復縁が無理な状況から逆転する方法&復縁を遠ざけるNG行為

元彼との復縁が無理な状況だとわかっていても、好きだからこそ、簡単に諦めることができませんよね。

ここでは、復縁が無理だとわかっていても元彼のことを諦められない人に向けて、元彼との復縁が無理なパターンと振り向かせる方法、無理な状況から復縁できた体験談を紹介します。

無理な状況から復縁したいと思っている方は、最後まで読んでみてください。

あなたが「今の状況だと元彼との復縁は無理」と思っていても、実は復縁できる状況かもしれません。

まずは、本当に復縁が無理な状況なのかを確認して、その後の対処法を考えましょう。

では、元彼との復縁が無理と言われるパターンを5つ紹介します。

復縁が無理と言われるパターン5選

パターン① 浮気を繰り返した

復縁が無理だと言われるパターンとして、浮気を繰り返して別れたときが挙げられます。

浮気を繰り返している側が復縁を迫ったとしても、「また浮気されるかもしれない」と思われてしまい復縁に応じてもらえることがありません。

また元カレの浮気が原因で別れたとしても、「自分が浮気したことが後ろめたくて復縁できない」と思われてしまいうまくいかないことが多いです。

また、「たとえ復縁したとしても、浮気をしない自信がない」という理由で復縁を拒否されるケースがあります。

パターン② 相手の人間性を否定した

復縁が無理と言われるパターンとして、相手の人間性を否定したことが挙げられます。

カップルが別れる原因として喧嘩がきっかけになることがありますが、そのときに元カレの人間性を否定してしまうと「この相手とは一緒にいることができない」と思われてしまいます。

また、日常的に相手のことを否定しつづけていたりプライドを傷つけすぎたときは復縁を望んだとしても拒絶される可能性が高いです。

パターン③ 相手の家族に対して否定的なことを言った

復縁が無理と言われるパターンといて、元カレの家族に対して否定的なことを言ったケースが挙げられます。

それは、「自分のことを言われるのはいいけど、家族を馬鹿にする相手と一緒にいられない」と考える方が男女ともに多いためです。

とくに、結婚を意識して付き合っている男性ほど「自分の家族と恋人がうまくいくことが大切」と考えています。

そのため、家族に対して否定的なことを言う相手は恋愛の対象外と思われてしまい復縁が成功しないことがほとんどです。

パターン④ 金銭問題で別れた

復縁が難しいと言われるパターンとして金銭問題で別れたケースが挙げられます。

金銭問題で別れたときは、たとえそれが解決していたとしても「また金銭問題でトラブルになるのではないか」と警戒されてしまい復縁を避けられます。

とくに、金銭問題になった理由がギャンブルのときは「金銭問題がまた起きるのは間違いない」と思われてしまいます。

また、人によっては「ギャンブルする人は無理」と考えて恋愛関係を避けようとします。

パターン⑤ 音信不通のとき

復縁が難しいと言われるパターンとして、音信不通になってしまうことが挙げられます。

元カレと別れたあとに連絡先を消すだけではなく、ブロックしてしまう人が少なくありません。

また「別れた相手と二度とかかわりたくない」と思っている人のなかには、SNSのアカウントを変えたり電話番号を変える人がいます。

そのため、「復縁したい」と思っていたとしても元カレに気持ちを伝える手段がまったくなくなるケースがあります。

連絡ができないときは、思いを伝えることができなくなるため復縁が成功する確率がほとんどありません。

パターン⑥ 別れた元カレに新しい彼女ができた

復縁が難しいと言われるパターンとしては、別れた元カレに新しい彼女ができたことが挙げられます。

新しい彼女とうまくいっているタイミングで「復縁してほしい」と伝えたとしても、「元カノが邪魔」と思われてしまいうまくいきません。

とくに、新しい彼女と婚約をしていたり結婚をしているときは復縁が絶望的と言えます。

そのときは、いくら元カレを忘れられないとしても「元カレを忘れて新しい恋を探そう」と切り替えることをおすすめします。

復縁の可能性を上げるためにはなにができる?

