「元カレを振ったけど連絡したい…」ベストなタイミングと連絡内容

ふと元彼に「連絡したい!」と思ったことはありませんか?復縁をしたくて後悔をしていたり、未練があった場合は、どうしても連絡をしたくなるときがあると思います。 しかし連絡をしたい気持ちと同時に「連絡しても大丈夫かな?」という不安や怖い気持ちもあると思います。 しかも振った側なら尚更です。確かに元カレへの連絡は一歩間違えれば迷惑がられたり、関係がさらに悪化する可能性もあります。 そこで振った元彼に連絡をしてもいいベストなタイミングと連絡内容を紹介していきます。元彼に連絡したいと思っている方や、復縁をしたい方はぜひ参考にしてみてください。

元彼に連絡をする人は多い!

この記事を読んでいる人の多くは「元彼を振ったから連絡しにくい…」と悩んでいることでしょう。

たしかに、自分が振った元彼と復縁をしたいと考えるのは、身勝手に感じるのかもしれません。

しかし、あなたが思っている以上に元彼に連絡をしている人は多く、気まずさや不安を乗り越えながらも連絡をして、離れていた2人の距離を縮めているのです。

元彼と友達に戻りたい人も、元彼との復縁を考えている人も、元彼に連絡をするタイミングや内容に気をつけて、元彼との距離を縮めましょう。

元彼に連絡をしたいと思うときは?

「振った元彼に連絡をしていいのかな…?」と悩んでいる女性は多いといいますが、そもそもなぜ振った元彼に連絡をしたいと思うのでしょうか。

ここでは、女性が振った彼氏に連絡したいと思う瞬間を見てみましょう。

元彼に連絡をしたい瞬間1:元彼と復縁したいとき

元彼に連絡をしたいと思う1番の理由は、元彼との復縁を考えているからです。

自分から振ったものの、その後に元彼への思いが再燃したり、元彼の魅力に再認識することによって復縁したいと思ったのでしょう。

疎遠になった2人の関係を縮めるために、元彼に連絡をしたいと思うのは当然のことです。

元彼に連絡をしたい瞬間2:寂しいとき

元彼に未練があるわけでも、元彼と復縁したいわけでもなく、単に寂しさを感じたことで「元彼はどうしているのかな?声が聞きたいな」と、連絡をしたくなる女性がいます。

友達との時間や、仕事や趣味に集中をしても満たされることはなく、自分のことを知っている元彼に連絡をして、他愛のない会話を楽しもうと考えているのです。

ただ、元彼と連絡のやり取りができれば、一時的に寂しさが紛れるかもしれませんが、反動は大きく、余計に寂しさを感じる可能性があります。

元彼に連絡をしたい瞬間3:今の彼氏に不満があるとき

今の彼氏に不満があると、元彼と付き合っていた頃を思い出して連絡をしたいと思う場合があります。

比べるべきことではありませんが、今の彼氏と元彼とを比較して「あの頃はよかったな…なんで今の彼氏と付き合ったんだろう」と、懐かしんでいるのです。

元彼に連絡をすれば寂しさが紛れるかもしれませんが、今の彼氏との関係が悪化する可能性があります。

今の彼氏に不満を感じているときは、2人でしっかりと話し合って解決していきましょう。

振ったのに元彼に連絡したい理由

元彼への気持ちが冷めたり、ほかに好きな人ができたりと、なにか理由があって元彼と別れたはずです。

そのため、どうして元彼に連絡をしたいのか、理由を考えてみましょう。

理由1:復縁のきっかけにしたいから

元彼との復縁を考えている人は、連絡のやり取りをきっかけに復縁を狙っている傾向があります。

元彼と疎遠のままでは復縁をすることは難しく、かと言って、いきなり元彼と会うことはできません。

最終的に元彼と会わなければ復縁をすることはできませんが、前段階として、元彼と連絡を取り合う関係に戻ろうと考えているのです。

振った・振られたは関係なく、元彼と復縁するために連絡したいと考えていると人はたくさんいるでしょう。

理由2:仲直りをして友達に戻りたいから

元彼と友達に戻りたくて、連絡をしたいと思う女性もいます。

多くの人は「別れた元彼と友達に戻る必要ってあるの?」「別れた元彼と友達に戻ってどうするの?」と思うかもしれませんが、恋愛でうまくいかなくても、人として元彼を好きなケースはよくある話です。

