結婚相手を顔で選ぶのはよくない理由って?でも…イケメンがいい

結婚相手を選ぶ基準は人によってさまざまですが、「顔を基準に選ぶのはよくない」といわれることが多いです。 結婚相手を顔で選ぶのがよくない理由には、どのようなものがあるのでしょうか。 今回は、結婚相手を顔で選ぶのがよくない理由と、結婚相手の選び方を紹介するので参考にしてみてください。

結婚相手は顔で選ぶ!?それとも…

結婚相手を決めるときの決め手は、人によってさまざまです。

結婚相手を選ぶときの理由として多いのが、「性格が合う相手」「経済的に豊かな相手」といった理由です。

結婚を考えていないときは、顔で恋人を選ぶ人がたくさんいますが、結婚相手を選ぶときに顔で選ぶ人はあまり多くありません。

それでも、「私は結婚相手を顔で選ぶ」と決めている人がいます。

結婚相手を顔で選ぶと、メリットのほかにデメリットがあるので注意してください。

結婚相手を顔で選ぶ人の心理

【顔で選ぶ人の心理1】イケメンが大好き

結婚相手を顔で選ぶ人は、イケメンが大好きな面食いのケースが多いです。

面食いの人にとっては、性格が一致することよりもイケメンと結婚することのほうが優先順位が高くなります。

【顔で選ぶ人の心理2】友達に自慢したい

イケメンと結婚できたときは、夫を友達に自慢できます。

既婚者同士で集まったときに、優位な立場で話せることをうれしく感じる人が少なくありません。

【顔で選ぶ人の心理3】イケメンが相手でないとプライドが許さない

プライドが高い女性は、「顔がいい男性以外は自分にはふさわしくない」と考えているため、結婚相手を顔で選びます。

自分に自信があるタイプの女性に多く、ファッションや自分の外見を磨くことに努力を惜しまない人が多いです。

結婚相手を顔で選ぶのはよくない理由

【よくない理由1】浮気のリスクが高い

顔がいい男性の元には女性が集まりやすいため、浮気のリスクが高くなってしまいます。

また、顔がいい男性は若いときから女性と遊び慣れていることが多く、浮気に対して罪悪感を持っていないケースがあります。

結婚をしたあとに夫の浮気で悩んでしまったときに、「顔で選ばなければよかった」と後悔する女性がたくさんいます。

【よくない理由2】顔以外に大きな欠点があるかもしれない

結婚相手を選ぶときに顔だけに注目してしまうと、顔以外の欠点に気が付かないケースがあります。

「少々の欠点なら我慢すればいい」と考えている人がたくさんいますが、場合によっては一緒に生活するのが困難な欠点のことがあります。

とくに、金銭感覚がずれていて借金に抵抗がないときや、DVを平気でするような男性だったときは結婚したことを後悔してしまいます。

【よくない理由3】年老いたときに後悔することがある

どんなに顔がいい相手だったとしても、年齢を重ねることで顔が崩れてしまうことが多いです。

顔だけに注目して結婚したときは、夫の顔が崩れてしまったときに「結婚しなければよかった」と後悔してしまいます。

また、年齢を重ねていないとしても太ってしまったり痩せすぎたりして、顔が変わってイケメンといえなくなることがあります。

結婚相手は顔で選ぶのではなくココで選べ!

性格で選ぶ

結婚をした相手とは、一生を共にしていくことになります。

そのため、一緒にいて居心地がいい相手であれば幸せな結婚生活を送ることができます。

また、おたがいを尊重しあって高めあえる相手であれば、結婚をしたあとに幸せになれます。

価値観で選ぶ

結婚相手を選ぶときに、価値観が合うかどうかを重視するのがおすすめです。

とくに経済的な価値観や子育てについての価値観が合っていると、結婚してからおたがいの意見が食い違ってけんかをすることが少なくなります。

経済力で選ぶ

結婚相手を選ぶときに、経済力を重視するのが一つの方法です。

結婚したあとはどうしてもお金が必要なシーンがたくさんあります。

経済的な悩みがないだけで、結婚生活の心配が減ります。

顔で選ぶかはあなた次第!

結婚相手を選ぶときの基準は、人それぞれです。

しかし、結婚してから後悔しないように、顔を重視するときは性格や価値観のチェックを忘れないようにしましょう。

関連記事
結婚の決め手はやっぱり顔!?顔で選ぶメリット・デメリットは?

結婚の決め手はやっぱり顔!?顔で選ぶメリット・デメリットは?

結婚相手との学歴・顔面偏差値の釣り合いは気にする?

結婚相手との学歴・顔面偏差値の釣り合いは気にする?

イケメンの結婚は早い!いい男を早くに捕まえる方法

イケメンの結婚は早い!いい男を早くに捕まえる方法

関連キーワード

おすすめの記事