不倫相手が大好き。本気になってしまったときの対処法

最初は遊びのはずだったのに、気がついたら不倫相手に本気になってしまった... 基本的に、既婚者の不倫はいけないことです。にもかかわらず、知らず知らずのうちに本命になってしまう人もいます。 たとえ好きになってはいけない人だと分かっていても、好きになってしまうのは誰にも止められないですよね。不倫相手を好きになってしまったときの対処法について紹介します。

不倫相手が本命になってしまった...不倫に幸せはある?

軽い気持ちで始めた不倫であっても、次第に本気になっていくケースはよくあります。好きだと気づいたときには手遅れであり、旦那より不倫相手のことばかり考えるようになるでしょう。

ただ、不倫は男女どちらかに家庭があるわけです。離婚をして一緒になるのは簡単ではありません。むしろ、いつまでも家族にバレずに不倫を続けていくことは難しいといえます。

このことから、不倫相手を好きになっても、幸せになれる可能性は低いといえるのではないでしょうか。しかし、形にこだわらなければ、不倫相手と幸せな時間を過ごすことはできるかもしれません。

この記事では、不倫相手に本気になったあなたのために、本当の意味で幸せになれる方法を紹介します。

不倫相手を本気で好きになってしまう瞬間

不倫相手を本気で好きになったときの対処法を紹介する前に、なぜ遊びから本気になったのかを見てみましょう。不倫にハマっていく人の傾向がわかるはずです。

瞬間1:価値観が合うとわかったとき

異性を好きになるうえで、価値観の類似性は重要な部分です。考え方が似ていると、お互いに共感できることが多いでしょう。

次第に居心地のよさを感じて、遊びから本気に変わってしまうのかもしれません。

瞬間2:自分のことをわかってくれていると知ったとき

体だけの不倫相手とはいえ、自分の好きな物を知ってくれていたり、顔色から体調や精神面を理解してくれていたら、それだけで好きな気持ちが芽生えるのではないでしょうか。

自分のことをわかってくれる存在は、そう多くはいません。ただの遊び相手から、自分にとって信頼できる存在へと変わるため、本気で好きになるのだと思われます。

瞬間3:普段から気遣ってくれたとき

連絡や会う頻度はもちろんのこと、体調面や精神面を気遣ってくれる男性は、とても魅力的ですよね。

ましてや、不倫という2人だけの秘密を抱えているなかで優しくされると、自分が特別な存在であるように思えるでしょう。その結果、不倫相手に惹かれていくのかもしれません。

瞬間4:体の相性がよいと感じたとき

不倫相手との体の相性のよさから、本気で好きになるケースも見られます。

燃え上がるようなセックスをしたことで気持ちが高ぶり「本気で好き!愛してる」と思い込んでしまうのかもしれません。

瞬間5:セックス後に優しく接してくれたとき

体の相性だけではなく、セックス後の対応に惹かれるケースもあります。優しく腕枕をしてくれたり、会えなかった日の出来事でお喋りをしてくれたりと、大切に扱ってくれることに喜びを感じるのでしょう。

そもそも不倫とは、体だけの割り切った関係です。会ってすぐにセックスをはじめたり、プレイが終われば素っ気ない態度をとる人が多いなかで優しくしてくれるからこそ、不倫相手に惹かれるのかもしれません。

瞬間6:2人だけの秘密だと理解したとき

不倫は、誰にも知られるわけにはいきません。2人だけの秘密であり、変わり映えしない日常を送っている人にとっては、とても特別なこと・特別な関係に思えるのかもしれません。

不倫相手との関係が2人だけの秘密と理解したときに、本気になっていく人も多いようです。

瞬間7:旦那と喧嘩をしたとき

不倫中に旦那と喧嘩をすれば、不倫相手の男性がより魅力的に感じるのではないでしょうか。不倫をする人のなかには、旦那への不満がきっかけになっている場合も多いです。

旦那と不倫相手を比べては「旦那と違って彼は優しい」と惹かれているのかもしれません。

瞬間8:無意識に不倫相手からの連絡を待っていたとき

不倫相手からの連絡を待っているときに「私は彼のことを本気で好きなのかも」と自覚をする人もいます。

単なる体だけの関係であれば、連絡がくることを待ち遠しく思うことはないでしょう。むしろ連絡がくることで「旦那にバレるかも…」と不安を感じて迷惑に思うはずです。

不倫相手との関係を純粋な恋と考えているからこそ、連絡を待ちわびてしまうのかもしれません。

瞬間9:不倫相手に愛していると言われたとき

不倫相手から「愛してる」といわれることはよくあります。はじめは「口だけでしょう?」と聞き流しつつも、会うたびに愛情表現をされることで、次第に気持ちが揺らいでしまうようです。

