悪口を言われたときの対処法!友達に陰口を言われたらどうする?

この記事では、悪口を言われたときの対処法について紹介します。 友達に悪口を言われたとき、職場でたまたま自分の悪口を聞いてしまった時...すごく辛いですよね。 自分に自信がなくなってしまいますし、気にしなくてもいいようなことまで気にしてしまってしんどい気持ちになります。 友達に陰口を言われたり、自分の悪口を聞いてしまったときは、いったいどうすればいいのでしょうか? 悪口を言われたときの対処法やNGな返し方を中心に、悪口を気にしないポイントを解説します。

友達に悪口を言われたときの対処法

友達から直接悪口を言われたり、友達が自分の悪口を言っていたらショックですよね。

特に、親友だと思っていた子や仲のいい友達が自分の悪口を言っていたらショックですし人間不信になります。

「悪口は気にしないのが一番」と言われても、やっぱり気になってしまいますよね。

まずは、友達に悪口を言われていたときの対処法を紹介します。

悪口を言われたときの対処法:無視をする

友達に悪口を言われたときの対処法1つ目は無視をすることです。

たまた陰口を聞いてしまったり、友達に悪口を言われたら、気にしないのが一番です。

そして、悪口を言う人からそっと距離を置くのが一番です。

友達に陰口を言われたら無視が一番ですが、そうとはわかっていてもやっぱり気にしてしまうのが現実です。

気にしすぎてしんどいですよね。

友達が自分の悪口を言っていたとき、無視以外にもできる行動があります。

どんどん見ていきましょう。

悪口を言われたときの対処法:相手が言うことを真に受けない

悪口言われると、言われた言葉を真に受けてしまいます。

「やっぱり自分って最低な人間なんだ」「この見た目で生まれなきゃよかった...」なんて必要以上にネガティブに考えてしまいます。

そんな時間無駄だと分かっていても、やめられないんですよね。

しかし、悪口を言う側にとっては、悪口を言う相手は誰でもいいと思っている場合が多いです。

陰口や悪口の内容も、寝て次の日になったら忘れています。

そんな心ない言葉を真に受ける必要はありません。

相手にする時間が無駄だと割り切りましょう。

悪口を言われたときの対処法:深呼吸して時間をおく

友達が自分の悪口を言っていたら、パニックになります。悲しい、イライラする、辛いなどさまざまな感情になるでしょう。

しかし、そのような気持ちは時間の経過とともに薄れていくものです。

一度深呼吸をして、大きく伸びをしてみましょう。

部屋に一人でいるなら、外に出て散歩をするだけでもスッキリとリフレッシュできます。

あなたには他にやるべきこと、やりたいことがあるはず。世界は広いです。

友達に悪口を言われたら頭の中がいっぱいになってしまいますし、必要以上に考え込んでしまう気持ちはわかります。

ですが、何度も何度も言われたことを考えないようにする努力をしてみましょう。

悪口を言われたときの対処法:悪口に付き合うメリット、デメリットを考える

友達に陰口を言われたら、いらっとしてつい言い返したくなります。

しかし、友達に悪口を言われたらやり返すのはNGな対処法です。

自分の陰口を言われたとき、やり返すメリットとデメリットを考えてみましょう。

さらに悪口言われる、反応するから相手が喜ぶ、悪口を言うひどい人間に自分の大事な時間を使うなど、デメリットがたくさんあります。

友達に悪口を言われたとしても相手にする必要はないと納得できるでしょう。

冷静になって考えてみたら、気にする必要なんてないと思えるはずです。

悪口を言われたときの対処法:「全員から好かれる必要はない」と考える

友達に陰口を言われたら自分に自信がなくなります。

特に、仲のいい友達や幼稚園からずっと一緒の親友だったら裏切られた気持ちになります。

友達に悪口を言われたら自分を責めてしまいがちですが、やめましょう。

人間誰しも好き嫌いがあると割り切るといいです。誰からも好かれるということは難しいことですし、全員を満足させることも困難です。

世の中にはいろいろな考えや意見を持った人がおり、みんなそれぞれ主観で動いています。何が正しいかは人それぞれです。

悪口言われているとしてもその人の主観に過ぎません。受け入れる必要はありませんし、付き合うのは無駄です。

