いじめられた。いじめを解決する対処法

学校でも、職場でも、ママ友の間でもいじめってあるものです。 毎日が憂鬱で、いじめが重症化してしまうとうつ病など心の病にかかってしまうこともあります。 年齢に関係なく起こるいじめ…どの年齢の人も遭遇する可能性のあるいじめの問題は大きな社会問題です。 「もし自分がいじめにあってしまったらどうしよう…」と思っている方に今回は対処法をご紹介いたします。

いじめられてすごく怖い

いじめは、いじめのターゲットとなった人を集団で言葉や行為、ときには肉体的な暴力で攻撃してくる行為です。

いじめられる人はいじめられているとき、周りの助けを受けられないことが多く、だただた耐えなければいけないことがほとんどです。

自分の生活が塞がれてしまい、長期化するとうつ病などの心の病を引き起こしてしまうことがあります。毎日が辛い日々の連続です。

いじめにあうと…

・学校や会社に行きたくない。
・子供の幼稚園の送り迎えができないから子供も幼稚園を休ませてしまう。
・ご近所の奥さんからいじめられ、嫌な噂を立てられ買い物にも出たくない。
・人と話したくなくなり引きこもりになる。
・死にたくなる。
・次の日学校や会社に行くと思うと夜、気分が悪くなる。
・朝、学校や会社に行こうとすると頭が痛くなる、朝起きられない。

などと、本当に辛いできごとがあります。引きこもりがちになってしまうと、なかなか元には戻れません。いくら気にしないようなタイプでも、長期になれば精神的にやられてしまいます。

頼れる人に相談をする

いじめられたときは、1人で問題を抱え込まず誰か頼れる人に相談することが、いじめの対処法の1つです。

しかし、いじめの問題を人に相談するときに気を付けなければならないことがあります。チェックしていきましょう。

相談相手を間違えてしまうと…

言葉というものは、相手に伝えた時点で独り歩きすることがあります。

同じような言葉の意味を持つ単語を使ったとしても、相手の受け取り方が違ってしまったり…。それが誤解を生んで、話が混乱してしまうことだってあるのです。

とくに人間関係の問題は、相談するときの相談相手を間違えてしまうとかえって問題がこじれて、いじめがひどくなってしまう場合もあります。

相談相手を間違えてしまった例

たとえば、職場の友達からいじめにあっていると相談した相手が、いじめている人と共通してる友達や先輩であった場合「◯◯ちゃんがこんなことを言ってたよ」と、自分をいじめている人に伝わり、いじめがエスカレートしてしまったということがあります。

いじめられたときの対処法を体験談からチェック

いじめにあったら、上手に対処していきましょう。いじめられたときのシチュエーションごとに対処法をご紹介していきます。

職場でのいじめられた場合

職場でのいじめは主に、上司からの嫌がらせや仕事ができない先輩の自分への妬みなどが原因となっていることがあります。

自分の生活が懸かっている職場のいじめは、厄介な問題です。毎日顔を合わさなけばならず、上手に付き合わなければ仕事がしずらくなります。最悪の場合は、仕事ができなくなってしまうことも…。

まず職場でいじめにあったら、いじめの相手が同僚なら上司に、上司なら上司の上司に、または会社の相談室や労働基準局などの相談窓口に相談してみましょう。

ママ友間でいじめられた場合

子供の受験関係、PTA関係で見栄や体裁から予期せぬいじめを受けることがあります。

親同士がトラブルを起こしてしまうと、子供の心理状態にまで影響してしまう場合があるので、ママ友間のいじめはできるだけ避けたい問題です。

もしママ友間でいじめにあってしまった場合は、できるだけいじめる相手と行動を一緒にしないことが対処法の1つです。子供の習い事を変える、時間帯をずらすなどいじめる人と接触を持つ時間を減らしましょう。

ご近所関係にいじめられた場合

ご近所関係でいじめに合うのもこれまた辛いものです。主婦が仲間を作って対象となる人をいじめにかかるのですが、心の安らぎとなる家の近所でいじめられるのはとても辛いものです。

根も葉もないを立てられたり、挨拶をしても無視される、無記名でポストに嫌がらせのメモを入れられる、玄関前にごみを散らかされる、車を傷つけられるなど、知らず知らずのうちに恨みをかい、誤解を生んで取り返しのつかないことに発展してしまう場合もあります。

ご近所でいじめにあった場合は、法律に携わるようなベテランの相談員がいる相談事務所、探偵事務所などに相談を依頼するのも解決方法の1つです。

見当はつくが証拠がなく車を傷つけられる、ゴミを玄関の前に捨てられているなど、証拠はないけれどたぶんあの人が…というケースの多い、ご近所のいじめは、証拠を掴んで解決にあたる対処法が解決方法に繋がります。

いじめられたときの対処法

【1人で問題を抱え込まず誰かに相談すること】

職場など上下関係のあるところでは、相談相手を間違えないように厳選して相談するようにしましょう。信用できる人が思い当たらないときは、占いの館などに足を運んで開運を開いてもらうこともおすすめの相談方法です。職場の場合は、仕事場の相談室や労働基準局の相談係りに相談することもいいでしょう。

【いじめる人と行動を共にしない】

これもいじめを避ける対処法の1つです。いじめる人と同じ習い事はしない、職場などでは休憩時間をずらす、飲み会の席では隣に座らないなど、一緒になる時間や行動に変えて接触を持たないようにすることは対処法の1つです。

【いじめを無視して自分の人生を歩く】

いじめに動じずいつもマイペースでいると、いじめる人もいじめがいがなくなり離れていく場合があります。

さいごに

皆さんはいじめられた経験はありますか?いじめは子供の問題だけではなく年齢を問わず、職場やご近所、ママ友、そして最近は犬のお散歩仲間でのいじめなどという問題もあるようです。

1人で問題を抱え込まず、誰かに相談することは対処方法になりますが、相談する相手をきちんと見極めて相談してくださいね。いじめは辛い問題です。上手に対処していきましょう。

関連記事
大人流の賢い復讐!いじめの仕返し7選

大人流の賢い復讐!いじめの仕返し7選

大人流!いじめの7つの対処方法

大人流!いじめの7つの対処方法

こんな人がいたら注意!?大人のいじめっ子に多い6つの特徴

こんな人がいたら注意!?大人のいじめっ子に多い6つの特徴

関連キーワード

おすすめの記事