え…断られた!男女別のデートを断られたときの対処法

デートに誘って断られたらとてもショックですし、そのあとどんな態度を取ればいいのか分からないという人は多いはずです。 対応の仕方によってはその後の2人の関係に影響を与えます。今回は男女別のデートを断られたときの対処法についてご紹介しましょう。

デートを断られた!どうしよう!

デートを断られた人は結構いる!

デートを断られたら、ショックと恥ずかしさでその場から逃げたくなるのではないでしょうか。しかし、そうした経験をしている人は意外に多いようです。

異性にデートの誘いを断れたことがあるかというとあるアンケートで、男性は64.6%の人が、女性では29.5%の人が断られたことがあると回答しています。

この数字を見ると「断られたのは自分だけじゃない!」という気持ちになれるはずです。

デートを断られる理由

デートを断られた理由には「すでに予定が入っていた」「仕事の疲れが溜まっていて出かける気分ではなかった」など実にさまざまです。

上記の理由なら誘い方を変えたり、タイミングを見計らえば次の誘いは乗ってきてくれるかもしれません。

しかし、「タイプじゃなかった」「相手に興味が持てなかった」という理由でデートの誘いを断ることがあるため、相手の反応や表情などをよく観察する必要があるでしょう。

実は断られたあとが勝負

デートを断られたら「もう終わりだ…」と思うかもしれませんが、本当に大切なのは断られたあとです。

その後どんな態度を取るか、どんな返事をするかであなたの印象は大きく変わります。そのときの対応によってはよい方向に動き出す可能性があるのです。

女性にデートを断られたときの対処法

理由を詮索しない

デートを断られたとしても「何でダメなの?」「ほかの予定って何?」など理由を詮索しないのは基本中の基本です。

そんなことをしてしまうと相手から「何でそんなことまで言わないといけないの!?」「しつこくてイヤだ…」という印象を持たれます。

これでは「せっかく誘ってくれたのに悪いな」と思っていたとしても最終的に「断ってよかった」と思われ、その後の誘いにも乗ってこない可能性が高くなるので理由の詮索は避けましょう。

軽めに返事をしておく

女性からデートの誘いを断られたとしても「一緒に行きたかったのに残念」「忙しいかな、ごめんね」など、断られたことを重く受け止る返事は控えたほうがいいでしょう。

なぜならその返事があなたのことを「重たい人だ」という印象にしてしまうからです。

断られたときは「了解!また今度ね」くらいの軽い返事にしてみてください。大切なのは相手に断ったという罪悪感を持たせないことです。

しばらくは誘わない

デートを断られたら、しばらくの間は誘うのを控えましょう。

立て続けに誘うと、相手が接触を避けだしたりLINEでブロックをする可能性があります。すぐにはデートに誘わず、相手の様子を伺ってみてください。

女性が何か悩んでいそうな時や寂しそうにしているときに、さりげなく声を掛けると、最終的にデートにOKしてもらえるかもしれません。

もし可能性がないと感じたら、ほかの相手を探すのも1つの方法だといえるでしょう。

男性にデートを断られたときの対処法

軽く残念な雰囲気を出す

男性からデートの誘いを断られたら、その場で少し残念そうにするのはアリです。

言葉に出して「そっかぁ残念。また今度ね」くらいは言っても大丈夫でしょう。そのほうが男性としては「そんなにデートしたかったのかな」とうれしい気持ちになるはずです。

ただし「いつだったらいい?」「一緒に行こうよ~」と食い下がるのは避けましょう。男性か面倒くさいなと思われると可能性が消えてしまうので注意が必要です。

いつまでも引きずらない

デートを断られたときに「脈はないな…」と感じたらすぐに次に移りましょう。

デートを断られたことをいつまでも引きずっていたら素晴らしい出会いを逃すかもしれません。断られたときに理由を言っていなければ、次の相手を探すことをおすすめします。

期間をあけて誘う

デートを断られたのにどうしても諦めきれない相手なら、期間を空けてもう一度誘うのも一つの方法です。

できれば3週間くらいは空けたほうがよいでしょう。一度誘いを断ってあなたのことが気になっていれば2度目はきっとOKしてくれるはずです。

もし都合が悪かったとしても別の日を提案されるかもしれないので、断られたとしても明るく元気に変わらないあなたを見せておきましょう。

断られないデートの誘い方とは?

相手の好みをリサーチする

デートの誘いを成功させるためには、相手にデートに行きたいと思わせるプランが必要なので、まずは相手の好みをリサーチしましょう。

たとえば、アウトドア派ならバーベキューに誘ったり、バーベキューセットを一緒に選んでほしいと言って誘うのもアリです。

感性が求められる仕事に就いている人なら美術館デートを提案したり、相手の好きな俳優が出ている映画に誘うのもよいでしょう。相手の好みをリサーチすれば、デートに誘うきっかけがきっと見つかります。

あえてデート感を出さない

デートという雰囲気に緊張と戸惑いを感じて断られる可能性があるため、あえてデート感を出さずに誘うという方法があります。

たとえば、相手がPCに詳しい人なら「よく分からないから一緒に選んでほしい」と言って誘い、用事が終わったらその場ですぐに解散します。

後日お礼として食事に誘えば相手は警戒せずOKをしてくれるはずです。相手が恋愛に慣れていない場合にはそのほうが成功する確率は高いでしょう。

時間帯は昼間で

デートに誘うなら時間帯は昼間のほうがおすすめです。

とくに相手が女性なら夜のデートに誘うと、下心を警戒されて断られる可能性が高くなります。昼間ならハードルは下がりやすくなるはずです。

断られても次頑張ろう!

デートの誘いを断られたとしても、そこで落ち込んでいては前に進めません。

悪態をつかず爽やかに返事をして一旦引きましょう。先約が入っているという理由で断られたら、間を空けてもう一度誘ってみるのはアリです。

逆に脈なしを感じ取ったなら、いつまでも同じ相手に執着せず次の新しい出会いを求めましょう。時間は有限です。さらなる素晴らしい出会いを期待して次に移りましょう。

関連記事
付き合う前だからできる!誕生日デートの誘い方♡

付き合う前だからできる!誕生日デートの誘い方♡

関連キーワード

おすすめの記事