彼女持ちの彼とは両思いになれない!?考えるべきリスクとは

彼女持ちの彼のことを好きになると、「両思いになれないのかな」「このまま諦めたほうがいいのかな」と思いますよね。

そこで、ここでは彼女持ちの彼とは両思いになれないのかについてと、考えるべきリスクを紹介します。

彼女持ちの彼のことを好きになった方は、ぜひ参考にしてみてください。

彼女持ちの彼とは両思いになれない運命なの?

両思いになれない可能性はある

彼女持ちの彼が彼女にゾッコンだったり、彼女との関係がうまくいっているときは両思いになれない可能性があります。

彼女持ちの彼が彼女と仲がよくて、「絶対に両思いになれない」と思うなら、諦めるといいでしょう。

両思いになれる可能性はある

彼女持ちの彼を好きになると、「両思いになれないだろうな」と思いますよね。

しかし、彼女とうまくいっていないタイミングでアピールしたり、彼にとって彼女以上に理想の女性になれば好きになってもらえるかもしれません。

彼女持ちの彼と付き合いたい!考えるべきリスクとは

彼女ともめる

彼女いる彼に猛アピールをすると、「私の彼氏を取ろうとしないで!」「彼女いるのにアピールするなんてありえない!」と彼女に言われてもめるかもしれません。

彼は彼女の味方になるため、彼女ともめたらあなたの立場が悪くなってしまうでしょう。

浮気相手にされる

彼女持ちの彼にアピールをすると、「彼女と別れる気はないから浮気相手にしよう」と思われるかもしれません。

両思いになれても浮気相手にされたら辛い思いをするため、彼女いるときにアピールしないほうがいいでしょう。

付き合っても幸せになれない

彼女持ちの彼を略奪しても、幸せになれない可能性があります。

彼女持ちの彼は「彼女にバレそうでバレないのが楽しい」と思って、あなたのことを一時的に好きになっているだけかもしれません。

両思いになりたい!彼女持ちの彼を振り向かせる方法

彼女持ちの彼の理解者になる

彼女持ちの彼の1番の理解者になることで、「彼女以上に俺のことをわかってくれる」「俺のことをこんなに理解してくれる人は他にいない」と思ってもらえて両思いになれるかもしれません。

彼女持ちの彼と両思いになるために、彼の理解者になりましょう。

彼女とうまくいっているときは邪魔をしない

彼女持ちの彼が彼女とうまくいっているときにアピールすると、「邪魔しないで」「彼女以外の女性は興味ない」と思われて、両思いになれる可能性が低くなります。

そのため、彼女持ちの彼が彼女とうまくいっているときは邪魔しないようにしましょう。

彼女とうまくいっていないタイミングを狙う

彼女持ちの彼が彼女とうまくいっていないタイミングを狙えば、「彼女とうまくいってないし別れようかな」「彼女より〇〇ちゃんと一緒にいたほうが幸せ」と思ってもらえて、両思いになれるかもしれません。

彼女持ちの彼と両思いになりたいなら、彼女とうまくいっていないタイミングを狙いましょう。

略奪して幸せになれるの?

幸せになれる可能性はある

彼女持ちの彼のことを略奪すると、「本気で私のこと好きじゃないかも」と不安になりますよね。

しかし、あなたが元カノ以上に彼の理想の女性になることで、元カノ以上に好きになってもらえて幸せになれる可能性があります。

幸せになれない可能性がある

彼の「彼女にバレそうでバレないのが楽しい」「浮気関係が楽だからいい」という気持ちがなくなると、「本当は元カノのことが好きだったんだ」「元カノとよりを戻したい」と思われることがあります。

そのため、本当に両思いになっていないのに彼女持ちの彼を略奪すると、幸せになれないかもしれません。

幸せになれるかはあなた次第

彼女持ちの彼のことを略奪して、幸せになれるかはあなた次第です。

付き合っていると彼の嫌な部分を目にしたり、喧嘩して嫌な思いをすることがあるでしょう。

しかし、それでも「幸せ」と思える人は幸せになれるはずです。

彼女持ちの彼と両思いになれた先のことも考えよう!

彼女持ちの彼と両思いになれたときは、彼女と別れてもらってあなたと付き合うことを考えてもらうようにしましょう。

せっかく両思いになれたのに、彼女と別れてくれなくて付き合えないと、あなたが悲しい思いをするでしょう。

関連記事
彼女がいるのになんで?彼女持ちの男性に告白されたときの対処法
彼女持ち男性からの「好き」は本気?言葉の本当の意味とは
男性心理が知りたい!彼女持ちなのに好きとLINEをする理由

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!