マッチングアプリに潜む既婚者の特徴はこれ!見抜くポイント3個

マッチングアプリには、こっそりと紛れ込んでいる既婚者が存在します。 本気で彼氏をさがしていたり、真剣に結婚相手を探しているのに、不倫目的の男性に引っかかるのは、とても辛いことです。 そこで、マッチングアプリに潜む既婚者男性の特徴と見抜くポイントを解説します。 既婚者に引っかかるリスクが低い、おすすめのマッチングアプリも紹介します。ぜひ、安心してマッチングアプリを使ってくださいね。

マッチングアプリに潜む既婚者男性の特徴

マッチングアプリに潜む既婚者の男性には、いくつか共通した特徴があります。

しっかりと既婚者の男性を見分けるために、以下の特徴を覚えておきましょう。

特徴1:プロフィール欄の空欄が多い

マッチングアプリにはプロフィール欄がありますが、既婚者の男性は、基本的にプロフィール欄を埋めません

細かくプロフィールを公開することで、既婚がバレてしまったり、自分を知っている人に見つかってしまうことを防いでいるのです。

マッチングアプリで既婚者の男性を避けたければ、プロフィール欄がどれだけ埋められているかのチェックをしましょう。

特徴2:学歴・年収がハイスペックすぎる

マッチングアプリに潜む既婚者の男性は、高学歴・高年収と偽って、ハイスペックなプロフィールを公開する特徴があります。

「マッチングアプリでハイスペック男性と出会いたい」という女性心理を逆手にとって、女性と出会おうと考えているのです。

気になる男性がハイスペックなときほど、より慎重に見極めましょう。

特徴3:プライベートの連絡先を交換したがる

既婚者の男性は、マッチングアプリ内で連絡を取り合うのではなく、LINEや電話番号など、個人的な連絡先を交換したがります

きっと、個人的に連絡を取り合うことで、一気に関係を深めようと考えているのでしょう。

また、嫁にマッチングアプリの利用がバレるリスクが減らすために、女性の個人的な連絡先を聞き出そうとする既婚者の男性もいます。

特徴4:連絡が取れない時間帯がある

既婚者の男性は、嫁や子供といるときにマッチングアプリを利用することができませんので、特定の曜日や時間に連絡がつかなくなる特徴があります。

とくに、時間に余裕があるはずの週末に連絡がつかなくなる男性は、既婚者の可能性が高いです。

もちろん、週末以外に仕事が休みのケースはありますので、特定の曜日や時間に連絡がつかない場合は、既婚者であることを怪しむべきといえます。

特徴5:すぐに会おうとしてくる

本来、マッチングアプリで出会った男女は、マッチングに成功してから会うべきものです。

ただ既婚者の男性は、ヤリモクでマッチングアプリを利用している傾向があるため、気になる女性を見つけた途端に会おうとします。

すぐに会いたがる男性は、既婚者や、ヤリモクの可能性が高いと言えるでしょう。

要注意!既婚者男性がよく使う機能がある

マッチングアプリを利用する既婚者男性は、ある機能を使って、既婚者であることを隠していると言われています。

ここでは、どんな機能を使っているのかについて見てみましょう。

既婚者男性が使う機能1:身バレ防止機能

既婚者の男性は、マッチングアプリの身バレ防止機能を使って、既婚者であることを隠したり、嫁や知人にマッチングアプリの利用を隠しています。

身バレ防止機能は、出会えるチャンスが減るものの、特定の人と一気に距離を縮めることができるため、既婚者ほど使っているといわれています。

マッチングアプリの利用がバレてしまえば、浮気や離婚といった大きな問題に発展するため、身バレしないために対策しているのでしょう。

身バレ防止機能を使っているかどうかで、既婚者男性を見抜くことができるはずです。

既婚者男性が使う機能2:プロフィール写真の加工

マッチングアプリのプロフィール写真は、相手に興味を持ってもらう重要な意味があります。

ただ、既婚者の男性は、自分の顔がわからないように加工していることがほとんどです。

後ろ姿だけの写真や、複数人で撮った写真で身バレを防ぐことで、既婚者であることを隠しています。

プロフィール写真で顔がわからない男性は、既婚者の可能性が高いと考えておきましょう。

既婚者なのにマッチングアプリを使う目的とは

マッチングアプリに潜む既婚者男性の特徴や、既婚者男性が使うマッチングアプリの機能について解説しました。

しかし、嫁や子供がいるにも関わらず、どうして既婚者の男性がマッチングアプリを使うのでしょうか?

