やっぱり大変…シングルファザーの悩みあるあるとは?

自分が子供を引き取ると覚悟をしたものの、シングルファザーが仕事・育児の両立をすることは難しいですよね。 シングルマザーとは違って、シングルファザーだからこその悩みがたくさん存在するでしょう。 ここでは、シングルファザーの悩みあるあると、1人で悩んでしまったときの解決方法を紹介していきます。

1人で家事も育児もとなると大変…

朝起きてから家を出るだけでも行うことが多く、会社につく前に一仕事したくらいの労力を使うでしょう。

しかし、一度は覚悟を持って「自分が子供を育てる!」と決めたら弱音を吐けないシングルファザーの男性が多いです。

1人で悩みを抱え込まずに、しっかり家事・育児に向きあっていきましょう。

シングルファザーの悩みあるあるとは?

シングルファザーの悩みあるある① 経済的に余裕がない

生活費・養育費など、1人で賄わなければいけない費用が多く生活に余裕がありません。

子供が大きくなるほど、学校に通わせたり習い事をする費用などの負担が大きくなるでしょう。

「金銭面の負担が増えるので仕事を頑張ろう」と思うでしょうが、育児も同時にしなくてはいけないので仕事だけに集中するのは難しいです。

そのため、シングルファザーだと「経済的に余裕がもてない」という悩みあるあるを抱えてしまいます。

シングルファザーの悩みあるある② 毎日、忙しくて体力がもたない

シングルファザーの悩みあるあるは、仕事や家事に追われて体力がもたないことです。

仕事から帰ってきても、夕飯の支度をして子供の寝かしつけるまで休む時間がありません

あっという間に時間が経ってしまい、すぐに朝の準備をしなくてはいけない時間になることが多いでしょう。

シングルファザーの悩みあるある③ 裁縫を頼まれたときに困る

1人暮らしの経験者なら料理や家事をこなせますが、裁縫は苦戦する男性が多いです。

子供が保育園・幼稚園に入ることになれば、制服や帽子に名前シールをつけなくてはいけません。

また、子供のお気に入りの服がほつれてきたら自分で縫い直すことになります。

女性でも裁縫をする人が少ないので、シングルファザーの男性には困難に感じるでしょう。

シングルファザーの悩みあるある④ 娘だと懐いてくれない

子供が男の子なら男同士で仲良くやっていけますが、女の子だとなかなか懐いてくれないことがあります。

まだ小さいと感情を口に出すことが難しいので、パパが察してあげないといけません。

しかし、自分の娘でも女の子の心が分からずに「どうしたの?パパどうしたらいい?」と焦るのです。

また、女の子は思春期を迎えると余計にパパ嫌いになるので、永遠の悩みといえるでしょう。

シングルファザーの悩みあるある⑤ あまり一緒にいられない

仕事や家事を休みなく続けなくてはいけないので、子供と一緒に過ごせる時間が少ないです。

自分的にはできる限り子供と遊んだり話す時間を作ろうと思いますが、あまりにも忙しくて体力がもちません。

忙しい自分に気を遣って何の文句も言わない子供に、「我慢をさせてしまっている」と感じて苦しくなります。

シングルファザーの悩みあるある⑥ 周りの目が気になる

シングルファザーのあるあるな悩みは、「なんで親権をもらったの?」と周囲から質問されることです。

一般的には「親権は女性がとる」というイメージがあるため、シングルファザーで子育てをしていると周りから好奇な目に見られることが多いです。

必ずしも不倫・育児放棄などのマイナスな理由からシングルファザーになったわけではないので、複雑な気持ちでしょう。

シングルファザーの悩みあるある⑦ 再婚をするべきか迷う

シングルファザーになったとしても、素敵な女性に出会えば恋心が芽生えるでしょう。

また、自分のためではなく子供に寂しい思いをさせたくないので、「再婚するべきかもしれない」と考えるのです。

しかし、実際は子供が恋人を受け入れてくれるのか不安で、なかなか勇気がでません。

1人で抱えないで!悩んだときの解決方法

シングルファザーの男性は責任感が強いので、悩みを相談できない人が多いです。

しかし、1人で仕事・育児を完璧にこなすのは難しいので、周りに助けを求めましょう。

会社に勤務条件を変更してもらう

転職するのは労力や時間がかかってしまうので、会社に勤務条件を変更できないのか相談しましょう。

「収入はなるべく落とさずに子育てが優先できるように」など、自分の求める条件を伝えることが大事です。

理解のある会社であれば、なるべく要望にあった勤務条件に変更してくれるでしょう。

友人などに協力してもらう

休みの日など、友人を家に招いて子供の遊び相手になってもらうことがよいでしょう。

家の掃除やご飯を作っている間は、子供を放置することになるので遊んでくれる人がいたら寂しい思いをさせません

また、友人がくることで家事や育児にストレスを感じることなく行えて、自分の心を癒すことができます。

キッズシッターを子供をみてもらう

お金はかかりますが、キッズシッターに子供のお世話をしてもうらことがおすすめです。

生活を保つためにはお金が必要なので、家事や育児にまで頭が回らない人が多いでしょう。

キッズシッターは、家事代行・食事補助や子供の送迎まで行ってくれます

自分が居ない間も子供が楽しく生活できるように、キッズシッターにお世話してもらうことがよいでしょう。

幸せなシングルファザー生活を送るコツ

会社に話を通しておく

シングルファザーで子供と幸せな生活を送るコツは、会社にシングルファザーであることを理解してもらうことです。

会社側が協力してくれることで、子供が体調を崩したり寂しがっているときに「すぐに帰ってあげて」と助けてくれます

シングルファザーになったときに、周りの協力なしでは仕事・育児を行うのは難しいので、しっかり話を通しておきましょう。

休みの日は全力で遊んであげる

シングルファザーで子供と幸せな生活を送るコツは、自分が休みの日は子供と全力で遊んであげることです。

休みの日もやることが多いですが、いつもより子供とゆっくりする時間がつくれるでしょう。

一緒にご飯を作ったり、大好きな公園に連れて行ったりしてあげましょう。

普段いっぱい我慢させている分、休みの日だけは全力で愛を注いであげることが大事です。

悩みは溜めないで相談していこう!

シングルファザーは、「自分が絶対に子供を守るんだ!」と責任を背負いすぎてしまうことが多いです。

子供の唯一の家族ですが、身体に限界が来るまで頑張る必要はありません。

会社にシングルファザーであることを話したり、友人に遊び相手をしてもらうなど、周りに相談することが大事です。

色んな人に助けてもらいながら、全力で子供に愛を注いでいきましょう。

関連記事
シングルファザーが再婚しない理由って?幸せになるポイント

シングルファザーが再婚しない理由って?幸せになるポイント

シングルファザーの再婚が難しい!?どうすればいいの?

シングルファザーの再婚が難しい!?どうすればいいの?

シングルファザーの恋愛は難しい?恋の始め方とは…

シングルファザーの恋愛は難しい?恋の始め方とは…

関連キーワード

おすすめの記事