復縁が無理なパターンでも諦めないで!元カレを取り戻すテクニック

元カレに「復縁はない!無理だよ」と言われた…かなり酷い別れ方をした…何度チャレンジをしたけど難しい…そんな状況になり「復縁は無理だから諦めた方がいいのかな」と思うかもしれませんが、好きだからこそ簡単に諦めることができませんよね。それに本当に無理な状況なのでしょうか? 実は無理だと思っていても復縁が可能な状況はよくあるのです。 ここでは復縁が本当に無理な状況と、難しい状況でも元カレを振り向かせる方法をご紹介します。改めて2人の関係を見つめ直して、もう少し頑張るべきなのか、新しい恋を探すべきなのか探りましょう。

復縁が本当に無理なパターン5選

あなたが「今の状況だと元彼との復縁は無理そう」と思っていても、実は復縁できる状況かもしれません。

まずは、本当に復縁が無理な状況なのかを確認して、その後の対処法を考えましょう。では元彼との復縁が無理と言われるパターンを5つ紹介します。

以下のパターンに当てはまるほど残念ながら本当に無理な可能性が高いです。

① 浮気を繰り返した

復縁が無理だとよく言われるパターンとして、浮気を繰り返して別れたときが挙げられます。

浮気を繰り返している側が復縁を迫ったとしても「また浮気されるかもしれない」と思われてしまい、信用がなくなってしまい復縁に応じてもらえることがありません。

また元カレの浮気が原因で別れたとしても「自分が浮気したことが後ろめたくて復縁できない」と思われてしまいうまくいかないことが多いです。

② 元カレに新しい彼女ができた

別れた元カレに新しい彼女ができたときも難しいです。新しい彼女とうまくいっているタイミングで「復縁してほしい」と伝えたとしても、「元カノが邪魔」と思われてしまいうまくいきません。

とくに、新しい彼女と婚約をしていたり結婚をしているときは復縁が絶望的と言えます。そのときは「元カレを忘れて新しい恋を探そう」と切り替えることをおすすめします。

関連記事
新しい彼女がいるときは復縁不可能?元カレとのベストな冷却期間

新しい彼女がいるときは復縁不可能?元カレとのベストな冷却期間

③ LINEブロックをされた

音信不通やLINEをブロックなどをされて連絡がとれない状況も非常に難しいです。電話番号を変えたり、SNSのアカウント変える、LINEをブロックするということは、「別れた相手と二度とかかわりたくない」と思っている表しです。

「復縁したい」と思っていたとしても元カレに気持ちを伝える手段がないですし、どうにか手段を見つけても拒まれる可能性があります。

感情的に衝動的にブロックをされた時は解除をされることがありますが、そうではないなら無理な可能性があります。

関連記事
LINEをブロックされた彼氏と復縁したい!別れたあとに繋がる方法

LINEをブロックされた彼氏と復縁したい!別れたあとに繋がる方法

④ 元カレの悪口を言いふらした

付き合っているときや、別れたあとに、怒りがこみあげて元カレの悪口や暴露話を言いふらしてしまった人は復縁が難しいです。

彼のプライドを傷つけたことになるので自爆弾のように思われてしまい「この相手とは一緒にいることができない」と思われてしまいます。復縁を望んだとしても拒絶される可能性が高いです。

⑤ 元カレに指摘されたこ事を直さなかった

何度も注意をされたのに直さなかったことがあり、その指摘をされたことが原因で別れた場合は復縁が難しいパターンかもしれません。

何度も注意をされたということは、何度もチャンスをくれたということです。しかし直さなかったため諦められたり冷められたのかもしれません。大反省をして指摘をされた部分を直しても、時既に遅しの可能性があります。

実は復縁が無理ではないパターン

無理そうに見えて必ずしも無理ではない状況もあります。もちろん復縁の難易度は高いですが、本当に好きならまだ諦めなくていいかもしれません。

「復縁は無理」と言われた

復縁はタイミングです。まだタイミングではない時や、元カレは忘れたいから発言した時は、無理と言われたからって必ずしも無理というわけではないです。

無理という言葉を真に受けるのではなく、どうして別れたのかや、どうして無理なのかを考えるほうが重要です。そして無理と言われたときは、冷却期間を設けることをおすすめします。

