彼氏を傷つけたときの対処法!別れを回避する仲直り方法

自分のせいで彼氏を傷つけたら落ち込みます。大切な恋人を悲しませたときの顔を思い出すと胸が痛みます。心の底から反省するでしょう。 あなたが「彼氏を傷つけてしまったけど関係を修復したい」と後悔しても、彼氏は別れを考える事態に発展してしまうこともあります。 では彼氏を傷つけてしまったときには、どう対応すれば別れを回避して元のような関係に戻ることができるのでしょうか。 彼氏に傷つくことを言ってしまったり、浮気の噂話を間に受けたり、彼氏を落ち込ませた理由はカップルによってさまざまです。 彼氏を悲しませてしまったら、その後が非常に大切です。彼氏を傷つけたときの対処法を詳しく解説します。

彼氏を傷つけた瞬間はどんなとき?

大切な彼を傷つけてしまうと心の底から反省します。傷ついた彼氏に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

まずは「彼氏を傷つけたかも...」と感じる瞬間を紹介します。

いったいどんなときに大切な恋人を悲しませてしまうのでしょうか。

彼氏にひどいことを言ってしまったとき

彼氏を傷つけたら心の底から反省するでしょう。普段優しい彼氏を悲しませてしまったら後悔しますよね。

彼氏を傷つけた原因として特に多いのが彼女のひどい発言です。

いくら仲の良い恋人でもいっていい言葉と悪い言葉があります。

たとえ冗談でも「それでも彼氏?」「なんか最近つまんない」など言われたら彼氏のプライドは傷つきます。

あとから反省しても傷ついた彼氏はひどく落ち込んでいます。

言われた言葉がトラウマになって関係の修復ができないパターンもあります。

彼氏のコンプレックスをいじってしまったとき

彼氏を落ち込ませてしまった理由として、彼氏がコンプレックスに思っている部分をいじってしまったことがります。

自分のせいで彼氏を傷つけた場合、あとから気づいて後悔することがあります。

身長が小さい、すぐ忘れるなどはその例です。言葉を言った側はなんとも思っていなくても、彼氏にとっては直したくてもどうしようもできないコンプレックスかもしれません。

彼氏のプライドを傷つけたら別れにつながる場合もあります。特に嫌な部分を面白がって言われたら優しい彼氏でもとても悲しみます。

彼氏と元彼を比べてしまったとき

元彼と比べられたら、彼氏のプライドが傷つきます。

「前の彼氏はもっとLINEしてくれたよ」「前の彼は〇〇って言ってた」など、自分と元彼を比較するような対応をされたら嫌な気持ちになります。

まだ元彼を忘れられてないんだ...悲しませてしまったり、傷つけたりすることにつながります。

もしかすると、恋人は内心「まだ元彼のことが好きなら別れて復縁したら?」と思っているかもしれません。

彼氏を傷つけてしまったエピソード

彼氏を傷つけたら申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

反省しているのに彼氏を傷つけてばかりだと「もういっそのこと相手のために別れたほうがいいの?」と考えるかもしれません。

しかし、彼氏を傷つけてどうすればいいかわからなくなっているあなただけではありません。

実際に彼氏を傷つけた経験のある女性たちの声を見ていきましょう。体験談を紹介します。

20代 女性

何度も彼氏を傷つけたことがあります。

私は生理が来るといつも恋人に当たってしまいます。

ひどい暴言を吐いたり無視するなど冷たい態度をとって彼氏を落ち込ませてしまったことが何回もあります。

何度も彼氏のプライドを傷つけた経験があります。

傷ついた彼氏を見るのは辛いですし、毎回別れを覚悟しています。

情緒不安定が原因で彼氏を傷つけてしまうパターンです。

何度も彼氏を傷つけてしまうのにやめられないと悩んでいる女性がたくさんいます。

自分のせいで彼氏を傷つけてばかりだと別れを意識してしまいます。

20代 女性

この間彼氏の自宅に行った時、私は生理だったので恋人とセックスをすることができませんでした。

エッチする気分じゃなかったけど彼氏はエッチしたかったみたいで...