気づけば「私も愛してる」と言葉にするようになり、より好きになってしまうのでしょう。

瞬間10:いずれ一緒になろうと言われたとき

不倫相手に「本当に愛してる。嫁と離婚できたら一緒になろう」といわれて、どんどん好きになっていく人もいます。

「自分と結婚したいと思うほど真剣なんだ」と捉えてしまったのかもしれません。恋愛においで、相手が真剣なほど女性の心は揺らぐ傾向があります。

ただ、不倫相手の言葉を鵜呑みにした結果、悲惨な結末を迎えるケースは多いようです。

どう思われてる?不倫相手が本命の相手にとる行動

不倫相手を本気になったとしても、気になるのは彼にどう思われているかですよね。そこで今度は、不倫相手が本命だけに見せる行動的特徴を見てみましょう。

本命にとる行動1:まめに連絡をくれる

不倫であろうと本気で好きな相手には、まめに連絡をしてくれます。連絡の頻度が多ければ、それだけ不倫がバレるリスクが高まりますが、それでも本命の相手と繋がっていたい気持ちが勝ってしまうようです。

「愛してるよ。早く会いたい」「次はいつ会おうか?」と、不倫相手の彼から連絡がくるのであれば、より本気度が高いと考えられます。

本命にとる行動2:女性の都合に合わせてくれる

不倫をする男性は、自分の欲を満たすことが目的である場合がほとんどです。そのため、相手の都合を考えずに呼び出したり、独りよがりなセックスをする特徴がみられます。

ただ、本命の女性に対しては、相手に気に入られたくて女性のペースに合わせる傾向があるようです。連絡や会う頻度も女性の都合を考えるため「今度はいつ会える?」と確認をしてくれます。無理に会おうとしたり、女性が嫌がることは避ける点も、本命である証拠といえるのではないでしょうか。

本命にとる行動3:会う時間を作ってくれる

どれだけ仕事が忙しくても、不倫相手の女性に会いたいと言われたらきちんと会う時間を作ってくれます。女性のことを本気で思っているからこそ、多少は無理をしてでも会う時間を作ってくれるのです。

ましてや自分に家庭があれば、なかなか会う時間をとることができません。忙しくても会う時間を作ってくれるのは、それだけ本気であるといえます。

本命にとる行動4:普通のデートをしてくれる

軽い気持ちで不倫をする人は、セックスさえできればいいと考えています。ただ、本気の相手に対しては、体よりも心の繋がりを求める特徴があり、普通のデートをしてくれる特徴があるようです。

「好きな人に会いたい」「好きな人と過ごしたい」という純粋な思いを持っているからこそ、レストランで食事をしたり、日帰り旅行をしてくれます。セックスをしないデートが多いほど、それだけ本気で愛されている証拠です。

本命にとる行動5:記念日や誕生日を一緒に過ごしてくれる

記念日や誕生日などのイベントを一緒に過ごしてくれるのであれば、不倫相手の本気度は高いといえるでしょう。

「不倫相手と出会った日を一緒に過ごしたい」「自分の誕生日を家族より不倫相手に祝ってほしい」という思いが強く、不倫相手が家族よりも優先すべき存在になっていると考えることができます。

不倫相手の本気度を知るためのチェックリスト

不倫相手が本命に見せる行動がわかったと思いますが、実際に自分がどう思われているかを確かめてみましょう。ここでは、不倫相手の本気度がわかるチェックリストを紹介します。

チェック1:都合を合わせてくれるか

不倫相手は、あなたの都合に合わせてくれますか?連絡や会う頻度を一方的に決めることなく、あなたの都合に合わせてくれるのであれば、本気で大切に思っている可能性が高いといえます。