その① 別れた原因を振り返り改善する

元カレと復縁を目指すときは、別れた原因を振り返って改善することが大切です。

恋人と別れたときに、「悪いのは私ではなく元カレのほう」と考えてしまう方が少なくありません。

しかしカップルが別れるときはおたがいになんらかの原因があるケースがほとんどです。

そのため、別れた原因を振り返るときは「自分のどこがダメだったんだろう」という点を重視しましょう。

自分でどうしても原因がわからないときは、信頼できる友人に相談することが効果的です。

第三者の視点から分析してもらうことで、あなたには見つけられない原因が見つかるケースが多いためです。

別れた原因を改善できれば、「別れたときより成長した」と元カレに思ってもらえるようになり復縁の成功率が上がります。

その② 自分磨きをする

復縁の可能性を上げるために、自分磨きをして成長することが大切です。

復縁を目指すときは、元カレを惚れ直させることが重要です。そのため、自分磨きをして生まれ変わることが必要になります。

自分磨きをするときは、元カレの好みの外見を目指すだけではなく内面を磨くことを忘れないようにしましょう。

魅力的な人間になることができれば、元カレから復縁を迫られることがあります。

その③ 冷却期間を置く

復縁の可能性を上げるために、冷却期間を置くことが効果的です。

「元カレと復縁したい」と思っているときは、「できるだけ早く復縁したい」と焦りがちです。

しかし、冷却期間が終わっていないタイミングだと元カレはあなたに対してネガティブな感情を抱いています。

そのため「復縁してほしい」と告げたとしても受け入れられる可能性がほぼないだけではなく、「元カノがめんどくさい」と思われてしまい復縁が絶望的になる危険性があります。