ここでは、既婚者の男性がマッチングアプリを使う目的を見てみましょう。

マッチングアプリを使う目的1:浮気やセフレ相手探し

既婚者男性がマッチングアプリを使う目的は、浮気やセフレ相手を探すためです。

欲求不満なのか、精神的な癒しが欲しいのか…

嫁以外の女性と関係が持ちたくて、マッチングアプリを利用している既婚者男性は多いといいます。

マッチングアプリであれば、いつでもどこでも女性を探すことができるため、自由な時間が少ない既婚者男性にとって都合がよいのでしょう。

マッチングアプリを使う目的2:彼女探し

結婚生活が長く、嫁との関係がマンネリ化している既婚者男性は、彼女を探すためにマッチングアプリを利用する傾向があります。

「嫁がいるのに彼女を探すの?」と、疑問に感じると思いますが、あくまで疑似恋愛を楽しむだけであって、本気で付き合うわけではありません。

マンネリ中の嫁とのつまらない日々から抜け出したくて、マッチングアプリで彼女探しをしているのです。

マッチングアプリを使う目的3:飲み仲間・遊び友達探し

ヤリモクでも彼女探しでもなく、単に飲み仲間や遊び友達を作りたくて、マッチングアプリを使う男性もいます。

実際に、彼氏・彼女を探している人ばかりではなく、友達作りを目的に、マッチングアプリを利用している方は多いです。

好奇心旺盛で、刺激のある環境で過ごしたい人に多く見られます。

マッチングアプリで既婚者男性と会うリスク

マッチングアプリに潜む既婚者男性は数多く、きちんと見抜くことができなければ、あなたにとって大きなリスクになってしまうでしょう。

ここでは、マッチングアプリで既婚者の男性に出会うとどんなリスクがあるのかについて紹介します。

既婚者男性と会うリスク1:浮気や不倫になる

マッチングアプリで既婚者の男性に出会うことによって、浮気や不倫のリスクを背負う可能性があります。

たとえ既婚者と知らなくても、連絡を取り合ったり、デートを繰り返していれば、男性の妻にとっては、あなたが浮気・不倫相手になってしまうのです。

もちろん、体の関係を持っていれば、浮気や不倫相手にされてしまうでしょう。

既婚者男性と会うリスク2:既婚者男性の家族から訴えられる

たとえ既婚者と知らなくても、男性の妻にしてみれば、あなたは間違いなく浮気や不倫相手です。

不倫相手になれば、男性の家族から訴えられる可能性が高く、高額な慰謝料を請求されるでしょう。

「既婚者と知らなかった」は理由になりませんので、男性の家族の訴えがほぼ通ると考えておく必要があります。

それでも納得できなければ、家族ではなく、既婚であることを隠していた男性を訴えるしかないのです。

既婚者男性と会うリスク3:傷つくうえに時間を無駄にする

既婚者と知らずに好きになったところで、本気で付き合うことはできません

もちろん、結婚することはできませんので、相手の男性と過ごしてきた時間が無駄になり、恋愛や結婚が遠ざかってしまうのです。

また、相手の男性を本気で好きになっていれば、精神的に大きなダメージを受けてしまうでしょう。

既婚者男性に未練を残して、新しい出会いを探すことができなくなるかもしれません。

マッチングアプリを利用する場合は、既婚者かどうかを見抜くことが大切です。

マッチングアプリに潜む既婚者を見抜くポイント3つ

マッチングアプリで既婚者男性と会うことには、大きなリスクしかありません。

そこで今度は、マッチングアプリに潜む既婚者を見抜くポイントを見てみましょう。

既婚者男性の見分け方1:結婚欄・結婚に対する意思欄が記入されているか

マッチングアプリで既婚者男性の見分け方は、結婚欄や、結婚に対する意思欄が記入されているかどうかのチェックすることです。

本気で彼女や結婚相手を探している独身男性は、結婚に対する自分の考えをしっかりと書き込んでいます。

しかし、ヤリモクや遊びの彼女作りを目的にしている既婚者男性は、既婚者であることを隠したがるため、結婚欄や結婚の意思欄が空白のことが多いのです。

男性の見た目・職業・年収だけではなく、結婚欄・結婚に対する意思欄のチェックをすれば、既婚者かどうかを見抜くことができるでしょう。

既婚者男性の見分け方2:プライベートの話をしてくれるか

プライベートの話をしてくれるかどうかは、既婚者男性の見分け方の1つです。

既婚者であることを隠してマッチングアプリを利用しているため、一人暮らしなのか、休日をどう過ごしているのかなど、プライベートの質問をしても明確な返事をしてくれません