「あなたに好かれたい」「これからも関係を続けていきたい」という思いが強く、好きだからこそ居心地のよい存在であろうとしているのです。

逆に、一方的に連絡をしてきたり、会う予定を決めてくる場合は、単にセックスをするだけの相手と思われていると考えることができます。

チェック2:プレゼントをもらったことがあるか

誕生日やクリスマスなどに、不倫相手からプレゼントをもらったことがありますか?プレゼントを贈るということは「どんなプレゼントを贈ろうか?」と考えたり、お金かける必要があります。

単なる体だけの不倫相手に、時間やお金をかける人はいないでしょう。もし不倫相手からプレゼントをもらったことがあれば、あなたを大切な人だと認めている証拠といえます。

チェック3:プレゼントを渡してみる

不倫相手にプレゼントを渡すことでも、本気度を知ることができます。たとえば、万年筆やアクセサリーといった身に付けられる物を贈って、その後に大切にしてくれるかどうかで判断できるのです。

本命からプレゼントされた物は、とても大事に扱ってくれるでしょう。一方で遊びの不倫であれば、プレゼントを迷惑に思われるはずです。喜ばれることも、身に付けられることもないと考えられます。

プレゼントを贈ったときの反応や、その後の対応から、不倫相手の本気度を見極めてみてください。

チェック4:帰り際の態度

不倫相手と会った日の帰り際も、本気度がわかるポイントの1つです。本命であれば、あなたとの別れを惜しんだり、次に会う日の予定を決めてくれるでしょう。

しかし遊びであれば、依存されることを防ぐために「また連絡する」と曖昧なことをいってその場を立ち去ろうとするのです。

このように、別れ際の態度で不倫相手の本気度を見極めてみてください。

不倫相手に好きという理由はなぜ?

不倫相手に好きといわれて、自分も本気になってしまった人は多いと思います。しかし、なぜ遊びのはずの女性に対して好きというのでしょうか。

本心で好きといっているかを確かめる意味でも、不倫相手に好きという男性の心理を見てみましょう。

理由1:純粋に好きだから

純粋に不倫相手の女性が好きで「好きだよ」「愛してる」という男性がいます。とくに、既婚女性と不倫関係にある独身の男性に多く見られます。

独身女性にはない家庭的な部分が魅力的に感じて、遊びから本気になるケースが多いようです。もちろん、既婚男性が不倫相手に本気になる場合もあります。

不倫とはいえ、その人にしかない魅力を感じとれば、本気の恋になってしまうようです。

理由2:まだ不倫関係を続けたいから

まだ不倫関係を続けたくて、口先だけの「好き」をいう男性もいます。好きといわれることで本気になりやすい女性の特徴を逆手にとっていると思われます。

女性から関係を終わらせたいと感じとったときほど「本気で好きだよ」「いずれ一緒になろう」と伝えては、その気にさせているようです。

ただ、あくまで口先だけの好きなので、関係に飽きたらあっさりと振る傾向があります。

理由3:気軽に好きといえる性格だから

好きという言葉は、簡単に口にできることではありません。本当に好きな人でなければ使えない言葉といえるでしょう。ましてや多くの男性は、恥ずかしさから愛情表現をしない特徴がみられます。

しかし一部の男性は、軽い気持ちで好きといえる人がいるのです。一般的にチャラいと思われる男性に見られる特徴であり、挨拶程度で「好きだよ」と口にします。

不倫という男女の関係であれば、なおさら軽い気持ちで「好き」と口にできるようです。

不倫相手を好きになってしまった...危険なデメリット

不倫相手を好きになって、どうすればよいのかと悩んでいると思います。なかには「本気で好きになったから不倫相手との関係を進展させたい」と考えている人もいるでしょう。

ただ、不倫相手を好きになるということは、大きなリスクを背負うことでもあります。そこで今度は、不倫相手を好きになるデメリットを見てみましょう。

デメリット1:家庭を壊す可能性が高い

不倫相手を好きになれば、家庭を壊すことになるでしょう。旦那や家族との時間を疎かにしたり、家事や育児を放棄してしまうかもしれません。もちろん不倫相手に家庭があれば、同じことがいえます。

