遠距離恋愛は病むし寂しい。辛いときの対処法&気持ちの伝え方

遠距離恋愛は、彼氏となかなか会うことができず寂しい思いをします。 また、どんどん彼の気持ちが離れていっているような気がして、心が病むこともあるのではないでしょうか。 寂しくて仕方ないとき、会いたくて仕方ないときはどうすれば良いか、答えがでず悩んでしまいます。 そこで、遠距離恋愛中の男性心理から、辛いときの対処法寂しいことを彼氏に伝える方法など、遠距離恋愛を長続きさせるためのコツをお伝えします。 不安を感じている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

遠距離恋愛が辛い。寂しいと感じる瞬間

遠距離恋愛中に、辛く寂しい思いをしている人は多いはずです。

まずは、遠距離恋愛で寂しいと感じる瞬間を見てみましょう。

瞬間1:1人ぼっちの瞬間

とくに何かを考えているわけではないのに、1人ぼっちの瞬間に寂しいと感じるのが、遠距離恋愛の辛い部分です。

1人ですることがないからこそ、余計に寂しいと思ってしまうのでしょう。

あまり1人でいすぎれば、心が病むことになりかねません。

外出をしたり、友達も遊んで気分をリフレッシュさせましょう。

瞬間2:連絡がつかないとき

遠距離恋愛カップルは、お互いの生活リズムが違う場合が多く、連絡が取れないことがあります。

ただでさえ遠距離の彼氏に会えないのに、連絡までもうまく取れなければ、より寂しさが強くなってしまうでしょう。

また「彼氏はどこで誰といるの?」と、不安を感じることもあります。

瞬間3:喧嘩をしたとき

遠距離恋愛だからこそ、些細なことで喧嘩になりやすいです。

きっと、遠距離恋愛の寂しさや不安がストレスとなって、売り言葉に買い言葉で喧嘩になってしまうのでしょう。

ただ、彼氏としたくもない喧嘩をすれば「なんであんなこと言ったんだろう…」と、寂しさを感じることがあります。

また、喧嘩をしたことで「彼氏に嫌われたかも…」と、寂しさを感じる場合も考えられます。

瞬間4:デートの約束が破られたとき

遠距離恋愛中の楽しみといえば、彼氏に会える日ですよね。

ただ、急な仕事や予定、体調不良でデートの約束が破られてしまえば、やっぱり寂しく感じてしまいます。

仕方ない理由であっても、天国から地獄へ落とされたかのように、寂しい気持ちになってしまうでしょう。

瞬間5:デートが終わった直後

久しぶりに遠距離の彼氏と会えれば、楽しくも幸せな時間を過ごすことができるはずです。

ただ、彼氏との楽しい時間はあっという間に終わってしまいます。

デートが終わりに近づくにつれて「また会えない日を我慢しなければいけないんだ…」と、寂しく感じてしまうでしょう。

遠距離恋愛で一番寂しい瞬間は、もしかすると彼氏とのデートが終わったあとかもしれません。

寂しいのは私だけ?遠距離恋愛中の男性心理

遠距離恋愛中は、寂しいと感じて当然です。

ただ、自分と同じように、彼氏も寂しいと思ってくれているのでしょうか?