ごめん今日はそういう気分じゃないんだと断ったのが、彼氏を傷つけたようです。

確かに、sexを断られたら自信をなくしますよね。彼氏のプライドを傷つけたので心が痛みます。

セックスが原因で彼氏を傷つけたパターンも多いです。

セックスを断っただけではなく、セックス中に彼女が感じてくれないなど、エッチの最中に彼氏を傷つけてしまう状況もあります。

彼氏を傷つけた原因を考えよう

自分のせいで彼氏を傷つけたら、繰り返さないようにきちんと対応しなければダメです。

あなたは別れたくないと思っても、彼氏は別れたいと思っているかもしれません。

「もしかした彼氏を傷つけたかも...」と確信がない場合でも反省すべきです。

いったい、彼はどんなことで傷ついてしまったのでしょうか?まずは彼氏を傷つけた原因を理解しましょう。

原因を知ることで彼氏を傷つけたあとの正しい対処法もわかってきます。

彼氏を傷つけた原因:容姿に対する発言

女性は、自分の容姿に対することを言われるのは嫌いますが、男性に対しては結構はっきりきっぱりと、容姿に対することを言ってしまいがちです。

背が低い・太っている・汗臭い・私服ダサいなど、彼女に指摘されることで意外に多くの男性が傷ついた経験があるようです。

彼女に言われてもなかなか改善が難しいものや、昔から自分で気にしていることを言われてしまうと、男性でも傷ついてしまうのです。

彼氏を傷つけた原因:性格に対する発言

性格に関しても容姿に対する発言と同じで、女性は遠慮なく指摘してしまうことがあります。

とくに、「ケチ」「頼りない」など男性のプライドを傷つけてしまうような発言は、なかなか立ち直ることができません。

心に刺さって傷つけてしまったケースが多いので、そう感じても口にしない方がいいでしょう。

また、性格だけでなく行動に対する発言でも彼氏のプライドを傷つけてしまうことがあります。

セックス中、LINEや電話の連絡、デート中などあなたのふとした言葉で落ち込ませてしまったかもしれません。

彼氏を傷つけた原因:彼氏の仕事や収入に対する文句

女性は友達同士で、彼氏や夫の仕事や年収の話をすることがあります。

直接的な話をしなくても、身に付けているものやライフスタイルによって感じ取れる部分も多いため、自分のステータスとしてお金は大切です。

しかし、たとえば収入は少なくても仕事に打ち込んでいる男性もいます。「給料少ないね」「もっといい会社に行けば?」「ブラックだね」なんて言葉をかけたら、彼氏を傷つけてしまうでしょう。

あなたは、彼氏に向上心を持ってほしいと思い伝えたことも、逆に彼氏との関係を悪化させてしまう可能性の方が高いでしょう。

彼氏を傷つけたときの対処法

彼氏のプライドを傷つけたから謝りたいと思っても、いつ謝れば良いんだろう、どんな言葉で謝ればいいんだろうと、関係の修復方法に悩むでしょう。

彼氏を悲しませてしまったら、本気で反省しましょう。そして、そのあとどうやって関係を修復するかが大切です。

彼氏を傷つけてしまったらどうすればいいのでしょうか?恋人を傷つけたあとの対処方法を紹介します。

彼氏を傷つけたときの対処法:とにかく謝る

自分のひどい言葉や行動で彼氏を傷つけてしまった...悪いのは自分だけど別れたくないから仲直りしたい...

そう感じたとき、とにかく真っ先に謝るようにしましょう。

傷つけたあといちど距離を置いて、いわゆる冷却期間を設けるのがいい場合もあります。

しかし、傷つけたあとの謝罪もないまま冷却期間を過ごすのは微妙すぎます。

また、言い訳をするのは絶対にやめましょう。そのときにその言動に対して言い訳をしてしまうと、さらに彼氏を傷つけてしまう可能性が高いです。傷つけたことに対して真摯に謝ることが重要です。