その④ 関係性を維持する

復縁の可能性を上げるために、元カレとの関係性を維持することが大切です。

別れたあとにおたがいに顔を合わせる関係性であれば問題ありませんが、顔を合わせない関係性のときはせめて連絡できる関係性を維持しましょう。

関係性を維持できていれば、復縁したいと思ったときにアピールしやすくなるだけではなく、元カレに新しい相手がいるかについてチェックできるようになります。

逆転!復縁が無理な状況から復縁する方法

復縁が無理な状況だと思っていたとしても、その後の行動によっては復縁できる可能性があります

そのための方法を見ていきましょう。

対処法① SNSでアピールする

復縁が絶望的な状況では、SNSで自分の存在をアピールすることが対処法のひとつになります。

復縁が絶望的なときは、元カレに気軽に連絡できない状態になっていることがほとんどです。

しかし、SNSであれば元カレがあなたの投稿を目にする可能性があります。

SNSでアピールするときは「復縁したい」という直接的なアピールは逆効果になる危険性があります。

そのため、直接的なアピールではなく自分磨きをして魅力的になった姿を投稿したり充実した日常の内容を投稿することで気を引くことが効果的です。

対処法② 距離を置いてから友達として連絡をする

復縁が絶望的な状況のときは、元カレからネガティブなイメージを抱かれていることがほとんどで一緒にいればいるほど嫌われてしまいます。

そのため、復縁を目指しているときは距離を置いて冷却期間をつくることが大切です。

冷却期間中は「元カレに会いたい」という気持ちを抑えて、復縁のために自分磨きをしたり自分の欠点を改善する努力をしましょう。

冷却期間をおいたあとは、すぐに復縁を迫るのではなく「しばらくぶりです、元気ですか?」のように友達として軽いメッセージを送ってみましょう。

軽いメッセージであれば元カレがあなたに対して計関心を抱かずに返信してくれる可能性があります。

返信がくれば、それをきっかけに距離を縮めていくことを目指しましょう。

対処法③ 友達に協力してもらう

復縁が絶望的な状況のときの対処法として、友達に協力してもらうことが挙げられます。

復縁が絶望的な状況から脱却するために、自分がいくら努力をしても元カレの気持ちが動かないことが少なくありません。

しかし、友達の言葉であれば聞く男性がいます。そのため、直接あなたの気持ちをアピールするのではなく友達がアピールしてもらって状況が改善するケースがあります。

友達に協力してもらうときは、友達が「復縁させても大丈夫」と思えるようにあなた自身が変わる必要があります。

そのため、すぐに元カレにアピールしてもらうのではなく「復縁を目指しているんだけど、第三者の立場で協力してほしい」とお願いすることをおすすめします。

対処法④ ちょっとしたチャンスを逃さない

復縁が絶望的な状況のときの対処法として、ちょっとしたチャンスを逃さないことが挙げられます。

とくに元カレと音信不通になっているときは、偶然再会したときのチャンスを逃さないようにしましょう。

このときに慌てて復縁を迫ると元カレに避けられてしまうため、焦る気持ちを抑えて「久しぶり、元気だった?」のように軽く声をかけてみましょう。

うまく声をかけることができれば、SNSのIDやメールアドレスといった教えてもらえそうな連絡先を聞きましょう。

元カレが連絡先を教えてくれれば復縁できる可能性があります。

対処法⑤ 新しい彼女と関係が悪化するのを待つ

元カレに新しい彼女がいて復縁が絶望的なときは、新しい彼女と関係が悪化するのを待つことが対処法になります。

新彼女とうまくいっているタイミングで復縁を迫ったとしても、成功率がほとんどないだけではなく「もう二度とかかわってほしくない」と拒絶される原因になります。

そのため、どうしても元カレと復縁したいときは新しい彼女と関係が悪化するのを待ちましょう。

このときに、「はやく新しい彼女と別れてほしい」と邪魔をするのはNGです。

あなたが介入したことがバレると、復縁がより絶望的になってしまうためです。

復縁を遠ざけるNG行為

NG行為① 冷却期間をおかない

復縁を遠ざけるNG行為は、冷却期間をおかないで復縁のアタックをすることです。

別れたばかりのときは元カレに対してネガティブイメージを強く抱いています。

そのタイミングで復縁を迫られたとしても、ほとんどの男性が「なにを考えているんだろう」と感じます。

このときに復縁を断られるだけではなく、連絡先をブロックされてしまい復縁が絶望的になるケースが少なくないので注意しましょう。

冷却期間の長さは別れ方や元カレの性格によって違います。

基本的に3か月以上の期間を開けることが大切ですが、大喧嘩や浮気が原因で別れたときは1年以上の冷却期間が必要になることがあります。

NG行為② 連絡しすぎる

復縁を遠ざけるNG行為として、元カレに連絡をしすぎることが挙げられます。

復縁をするためには元カレと距離を縮めることが大切で、連絡を取り合うことが効果的です。

しかし、あまりにも連絡をしすぎると「元カノがめんどくさい」と思われたり「自分は復縁するつもりがないのに、復縁したいのかな」と警戒されてしまいます。

場合によっては連絡をブロックされてしまい、復縁が絶望的な状況になってしまいます。

そのため、元カレに連絡をするときは付き合っていたときよりも減らしましょう。

また、元カレの都合に合わせて連絡するタイミングを調整することで復縁に近づくことができます。

NG行為③ 恋人気分で接する

復縁を遠ざけるNG行為として、恋人気分で接することが挙げられます。

別れたばかりのときや、復縁を目指しはじめたときは恋人気分が抜けていたとしても、ある程度連絡を取り合ううちに恋人時代と同じテンションで連絡をする人が少なくありません。

