バツ2シングルマザーだけど再婚を諦めたくない!注意点とは?

バツ2のシングルマザーの再婚は、一般的に難しいと考えられがちです。再婚をしたいけれども、二度の離婚経験によって、結婚に対して臆病になってしまう事もあります。

シングルマザーが再婚をしたいと考えるときの注意点や、再婚のメリットをご紹介します。

バツ2のシングルマザーの苦労とは?

最近では珍しいものでは無くなったシングルマザーですが、離婚経験を二度も経験しながら、子供を育てる女性の苦労は並大抵ではないです。シングルマザーには経済面での自立や、精神面での自立が求められます。

また、一般的に、離婚は結婚の何倍もパワーを消費してしまうと言われています。バツ2であるという事は精神的な苦難を二度乗り越えている事になりますね。

再婚した人の離婚率は50パーセントとも言われ、バツ2以上の離婚率は70パーセントにも登ります。離婚を二度も経験すると、再婚に対するハードルも上がってしまい、なかなか再婚に向いて足を踏み出す事が出来ずに悩んでいる人も多いでしょう。

バツ2だけど再婚を諦めたくない!その理由

バツ2であると、再婚に対して積極的に考えられなかったり、相手の男性に対して引け目を感じてしまう女性もいるでしょう。しかし、反対に再婚したいと考えるシングルマザーの理由をご紹介します。

バツ2だけど再婚を諦めたくない理由:子供のため

子供には父親の存在が必要だと考え、再婚するべきではないかと悩んでいるシングルマザーも多いようです。しかし、本当に再婚が子供のためになるかどうかというのは、子供の状態を見て見極めなければいけません。

子供にとって親の離婚は大きなショックを感じるもので、新しい父親をなかなか受け入れられない子供もたくさんいます。

子供に新しい父親を気に入って欲しいからといって、以前の父親と比較するようなことを言うのは控えましょう。

バツ2だけど再婚を諦めたくない理由:頼れるパートナーが欲しい

シングルマザーの場合、仕事から疲れて帰ってきたら、さらに育児をこなさなければなりません。パートナーがいれば協力したり分担する事が出来る家事育児ですが、1人でこなさなければならないのは想像以上に過酷です。

体調が悪い時も仕事や育児をこなさなければならないし、金銭的にあまり余裕がないと感じているシングルマザーも多いようです。

実家に住んでいるシングルマザーであれば、家事や育児も手伝ってもらう事も出来ますが、一緒に家事育児をこなすパートナーの存在は精神的にも安心感を感じることができます。

バツ2のシングルマザーが再婚のチャンスを掴む方法

結婚するにおいて、バツ2のシングルマザーはなかなか難しいと感じる女性も多いでしょう。実際のところ、離婚経験や子持ちを気にする男性もいます。

特にシングルマザーの場合、「離婚歴はそんなに気にならないけど、子供はなるべく小さい方が良いのではないかと思う」といった男性の意見もあります。再婚を考えるのであれば、実際の父親のようになるためにできるだけ幼い頃から接していたい、と感じるようです。

子供が2才から3才のうちだと、再婚した父親と関係が上手くいきやすいと言われています。もしくは高校生以上であれば、精神的に自立し始めたり、考え方が大人になってきているので、理解や許容がしやすくなるようです。

また、バツイチ限定の婚活パーティーであれば、似たような境遇の人達だけが集まっているのて、シングルマザーも再婚のチャンスを掴みやすい環境となるようです。

バツ2のシングルマザーが再婚するときの注意点

シングルマザーの再婚で最も気をつけたい注意点は、再婚相手と子供の関係性です。子供が思春期であったり、女の子である場合はさらに配慮が必要です。家族みんなが幸せを感じることで、初めて円満な家庭を築くことができます。

同じことを繰り返さないように!

今まで二度の離婚経験のあるシングルマザーは、「次こそ幸せになれるように」と考えすぎてしまうあまり、結婚や相手に対するハードルが上がってしまったり、臆病になってしまう事があります。

決して焦って決断したりせずに、子供への配慮をしながらゆっくりとパートナーを見つけていきましょう。

関連記事
女は強い!シングルマザーが幸せと感じる瞬間&幸せになる方法
デメリットばかりじゃない!シングルマザーのメリット9選
シングルマザーが再婚をするタイミング&子供のこと
シングルマザー必見!彼氏と子供が会うタイミング&注意点

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード