急な予定が!相手を傷つけないデートの断り方とは?

楽しみにしていたデートの日にどうしても外すことができない急用ができてしまうことはありませんか? どうやって相手に伝えたら傷つけずに済むか、必死で考える人は多いでしょう。そこで今回は相手を傷つけないデートの断り方をご紹介します。

デートを断りたいけど…あり?なし?

どうしても外せない用事はある!

社会人になると急に仕事が入ったり代わりをお願いされるなど、どうしても断れない話を持ち出されることがあります。とくに重要なプロジェクトに関わっているとそういった機会は増えるものです。

デートのキャンセルはアリ

できればそうならないことが一番ですが、どうしても外せない用事が入ってしまった場合には、デートをキャンセルするのはアリでしょう。

ただし、断り方をきちんとしないと誤解を受けたり相手との関係に亀裂が入る可能性があるため注意が必要です。

傷つけないデートの断り方とは?

急用が入ったことを伝える

デートの断り方として基本となるのは、正直に話すことです。

変につくろったりすると、誤解を与える可能性があります。急用が入った経緯をしっかりと伝え、言葉足らずにならないように気を付けましょう。

別の日のデートを申し込む

デートの断り方として、別の日のデートをその場で申し込むのは得策です。

相手にはデートがイヤでキャンセルされたわけではないことが伝わりますし、デートをキャンセルされたショックを和らげることができます。この断り方で大切なのは、断ったその場でほかの日を提案することです。

後日にすると「またドタキャンされるかもしれないし…」と逆に断られる可能性があるので気を付けましょう。

大好きであることを伝える

付き合っている彼氏とのデートを断るなら、その後何かしらのフォローを入れたほうがよいでしょう。たとえば、その日のうちにLINEやメールで謝罪と好きであることを伝えてください。

とくに付き合い始めて間もない場合は「もしかして嫌われたのかな…」と思われることがあるため、断り方を間違えないようにしましょう。

デートを断ったあとはどうなる?

気まずい雰囲気に…

断り方を間違えると、相手と気まずい雰囲気になったり、カップルの場合には喧嘩に発展する可能性があります。

それまで築き上げた信頼関係が崩れてしまうこともあるため、適当な断り方をせずにきちんと説明し、不本意であることをわかってもらいましょう。

デートに誘われなくなる

デートの断り方が雑だと、相手に悪い印象を与えるためデートに誘われなくなります

女性が思いきってデートに誘っても「気を使わないでいいから」「また今度予定が空いたときに連絡するよ」と、相手にされなくなるようです。

とくに変わらない場合も

デートを断ったあと、以前と変わらぬ態度で接してくれる場合があります。

それは断り方が丁寧で誠意が込められていると判断されたからでしょう。同時に「彼女もデートを楽しみにしていてくれたんだ」という喜びを感じたのかもしれません。

デートの断り方の注意点

ウソはつかない

デートの断り方で注意したいのは、ウソをつかないことです。

相手を傷つけないためにとウソをついたとしても、本当の理由がわかったときにウソをつかれたショックを受け、信用できないと思うようになるかもしれないので注意しましょう。

ちゃんと謝る

デートの断り方で「自分は悪くない」「用事が入ったからしょうがない」といった言い訳を並べて、謝罪の言葉が一つも出てこない状況を作るのはタブーです。どんな理由であれ、デートを断ることには変わりありません。

「本当にごめんね」ときちんと謝り、次のデートに繋げる努力をしましょう。

気まずくならないように!

デートを断られたときの男性の精神的ショックと悲しみは、女性が想像する以上です。しかも断り方の印象が悪いと、関係が悪化したり喧嘩になることもあります。

デートを断るときは丁寧に謝り、経緯を正直に話しましょう。

あなたのことを考えてくれる男性なら、残念に思いながらもきっと受けれてくれるはずです。ぜひ次回のデートで2人の時間をうんと楽しんでください。

関連記事
デートに行きたくないな…傷つけない断り方はある?

デートに行きたくないな…傷つけない断り方はある?

デートがめんどくさいからドタキャン!あり?なし?

デートがめんどくさいからドタキャン!あり?なし?

倦怠期中でデートもつまらない…乗り越え方とは?

倦怠期中でデートもつまらない…乗り越え方とは?

関連キーワード

おすすめの記事