今度は、遠距離恋愛中の男性心理を見てみましょう。

男性心理1:彼女に会えなくて寂しい

遠距離恋愛中に寂しいと感じるのは、女性だけではありません。

大好きな彼女に会えなくて「寂しい…」と、感じている男性はとても多いです。

案外、女性より男性ほど寂しいと感じやすく、仕事や友達と過ごすことで、寂しさを紛らわしているようですよ。

男性心理2:彼女のことが気になっている

彼女に会えない寂しさを感じるなかで「彼女は何をしているんだろう…」と、気になっている男性がいます。

とくに、寂しがり屋な男性ほど、彼女がどこで誰と何をしているのかを考えており、不安になっているようです。

場合によっては、浮気を心配されるため、遠距離の彼氏を安心させておきましょう。

男性心理3:自分の時間を楽しんでいる

遠距離の彼女に会えない寂しさも、彼女の浮気を心配することもなく、遠距離の1人の時間を満喫している男性がいます。

たしかに、自分の時間を楽しむことは、遠距離恋愛を長続きさせる効果があるのでよいことです。

ただ、自由にさせすぎることで、浮気や気持ちが冷める心配があります。

彼氏を自由にさせつつも、報告や連絡を徹底させることを心がけましょう。

遠距離恋愛で寂しい気持ちを乗り越えるポイント

遠距離恋愛中の男性が寂しさや不安を感じていると知って「自分と同じだ!」と、安心できたのではないでしょうか?

ただ、遠距離恋愛中の寂しさは、時として2人の関係を悪くする場合があります。

そこで今度は、遠距離恋愛中の寂しい気持ちを乗り越える5つのポイントを見てみましょう。

うまく寂しい気持ちを和らげて、遠距離恋愛を長続きさせてくださいね。

ポイント1:1人で寂しさを抱え込まない

遠距離恋愛中は、どうしても寂しいと思うものです。

ただ、1人で寂しさを抱え込むことによって、

「どうして彼氏は私の気持ちをわかってくれないの?」
「もうこんな寂しい遠距離恋愛なんてしたくない」

と、後ろ向きな気持ちになってしまいます。

遠距離恋愛の寂しさは、程よく彼氏に伝えて、2人で寂しさを乗り越えていきましょう。

彼氏に寂しいと伝えるだけで、自分の気持ちを知ってもらえる安心感が得られますよ。

ポイント2:寂しさから意識をそらす

遠距離恋愛の寂しさにばかり目を向ければ、より寂しさが増してしまうでしょう。

寂しさを乗り越えるためには、寂しい感情から意識をそらさなけれはいけません

仕事に集中したり、友達と遊んだりと、寂しさ以外のことに目を向けてみてください。

楽しい・嬉しいといった明るい感情に目を向ければ、より早く寂しさを乗り越えることができるはずです。

ポイント3:遠距離恋愛を前向きに捉える

寂しいという感情は、ネガティブな感情です。

遠距離恋愛を悲観しやすくなり「もう寂しいだけの遠距離恋愛を続ける自信がない」と、考えてしまうかもしれません。

せっかく遠距離恋愛をしているわけですから、次に彼氏と会う日を楽しみにしたりと、もっと前向きに考えてみてはどうでしょうか?

次のデートプランを立てるなど、遠距離恋愛を前向きに捉えれば、寂しさを感じることはなくなるはずです。

ポイント4:誰かに相談をする

遠距離恋愛の寂しさは、誰かに相談をすることで乗り越えることができるかもしれません。

もちろん、信頼できる友達に相談をしても問題ありませんが、やはり遠距離恋愛を経験している人への相談がおすすめです。

遠距離恋愛を経験している人は、寂しさを紛らわす方法や、遠距離恋愛を長続きさせる秘訣を知っているでしょう。

また、遠距離恋愛の注意点を教えてもらうこともできるはずです。

身近に遠距離恋愛の経験者がいなければ、インターネットの掲示板に匿名で相談をしてみるなど、誰かに相談をしてみてください。

ポイント5:自分に自信をもつ

遠距離恋愛の寂しさや不安な気持ちは、自分に自信がないことの証拠といえます。

自分に自信がなければ、彼氏の自分に対する気持ちも、彼氏本人も信じることもできなくなって仕方ありません。

「どうせ遠距離恋愛なんてうまくいくはずない」と、マイナスな考えをしている人は、自分磨きをして自信をつけてみてください。

遠距離恋愛の寂しさはもちろん、彼氏に会えなくても、連絡が少なくても、寂しさや不安を感じることがなくなるはずです。

「寂しい」と感じたら彼氏に伝えてもいい?