あなたにとっては「こんなことで…」と思うかもしれませんが、彼氏にとっては許せない一線なのかもしれません。

許す・許さないは彼氏の心次第なので、彼氏が許してくれるまで、誠実に対応しましょう。

彼氏を傷つけたときの対処法:いったん距離を置く

彼氏のプライドを傷つけたら、まずは謝ることが大切です。

謝りたいとおもって謝罪を入れたあとは、彼氏と距離を置くのが効果的な場合があります。

優しい彼氏でも傷ついたらそれが恨みや怒りにかわる場合があります。

そんなとき「ごめんまだ怒ってる?」「誤ったからそろそろ許してよ〜」などと対応するのは逆効果です。

傷ついたあとは彼女と距離をおきたいと考えている男性も多いです。

いつもよりLINEや電話の回数を減らす、デートの頻度を月2回くらいにしてみるなど、一時的に距離を置いてみましょう。

あまりにも冷却期間が長いと自然消滅になるので注意してください。定期的に彼氏を傷つけたことに対する謝罪を入れるなど恋人のことを思いやる態度が見えるといいでしょう。

彼氏を傷つけたときの対処法:愛情表現をたくさんする

大切な彼氏を傷つけてしまうことはあるでしょう。

恋人を傷つけたあと、相手は落ち込んだり自分に対して自信をなくしています。

「もっとしっかりした性格だったら」「もっと見た目がよかったら」など、プライドを傷つけられたあとは自分自身を責める男性が多いです。

そんなとき、彼女から謝罪と一緒に愛情表現をたくさんしてもらえると、安心できます。

特に、優しい彼氏を傷つけたらやりすぎなくらい愛情表現をするのがいいでしょう。

「大好きだよ」と言葉で伝えたり、LINEや電話の頻度を上げたりしましょう。

彼氏を傷つけた後の対応として、たっぷりの愛情を注いであげることはカップル関係の修復に効果的です。

彼氏を傷つけたときの仲直り方法

彼氏を傷つけたあとは、きちんと仲直りをしましょう。

「彼氏に傷つくことを言ってしまった...でも別れたくない」と思ったとき、謝罪の言葉で終わりではいけません。

誠意を見せた後、彼氏に許してもらって仲直りをする必要があります。

でも、彼氏のプライドを傷つけたあとは2 人の間に気まずい空気が流れます。

いったいどうやって仲直りするのでしょう?彼氏を傷つけたあと上手に仲直りをするためのポイントを解説します。

謝る

彼氏を傷つけたあと申し訳ないと思い、別れたくないと思うなら、とにかく謝りましょう。

彼女が謝ることで仲直りのきっかけになります。

心から反省している様子がわかったら、傷つけてしまった彼も許してくれて仲直りできるでしょう。

話し合いをする

彼を傷つけたあと、仲直りするための対応として彼氏と話し合うこともおすすめです。

顔を合わせて言葉を交わすことで、彼氏を悲しませたことを申し訳なく思う気持ちが伝わりやすくなります。

また、一緒に解決策を考えることで、カップルが仲直りできるだけでなく、より恋人関係が深くなり相手を信頼するきっかけになるでしょう。

彼氏のことを信頼する

仲直りするためには、彼氏のことを信頼していることを伝えるのが大切です。

彼氏のプライドを傷つけたり、彼氏を悲しませてしまったあと、愛情表現をすることが大切と先ほどお伝えしました。

しかし、それだけではなくあなたを信頼していると表現することで傷ついた彼氏も安心します。

自分のせいで彼氏を傷つけたら後悔しますが、信頼している気持ちを伝えることで「これからも僕が必要なんだ」と感じてもらえます。

仲直りをして別れを回避できるでしょう。

彼氏を傷つけたから別れそう...別れの危機の回避方法

傷つけたくないと思っているのにいつも彼氏を傷つけてばかりだといつ振られるのか不安になります。

また、傷ついた彼氏から連絡ない場合は 本気で別れを覚悟するでしょう。

別れたくないと思っても別れそうな時、どうすれば良いのでしょうか。

最後に、彼氏を傷つけたあと別れを回避するポイントについてお伝えします。

別れの危機の回避法とは?

先ほどもお伝えした通り、彼女の何気ない言動を許すことができずに、別れを選んでしまう男性は意外に多いです。

彼氏のプライドを傷つけた小さな行動が、2人の今後を左右してしまうのです。

別れを考える原因としては、彼氏のプライドを傷つけたり、根本的なことを否定されたりしたときに、別れを意識する男性が多いです。

そのため別れを回避するためには彼氏を肯定し、どれだけ好きかを彼氏に伝えることが重要です。

彼氏が男としての自信を取り戻すことができれば、別れを回避することができると言えるでしょう。

彼氏を悲しませてしまった後の行動が大切!

彼氏を傷つけたとき、相手は想像以上に落ち込みます。

彼氏を傷つけてしまったらきちんと謝って恋人の関係を修復しましょう。

ただ「大切な彼氏を悲しませた...もう絶対しない」と反省しても、大抵の人はまた同じ行動を繰り返します。

事実、彼氏を傷つけてばかりの女性はたくさん存在します。

自分のせいで彼氏を傷つけたら別れに繋がると強い危機感を持つことが大切です。そして、彼氏への感謝と愛情をもち、毎日を過ごしてみてください。

彼氏を傷つけてしまったとの2人の関係が修復され、愛情で溢れたカップルになることを祈っています。

関連記事
謝りたい!彼氏を傷つけたときの仲直りの仕方

謝りたい!彼氏を傷つけたときの仲直りの仕方

彼氏と喧嘩ばかりで疲れた!喧嘩の原因と仲直り方法

彼氏と喧嘩ばかりで疲れた!喧嘩の原因と仲直り方法

嫌いになったわけじゃないカップルの冷却期間&復縁方法

嫌いになったわけじゃないカップルの冷却期間&復縁方法

カップル必見!倦怠期が訪れやすい時期がある!?倦怠期の周期&時期

カップル必見!倦怠期が訪れやすい時期がある!?倦怠期の周期&時期

関連キーワード

おすすめの記事