喧嘩別れ

喧嘩別れということは、衝動的に感情的になって別れていると思います。怒りやイライラというのはある程度の時間が経過すると収まるものなので、怒りが収まった頃に復縁ができる可能性があります。

他好きをしている

元カレが今他に好きな人がいたとしても、まだ付き合っていないなら無理という状況ではないです。その他好きとの恋がうまくいかない可能性があるからです。

他の相手に負けないぐらい自分磨きをして「俺は間違っていた…元カノが一番だ」と気づかせましょう。

関連記事
彼氏に他好きされた!復縁の確率と逆転して幸せになる方法

彼氏に他好きされた!復縁の確率と逆転して幸せになる方法

復縁の可能性アップ!元カレを振り向かせるテクニック

絶望的状況から復縁をするのは不可能ではないけど難しいです。だからこそしっかり計画的に復縁活動をしましょう。

ネガティブに重くならない

元カレを振り向かせるテクニックとして、ポジティブになることが挙げられます。

ポジティブに復縁の努力をするだけではなく、仕事や趣味といった日常生活をポジティブに取り組むことでより効果が上がります。

それはポジティブに日常生活を楽しんでいる女性は、男性から見て魅力的に見えるためです。

あなたが楽しそうにしていることを目にした元カレは、「自分と付き合っていたときより元カノが魅力的」と感じて振り向いてくれる確率が上がります。

元カレに執着をしない

一回距離を置きたいなと思っているときに「私はあなたじゃないと嫌だ」「私だけを見て」「あなたがいないと生きていけない」そんな圧を感じたら余計に距離を置かれてしまいます。

元カレへの執着心は心の中にだけしまって、言葉や態度には出さないようにしましょう。

元カレの状況が分かるようにする

協力者をつくるなどして、元カレの状況が分かるようにするのもおすすめです。復縁はタイミングと言いますが、元カレの状況が分からなければタイミングを読むのが難しいです。そのため共通の友人などに協力をしてもらうといいでしょう。

共通の友人でなくても、こっそり元カレのSNSを見れるようにしておくのもおすすめです。

チャンスを逃さない

復縁が絶望的な状況のときの対処法として、ちょっとしたチャンスを逃さないことが挙げられます。とくに元カレと音信不通になっているときは、偶然再会したときのチャンスを逃さないようにしましょう。

このときに慌てて復縁を迫ると元カレに避けられてしまうため、焦る気持ちを抑えて「久しぶり、元気だった?」のように軽く声をかけてみましょう。

うまく声をかけることができれば、SNSのIDやメールアドレスといった教えてもらえそうな連絡先を聞きましょう。元カレが連絡先を教えてくれれば復縁できる可能性があります。

恋愛を一旦忘れる努力をする

難しい状況から復縁をするには客観的に考えて行動できないといけません。ネガティブになりすぎたり、執着心がメラメラな状態だと冷静な判断ができなくなり余計なことや逆効果なことをしがちです。

そういった場合は上記のテクニックを行う前にいったん忘れる努力をしたほうがいいです。客観的に考えられるほど心に余裕ができてから、本格的な復縁活動を行いましょう。

逆転!復縁がほぼ無理な状況から復縁する方法

その① 冷却期間をおく

復縁の可能性を上げるために、冷却期間を置くことが効果的です。

「元カレと復縁したい」と思っているときは「できるだけ早く復縁したい」と焦りがちです。しかし、冷却期間が終わっていないタイミングだと元カレはあなたに対してネガティブな感情を抱いています。

そんな時期に「復縁してほしい」と告げたとしても受け入れられる可能性がほぼないだけではなく、「元カノがめんどくさい」と思われてしまい復縁が無理になる危険性があります。必ず冷却期間は置くようにしましょう。