もちろん復縁したい場合と同様に、疎遠になった元彼との距離を縮めなければ、友達に戻ることができませんので「ちゃんと元彼に謝って仲直りがしたいな」と考えているのです。

理由3:罪悪感を和らげたいから

カップルによって別れる理由も別れ方も違いますが、元彼をひどく傷つけて振ってしまった場合は「どうしてあんな振り方をしてしまったんだろう…」と、罪悪感を感じることがあります。

別れて時間が経ったことで、冷静に元彼とのことを考えられるようになったのでしょう。

たとえ復縁したい気持ちがなくてと、元彼への罪悪感を抱いたままでは前に進むことができません。

元彼との過去を断ち切るため元彼に対する罪悪感をかき消すために、連絡をしたいと思う女性は多いです。

元彼に連絡をしてOKなタイミングはいつ?

冷却期間をしっかり設ける

どんな理由があろうと、元彼に連絡をしないことには2人の距離を縮めることができません

だからといって、勢いで連絡をしてもいいわけではなく、きちんと連絡するタイミングを見極めないことには、かえって元彼との距離がひらいてしまうでしょう。

別れた理由や別れ方によって、元彼に連絡をするタイミングは人それぞれ異なりますが、きちんと冷却期間を置いてから連絡をする点は共通しているのです。

ちなみに、一般的な冷却期間は3ヶ月〜半年と言われており、冷却期間を置く・置かないの違いで、元彼との関係が修復できるかどうかが変わってしまいます。

とくに復縁をしたい人は、焦って連絡をしたくなると思いますが、きちんと返事をもらって復縁のきっかけにするためにも、きちんと冷却期間を置いてから連絡をしましょう。

パターン別!連絡をしたいときの対処法

元彼に連絡をしたいと思っていても、人それぞれ自分の置かれた状況が異なります。そのため、自分の状況に適した連絡の仕方や、連絡の内容を変えなければいけません。

そこで今度は、パターン別で元彼に連絡をしたいときの対処法を見てみましょう。

彼氏がいるのに元彼に連絡をしたい場合:元彼とどうなりたいかで連絡をするかどうかを決める

今の彼氏に不満があるのか、単純に元彼の近況が気になっているのか…

元彼に連絡をしたい理由はそれぞれだと思いますが、すでに新しい彼氏がいる場合は、元彼とどうなりたいかで連絡をするかの判断をしましょう

たとえば、彼氏との別れを考えていないのに元彼に連絡をすれば、浮気を疑われたり、実際に元彼と浮気をしてしまう可能性が考えられます。

彼氏からの信頼を失えば、この先付き合っていくことが難しくなってしまうでしょう。

反対に、彼氏との別れや、元彼との復縁を望んでいる人は、元彼に連絡をしても大きな問題に発展することはあまり考えられません。

このように、自分が元彼とどうなりたいかを考えれば、誰も傷つけることなくスムーズに元彼との距離を縮めることができるはずです。

元彼に既に新しい彼女がいる場合:用事を理由に連絡をする

元彼に新しい彼女がいる場合は、基本的に連絡をするべきではありません

元彼に連絡をすることで、新しい彼女との関係を壊してしまったり、いらぬ疑いをかけられたりと、面倒なトラブルに発展する可能性があるのです。

ただ、元彼との復縁を考えているのであれば、用事や相談を理由に連絡をすれば、もしかすると元彼から返事がもらえるかもしれません。

また、反対に元彼の相談を聞いて信頼してもらえれば、もし新しい彼女との関係が悪化したときに、復縁できる可能性が高まるでしょう。

遠距離恋愛だった場合 :できるだけ早めに連絡をする

遠距離恋愛をしていた元彼に連絡をしたい場合は、できるだけ早めに連絡をしてみてください

遠距離の元彼は、あなたに振られて落ち込んでいる可能性が高く、早めに連絡をすることで関係を再開させやすくなります

元彼の気持ちが離れる前に連絡をすることが、復縁や仲直りできる可能性を高める秘訣です。

ブロックをされている場合:ブロックをされているときは送らない

元彼にブロックをされていても、SNSやショートメールなどで連絡はとれるかもしれません。しかしブロックをされているのは、今は連絡をしたくないということなので様子を見るようにしましょう。

