倦怠期で振ったけど後悔!彼とは復縁できる?何をすればいい?

どれほど仲がいいカップルだとしても、倦怠期がおとずれることがあります。 倦怠期になると、「このまま付き合って大丈夫かな」と不安になり振ってしまうことがあります。 しかし、倦怠期で振ったあとに冷静になって後悔する女性が少なくありません。 今回は、倦怠期で振った彼氏と復縁する方法について紹介するので参考にしてみてください。

倦怠期で振った理由とは?

どれほど仲がいいカップルであっても、倦怠期になってギクシャクすることがあります。

倦怠期を乗り越えられるカップルがたくさんいますが、なかには倦怠期中に彼氏を振ってしまう方がいます。

【倦怠期で振った理由1】喧嘩が多くなったから

倦怠期になると、彼氏と一緒にいるだけでイライラすることが多くなります。

そのため、それまでは喧嘩しないようなちょっとしたことでぶつかり合って喧嘩に発展してしまいます。

ケンカが続くと、「付き合うのが辛い」と感じて彼氏を振った人が少なくありません。

【倦怠期で振った理由2】ドキドキしなくなったから

倦怠期になると、付き合ったばかりのようにドキドキすることが少なくなります。

「恋愛の刺激が欲しい」と感じる人が別れを選択することが多いです。

【倦怠期で振った理由3】将来が不安だから

倦怠期になると、ふたりでいるときに楽しさよりも辛さが大きくなります。

そのため、「この人と結婚して一緒に生きていけるかな」と不安になり別れる人がいます。

【倦怠期で振った理由4】ほかの男性が気になったから

倦怠期中は、彼氏に対する愛情が薄くなってしまいます。

そのため、気になる男性ができたときに「彼氏よりいい男かもしれない」と感じて、彼氏を振ることがあります。

倦怠期で振ったけど後悔!それはなぜ?

【彼氏を振ったけど後悔する理由1】勢いで別れたから

倦怠期のときは、勢いで振ってしまう女性がいます。

また、振るつもりはないのに喧嘩の勢いで別れを告げることがあります。

勢いで振ると、「どうしてあのとき別れたんだろう」と後悔することが多いです。

【彼氏を振ったけど後悔する理由2】別れてから彼氏の大切さに気付いたから

倦怠期中に、別れたあとに彼氏の大切さに気づくことが多いです。

大切さに気付いたときに、「どうして振ってしまったんだろう」と後悔する女性が多いです。

【彼氏を振ったけど後悔する理由3】冷静になったから

倦怠期中に別れてから時間がたつと、気持ちが落ち着きます。

冷静になって振り返ったときに、彼氏との別れを後悔することが多いです。

とくに、倦怠期まで大きなトラブルがなかった女性ほど「どうして振ってしまったんだろう」と後悔します。

【彼氏を振ったけど後悔する理由4】彼氏よりいい男性と巡り合えないから

倦怠期中は、「彼氏よりいい男性がいるはず」と感じる女性がいます。

しかし、別れたあとにいい出会いがなかったり他の男性と付き合っているときに「やっぱり彼氏のほうがよかった」と感じて後悔することがあります。

振った彼とは復縁できる?何をすればいい?

【復縁する方法1】自分の悪い点を反省する

倦怠期に振った彼氏と復縁するために、まずは自分の悪い点を反省しましょう。

振って後悔した理由をしっかり反省して改善しないと、同じことを繰り返すためです。

【復縁する方法2】冷却期間をおく

振った彼氏と復縁したいときは、冷却期間をおくことが大切です。

「すぐに復縁したい」とアタックをしたとしても、彼氏が受け入れてくれる可能性がほとんどないためです。

【復縁する方法3】自分磨きをする

振った彼氏と復縁するためには、彼氏に「復縁したい」と思わせることが大切です。

そのため、自分磨きをして彼氏に求められる女性を目指しましょう。

復縁したい!冷却期間はどのくらい?

倦怠期中に振った彼氏と復縁したいときの冷却期間は、振り方や彼氏の性格によって変わります。

おたがいが納得して別れていないときは、3ヶ月から6ヶ月程度の冷却期間が必要です。

しかし、激しく喧嘩をしたときや相手を傷つけることを言ったときはどれほど冷却期間を長くしても復縁できないことがあるので注意しましょう。

勢いで別れて後悔しないように!

倦怠期中に勢いで別れて、後悔する女性が多いです。

そのため、別れを選択する前に冷静になることが大切です。

関連記事
自分が彼氏を振ったはずなのに寂しい!理由&対処法

自分が彼氏を振ったはずなのに寂しい!理由&対処法

振ったけど好き!復縁の可能性&振られた側の元彼の気持ち

振ったけど好き!復縁の可能性&振られた側の元彼の気持ち

関連キーワード

おすすめの記事