遠距離恋愛の寂しい気持ちを、彼氏に伝えたくても伝えられずにいる人は多いでしょう。

きっと、彼氏に寂しいと伝えることで、重い・うざいと思われることを心配していると思います。

たしかに、毎日寂しいと伝えていれば、彼氏にうんざりされる可能性は高いといえます。

そもそも、寂しいとわかって遠距離恋愛をしているわけであり、毎日寂しいと言われたところで、遠距離にいる彼氏にはどうすることもできません。

ただ、彼氏に寂しいと伝えることが悪いわけではなく、伝え方に注意をすれば、むしろ伝えることによって寂しさを和らげることができます。

寂しいと言われる彼氏の気持ちを考えながら、負担にならない伝え方を意識しましょう。

遠距離恋愛が寂しいときの上手な伝え方

遠距離恋愛中の寂しい気持ちは、1人で抱え込まずに彼氏へ素直に伝えることが大切です。

ただ、上手に寂しさを伝えなければ、かえって彼氏との関係を悪くする場合があります。

今度は、遠距離恋愛が寂しいときの上手な伝え方について見てみましょう。

上手な伝え方1:甘えた伝え方をする

可愛く拗ねた口調で「連絡がなくて寂しかったんだからね!」と、甘えてみてください。

女性の可愛く拗ねる姿は、男をキュンとさせるポイントの1つです。

寂しいと伝えたことが重くならず、むしろ彼女を愛おしく感じてくれるでしょう。

また、愛しい彼女の顔が見たくなって、テレビ電話やスカイプを使った連絡に変えてくれるかもしれません。

上手な伝え方2:楽しい会話をした直後に伝える

彼氏と楽しい雰囲気で連絡をしたあとに「あーあ、楽しい時間も終わりか…余計に寂しくなっちゃったな」と、伝えてみてください。

毎日寂しいと伝えれば、彼氏に重い・うざいと思われる可能性がありますが、上記の伝え方であれば、彼氏との会話が楽しかったからこその一時的な寂しさに思ってもらいやすいのです。

