「痛すぎて引く…」モテない痛い男の特徴とは

うわぁ…と思わず引いてしまうような痛い男性っていますよね。そんな男性にモテ男はほとんどいません。なぜイタい男性はモテないんでしょうか?モテない痛い男性の特徴に切り込みます。 これから記載される特徴に当てはまったら要注意ですよ!

『痛い男』とは?

『痛い男』の大半は「勘違い」と「思い込み」でできています。

自分の身の丈に合っていないことをしようとしていたり、周りの空気を読めずに独断と偏見を振りまいたり、正直『痛い男』というのは恋愛以前に普通の人付き合いにおいても引いてしまう部分が多くあります。

『痛い男』からの卒業は、まず自己分析をすることからはじまります。自分がどういう人間なのか、好きなものと似合うものへの理解、自分のキャラクターの分析など、「なりたい自分」と「なることができる自分」の擦り合わせが必要になります。

理想と現実の擦り合わせができていないから『痛い男』になってしまうのです。実際によくいる『痛い男』の特徴を見てみましょう。

気をつけて!痛い男の7つの特徴

特徴その① ナルシスト

世の中で1番多い『痛い男』の特徴はナルシストでしょう。

自分の姿が少しでも映るものに対して欠かさず前髪チェック。気がつけばいつも眉をひそめていたり、その眉はやたら細く手入れされていたり、足もとは尖った革靴率が異常に高いです。

美意識が高いといえばポジティブなイメージを与えますが、やりすぎは非難の原因です。

特徴その② 中二病

ナルシストにちょっと系統が似ている『痛い男』の特徴は中二病です。

ビジュアル系に傾倒していたり、言動がファンタジーめいた内容であったり、やや浮世離れした感覚を持ってしまっています。ゲームやマンガなどのオタクにも中二病な痛い男が多いです。

シルバーアクセサリーや全身ギャル男系ブラックファッション、つんつん尖ったゲームキャラのような髪型をしているので見た目で判断しやすいでしょう。普段のファッションで分からない場合、部屋がやたらゴシック調だったりSNSで中二病発言を繰り返すなど見えないところで中二病を発症している可能性があります。

特徴その③ 異常なくらいにケチ

デートや食事は完全に割り勘。しかも1円単位で計算するような細かくケチな男性も『痛い男』として女性から引かれています。

割り勘すること自体は悪くないですし、イマドキ男性に対して必ず奢れという女性はほとんどいません。女性側としても「おごってもらえたら嬉しいけど別に割り勘でも全然構わない」というのが正直なところ。ただ、1円単位の計算になってくると「正直面倒な男」というマイナスポイントに。5500円のお会計だった場合、きっちり2750円を要求せずに3000円と2500円、あるいは3500円と2000円に分ける等、ざっくり計算した割り勘の方が女性の印象はよくなります。

異常にケチで細かい性格は『痛い男』と同時に「器の小さい男」としてのイメージを与えてしまいます。

特徴その④ ビッグマウス

言うことだけは立派でも、行動に移さないビッグマウスな男性も『痛い男』認定されています。

「いつか海外に行きたい」「アーティストとして稼ぎたい」etc…はビッグマウスの代表的な発言。本気でそうしたいのなら実現するために今すぐできる事はたくさんあるのに、ビッグマウスはいつまでも行動に移しません。そのくせプライドだけはいっちょまえに高く、突っ込むとできない理由ばかりを延々と語ります。

叶える気の無い夢を語って、女性からきゃーきゃー言われたいだけの『痛い男』なのです。

特徴その⑤ オレ様人間

自分が1番じゃないと気が済まないオレ様人間も立派な『痛い男』です。

初めはあなたに対して優しくても、それは後々のあなたからの見返りを狙っているから。また、あなたに対して付き合うメリットがないと判断するとあっさり見捨てる可能性があります。

特徴その⑥ なんちゃってモテ男

自分はモテていると勘違いしている『痛い男』は付き合っているのが恥ずかしくなってしまう勘違い男でもあります。

付き合っている訳でもないのに回りにいる女性のことを「自分の女」だと言わんばかりの主張をしたり、たいしたことのない内容をモテ自慢にしてくる様子は女性だけではなく男性すら引いてしまうでしょう。

特徴その⑦ がんばってるアピールしすぎ

「昨日全然寝てない」「ごはんも食べずに働いている」
そんながんばっている風アピールは、ただの仕事ができない、自己管理ができていないアピールだということに未だ気付かない『痛い男』はたくさん存在しています。

本当に寝る間もないくらい忙しいこともあるでしょうが、本当に忙しい人は自分のことを忙しくアピールすることはほとんどありません。仕事のできる男は睡眠と食事の時間をしっかり確保してパフォーマンス能力を維持するのです。