悪口を言われたときの対処法:悪口を言われた機会をポジティブに捉える

友達に悪口を言われたときの対処法として、悔しさをバネにする考えかたが大切です。

友達に悪口を言われたら無視をするのが一番ですが、さらに自分を成長させることができたらいじめた相手への復讐になります。

友達に陰口を言われた時、ポジティブに捉えることができたらとても強いです。

「悪口言われている!たしかに自分のここは問題かも」「陰口のおかげで気づけた!ありがとう!」くらいの気持ちでいましょう。

また、悪口言われる部分が改善された途端、ひどい言葉や暴言がぴたりとやむ可能性もあります。

友達に悪口を言われたら自己成長のチャンスだと考えてみましょう。

悪口を言われたときの対処法:さらに成長して幸せな自分になる

友達が自分の悪口を言っていたとき、やり返して復讐するのはNGです。

一番の復讐法は、自分の陰口を言う相手よりも幸せな人生を歩むことではないでしょうか。

すぐに「自分の陰口を気にしない!」と気持ちを切り替えるのは難しいかもしれません。時間がかかっても大丈夫です。

辛くても無視をして、その人より上にいく努力をしてみましょう。

友達に悪口を言われたときのNGな対処法

友達から悪口言われたら、なんとかしたいと思いますが、やってはいけない対処法や返し方があります。

悪口言われているときにNGな行動を見ていきましょう。

言い返したりやり返したりする

友達から悪口を言われたときの対処法として言い返したりやり返したりするのはNGな行動です。

イライラしたり腹が立つのはわかりますが、友達から悪口を言われたら言い返すと相手は余計によろこんで調子に乗ります。

必要以上に関係を深めてはいけません。逆に、自分から距離をとるくらいがちょうどいいです。

自分が悪口を言われても、自分は悪口を言わないようにすることを意識しましょう。言われっぱなしは悔しいなんて思わないで、放っておけば良いのです。

悪口を言う人は、自分の悪い空気でいつか自滅して反省する時がきます。

相手のレベルに合わせるのは絶対NG!

友達に悪口を言われたら、返し方や対応の方法に悩むかもしれませんがそれは無駄な体力です。

とにかく、相手のレベルに合わせないことを意識しましょう。

陰口や悪口を平気で言う友達は、何度も同じことを繰り返している可能性が高いです。

そのため、 友達に陰口を言われたからといって反応してはいけません。

悪口や陰口に反応したり、落ち込んでいる姿を見せると、面倒くさいことになる確率も高いです。学校、職場、どんな場所であっても相手のレベルにあわせてはいけません。

友達に悪口を言われたら自分のことを責めすぎないで!

友達に陰口を言われた時、自分を責めすぎる行動もNGです。

友達が自分の悪口を言っていたら傷つきます。

とことん落ち込むのはいいことです。立ち直る時間が早くなる効果があります。

ですが「やっぱり自分なんて...」と必要以上に自信をなくすのはやめましょう。

クヨクヨしていたら陰口を言う相手が調子に乗ります。落ち込むときはしっかり落ち込み、そのあとはポジティブになりましょう。

陰口や悪口言われる原因って?

自分の陰口言われる時間は本当に辛いです。どうにかして対処したいです。

そもそも、なぜ悪口言われる状況になってしまったのでしょうか。

友達に陰口を言われた原因を理解することで、少しでも早く問題が解決するきっかけになるかもしれません。

友達に悪口を言われている原因について考えてみましょう。

いじめやモラルハラスメントの原因って何?

友達に陰口を言われたら、気にしすぎてしんどいですし辛いですよね。

しかし、悪口や職場でのモラハラ、パワハラはいじめられている相手が悪いわけではありません。

多くの場合、悪口や陰口は嫉妬と余裕のなさから生まれています。

自分に自信がないから人の悪口を言っています。相手を傷つけることでプライドを保っているのです。

だから、わざわざ粗探しをしたり、なんとかして陰口になるようなことを見るけるのです。

また、わざわざ自分の陰口を報告してくるような人は自分勝手な性格をしている場合が多いです。

良かれと思って言っていますが、相手に配慮ができていない自己中な人間です。

友達に悪口を言われたとしても自分を責める必要はありません。

悪口や陰口を言う人の心理は?