きちんと、あなたの寂しい気持ちに向き合ってくれるはずなので、彼氏の愛情を感じることができて、寂しい気持ちを和らげることができるでしょう。

上手な伝え方3:明るく「寂しかったんだよ!」と伝える

彼氏との連絡や会うことができなければ、寂しいと感じるでしょう。

ただ、寂しいからといって、暗い雰囲気で「寂しかった…」と、伝えれば、彼氏に重い・うざいと思われやすく、2人の関係がうまくいかなくなる恐れがあります。

彼氏に寂しいと伝えるときは「もう!連絡がなくて寂しかったんだからね!」と、明るく伝えることを心がけてみてください。

彼氏に寂しい気持ちが伝わりつつ、重いと思われる心配がなくなるため、2人の関係を壊さずに、寂しさを和らげることができるはずです。

遠距離恋愛で病むときの対処法

遠距離の彼氏に会えない・連絡が取れないことで、寂しさや不安が募れば、心が病む場合があります。

ただ、遠距離恋愛で心が病むと、彼氏からの印象が悪くなったり、自分で冷静な判断ができなくなるかもしれません。

そこで今度は、遠距離恋愛で病むときの対処法について見てみましょう。

対処法1:彼氏に会いに行く

遠距離恋愛の寂しさが募って心が病むのであれば、いっそのこと彼氏に会いにいきましょう

彼氏に会えれば安心することができて、これからの遠距離恋愛を頑張ることができるはずです。

ただ、勝手に彼氏に会いに行けば、それこそ彼氏からの印象が悪くなります。

「ちょっと寂しくて気持ちが追いつかないんだ。次の休みの日に少しだけ会いに行っていい?」と、きちんと事情を説明したうえで彼氏の許可を取りましょう。

付き合っている関係だからこそ、きちんとマナーを守ることが大切ですよ。

対処法2:楽しい時間を過ごす

心が病むほど遠距離恋愛に疲れているときは、何を考えても悪いことしか思い浮かばなくなってしまいます。

だからこそ、遠距離恋愛から意識をそらして、なにか楽しいことに目を向けてみてください

楽しい時間を過ごすうちに、心に元気が戻ってくるはずです。

友達や趣味の時間を増やして、とにかく1人の時間をめいっぱい楽しみましょう

対処法3:しばらく遠距離恋愛から離れる

上記の「楽しい時間を」に通じますが、遠距離恋愛で心が病むときは、遠距離恋愛そのものから距離を置いてみてください

もちろん、彼氏と距離を置くわけでもなく、彼氏と別れるわけでもありません。

遠距離の彼氏からの連絡を待ったり、次のデートについて考えずに、恋愛とは無関係のことに目を向けるだけです。

遠距離恋愛から距離を置けば、遠距離恋愛について考えることが減るため、少しずつでも心を元気にしていくことができるでしょう。

寂しくてもこれはNG!遠距離恋愛中の注意点

遠距離恋愛が寂しいからといって、何をしてもいいわけではありません。

今度は、遠距離の彼氏と良好な関係を築くために、遠距離恋愛中の注意点を見てみましょう。

注意点1:証拠がないのに彼氏を疑ってしまう

遠距離恋愛の寂しさや不安が募って、彼氏を信用できなくなる人は多いでしょう。

ただ、遠距離れないだからこそ、しっかりと彼氏との信頼関係を築かなければいけません。

証拠ないのに彼氏の浮気や、自分に対する気持ちを疑ってしまえば、それこそ彼氏との関係を悪くしてしまいます。

もう少し自分に自信をもって、彼氏を信じることができれば、遠距離恋愛の寂しさを感じることもなく、うまく付き合っていくことができるはずです。

注意点2:彼氏に依存や束縛をする

遠距離の彼氏に会えない寂しさから、1日に何度も彼氏にLINEを送っていませんか?

もしくは、彼氏の浮気が心配になって、飲み会への参加を禁止したりと、束縛をしていませんか?