しかし、復縁をする前になれなれしい態度をとってしまうと「恋人じゃないのに距離感が近すぎる」と拒絶されてしまうので注意しましょう。

また、恋人時代のように約束なくサプライズで会いに行くのような行為はしないようにすることが大切です。

NG行為④ 新しい恋人の悪口を言う

復縁を遠ざけるNG行為として、新しい彼女の悪口を言うことが挙げられます。

元カレに新しい彼女ができているときは、「復縁するために別れてほしい」と思う方が少なくありません。

しかし、あなたが新しい彼女の悪口を言うと「自分の新しい恋を邪魔する相手」と思われてしまい復縁から遠ざかります。

新しい彼女の悪口だけではなく、基本的にほかの人の悪口を言う方は恋愛対象として見られない危険性があるので注意しましょう。

NG行為⑤ 復縁前に体の関係をもつ

復縁を遠ざけるNG行為として、復縁前に体の関係をもつことが挙げられます。

復縁を目指しているときに、元カレから体の関係をもつように誘われるケースが少なくありません。

そんなときに「体の関係をもったほうが復縁が近づくかもしれない」と考えるのはNGです。

復縁前に体の関係をもってしまうと、元カレにとってあなたは都合のいいセフレになってしまいます。

都合のいいセフレになってしまうと、そこから本命彼女になるのは復縁する以上に難易度が高くなります。

そのため、体の関係を誘われたとしてもきっぱり断るようにしましょう。

また、夜のデートに誘われたときは「セフレに従ってるのかな」と警戒することが大切です。

復縁を遠ざけるNG発言

NG発言① 「復縁したい」と繰り返す発言

復縁を遠ざけるNG発言として、「復縁したい」と繰り返すことが挙げられます。

復縁したいと思っている人は、どうしても自分の気持ちを伝えたいという思いが強くLINEやメールで「復縁したい」と繰り返しがちです。

しかし、元カレが復縁を考えていないときにしつこく「復縁したい」とメッセージを送ると「重たい」と思われてしまい避けられる原因になります。

復縁の思いを伝えることはいずれ必要ですが、タイミングが重要なだけではなくしつこくしないことが大切です。

NG発言② 「ごめんなさい」と繰り返す発言

復縁を遠ざけるNG発言として「ごめんなさい」と繰り返すことが挙げられます。

別れの原因が自分にあると自覚している人ほど、元カレに対して「ごめんなさい」と謝りたくなります。

自分の悪い点を謝ることは大切ですが、LINEやメールでなんども繰り返し「ごめんなさい」と言われると、言われた側が罪悪感を抱いたり「もう連絡をしたくない」と思うようになります。