もちろん、自分からプライベートの話をすることはありませんので、男性がどんな人なのかを見極めることが難しいのです。

「普段は何時ごろに帰られているんですか?」
「お仕事が休みの日は何をされているんですか?」

と、プライベートの質問をして、どんな返事をしてくれるかをチェックすれば、既婚者かどうかを見抜くことができるはずです。

既婚者男性の見分け方3:連絡が取れない曜日・時間がないか

既婚者男性は、嫁や子供の前でマッチングアプリを利用できませんので、どうしても連絡が取れない曜日や時間ができます。

とくに、平日のゴールデンタイムや週末に連絡が取れなくなる場合は、家族と過ごしていると可能性が考えられます。

もし、独身の男性であれば、連絡が途絶えることは避けたいと思うため、連絡ができないとわかった時点で、丁寧に報告をしてくれるでしょう。

連絡が取れない曜日や時間があるか・ないかは、既婚者男性の見分け方です。

既婚者男性だと気付いた場合の正しい対処法

男性と連絡を取り合ったり、デートを繰り返すなかで「既婚者だった...どうしよう」と、気づく場合があります。

既婚者と知りながら関係を続けていれば、浮気や不倫に発展しやすく、純粋な恋愛ができなくなるでしょう。

そこで今度は、既婚者男性だと気づいた場合の正しい対処法を紹介します。

対処法1:既婚者かどうかを確かめるためにかまかける

連絡が取れない曜日や時間があるなど「既婚者かもしれない」と、怪しく感じたときは、かまかけることで、既婚者かどうかをはっきりさせましょう。

すでに会ってお互いの顔を知っている場合は「この前〇〇さんに似た人が子供を連れていたので驚きました!結婚しているんですか?」と、ストレートに聞いてみるといいでしょう。

また、マッチングアプリを利用する既婚者男性は、過去にマッチングアプリで悪事を働いる可能性があるため、Twitter・Facebook・掲示板に情報が書き込まれていることがあります。

そのため、まだお互いの顔を知らなくても「ネットの掲示板で〇〇さんらしい人の情報を見つけたのですが既婚者ですか?」と、かまかけることで、既婚者かどうかを判断できるかもしれません。