遠距離恋愛の寂しい気持ちを紛らわせるために、彼氏に依存や束縛をしてしまう人は多いと思います。

しかし、依存や束縛は、彼氏に息苦しさとストレスを与えてしまうため、かえって彼氏からの印象を悪くしてしまうのです。

彼氏を信じることはもちろんですが、ほかのことに意識を向けたり、自分に自信をつけたりと、別の方法で遠距離恋愛の寂しい気持ちを紛らわせましょう。

注意点3:浮気をしてしまう

遠距離恋愛中に一番やってはいけない行為が、寂しさを紛らわせるための浮気です。

遠距離であろうと、浮気はいつかバレるものであり、大好きな彼氏から嫌われて別れることになってしまうでしょう。

また、浮気をしたところで、遠距離恋愛の寂しさを紛らわせることは難しく、浮気をした虚しさ罪悪感で、余計に辛い思いをしてしまうことが多いです。

彼氏との遠距離恋愛を長続きさせたいのであれば、いっときの気の迷いで浮気をすることだけはやめましょう。

遠距離恋愛を長続きさせるポイント

遠距離恋愛が寂しくても、大好きな彼氏と長く付き合っていきたいですよね。

そこで今度は、遠距離恋愛を長続きさせる3つのポイントを見てみましょう。

以下のポイントを参考にすれば、難しいと言われる遠距離恋愛を成功させることができるはずです。

ポイント1:お互いに干渉しすぎない

遠距離恋愛を長続きさせるコツは、お互いに干渉しすぎないことです。

たしかに、彼氏に会えない寂しさや、浮気の不安を感じて、必要以上に連絡をしては、彼氏の行動を把握したくなると思います。

ただ、彼氏への干渉は、自由な時間を奪っていることであり、息苦しさストレスを感じさせてしまうのです。

「彼女に束縛をされているようでしんどい...」と、思われないためにも、もう少し彼氏を信じて、自由にさせてあげましょう。

ポイント2:1人の時間を充実させる

「遠距離の彼氏に会えなくて寂しい」
「今、彼氏は誰となにをしてるんだろう?」

と、彼氏のことばかり考えても、辛くなってしまうだけです。

遠距離恋愛中は、1人の時間が多いからこそ、もっと充実した過ごし方をして、明るい気持ちでいましょう。

友達との時間を増やしたり、趣味に夢中になっていれば、遠距離恋愛の寂しい気持ちを感じることが減るはずです。

ポイント3:あらかじめ会う予定を決めておく

遠距離の彼氏とは、あらかじめ次に会う予定を決めておくことで、寂しい気持ちを和らげることができます。

次に会う予定が決まっていれば「もうすぐ彼氏に会える!それまで頑張ろう」と、前向きな気持ちでいられるため、遠距離恋愛に不満を抱くことがなくなるのです。

彼氏に会えない寂しさは、遠距離恋愛を長続きできるかどうかに影響します。

これまで、彼氏と会う日を事前に決めていなかった方は、ぜひ試してみてください。

遠距離恋愛の寂しさを乗り越えた女性の体験談

ここまで、遠距離恋愛の寂しい気持ちを乗り越える方法を中心に紹介しましたが、それでも「やっぱり寂しい...」と、感じている人がいると思います。

そこで今度は、実際に遠距離恋愛の寂しさを乗り越えた女性の体験談を見てみましょう。

体験談を参考にすれば、遠距離の寂しさを乗り越える自信がなくても、きっとうまくいくはずです。

体験談1:友達と過ごす時間を増やして寂しさを乗り越えました!

20代 女性

遠距離恋愛中は、彼氏に会えなくて寂しかったです。

ただ、彼氏に「もっと友達と遊んで気分転換をしてたら?」と言われたことがきっかけで、遊ぶ時間を増やすことにしてみまた。

すると、彼氏以外のことを考えられるようになって、明るく過ごせるようになりました。

寂しさや不満を感じることがなくなり、彼氏との関係がうまくいくようになりました。

体験談2:自分磨きをするうちに前向きな気持ちになれました!

20代 女性

私が遠距離恋愛の寂しさを乗り越えた方法は、自分磨きです。

気分転換にジョギングをはじめたのですが、とても気分がよくて、すごく明るくなることができました。

毎日何度もLINEを送ったり、彼氏の行動を把握してばかりいましたが、自分に自信がついて彼氏に対する不安もなくすことができたのです。

彼氏から「可愛くなったね」と、言われたときは、本当に嬉しかったです。

辛いのは当然のこと。お互いを思いやって焦らず乗り越えよう

遠距離恋愛中に病むほど寂しいときの対処法や、寂しい気持ちの伝え方を中心に紹介しました。

大好きな彼氏に会えなければ、心が病むほど辛くて当然です。

ただ、お互いを思いやって冷静な行動ができれば、遠距離の寂しい気持ちを乗り越えることができるはずです。

無理をせずに、自分たちのペースで遠距離恋愛を長続きさせてくださいね。

関連記事
離れてもやっていける!遠距離恋愛に向いている彼女の特徴2つ

離れてもやっていける!遠距離恋愛に向いている彼女の特徴2つ

失敗しない!遠距離恋愛がうまくいくカップルの特徴&長続きするコツ

失敗しない!遠距離恋愛がうまくいくカップルの特徴&長続きするコツ

遠距離が成功する確率UP!長く続くカップルが実践している4つのこと

遠距離が成功する確率UP!長く続くカップルが実践している4つのこと

遠距離恋愛ってぶっちゃけ続く?続かない?続く派・続かない派の話

遠距離恋愛ってぶっちゃけ続く?続かない?続く派・続かない派の話

関連キーワード

おすすめの記事