関連記事
冷却期間中の男性心理は変化する!元カレとの復縁の可能性UP

冷却期間中の男性心理は変化する!元カレとの復縁の可能性UP

② 元カレと別れた理由を把握する

元カレと復縁を目指すときは、別れた原因を振り返って改善することがとても大切です。恋人と別れたときに、漠然と「復縁したい!」とだけ思ったり「悪いのは私ではなく元カレのほう」と考えてしまう方が少なくありません。

しかしカップルが別れるときはお互いになんらかの原因があるケースがほとんどです。そのため、別れた原因を振り返るときは「自分のどこがダメだったんだろう」という点を重視しましょう。

自分でどうしても原因がわからないときは、信頼できる友人に相談することが効果的です。第三者の視点から分析してもらうことで、あなたには見つけられない原因が見つかるケースが多いためです。

別れた原因を改善できれば、「別れたときより成長した」と元カレに思ってもらえるようになり復縁の成功率が上がります。

③ 自分磨きをする

復縁の可能性を上げるために、自分磨きをして成長することが大切です。復縁を目指すときは、元カレを惚れ直させることが重要です。そのため冷却期間中は自分磨きをして生まれ変わることが必要になります。

自分磨きをするときは、元カレの好みの外見を目指すだけではなく内面を磨くことを忘れないようにしましょう。魅力的な人間になることができれば、元カレから復縁を迫られることがあります。

④ SNSでアピールをする

復縁が絶望的な状況な冷却期間中は、SNSで自分の存在をアピールすることが対処法のひとつになります。復縁願望があってもなくても、実はこっそりSNSなどを見ることは多いです。SNSは鍵などをつけず、元カレがいつでも見れるような状態にするといいです。

SNSでアピールするときは「復縁したい」「辛い」という直接的なアピールは逆効果になる危険性が高いです。

直接的なアピールではなく自分磨きをして魅力的になった姿や、充実した日常の内容を投稿することで気を引くことが効果的です。

⑤ 冷却期間を十分に設けたら連絡をする

復縁が絶望的な状況のときは、元カレからネガティブなイメージを抱かれていることがほとんどで一緒にいればいるほど嫌われてしまいます。そのため、復縁を目指しているときは距離を置いて冷却期間をつくることが大切です。冷却期間の目安は個人差がありますが最低3ヶ月です。

冷却期間をしっかりおいたあとは、すぐに復縁を迫るのではなく「しばらくぶりです、元気ですか?」のように友達として軽いメッセージを送ってみましょう。

軽いメッセージであれば元カレがあなたに対して警戒心を抱かずに返信してくれる可能性があります。返信がくれば、それをきっかけに距離を縮めていくことを目指しましょう。

⑥ 友達に協力をしてもらう

友達に協力してもらうこともおすすめです。復縁が絶望的な状況から脱却するために、自分がいくら努力をしても元カレの気持ちが動かないことが少なくありません。

しかし、友達の言葉であれば聞く男性がいます。そのため、直接あなたの気持ちをアピールするのではなく友達がアピールしてもらって状況が改善するケースがあります。

友達に協力してもらうときは、友達が「復縁させても大丈夫」と思えるようにあなた自身が変わる必要があります。そのため、まずは何よりも自分磨きが重要です。

⑦ ゆっくり距離を縮める

復縁の成功率を上げるテクニックとして、ゆっくり距離を縮めていくことが挙げられます。復縁したいと思っている女性のなかには「はやく復縁したい」と焦っている方がいるかと思います。

しかし、焦ってしまうと元カレを振り向かせることがうまくいかないだけではなく、距離が広がってしまう危険性があります。

まずや友人関係になることを目指し、そこからあらためて恋愛関係に発展するようじっくり距離を縮めることで復縁の成功率が上がります。

⑧ 1回無理だったなら1回ひく

連絡をとっけどいまいち反応が悪かったときは、タイミングがまだ悪かったようです。再び冷却期間を長めに設けて元カレの様子を確認するようにしましょう。

復縁を自ら無理にするNG行動

連絡をしすぎる

復縁を遠ざけるNG行為として、元カレに連絡をしすぎることが挙げられます。復縁をするためにはまずは冷却期間が重要です。

それなのに、あまりにも連絡をしすぎると「元カノがめんどくさい」と思われたり「自分は復縁するつもりがないのに、復縁したいのかな」と警戒されてしまいます。

場合によっては連絡をブロックされてしまい、復縁が絶望的な状況になってしまいます。そのため元カレにはまずは連絡をしない。するとしても付き合っていたときよりも減らしましょう。元カレの都合に合わせて連絡するタイミングを調整することで復縁に近づくことができます。