仲のいい友達に悪口いうような人には反省してほしいものです。どうして、近い関係の人に対して傷つく言葉を言うのか理解できません。

バレたあとも平気で悪口を言い続けるのは本当にモヤモヤしますよね。

悪口や陰口ばかり言う相手はいったい何を考えているのでしょうか。

学校や職場で人の悪口言う女の心理について解説します。

悪口を言う心理:相手のプライドを傷つけたい

相手にイヤな思いをさせたい、相手のプライドを傷つけたいという気持ちからひどい言葉を言います。

陰口を聞いてしまった人は、落ち込んだり悩んだり、たとえば学校なら不登校になったりします。

そんな姿をみても悪口言う人間は申し訳ない気持ちにはなりません。

むしろ、相手にされたと喜びます。

悪口を言う心理:自分と同じ位置まで引きずり下ろしたい

学校や職場で悪口言う理由として、相手を自分と同じレベルまで引き下げたいという心理があります。

たとえば、同期なのに役職が上の相手、学校で自分よりモテる相手には嫉妬心を抱きます。

悪口や陰口を言うことで相手のプライドを傷つけて、人生が順調な状態をなんとかして壊したいのです。

悪口を言う心理:相手は誰でもいいからストレス発散したい

友達に悪口を言われたとき、言われている側が悪くないのはよくあるパターンです。

とにかく誰でもいいと言う心理で悪口、陰口を言っています。

ストレスが溜まる原因は人それぞれです。

家庭環境、勉強ができない、実はべつのところで虐められているなど...見えないところで苦しんでいるのかもしれません。

誰でもいいから友達に悪口をいって発散させています。

悪口を気にしないためのポイント

辛いかもしれませんが、友達に悪口を言われているときは、無視したり気にしないのがやっぱり一番です。

また、友達から悪口を言われた場合ではなく、友達の悪口を言う女が近くにいたときも、同様にスルーが一番の対処法です。

上手に距離を取る必要があります。

さいごに、無駄な悪口をスルーして気にしないためのコツを解説します。

悪口からは何も生まれないと割り切る

友達に悪口を言われたら、反応しても無駄だと割り切りましょう。

自分は悪いことをしていないのに悪口を言われた場合は、言う人に問題があるパターンがほとんどです。

人は劣等感を感じると「自分をみじめだ」と感じ、誰かを攻撃しようとして悪口を言うのです。

悪口を言う人は問題が自分の中にあることに気づいておらず、悪口を言うことで人よりも優位に立っているとアピールしたいのかもしれません。

悪口は嫌な気持ちにはなりますが、言われたときは「この人は私に悪口を言うことで心のバランスを保っているんだ」「相手にしても時間と体力の無駄」と思うのがおすすめです。

自分を褒めてあげる

友達に陰口を言われたら、どうしても周りを気にしてしまいますよね。

そんなときは自分に優しい言葉をかけてあげましょう。自分を褒めることで存在を認め、落ち込みすぎないようにします。

「あれだけ嫌なことを言われてもよく耐えてる偉い!」
「やり返してないのはすごい!」


というように自分の良いところをたくさん見つけ、自分自身を褒めてあげてください。

自分を否定しないで、褒めてあげるのが悪口を言われたときの良い対処法となるでしょう。

自分をさらに愛してあげる

自分を褒めたあとは、さらに自分を愛してあげましょう。

悪口を言われたときの対処法として無視が一番いいですが、悪口や陰口をきっかけにさらに自分を愛せたら、あなたはとても強いですし素敵です。

自分に優しい言葉をかけたあとは「やっぱり自分が大好き」と前向きな姿勢になりましょう。

悪口を言われた相手より幸せな人生を歩みましょう。

気にしないのが一番!無視するのが一番の復讐になる!

友達に悪口や陰口を言われたときは、触らないでおくほうが良いです。

友達に悪口を言われたときの対処法はいろいろありますが、やはり無視が一番いいです。

悪口を聞いてしまった時、弱みを見せると相手は調子に乗ります。自分さえよければどうでもいいひどい人です。

友達に陰口を言われたら無視をしてその人よりも幸せになる努力をしてみましょう。

いじめた相手よりも幸せな人生を歩むことが一番の復讐です。

傷は必ず癒えます。1日でも早く、すっきりした気持ちで前を向けるよう祈っています。

関連記事
さようなら!友達とキッパリ縁を切る方法

さようなら!友達とキッパリ縁を切る方法

友達と穏便に縁を切る方法!絶縁の理由&きっかけ

友達と穏便に縁を切る方法!絶縁の理由&きっかけ

いじめられた。いじめを解決する対処法

いじめられた。いじめを解決する対処法

恨みを晴らす!強力な復讐のおまじない

恨みを晴らす!強力な復讐のおまじない

関連キーワード

おすすめの記事