どっちが幸せな結婚?婚活をして相手を選べないときの判断基準

婚活で、「どっちと結婚したほうが幸せになれるんだろう…」と悩むことがありますよね。 そこで、ここでは婚活をして相手を選べないときの判断基準について説明します。 どっちと結婚をするべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

婚活相手を選べない!どうしよう!

婚活では出会いが多い

婚活には「結婚相手と出会いたい」と思っている人が参加しているため、たくさんの人と出会うことができるでしょう。

「この人とは価値観が合う」「この人は優しくて包容力がある」など、出会った人のいいところを比べてしまうと結婚相手を選べないでしょう。

結婚したら簡単に離婚できない

結婚をして「この人と結婚しなければよかった」と後悔しても、簡単に離婚できないため、真剣に結婚相手を選びますよね。

婚活で出会った相手がいい人だと思えないと、結婚相手を選べないでしょう。

婚活相手を選べない理由

出会いがない

婚活していても、「いいな」と思える相手と出会えないと結婚相手を選べないでしょう。

今はいい人と出会えなくても、婚活をしていれば「結婚したい」と思える相手と出会えるかもしれません。

諦めずに結婚相手を探しましょう。

早く結婚したい

「周りの人が結婚をしはじめたから結婚したい」「年齢的に結婚しないとまずい」と結婚に焦ってしまう人がいるでしょう。

婚活で出会った人が「結婚したい」と思える相手ではないのに、無理に結婚しようとしているため、「結婚相手に選べない」「本当は結婚したくない…」と思ってしまうのかもしれません。

年齢を気にしている

「もう30歳になったから結婚しないと」「高齢出産にならないように今すぐ結婚しなきゃ」と年齢を気にしていると、結婚相手を選んでいる余裕がないと思うでしょう。

年齢を気にして結婚に焦ってしまうため、結婚相手を選べない状態になってしまうのでしょう。

婚活相手を選べないときの判断基準

結婚生活がうまくいくか

結婚相手が選べないときは、結婚生活がうまくいくか考えてみるといいかもしれません。

どちらのほうがあなたのことを幸せにしてくれるかを比べて、「この人となら幸せに暮らせそう」と思える人を結婚相手に選ぶといいでしょう。

結婚したいと思えるか

「結婚したい」と思える相手と結婚をしないと、結婚したあとに「結婚しなければよかった」と後悔してしまうかもしれません。

そのため、結婚相手を選ぶときは、結婚したいと思える相手なのかを考えて決断するといいでしょう。

何があっても受け入れられるか

結婚をして一緒に生活をしていると、必ず相手の嫌な部分に目がいってしまいます。

そのため、嫌な部分を知ってしまっても受け入れる必要があります。

「何があっても離婚しないでいられるか」「嫌なところを受け入れられるか」を考えてから、結婚相手を選ぶといいでしょう。

婚活相手を選ぶときの注意点

注意点① 後悔しないか

婚活で結婚相手を選ぶときに、結婚をして後悔しないか考えましょう。

「結婚相手が選べないからプロポーズされた人と結婚しよう」など、軽い考えで結婚をしてしまうと結婚したことに後悔する可能性があります。

後悔しないか考えてから決断するといいでしょう。

注意点② 他にいい人がいないか

結婚相手が選べないときは、他にいい人がいないか考えてみるといいでしょう。

焦って結婚をせずに婚活を続けていれば、そのうち「結婚したい」と思える相手が現れるかもしれません。

注意点③ 結婚したいと思えるか

結婚相手が選べないときは、どちらのほうが「結婚したい」と思えるのか考えてみましょう。

結婚したいと思っていない人と結婚をしても、結婚生活が心から幸せだと思えないでしょう。

結婚を考えるとなかなか選べない!

結婚をすると簡単に離婚できないため、「本当にこの人と結婚をして幸せになれるのか」「結婚して後悔しないのか」と考えてしまい、結婚相手を選べない状態になってしまうでしょう。

幸せな結婚生活を送りたいのであれば、心から「結婚したい」と思える相手と結婚をするべきです。

関連記事
断りづらい!婚活相手を傷つけない断り方とは?

断りづらい!婚活相手を傷つけない断り方とは?

婚活は妥協して選ぶべき?妥協してもいい点とは?

婚活は妥協して選ぶべき?妥協してもいい点とは?

誰を選ぼう…婚活で本命を選ぶ決め手とは?

誰を選ぼう…婚活で本命を選ぶ決め手とは?

関連キーワード

おすすめの記事