結婚前提でお付き合い中!プロポーズはいつなの?

結婚前提でお付き合いをはじめたのに、なかなかプロポーズされないと不安になってしまいますよね。 結婚前提でも、必ず結婚するとはかぎりません。 ここでは、プロポーズまでに気をつけるべきことや上手なプロポーズの催促方法、結婚前提でお付き合いする注意点などを紹介します。

結婚前提でお付き合い!プロポーズはいつ?

結婚前提とは結婚確定ではない

結婚前提でお付き合いしているからといって、必ずプロポーズされるとはかぎりません

お互いを知っていくうちに、「思ったような女性じゃない」と判断されてしまえば、プロポーズはされないでしょう。

いつプロポーズされるのだろうと待ちの姿勢になるのではなく、プロポーズしてもらえるように人事を尽くして天命を待ちましょう。

プロポーズまでの道のり

プロポーズまでの期間はおよそ1年

一般的なプロポーズまでの期間は、お付き合いをはじめてからおよそ1年です。

結婚前提でのお付き合いなら、四季のイベントをひととおり経験してお互いを理解できるころなので、決断をするのにちょうどいい期間だといえるでしょう。

早いカップルは1ヶ月から、遅いカップルは2年ほどで決断するようです。

本音で話し合う

いつまでも核心に触れずなんとなく付き合っていては、プロポーズにたどり着きません。

結婚後の生活を具体的に話し合い、なにもいわずに相手に気付いてもらおうとせず、しっかり自分の考えを伝えましょう。

将来の計画だけでなく、現在の気持ちを伝えるのもいいでしょう。

ただし、過去のどうにもならない事実を非難するようなことは、できるだけ避けたほうがベターです。

男性は、問題を解決できないとストレスを感じてしまいます。

もし過去についての指摘をしたいなら、「これからはこうしてほしい」などの解決策を提示するといいかもしれません。

お互いの親に挨拶する

結婚前提で付き合っている場合は、プロポーズ前にお互いのご両親への挨拶を済ませる場合が多いようです。

相手の親族と顔を合わせることで、結婚後の親戚付き合いなどをイメージすることができます。

付き合っている彼氏とだけ仲良くしても、相手の親族との関係が悪化するとプロポーズしてもらえない可能性があるので、第一印象をよくする努力をしましょう。

貯金をする

結婚資金は、いくらあっても多すぎるということはありません。

結婚前提でお付き合いをはじめたら、どんな想定外が起こるかわからないので貯金をしたほうがいいでしょう。

1年間頑張ればそれなりの貯金ができるので、結婚生活に活用したりそのまま非常用の貯金として続けていくのもいいでしょう。

プロポーズがいつだかわからない不安を貯金に集中することでまぎらわせることができれば、余計な喧嘩をしないで済むかもしれません。

結婚前提のお付き合いの注意点

期限を決めないままズルズル付き合わない

出産などの関係で時間を無駄にしたくない場合は、お付き合いはじめに2人で結婚を決断する期限を決めておきましょう。

いつプロポーズしなければいけないかの締め切りがわかっていると、男性は自然に逆算して行動を早めてくれます。

日付を決めずにあいまいな感じにしてしまうと、環境の変化などでお互いの認識にズレが生じ、結局なにも決めていないときと同じように揉めてしまう可能性があります。

「昇進したら」「司法試験に合格したら」など、実際にどうなるかわからない期限は目安にしないほうがいいでしょう。

「◯歳になったら」「2人の交際記念日がきたら」などの確実な期限を設定するといいかもしれません。

結婚後の生活を具体的に計画する

結婚前提でお付き合いするのであれば、結婚後の仕事や家事分担、育児法などを具体的に話し合っておきましょう。

お互いの考えをしっかり聞くことで結婚後の生活への不安がなくなったり、相手の人格を判断できて安心したりといいことがたくさんあります。

しっかり話し合わないまま結婚してしまうと、いつ仕事を辞めいつ子作りをはじめるのかわからないまま勝手に仕事を辞めたり突然妊娠したりして、喧嘩が絶えない結婚生活になってしまうかもしれません。

必ず結婚する必要はない

結婚前提のお付き合いだからといって、必ず結婚する必要はありません。

結婚を前提にするという意味は、「遊びで付き合って気まぐれに別れたりはしません」という真剣さのアピールであって、法的拘束力などはないのです。

ただし、プロポーズをOKしたあとは婚約状態となり、2人で協力して婚姻届を提出する法的な努力義務が生じます。

結婚をやめると慰謝料が発生する場合があるので、注意が必要です。

結婚前提のお付き合い!プロポーズの催促方法

彼氏が結婚の話をしたら

いつプロポーズされるのかわからない場合は、彼が結婚の話をしたらチャンスです。

男性が結婚の話をするときは、プロポーズ前に彼女が必ずOKしてくれるか不安になって、事前に成功するかどうかの感触をつかもうとしている可能性があります。

サプライズを考えているかもしれないので、プロポーズの催促をしないように注意して「結婚の申し込みを受けたら確実にOKする!」というアピールをしましょう。

あなたからOKの返事をもらえると確信すれば、彼は安心してプロポーズしてくれるかもしれません。

彼氏が他人の子供に接したときに

いつ頃プロポーズなのか気になってくる頃に、彼氏が小さな子供をみていたら「わたしと彼氏の子供が生まれたら可愛いだろうな」と自然にいってみましょう。

彼が驚いても追撃せずに流すことで、彼はあなたの素の願望を覗きみてしまったような気持ちになり、プロポーズしてくれるかもしれません。

あまりわざとらしいと逆にプレッシャーをかけてくる女として引かれるので、彼氏の性格や自分の演技力に注意して実行しましょう。

プロポーズのタイミングは人それぞれ!

プロポーズは一生に一度の大イベントです。

あなただけでなく、彼氏もプロポーズについて考えているはずなので、いつプロポーズされてもいいようにお肌や体型を整えて待ちましょう。

彼が頑張って考えたサプライズプロポーズに思い出に残るいいリアクションを返してあげられるように、いつでも泣ける練習をしておくなど、お互いが歩み寄る姿勢が大切です。

関連記事
プロポーズ前の男の言動って?後押しする言葉はコレ!

プロポーズ前の男の言動って?後押しする言葉はコレ!

プロポーズ待ちが長い!彼氏に結婚を意識させる方法とは

プロポーズ待ちが長い!彼氏に結婚を意識させる方法とは

男性が結婚を決めるタイミングっていつ?踏み切るきっかけ5選

男性が結婚を決めるタイミングっていつ?踏み切るきっかけ5選

関連キーワード

おすすめの記事