そんなにダメかな?デキ婚が恥ずかしいと思われるのはなぜ?

小さな命を授かって喜んでいたけれど、まわりから「デキ婚は恥ずかしい」と言われた経験を持つ人は少なくないようです。 妊娠は喜ばしいことのはずなのに、どうしてなのでしょうか? 今回は、デキ婚が恥ずかしいと思われる理由を解説します。

デキ婚が恥ずかしいと思われるのはなぜ?

計画性のなさ

デキ婚が恥ずかしいと言われる一番の理由は、計画性のなさかもしれません。

日本の場合は交際を経て結婚し、それから妊娠する流れが一般デキであり、多数派だといえるでしょう。

一方、デキ婚は交際中に妊娠して結婚という流れになります。

デキ婚をする人は依然と比べて増えましたがまだ少数派であり、順番を守れない計画性のない2人というイメージを与えるため、デキ婚は恥ずかしいこととして捉えられやすいようです。

節操のなさ

デキ婚は避妊をきちんとしていなかった・怠っていたという印象から、節操なしのイメージを与えるため、恥ずかしいと判断されるのかもしれません。

避妊をすれば高い確率で妊娠を防ぐことができ、結婚後に妊娠することが可能なのに、あえてそうしなったことをだらしないと捉えるようです。

また、命を授かる行為ではなく、快楽として性行為をしているというイメージを持たれる可能性は否定できないでしょう。

デキ婚って恥ずかしいの?デキ婚反対派・賛成派の意見

デキ婚賛成派

全ての人が、デキ婚を否定しているわけではありません。

デキ婚を容認している人は、確実にいます。

その理由は順番はどうであれ、小さな命を授かったというおめでたい話であることが挙げられます。

また、2人でしっかりと生活の基盤を作っていれデキ婚であっても、子供を育てられる環境であれば問題ないという意見があります。

デキ婚反対派

デキ婚を反対する人の意見として一番多いのは、結婚後に妊娠という順番を守らなかったことにあるようです。

ほかには、「妊娠しなければ結婚できなかったのか」という意見や、「短期間で離婚しそう」というイメージからデキ婚に反対している人はいるでしょう。

恥ずかしい?デキ婚のメリット・デメリット

デキ婚のメリット

デキ婚のメリットとしては、結婚後の不妊に悩む必要がないことや親に早く孫を見せられることが挙げられます。

なにより、結婚をするタイミングとしていいきっかけになるでしょう。

長年付き合っていて、結婚のタイミングを逃したカップルには結婚をするチャンスとなるはずです。

デキ婚のデメリット

デキ婚のデメリットとしては、家庭を持つことや子育てなどの心構えができていないこと・経済的な問題・夫婦2人の時間を過ごすことなく親となることが挙げられます。

また、結婚式を挙げられなかったりマタニティドレスになってしまって、理想のドレスを着れないことが考えられます。

何より、周囲の目が気になるというデメリットは避けて通れないかもしれません。

恥ずかしいと思われたくない!どうすればいい?

結婚前提のお付き合い

デキ婚と聞いて、まわりは「妊娠したから結婚するんじゃないの?」と思っている可能性があります。

まずは、結婚前提のお付き合いであったことや妊娠をしなくてもゆくゆくは結婚していたことを周囲に話してみましょう。

デキ婚の印象がガラリと変わるはずです。

自立した生活を送る

デキ婚をしてさらに親を頼って生活しているとなると、周りからの視線は厳しくなります。

「自分たちで生活できないのに子供を作るなんて…」と思っている可能性はあるでしょう。

デキ婚をしても2人でしっかり生活していれば、周りの考えが少しずつ変わるはずです。

子供ができること素晴らしいこと!

「デキ婚は恥ずかしいことだ」と考える人はまだまだ多いといえます。

しかし、子供を授かったことはとても喜ばしいことであり、おめでたい話です。

引け目を感じることなく、堂々としていましょう。

周りからの理解を得たい場合には、もともと結婚前提のお付き合いであり、妊娠しなくても結婚していたことを分かってもらいましょう。

「妊娠したから結婚」という安易な考えで行動したわけではないことが伝われば、周りからの理解を得られるはずです。

関連記事
言いづらい…親はデキ婚を反対する?反対されたときの対処法

言いづらい…親はデキ婚を反対する?反対されたときの対処法

悪いイメージを持たれがち!デキ婚のメリットはなに?

悪いイメージを持たれがち!デキ婚のメリットはなに?

デキちゃった…嬉しいけど不安!デキ婚の不安を取り除く方法

デキちゃった…嬉しいけど不安!デキ婚の不安を取り除く方法

関連キーワード

おすすめの記事