研究職の男性とは結婚できないって本当?確実にゲットするためのコツ

研究職の彼氏と結婚できたら素敵ですよね。 研究職の彼と結婚するにはどうすればいいか、知りたい人は多いと思います。 ここでは、研究職の男性と出会う方法や研究職の彼と続くための注意点、研究職の男性が結婚相手にしたい女性の特徴などを紹介します。

研究職の男性とは結婚できないって本当?

研究職は残業が多く、仕事に打ち込まなければいけないのでプライベートが安定していません。

また、真面目な人が多く頭脳明晰でシュミレーション能力も高いため、彼女に迷惑をかけてしまうことを恐れて自分から別れを選択することが多いようです。

研究職の彼と結婚できないときは、彼主導で話を進めずにあなたの望む選択肢へ導くようにしたほうがいいでしょう。

研究職の男性との結婚が難しい理由とは

お給料が低いから

研究職は時間がかかる作業のため残業が当たり前ですが、給与は低く家庭を持てる自信がない人が多いようです。

経済的な問題で研究職の彼と結婚できないときは、彼を養う気持ちでお付き合いしましょう。

仕事が忙しすぎるから

研究には納期があります。

研究スケジュールがもっとも忙しい時期は疲れているので、休みの日は睡眠にあてたいと思うでしょう。

そうなると、デートや家庭生活に時間が割けなくなるので、結婚できないと思ってしまうようです。

研究職の彼の職場事情をよく理解し、気長に待ってくれる女性がいれば、彼の結婚できないという気持ちは変わるかもしれません。

将来が不安で気持ちが安定しないから

研究職は、ある意味お宝ハンターや冒険者と同じで「たぶんこの辺に存在するであろうなにか」を探して彷徨う探検家のようなものです。

それが地球上の問題か、細胞や分子レベルのの問題かという違いなのです。

大自然を探検する男性はワイルドで精神力の強いタイプが多いですが、研究所内で試行錯誤しなければいけない研究職の男性は大人しく真面目で不安になってしまう人が多いようです。

ゲットしたい!研究職の彼氏を手に入れる方法

全力でサポートする

研究職の彼と結婚したい場合は、彼の研究を尊重してサポートに徹したほうがいいでしょう。

生活が安定しないからといって、収入の多い職種に転職を勧めたりなどしてしまうと、彼はあなたとは結婚できないと思ってしまうでしょう。

研究職は彼の夢であり、苦労して勉強し努力の末にたどり着いた憧れの仕事なのです。

その辺を理解できない女性とは、結婚できないかもしれません。

邪魔しないように癒す

発明は99%の努力と1%のひらめきといわれていますが、研究職の彼との結婚は80%の我慢と20%のスキンシップです。

サポートに徹するだけでは、彼女じゃなくて助手になってしまいます。

彼だって1人の男ですので、たまにはプライベートで息抜きをしたいと思うことがあるでしょう。

仕事中は彼の邪魔をしないようにひたすら我慢し、彼が気分転換したいと思ったら恋人として普通に接してあげましょう。

「自分は一生結婚できないかもしれない」と思っている彼でも、あなたとの結婚なら意識できるようになるかもしれません。

真面目な彼を追いつめない

研究職の彼はなにごとも真剣に受け止めがちなので、恋の駆け引きなどで彼を翻弄するのはやめましょう。

また、仕事よりあなたを大切にしてほしいと頼んだり、収入が低いことなどに嫌味をいわないことが大切です。

真面目な彼はすべてを真に受けて悩み、あなたとは結婚できないと考えてしまうかもしれません。

研究職の男性との出会いの場はここ

研究職の人がいる飲み会にいく

研究職の彼氏を作りたいと思ったら、まず研究所に知り合いがいる女性と仲良くなって、飲み会に研究職の男性を呼んでもらうといいでしょう。

研究職の男性は結婚できないと思い込んでいる人が多いので、あまり自分から婚活する人はいないかもしれません。

「知り合いに誘われた合コンになら行ってみる」と思う人が多いようです。

フェイスブックを活用する

結婚できないことに悩む研究職の男性は、パソコンを駆使して出会いを探すことがあるようです。

仕事が忙しくパーティーや飲み会に顔を出せない場合でも、ネットでのやりとりなら可能です。

研究職の男性と結婚したいなら、フェイスブックと連携している安全性が高いアプリなどで知り合うといいかもしれません。

研究職の男性が結婚相手に選びやすい女性の特徴

彼をリードしてくれる女性

仕事が忙し過ぎる研究職の彼は考え過ぎてしまい、彼女のために身を引こうと決断しがちです。

そんなときに彼をリードしてくれる女性は精神的に頼りがいがあり、彼の暗くなりがちな気持ちを明るくしてくれる女性として結婚相手に選びやすいようです。

彼を特別扱いしない女性

研究職の彼はつねに研究者として期待され、職場で結果を出さなければいけないというプレッシャーをかけられています。

プライベートで「頭がいいんだね」「研究できるなんてすごい」など特別扱いをされると、もうどこにも逃げ場がなくなってしまいます。

2人きりのときは1人の男性として接し、研究やプレッシャーのことは忘れさせてあげるといいかもしれません。

研究の仕事を理解してくれる女性

研究の仕事は彼の天職です。

どうしても仕事第一で家族はその次になってしまうので、その優先順位を理解してくれる女性と出会えば、彼は結婚を意識するかもしれません。

なぜなら、そんな女性は滅多にいないからです。

滅多にいない女性になれば彼の目に留まりやすくなり、結婚相手として選ばれやすくなるでしょう。

的を射ない自分磨きでは、自己満足だけで終わってしまい誰にも響きません。

まずはじめにどんな相手と結婚したいか考えて、相手に合わせた合理的なアピールを心がけましょう。

関連記事
プロポーズ待ちが長い!彼氏に結婚を意識させる方法とは

プロポーズ待ちが長い!彼氏に結婚を意識させる方法とは

忙しい彼氏からプロポーズされるには?結婚に近づけるコツとは

忙しい彼氏からプロポーズされるには?結婚に近づけるコツとは

関連キーワード

おすすめの記事