案外、かまかけるだけで既婚者かどうかの判断ができますよ。

対処法2:メッセージを無視する・ブロックをする

「浮気や不倫はしたくない」
「マッチングアプリで時間を無駄にしたくない」

と、考えている方は、既婚者と気づいた時点でメッセージを無視するか、相手の男性をブロックするといいでしょう。

既婚者の疑いがある男性との繋がりを断てば、浮気や不倫のリスクも、時間を無駄にすることもなく、次の出会いを探すことができるはずです。

また、既婚者の男性は切り替えが早く、遊べる可能性がないと判断すれば、すぐに他の女性にターゲットを変える傾向があります。

既婚者男性と仲良くなったところで、独身女性にメリットはありませんので、早めに見切りをつけましょう。

対処法3:運営会社に違反報告をする

相手の男性が既婚者と判明した時点で、マッチングアプリの運営会社に違反報告をしておきましょう。

きちんと違反報告をすることによって、既婚者男性のアカウントが停止されて、純粋な出会いを求める女性の被害をなくすことに繋がります。

マッチングアプリ内から1人でも多くの既婚者男性を減らすことができれば、あなたを含めて、幸せになれる女性が増えるはずです。

対処法4:交際している場合はすぐに別れる

マッチングに成功すれば、交際に発展するカップルがほとんどですが、交際してから既婚者と判明することがあります。

交際をしているわけですから、既婚者男性を好きになっており、将来の結婚を考えている人がいるかもしれません。

ただ、既婚者と付き合うことは、浮気や不倫でしかなく、男性の家族から訴えられるリスクがあります。

辛い決断と思いますが、既婚者男性と交際している場合は、すぐに別れて新しい出会いを求めましょう

別れるときに、マッチングアプリの運営会社に違反報告をしておけば、既婚者男性にマッチングアプリの利用を禁止させることができるはずです。

かまかける、通報する...既婚者男性を見抜いた女性の体験談

マッチングアプリに潜む既婚者の見分け方や、既婚者と気づいたときの対処法についてお話をしてきました。

残念なことですが、マッチングアプリには数多くの既婚者男性が潜んでいます。

ただ、マッチングアプリに潜む既婚者男性を見抜いた女性がたくさんいるようです。

どのように既婚者男性を見抜いたのか、既婚者と気づいてどう対処したのかについて、実際の体験談を見てみましょう。

体験談1:かまかけることで既婚者と見抜くことができました

20代 女性

マッチングアプリで出会った男性は、夜の時間帯や週末に連絡が取れなくなるので、既婚者の可能性を感じました。

既婚者かどうかを確かめるために「既婚者ではないですよね?」と、かまかけると、すぐに白状してくれました。

まだ、連絡を取り合ったばかりだったので助かりましたが、付き合っていたり、体の関係を持ったあとと考えると、本当にゾッとします。

すぐに運営会社に違反報告をして、その男性は強制退会されていました。

かまかけるかどうかは関係なく、マッチングアプリを利用する女性は、関係が進む前に、独身・既婚について質問をするべきだと思います。

体験談2:プロフィール欄から既婚者と見抜くことができました

30代 女性

マッチングアプリで男性を選ぶときに、年齢・職業・年収・趣味を重点的にチェックをしているのですが、偶然ハイスペックな男性を見つけたので、自分から連絡を取ってみました。

ただ、挨拶を交わした直後に、LINEの交換やご飯に誘ってきたりと怪しい男性でしたので「既婚者ですよね?」と、かまかけると、連絡が途絶えましたね。

もちろん運営会社に違反の通報をして、アカウントは停止されたようです。

調べてみると、その男性はマッチングアプリでは有名な既婚者男性だったみたいで、たくさんのマッチングアプリで利用禁止にされているとわかりました。

マッチングアプリを利用するときは、しっかりと男性の素性を知るべきだと思いましたね。

既婚者男性がいないマッチングアプリはある?

既婚者男性がいないマッチングアプリはほとんどない

マッチングアプリを利用する以上は、独身の素敵な男性と出会いたいですよね。

独身同士であれば、気兼ねなく交際することができるうえに、うまくいけば結婚することもできるでしょう。

ただ、残念なことに、既婚者男性がいないマッチングアプリはほとんどなく、独身と偽って女性を探している既婚者男性が潜んでいます。

プロフィールの内容を信じるのではなく、連絡が取れない時間帯がないか、プライベートの話をしてくれるのかをチェックして、早い段階で既婚者かどうかを見抜くことが大切です。

既婚者と出会う確率がかなり低い!おすすめのマッチングアプリ

既婚者がいないマッチングアプリはほとんどないとお伝えしましたが、それでも既婚者の利用が少ないマッチングアプリがあります。

ここでは、既婚者と出会う確率がかなり低いと噂のマッチングアプリを見てみましょう。

既婚者に出会いにくいアプリ1:Omiai(オミアイ)

Omiai(オミアイ)は、400万人以上の会員数を誇る大人気のマッチングアプリです。

20代~30代前半の結婚の意識が強い男女の利用が多く、婚活・恋活の両方で利用することができます。

また、会員数の多さと、真剣な婚活をしている方ばかりであることから、過度な身バレ防止や、プライベートの話をしない人は相手にされません。

これらの理由から、身バレを避けたい既婚者男性の利用が少ないと言われています。

真剣に恋活・婚活をされている方は、マッチングアプリOmiaiを利用してみてはいかがですか?


出典:fb.omiai-jp.com

Omiai(オミアイ) 公式サイト

既婚者に出会いにくいアプリ2:Pairs(ペアーズ)

利用者数1000万人を超える人気No1のPairs(ペアーズ)は、会員数の多さから身バレの可能性が高いため、既婚者の利用が少ないと評判です。

ただ、独身の男女にとっては、会員数が多い分出会える確率が高くなるため、マッチングに成功しているカップルがたくさんいます。

マッチングの成功率が群を抜いて高いため、早く恋人がほしい人や、理想のタイプと出会いたい人におすすめのマッチングアプリです。


出典:www.pairs.lv

Pairs(ペアーズ) 公式サイト

見分け方を覚えて悪質な既婚者を対処しよう!

マッチングアプリに潜む既婚者男性の特徴や見分け方、見抜くポイントを中心に紹介しました。

どのマッチングアプリにも既婚者男性が潜んでいる可能性がありますので、プロフィール欄のチェックをしたり、かまかけるなど、見分け方を覚えて悪質な既婚者を対処しましょう。

マッチングアプリをうまく利用できれば、素敵な男性と出会えるはずです。

関連記事
既婚者でも独身と嘘をつくことがある…なぜ?嘘を見抜く方法

既婚者でも独身と嘘をつくことがある…なぜ?嘘を見抜く方法

嘘でしょ?既婚者男性が合コンに!?その理由とは…

嘘でしょ?既婚者男性が合コンに!?その理由とは…

既婚者も婚活!?既婚者男性に騙されないようにする方法

既婚者も婚活!?既婚者男性に騙されないようにする方法

関連キーワード

おすすめの記事