全部自分が悪い事にしている

過度に全てを自分のせいにした考え方をしてしまうと、ネガティブオーラが炸裂をしてしまいます。そうなると重いと思われて復縁がしにくくなってしまいます。

もちろんあなたに非がある部分は反省をするべきです。でもあなたが悪くない部分も自分のせいだと考えないようにしましょう。

辛さを男遊びでかき消す

皮肉なことに嫌な噂というのはすぐに広まります。別れてどんなに辛くても、復縁をしたいなら男遊びはしないようにしましょう。あなたが男遊びをしている噂が元彼の基に届いたら印象は幻滅になってしまいます。

駆け引きをする

元カレに振り向いてほしいからと駆け引きはNGです。めんどくさい女、分かりにくい女と思われて余計に冷められてしまう可能性があります。できるだけ素直に接するようにしましょう。

ストーカーのように探る

彼女ではなく今は元カノなのに、恋人気分で接することはNGです。もう別れたののに恋人のように嫉妬をしたり、なれなれしい態度をとってしまうと「恋人じゃないのに距離感が近すぎる」と拒絶されてしまうので注意しましょう。

また、恋人時代のように約束なくサプライズで会いに行くのような行為はしないようにすることも大切です。

新しい彼女がいるのに邪魔をする

元カレに新しい彼女がいて復縁が絶望的なときは、新しい彼女と関係が悪化するのを待つことが対処法になります。とにかく待つしかないんです。

新しい彼女とうまくいっているタイミングで復縁を迫ったとしても、成功率がほとんどないだけではなく「もう二度とかかわってほしくない」と拒絶される原因になります。

「最近彼女とは順調?」と探りを入れたり「はやく新しい彼女と別れてほしい」と邪魔をしたり「あの子は絶対辞めたほうがいいよ」と悪口を言うのはNGです。あなたが介入したことがバレると、復縁がより絶望的になってしまうためです。

復縁前に体の関係をもつ

復縁を目指しているときに、元カレから体の関係をもつように誘われるケースが意外と少なくありません。そんなときに「体の関係をもったほうが復縁が近づくかもしれない」と考えるのはNGです。

復縁前に体の関係をもってしまうと、元カレにとってあなたは都合のいいセフレになってしまいます。都合のいいセフレになってしまうと、そこから本命彼女になるのは復縁する以上に難易度が高くなります。

そのため体の関係を誘われたとしてもきっぱり断るようにしましょう。また、夜のデートに誘われたときは嬉しいと思うかもしれませんが、同時に警戒をすることが大切です

復縁を遠ざけるNG発言

「復縁をしたい」

復縁を遠ざけるNG発言として、「復縁したい」と告白を繰り返すことが挙げられます。復縁したいと思っている人は、どうしても自分の気持ちを伝えたいという思いが強くLINEやメールで「復縁したい」と繰り返しがちです。

しかし、元カレが復縁を考えていないときにしつこく「復縁したい」とメッセージを送ると「重たい」と思われてしまい避けられる原因になります。

復縁の思いを伝えることはいずれ必要ですが、タイミングが重要なだけではなくしつこくしないことが大切です。

「ごめんなさい…私が悪いの」

復縁を遠ざけるNG発言として「ごめんなさい」と繰り返すことが挙げられます。別れの原因が自分にあると自覚している人ほど、元カレに対して「ごめんなさい」と謝りたくなります。

自分の悪い点を謝ることは大切ですが、LINEやメールでなんども繰り返し「ごめんなさい」と言われると、言われた側が罪悪感を抱いたり「もう連絡をしたくない」と思うようになります。