がんばってるアピールする男性は「大丈夫?」「がんばってるんだね」と認められねぎらいの言葉が欲しいだけのかまってちゃんです。

痛い男の対処法

痛い男と関わりを持ってしまったら、なるべくスマートに距離を置く必要があります。ずるずると付き合いを続けていたら、あなたにとってデメリットしかありません。万が一イケメンの痛い男と遭遇して「私が痛い男から脱却させる!」と息巻いたとしても、それはあなたがダメ男製造機になるだけです。

そもそもちゃんとしたイケメンは『痛い男』にはなりません。

対処法その① 距離を置く

まずは痛い男と距離を置くことが必要です。会話を減らす、SNSの投稿にはコメントしない&させない、2人きりで会わないなど、時には友人の手も借りて距離を置きましょう。

対処法その② 曖昧な態度はとらない

一緒にいる男性が『痛い男』だと気付いたら、これ以上距離を縮めないためにもはっきりとした態度を取るようにしましょう。

曖昧な態度を取って、痛い男から恋愛のターゲットになってしまうと本当に面倒なことになります。面倒なことになる前に問題のタネは取り除いてしまいましょう。

対処法その③ 思いっきりダメ出しする

恋愛対象にならないからこそ、思いっきりダメ出しができます。悪口を言うのではなく、「あなたのここがダメだからこう直した方が良い」ということをきっぱり言ってみましょう

ただし、本当のことを言って逆上してくる恐れのある人にはこの対処法は向きません!

痛い男にイライラしたエピソード

28歳・デザイナー

口だけ立派なバンドマンのビッグマウス野郎に無駄な時間を使ってしまいました。最初は夢を持った活力ある人だと思って惹かれたのですが、話を聞けば「金がないから今は無理」「バイトが忙しくて時間がない」とか、本気だったら金は作れよ、やりたいことよりバイト優先するって本末転倒じゃない?とイライラし始めて最後は「音楽して生きていきたいけど本業にするつもりはない」という意味不明な宣言にあきれてさよならしました。知人から聞いたところによると30超えて未だにバイトしながら細々バンドやってるそうです。

24歳・コンビニ店員

会えばいつも「今日寝てなくてさ〜」と寝てない自慢。聞けば仕事が大変なときもあるけど大体は朝まで飲んでたとか、ゲームしてたとか、いやいや、自業自得やん?
夜にデートして飲み屋行った時も「これが今日初めての飯だわ」とか、しらんがな。twitter覗いても休み無い自慢とかしてて、浅いなーって感じ。

26歳・フリーター

見た目はタイプの人だったけど中二病すぎて一緒にいるのがつらくて別れました……告白は手紙でポエム調、デートすればどこかでカメラでも回ってるかというようなキザな振る舞い。彼の部屋に行けば黒いベッドに黒いソファ、ガラスのテーブルに、至る所にシルバーアクセサリーとかドラゴンのオブジェ。あと悪魔みたいなポスターがトイレに貼ってあってどん引き。極めつけはお風呂上がりの黒いバスローブ。ヤバいですよね(笑)

30歳・映像制作

夢を追いかけてる人は素敵だけど、現実が見えてない人は痛い人ですね。以前仕事であった年上の舞台役者の人、ぱっと見かっこいいけど30代半ばで未だに売れる様子がなくて。いつまで舞台にしがみついているんだろうって感じです。夢を持つのは良いことですが、自分にけじめをつけれずぐずぐずと叶わない夢にすがり続けるのはみっともないです。

26歳・不動産

あんなケチすぎるヤツ初めてです(怒)一緒に旅行したときにお土産屋さんで1円単位で値切りしているのにどん引き。海外ならまだしも国内で、です。お土産屋さんのおばちゃんもドン引きしてました。旅館代、レンタカー代、ガソリン代ももちろんきっちり割り勘。そこはいいとしてもなんかめんどくさい男だなと思って別れたんですが、数ヶ月後に「割り勘し忘れたやつがあるから振り込んで」というLINEが。レシートの画像も送られてきて、見てみればコンビニで一緒に飲み物とかを買ったときのもの。割り勘すれば数百円です。もちろん既読スルー&ブロックしました。

さいごに

いかがでしたか?

痛い男はあなたの恋愛運をぐっと引き下げてしまいます。痛い男に引っかからないように、今回ご紹介した特徴を頭の片隅に入れておいてくださいね。

関連記事
気が強い女はモテる?モテない?気が強い女の特徴

気が強い女はモテる?モテない?気が強い女の特徴

男性を虜にする色気のある女のテクニックとは

男性を虜にする色気のある女のテクニックとは

好きな人と早く付き合いたい!早く付き合う方法

好きな人と早く付き合いたい!早く付き合う方法

いかがでしたか?

痛い男はあなたの恋愛運をぐっと引き下げてしまいます。痛い男に引っかからないように、今回ご紹介した特徴を頭の片隅に入れておいてくださいね。

関連キーワード

おすすめの記事