり友達と遊んで気分をリフレッシュさせて、できるだけ新鮮な気持ちを失くさないようにしています。

ラブラブすぎるのも危険

先程1人の時間も大切だとご案内したとおり、ずっと一緒にいるとマンネリしてしまうことがあります。

あまりにもラブラブなカップルは、常に一緒にいてくっついているため、時間がたつとそれがトキメキやドキドキではなく当たり前になり、何をしてもマンネリしてしまうことがあります。

周りでもすごくラブラブだったのに急に別れるカップルを見たことがあるのではないのでしょうか?長続きしたいなと思うなら、どんなに相手が好きでも自分の時間もお互いに大事にしたほうがいいのです。

状況別!半年で注意をすること

倦怠期になったときにどう対処をするかで今後の関係が変わります。不安な気持ちにとらわれず、冷静に対応しましょう。

遠距離恋愛の場合

遠距離恋愛の場合は付き合った最初の頃は「私たちなら遠距離恋愛でも乗り越えられる」と強い思いがありますが、時間が経過するほど「会いたい…」と辛い気持ちが増してしまい、その結果、倦怠期になりやすい傾向があります。

付き合って半年経過してくると辛すぎて「身近な人と付き合ったほうがいいのかな?」「別れたほうが楽なのかな?」という思いがよぎってきますし「彼氏は浮気をしていないかな…」なんて確かめられないからこそ不安もあるでしょう。

遠距離恋愛を乗り越えるには、できるだけ毎日テレビ電話をしたり、郵便でサプライズのプレゼントを送り合いっこしたり、可能なら次に会える日を決めるといいでしょう。

関連記事
遠距離の彼氏と半年会ってない…別れたほうがいい?

遠距離の彼氏と半年会ってない…別れたほうがいい?

彼氏が倦怠期になった…どうしたらいい?乗り越える接し方

彼氏が倦怠期になった…どうしたらいい?乗り越える接し方

なぜ?新婚夫婦なのに倦怠期が来た!乗り越える方法

なぜ?新婚夫婦なのに倦怠期が来た!乗り越える方法

中学生・高校生の場合

中学生や高校生は恋愛経験がまだ多くはないので、特にコミュニケーションが難しく不安になることが多いと思いです。また受験や部活でなかなか会えなかったり、連絡がとれないときもあると思いますし、金銭面も余裕がないので大きなサプライズや旅行も行けないと思います。大人ならできるマンネリ対策ができないことが多いのです。

そんな中学生や高校生カップルが倦怠期を乗り越えるには、可能なときはたくさん会うことです。ただ公園で一緒にお話をするだけでもいいので、会う時間をできるだけ作るようにしましょう。

倦怠期を乗り越えることはできる

「倦怠期を乗り越えるための注意点」や「付き合って半年がたったカップルの特徴」を紹介しました。倦怠期になってもうまく対処すれば、2人の関係を改善することができるはずです。

倦怠期を乗り越える注意点に気をつけて、ラブラブなカップルになりましょう。

関連記事
半年以上も元彼を引きずっている...音信不通から復縁する方法

半年以上も元彼を引きずっている...音信不通から復縁する方法

彼氏が倦怠期になった…どうしたらいい?乗り越える接し方

彼氏が倦怠期になった…どうしたらいい?乗り越える接し方

倦怠期中のLINEはつまらない!乗り越え方とは?

倦怠期中のLINEはつまらない!乗り越え方とは?

倦怠期中は会わないほうがいい?その期間何をするべき?

倦怠期中は会わないほうがいい?その期間何をするべき?

倦怠期中でデートもつまらない…乗り越え方とは?

倦怠期中でデートもつまらない…乗り越え方とは?

関連キーワード

おすすめの記事