自分の家庭も、相手の家庭も壊れるうえに、たくさんの人を傷つけ悲しませることになるのです。

誰かを傷つけたうえで手にした幸せは長く続かないでしょう。もしかすると、不倫相手を選んだことによって、後悔するかもしれません。

デメリット2:重いと思われて振られてしまう

そもそも不倫は遊びの関係です。お互いに自分の心と体の欲求不満を満たすだけの相手といえます。

それなのに、本気で好きになったとわかれば、相手にとって迷惑な存在にしかならないでしょう。むしろ「不倫に恋愛感情を持ち込むとかありえない」「重すぎるから別れたい」と思われる可能性があります。

本気の不倫を恋愛の1つと考えることができるかもしれません。ただ、結局は別に本命がいる辛い恋愛なのです。不倫相手を本気で好きになっても、自分が望んだ形にならない辛い恋であることを理解する必要があります。

デメリット3:不倫がバレやすくなる

恋は盲目という通り、不倫相手を好きになれば、周りが見えなくなる可能性があります。冷静な判断がとれなくなり、旦那の前で連絡をとりあったり、家事や育児を放り出したりと、家族より不倫相手を優先させるかもしれません。

これらの行動をとっていれば、周りの人に不倫がバレてしまうでしょう。不倫関係が終わるだけではなく、離婚や慰謝料の支払いといった制裁を受けることにも繋がり、結果的に不倫したことを後悔してしまうのです。

不倫というドキドキ感のある行為だからこそ、ハマってしまう人は多いですが、大きなリスクがあることを理解しておかなければ、悲惨な人生を迎えることになるかもしれません。

不倫相手に本気になってしまったときの対処法

不倫相手を好きになっても、いくつものデメリットがあることがわかったと思います。しかし、一度好きになれば、簡単に気持ちを抑えることができないはずです。

そこで今度は、不倫相手に本気になってしまったときの対処法を見てみましょう。

対処法1:不倫相手との将来を考えてみる

不倫相手を本気になってしまったときは、冷静に不倫相手との将来について考えてみましょう

不倫相手と一緒になるためには、家庭を持つ側が離婚をしなければいけません。離婚できるのかどうかは第一に考えるべきことといえるのではないでしょうか。

また、そもそも恋人や結婚相手に相応しい男性かどうかを見極めることも必要といえます。不倫の高ぶった感情だけで物事を考えるべきではありません。

不倫の先に自分の幸せがあるかをしっかりと見極めて行動しましょう。

対処法2:不倫の代償を知る

不倫相手に本気になるほど、別れることができなくなるでしょう。不倫を長く続ければ、それだけバレるリスクは高まります。

また、本気で好きになるにつれて、家庭より不倫相手を優先したくなる気持ちが強くなるため、やはり不倫がバレやすくなるのです。

不倫がバレたら離婚・親権・慰謝料の問題に繋がり、もちろん不倫相手とも別れることに繋がるでしょう。不倫の代償を知れば、このまま不倫を続けていくことに不安を感じられるのではないでしょうか。

対処法3:周りの人が不幸になる姿を想像する

不倫がバレたら、大きな代償を払うことになるはずです。離婚をされたり、親権を奪われてしまえば、辛く苦しい思いをするはずです。

ただ、あなた以上に周りの人が傷つくでしょう。旦那や子供が悲しむ姿や、自分の親が涙ながらに頭を下げることになるかもしれません。

あなたの大切な人が不幸になる姿を想像すれば、不倫相手にはまっていくこと、不倫を続けたい気持ちにブレーキをかれることができるのではないでしょうか。

対処法4:不倫相手と距離を置いて旦那と向き合ってみる

あなたが既婚者であれば、旦那との関係に向き合ってみてください。夫婦の時間を大切にすることによって、自分の犯した過ちに気づくことができるかもしれません。

また、今の生活を平凡に感じるかもしれませんが、普通の生活を手にすることほど幸せといえます。「なんで旦那との幸せを手放そうとしていたんだろう」と気づくことができれば、不倫相手への思いが気まぐれだったとわかるはずです。

対処法5:不倫と割り切って関係を維持する

「不倫相手が好きだけど家庭を壊したくない」と思っているのであれば、不倫関係を続けていくのも1つの方法といえます。不倫とはいえ、本気で好きな人と繋がることができるわけですから、身も心も満たすことができるでしょう。