しつこく連絡をすれば、かえって元彼からの印象が悪くなるので、復縁をすることも、仲直りをすることも難しくなってしまいます。

途中から連絡こなくなった場合:連絡がくるまでしばらく期間を置く

元彼と連絡が取りあえたものの、途中から連絡がこなくなると「何か悪いことをしたのかな…」と不安になると思いますが、しばらくは返事がくるのを待ちましょう

しつこく連絡をすれば、元彼に引かれたり、元彼の重荷になってしまうため、その後に返事をしてもらえなくなると考えられます。

最低でも2〜3週間ほどは、返事をしたい気持ちをグッとこらえましょう。

振った元彼に送るベストな連絡内容

元彼に連絡をするタイミングを紹介しましたが、連絡の内容も重要です。

復縁したいからなのか、友達でもいいから関係を保ちたいからだけなのか、それによって連絡の内容は変わってきます。まずは連絡をする目的を整理して、連絡の内容を決めましょう。

復縁をしたい場合

1:久しぶり!元気にしてる?

久しぶり!

元気にしてる?

しっかりと冷却期間を置くことが前提ですが「久しぶり!元気にしてる?」という内容であれば、元彼に警戒される心配がありません。

たとえ復縁を望んでいても当たり障りない内容なので、元彼からの返事に期待をすることができるでしょう。

スムーズに連絡のやり取りが再開できて、元彼との仲直りや復縁に繋げられるはずです。

2:ちょっと相談に乗ってほしいことがあるんだ...

突然ごめんね。

ちょっと相談に乗ってほしいことがあるんだ...

元彼の得意な分野や、元彼にしかできないことで相談をすれば、返事をしてもらえる可能性があります。

男性は、頼られることに喜びを感じやすく、たとえ自分を振った元カノであろうと関係ありません。

「どうしたの?」という返事から、直接会う約束を取りつけることができれば、一気に2人の距離を縮めることができるでしょう。

友達として関係を保ちたい場合

1:今度みんなで遊びに行くんだけど一緒にどう?

今度みんなで遊びに行くんだ。

一緒に行かない?

友達として関係を保ちたい場合は、遊びに誘ってみるといいでしょう。

ただ、いきなり2人きりの遊びに誘うと、元彼に復縁を警戒される可能性がありますので、まずはグループ交際から誘ってみてください。

会社の仲間とのBBQに誘ってみてり、同窓会の幹事をして参加の確認といった理由があれば、気まずくならずに元彼に連絡をすることができるはずです。

また、遊びの参加の確認なので、元彼からの返事に期待をすることができるでしょう。

2:誕生日おめでとう!素敵な1年にしてね

誕生日おめでとう!

素敵な1年にしてね

元彼の誕生日に連絡をすることは、友達としても、復縁の成功にも効果があります。

たとえ元カノからであろうと、自分の誕生日をお祝されて嫌な気分になる人はほとんどいないでしょう。

「ちゃんと誕生日を覚えてくれていたんだ」という嬉しさから、しっかりと返事をしてくれるはずです。

ちなみに、誕生日メールをきっかけに復縁をしているカップルがたくさんいます。

疎遠になっていた2人の関係を一気に縮めることができるでしょう。

振った元彼に連絡をする際の注意点

ここまでは、元彼に連絡をするタイミングや連絡の内容を中心に紹介しました。ただ、いくつか注意をしなければ、元彼と連絡を取り合う関係に戻れなくなります。そこで今度は、振った元彼に連絡をする際の注意点を見てみましょう。

注意点1:相手の状況をできるだけ把握する

元彼に連絡をする前に、できるだけ相手の状況を把握しておきましょう。元彼の状況を把握しておけば、連絡をするベストなタイミングや連絡内容を見極めることができるため、返事をもらえる確率が高まるのです。

直接自分の目で確かめるもよし、共通の友達や元彼のSNSのチェックをするもよし。あらゆる方法を使って、元彼の状況を把握したうえで連絡をしましょう。

注意点2:連絡する目的をハッキリさせる

ただ連絡をしたいという思いだけでは、一度きりのやり取りで終わる可能性があります。

その後に連絡が取り合える関係になるためには、友達として関係を戻したいのか、元彼と復縁がしたいのか、あなたが連絡する目的をハッキリさせておかなければいけません

目的をもって連絡をすれば、連絡をするタイミングで駆け引きをしてみたり、連絡の内容に気をつけたりと、計画的に元彼との距離を縮めることができるはずです。

注意点3:重い雰囲気をださない

せっかく元彼と連絡が取り合えても、重い雰囲気をだしてしまえば「やっぱり返事をしなければよかった」と思われてしまうでしょう。

元彼からの印象が悪くなれば、途中で連絡がこなくなる可能性が高くなり、友達に戻ることも、もちろん復縁をすることも難しくなるのです。

「やっぱり別れたくない」「寂しいから会ってほしい」などと重い内容は避けて、明るく楽しい雰囲気の内容で連絡をしましょう。絵文字やスタンプをたくさん使えば、印象よく思ってもらえるはずです。

