親にデキ婚を反対された!その理由と反対されたときの対処法

妊娠をすると、「妊娠して嬉しい」「子供が生まれるのが楽しみ」と思いますよね。 しかし、親に報告をしたときにデキ婚を反対されてしまうと、「なんで反対するの?」「どうすれば許してもらえるかな…」と思うでしょう。 そこで、ここでは、親にデキ婚を反対された理由と、反対されたときの対処法を紹介します。 親にデキ婚を反対された方は、ぜひ参考にしてみてください。

デキちゃった…親に反対されるかな?

親に反対される可能性がある

親にとってデキ婚は「ちゃんと育てられるかな」「子供を養っていけるのかな」と不安に思うため、反対される可能性はあります。

デキ婚することを許してもらうためには、親を安心させる必要があるでしょう。

結婚を認めてもいい思いはしていない

「子供を堕ろすことなんてできない」「娘の気持ちを考えるとデキ婚を許すしかない」と思って、デキ婚を許してくれる親がいるでしょう。

しかし、デキ婚を許していても内心は「結婚するのが早すぎる」「まだ孫はいらなかった」と思っているかもしれません。

親がデキ婚を反対!その理由とは?

結婚をする年齢が早い

学生でデキ婚をする場合は、「学業に専念してほしい」「まだ結婚を許せる年齢じゃない」と思い、反対されることがあります。

親は娘が学生のうちはデキ婚することを予想していなかったため、現実に考えが追いつかないのでしょう。

結婚相手のことを信用できない

親が結婚相手と仲が悪くて「この人のことは信用できない」「娘のことを幸せにできると思わない」と思っているため、デキ婚を反対するのかもしれません。

この場合は、親が結婚相手のことを気に入れば、デキ婚を許してもらえるでしょう。

育てられないと思っている

親は「子供を産んでも育てられない」と思っているため、デキ婚を断るのかもしれません。

子供を育てられることを理解してもらえれば、親はデキ婚を許してくれるはずです。

結婚して子供を産みたいのであれば、デキ婚を許してもらえるように努力しましょう。

親にデキ婚を反対されたときの対処法

親と約束をする

学生だったり年齢が若いことが原因で親にデキ婚を反対されたときは、親と約束をするようにしましょう。

「ちゃんと学校を卒業する」「子供が生まれたらちゃんと仕事をする」など、約束をすれば親は納得してくれるかもしれません。

結婚相手と信頼関係を築いてもらう

親が結婚相手に不満があってデキ婚を反対されるのであれば、結婚相手と信頼関係を築いてもらうようにしましょう。

親と結婚相手と一緒に食事をしたり買い物をしたりしているうちに、信頼関係を築いてデキ婚を許してもらえるかもしれません。

育てられることをアピールする

子供を育てられるか不安でデキ婚を反対されているのであれば、子供を育てられることをアピールしましょう。

「収入がこれだけあるから養ってあげられる」「専業主婦になって育児に専念する」と伝えて、子供を育てられると思われればデキ婚を許してもらえるはずです。

デキ婚反対から結婚できた人の体験談

20代 パート

学生のときにデキ婚をしました。

親には「学生だから結婚は許せない」「子供も堕してほしい」と反対されていましたが、なんども「子供を産みたい」「この人と結婚したい」と伝えてデキ婚を許してもらいました。

子供が産まれて3年たちますが、デキ婚をしてよかったと思っています。

20代 会社員

付き合って2ヶ月で妊娠して、デキ婚することになりました。

親には相手のことを結婚の挨拶ではじめて会わせたため、「はじめて会ったのに結婚は許せない」「この人は信用できない」と言われました。

信頼関係を築くために、親と結婚相手と一緒になんども食事をしてデキ婚を許してもらいました。

本気だということをわかってもらおう!

親は「娘は本当にこの人と結婚したいと思ってるのかな」「2人で子供を育てられるのかな」という不安な気持ちから、デキ婚を反対することがあります。

そのため、親にデキ婚を反対されたときは、本気だということをわかってもらうためになんども説得しましょう。

「この人と結婚したい」「絶対に子供を産みたい」と説得すれば、親にデキ婚を許してもらえるはずです。

関連記事
両親に結婚を反対された!押し切って結婚をしたら幸せになれない?

両親に結婚を反対された!押し切って結婚をしたら幸せになれない?

親が結婚を反対する理由って?認めてもらう方法は?

親が結婚を反対する理由って?認めてもらう方法は?

だらしないと言われた…!デキ婚ってダメなことなの?

だらしないと言われた…!デキ婚ってダメなことなの?

関連キーワード

おすすめの記事