また、言葉だけでごめんなさいと謝ったとしても悪い点を改善した努力が見えないときは「口だけで反省していない」と思われ復縁が遠ざかります。

そのため、謝ったあとはなんども繰り返さないようにしましょう。

また、自分の悪い点を改善することを忘れないことが大切です。

NG発言③ 「寂しいからよりを戻そうよ」と誰でもよさそうな発言

「寂しいからよりを戻そうよ」のような誰でもいいから恋人がほしいと思わせる発言は復縁を遠ざけます。

このような発言をしてしまうと、「自分以外の相手を見つければいい」と思われたり「復縁したとしても、すぐに別れそう」とネガティブなイメージを抱かせます。

また、LINE・電話・直接会って話すときすべてに言えますが、「復縁してあげてもいいよ」のような上から目線の発言はNGです。

復縁するためには少しずつ距離を縮めることが大切ですが、上から目線の発言をすると距離を縮める前に拒絶されてしまいます。

NG発言④ 「あなたがいないと死にそう」とネガティブな発言

「あなたがいないと死にそう」のような、ネガティブな発言は復縁を遠ざけるNG発言です。

自分の気持ちを伝えることは大切ですが、ネガティブな発言をしてしまうと「重たい」と思われてしまい距離を置かれるためです。

また、「復縁したとしても楽しく付き合えない」と思われてしまいうまくいきません。

復縁の可能性アップ!元彼を振り向かせるテクニック

テクニック① ゆっくり距離を縮めていく

復縁の成功率を上げるテクニックとして、ゆっくり距離を縮めていくことが挙げられます。

復縁したいと思っている女性のなかには「はやく復縁したい」と焦っている方がいるかと思います。

しかし、焦ってしまうと元カレを振り向かせることがうまくいかないだけではなく距離が広がってしまう危険性があります。

まずや友人関係になることを目指し、そこからあらためて恋愛関係に発展するようじっくり距離を縮めることで復縁の成功率が上がります。

テクニック② SNSを友好的に活用する

元カレを振り向かせる効果的なテクニックとして、SNSを有効的に活用することが挙げられます。

これは元カレがあなたのSNSをブロックしていないときに効果的なテクニックとなります。

SNSをブロックされていないのであれば、あなたが画像を投稿することで彼氏の目にあなたの存在をアピールすることができます。

このときに、できるだけポジティブな画像を上げたり自分磨きをして魅力的になっている画像を上げることを意識しましょう。

そうすることで「元カノが楽しそう」と思わせて興味を抱かせることができます。

テクニック③ 協力者をつくる

元カレを振り向かせるテクニックとして、協力者をつくることが挙げられます。

あなた自身がいくら復縁に向けて努力をしたとしても、元カレの目にその姿が入らなければ意味がありません。

しかし、元カレのなかには「元カノのことに一切興味がない」と考えていている人がいます。

そんなときに、共通の友人や元カレの家族といった協力者をつくることであなたの情報を流してもらうことができます。

「元カノがあなたと別れてからキレイになったみたいだよ」「元カノが復縁目指してるみたいだけど、あなたはどうするつもり」のように、情報を提供してもらうことで興味を抱かせることができます。

テクニック④ ポジティブになる

元カレを振り向かせるテクニックとして、ポジティブになることが挙げられます。

ポジティブに復縁の努力をするだけではなく、仕事や趣味といった日常生活をポジティブに取り組むことでより効果が上がります。

それはポジティブに日常生活を楽しんでいる女性は、男性から見て魅力的に見えるためです。

あなたが楽しそうにしていることを目にした元カレは、「自分と付き合っていたときより元カノが魅力的」と感じて振り向いてくれる確率が上がります。

復縁が無理な状況から逆転できた体験談

体験談① 音信不通の元カレと復縁に成功した体験談

学生時代から付き合っていて「いつかは結婚するのかな」と漠然と考えていたのですが、付き合いがマンネリ化するとともにちょっとした喧嘩が長引くようになり関係が悪化していきました。

関係が悪化して冷え切ってしまったときに大きな喧嘩をしてしまい、それがきっかけで別れることに。

そのときに「もう元カレのことなんて考えたくない」と思い、しばらく連絡をしませんでした。

しかし時間がたつとともに冷静になり、「やっぱり元カレと復縁したい」と思うようになりました。

そこで元カレに連絡しようとしたのですが、電話番号やメールアドレスを変更されていたようで音信不通になってしまいました

「もう復縁は絶望的かな」と思ったのですが、どうしてもあきらめきれずに学生時代の友人の協力してもらいなんとか連絡先を知ることができました。

謝罪をするとともに友達からやり直してもらえるようお願いをしました。

共通の友人の協力もあり友達からやり直すことになりそれから1年ほどして復縁に成功、依然と同じ失敗をしないようにマンネリ化しない努力をしています。

音信不通になってしまうと、復縁のきっかけをつくれなくなってしまいます。

そんなときは、共通の友人に協力してもらったりSNSを調べるといったことで連絡先をつかめるケースがあります。

体験談② 新しい彼女がいる元カレと復縁に成功した体験談

元カレと復縁したいと思ったのですが、すでに元カレには新しい彼女ができていて絶望しました。

しかし私はどうしてもあきらめきれずに、「いつかチャンスがるはず」と元カレと距離を縮める努力をしました。

元カレと友人関係に戻ることに成功したあとは、女性の立場として元カレの相談になるようになった私。

元カレが新しい彼女との関係で悩んでいるときに、「早く別れてほしい」という気持ちを抑えて親身になって話を聞きました

それから半年後に元カレは新しい彼女と別れたのですが、「相談に乗ってもらっているうちに君の大切さを再認識した」と元カレから復縁のアタックをされました。

焦らずに元カレの相談に乗ったのがよかったと実感しています。

元カレに新しい彼女がいるときは、関係が悪化するまで待つことが大切です。

慌てて行動をすると逆効果になり、復縁が絶望的になってしまうためです。

また、元カレが新しい彼女とうまくいき結婚まで進展した場合はきっぱりとあきらめて新しい恋を探しましょう。

さいごに

復縁が絶望的な状況から逆転することは可能です

しかし難易度がとても高いため、失敗することが少なくありません。

そのため、後悔しないため努力をすることが大切なだけではなくどこかであきらめて新しい恋を探すように頭を切り替えましょう。

関連記事
元彼が復縁したいと思う女の特徴と「戻りたい」と思わせる方法
どう思ってる?失恋後の男の気持ちを知れば復縁率UP!?
復縁後、幸せになれないカップルの特徴&長続きさせる方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!