注意点4:最初から未練があるのを匂わせない

元彼との復縁を望んでいる人は、最初から未練があることを匂わせてはいけません

復縁が成功する秘訣は、慎重に2人の信頼関係を築き直してから行動に移すことです。

元彼から返事がきたからといって、すぐに「好きなんだ。私と復縁をしてほしい」と伝えるのではなく、まずは友達として仲良くなってから、少しずつ男女の仲になっていきましょう。

しっかりと元彼の気持ちや状況を見極めながら、復縁に向けて頑張ってくださいね。

注意点5:連絡をしたけど連絡がこないときは…

連絡をしたからといって、必ずしも元彼から連絡がくるとは限りません。振った元彼から連絡こないケースはよくある話です。

そもそも、元彼があなたと同じように「元カノに連絡したい」と思っているわけではなく、男としてのプライドや、すでに未練を断ち切っていたり、単に仕事が忙しかったりと、連絡をしない何かしらの理由があります。

連絡こない理由がわからない状態で、焦ってしつこく連絡をすれば、かえって元彼をうんざりさせてしまうでしょう。

「連絡こないのは新しい彼女がいるから?」
「連絡こないのは私のことが嫌いだから?」

と、不安に感じるときこそ冷静になって、しばらく返事がくるのを待ちましょう

返事を待つ間に、自分磨きをしたりと私生活を充実させて過ごしていれば、自然と前向きな気持ちになれるはずです。

衝動的はNG!元彼に連絡したい気持ちを抑える方法

一度、元彼に連絡したいと思ってしまうと、気持ちを抑えることができなくなりませんか?

ただ、衝動的な行動ほど、元彼からの印象を悪くしてしまいます。

そこで今度は、元彼に連絡したい気持ちを抑える方法を見てみましょう。

方法1:別れていることを再認識する

元彼に連絡をしたい気持ちが抑えられないときは、2人が別れていることを再認識しましょう

たとえば「もう元彼とはなんの関係もないんだ…」と理解すれば、連絡したい衝動にブレーキをかけることができるはずです。

すでに元彼とは赤の他人といえる関係なので、相手の状況をしっかりと見極めたうえで、連絡をするタイミングや内容を考えましょう。

方法2:ほかのことに意識を向ける

元彼から意識を逸らすことによって、連絡したい気持ちを抑えることができるでしょう。

たとえば、仕事に集中したり、友達との時間をめいっぱい楽しんでいれば、元彼のことを考えなくなるので、衝動的な行動を抑えられるのです。

「どうしても振った元彼に連絡したい」と思ったときは、別のことに集中してみてください。

方法3:早めに寝てしまう

元彼に連絡したい場合に限らず、辛く不安なことから逃げたいときは、寝るのが1番です

寝てる間は元彼を考えることがなく、もちろん連絡をすることもできません。また、早く寝て早く起きる生活をすれば、心も体も健康になるので、前向きな気持ちで元彼との関係に付き合うことができるでしょう。

友達と都合が合わないときや、元彼のことばかり考えて集中できないときこそ、早く寝ることを意識してみてください。

まとめ

振った元彼に連絡をするときのベストなタイミングや連絡内容と、連絡をするときの注意点を中心に紹介しました。

友達に戻りたいのか、復縁をしたいのか…元彼に連絡をしたい理由は人それぞれですが、いずれにしても衝動的な行動は避けるべきです。

元彼の状況をしっかりと見極めて連絡をすれば、今後の2人の関係が改善されていくでしょう。焦らず慎重に行動することを心がけてくださいね。

関連記事
元彼は復縁願望あり!?振ったのに連絡してくる男の心理&対処法

元彼は復縁願望あり!?振ったのに連絡してくる男の心理&対処法

別れてから1週間で元彼から連絡きた!その理由と復縁する方法

別れてから1週間で元彼から連絡きた!その理由と復縁する方法

別れてから1週間後の男の気持ち&復縁する方法

別れてから1週間後の男の気持ち&復縁する方法

振ったあとの男の心理とは!?自分を振った元彼と復縁する方法

振ったあとの男の心理とは!?自分を振った元彼と復縁する方法

関連キーワード

おすすめの記事