また、言葉だけでごめんなさいと謝ったとしても悪い点を改善した努力が見えないときは「口だけで反省していない」と思われ復縁が遠ざかります。

そのため、謝ったあとはなんども繰り返さないようにしましょう。また、自分の悪い点を改善することを忘れないことが大切です。

「寂しい」

「寂しいからよりを戻そうよ」のような誰でもいいから恋人がほしいと思わせる発言は復縁を遠ざけます。このような発言をしてしまうと、「自分以外の相手を見つければいい」と思われたり「復縁したとしても、すぐに別れそう」とネガティブなイメージを抱かせます。

「死にたい」

「あなたがいないと死にそう」そのような、ネガティブな発言は復縁を遠ざけるNG発言です。自分の気持ちを伝えることは大切ですが、ネガティブな発言をしてしまうと「重たい」と思われてしまい距離を置かれるためです。また「復縁したとしても楽しく付き合えない」と思われてしまいうまくいきません。

復縁が無理な状況から逆転できた体験談

生理的に無理と言われた

生時代から付き合っていて「いつかは結婚するのかな」と漠然と考えていたのですが、付き合いがマンネリ化するとともにちょっとした喧嘩が長引くようになり関係が悪化していきました。

関係が悪化して冷え切ってしまったときに大きな喧嘩をしてしまい、それがきっかけで別れることに。

そのときに「もう元カレのことなんて考えたくない」と思い、しばらく連絡をしませんでした。

しかし時間がたつとともに冷静になり、「やっぱり元カレと復縁したい」と思うようになりました。

そこで元カレに連絡しようとしたのですが、電話番号やメールアドレスを変更されていたようで音信不通になってしまいました。

「もう復縁は絶望的かな」と思ったのですが、どうしてもあきらめきれずに学生時代の友人の協力してもらいなんとか連絡先を知ることができました。

謝罪をするとともに友達からやり直してもらえるようお願いをしました。

共通の友人の協力もあり友達からやり直すことになりそれから1年ほどして復縁に成功、依然と同じ失敗をしないようにマンネリ化しない努力をしています。

音信不通になってしまうと、復縁のきっかけをつくれなくなってしまいます。そんなときは、共通の友人に協力してもらったりSNSを調べるといったことで連絡先をつかめるケースがあります。

今は戻る気ないと言われた

元カレと復縁したいと思ったのですが、すでに元カレには新しい彼女ができていて絶望しました。

しかし私はどうしてもあきらめきれずに、「いつかチャンスがるはず」と元カレと距離を縮める努力をしました。

元カレと友人関係に戻ることに成功したあとは、女性の立場として元カレの相談になるようになった私。

元カレが新しい彼女との関係で悩んでいるときに「早く別れてほしい」という気持ちを抑えて親身になって話を聞きました。

それから半年後に元カレは新しい彼女と別れたのですが「相談に乗ってもらっているうちに君の大切さを再認識した」と元カレから復縁のアタックをされました。

焦らずに元カレの相談に乗ったのがよかったと実感しています

元カレに新しい彼女がいるときは、関係が悪化するまで待つことが大切です。慌てて行動をすると逆効果になり、復縁が絶望的になってしまうためです。

また、元カレが新しい彼女とうまくいき結婚まで進展した場合はきっぱりとあきらめて新しい恋を探しましょう。

嫌われた=無理ではない

復縁が絶望的な状況から逆転することは可能です。しかし難易度がとても高いため、失敗することが少なくありません。そのため、後悔しないため努力をすることが大切なだけではなく、どこかで諦めて新しい恋を探すように頭を切り替える線引きも大事です。

疲れたな…めんどくさくなってきた…と思うなら、新しい恋をしたほうが長い目であなたが幸せになるかもしれません。

関連記事
冷却期間中の男性心理は変化する!元カレとの復縁の可能性UP

冷却期間中の男性心理は変化する!元カレとの復縁の可能性UP

復縁したいけど無理そう…もう諦めたいと思った理由

復縁したいけど無理そう…もう諦めたいと思った理由

音信不通から復縁するのは無理?再開のきっかけとは

音信不通から復縁するのは無理?再開のきっかけとは

関連キーワード

おすすめの記事