ただ、不倫関係が長くなるほど周りにバレるリスクが高まります。気を緩めず慎重でいれば、満足するまで不倫を続けることができるはずです。

不倫相手に本気になってしまった時のNG行為

不倫相手に本気になったときの対処法に合わせて、やってはいけないNG行為を知っておくことも大切です。以下の内容を読んで、やるべきことと、やってはいけないことを覚えておきましょう。

NG行為1:不倫相手との約束を破る

不倫相手に本気になっても、不倫のルールを破るのはNGです。連絡や会う頻度に関するルールを破れば、家族に不倫がバレてしまうでしょう。

不倫がバレたら関係を続けていくことができなくなり、お互いに慰謝料などの制裁を負うことに繋がります。

本気で好きだからこそ、相手を振り向かせたかったり、一緒に過ごす時間を増やしたい気持ちはわかります。しかし、不倫がバレて関係が終われば意味がありません。衝動的な行動は控えることを心がけましょう。

NG行為2:しつこく愛情を確認する

好きな人には、相手にも好きでいてほしいと思うはずです。だからといって「私のこと好き?」「奥さんより愛してくれてる?」としつこく愛情を確かめていれば、相手にうんざりされてしまうでしょう。

今後も不倫関係を続けていきたいのであれば、愛情を確かめすぎに割り切った関係を目指すべきといえます。

NG行為3:不倫を脅しにして本妻との別れを要求する

本気で好きであれば、相手にとって1番の存在になりたいと思うでしょう。だからといって、本妻との離婚を強要すれば、重いどころか「怖い」と思われて、不倫相手に距離を置かれるはずです。

冷静さを失っている可能性が高く、不倫相手に振られるうえに、衝動的な行動をとって不倫の代償を背負うことになりかねません。

「どうして奥さんと別れてくれないの?」と感情的になった場合は、あえて不倫相手と距離を置いて、自分の気持ちを落ち着かせましょう。

不倫相手と幸せになれる方法はある?

これまで解説してきた内容を読んで、不倫相手を本気で好きになるのはリスクが大きいことが理解できたのではないでしょうか?とはいうものの、不倫相手と幸せになる方法はいくつかあります。

今度は、どうすれば不倫相手と幸せになれるかを見てみましょう。

不倫も愛の形だと認識する

不倫は、誰にも知られてはいけない関係です。堂々とデートをすることもできず、会いたいときに会うこともできません。ただ、どれだけ本気で好きであろうと、不倫は許されない行為です。

「それでも不倫相手のことが本気で好き」と思うのであれば、不倫も1つの愛の形だと思えばいいのではないでしょうか。コソコソと隠れながら付き合っていくことが辛いかもしれませんが、それでも愛する人と関係を続けることができるのです。

もちろん、不倫相手からも愛情を注いでもらうことができます。1番の存在になれなくても、愛されていると理解すれば、心も体も満たされるはずです。

精神的な繋がりを強くする

好きな人からの愛情を感じるためには、体よりも心の繋がりを強くすることが大切です。不倫相手とセックスをするだけの関係であれば、不安や寂しさを感じるでしょう。

ただ、たまにしか会えなくても、お互いを気遣ったり、思いやる心を持って関係を続けていけば、愛されている実感を得ることができるはずです。体だけの関係ではなく、心の繋がりを意識して付き合ってみてください。

不倫相手に本気になってしまったら冷静になろう

不倫相手を本気で好きになったときのデメリットや、対処法を中心に紹介しました。不倫であろうと本気になれば、1番の存在になりたいと思うはずです。

しかし、不倫には大きな代償があります。本気で好きになったときこそ、冷静な対応を心がけましょう。

関連記事
辛い…浮気相手が好きすぎる理由&気持ちを抑える方法

辛い…浮気相手が好きすぎる理由&気持ちを抑える方法

彼氏との将来が不安!好きだけど別れるべき?

彼氏との将来が不安!好きだけど別れるべき?

好きな人と電話したい!自然に電話ができるきっかけ5選

好きな人と電話したい!自然に電話ができるきっかけ5選

関連キーワード

おすすめの記事