もう無理!疲れた…モラハラ旦那の特徴と5つの対処法

モラルハラスメント、略してモラハラ。言葉は耳にしたことはあっても、具体的にどんな言動がモラハラに当たるのか知らない人も多いのではないでしょうか。

今回はモラハラ旦那の特徴と対処法をお届けします。

モラハラとは?

モラハラをひと言で説明するなら、精神的な暴力・嫌がらせ

その名称通り肉体的な暴力は見られないことから、セクハラやパワハラよりも軽く思われがちですが、実際はそれらと同等かそれ以上に大きな問題なのです。

と言うのもモラハラが起きる人間関係が、夫婦間、恋人間、同僚間、上司と部下など、加害者と被害者とがごく親しい間柄の場合が多いため、周囲にハラスメントの事実がわかりづらいという事情によります。

虐待を発見されたときには、被害者の心に深い傷を残していることも少なくありません。

モラハラ旦那の特徴

モラハラ旦那の特徴その① 言葉の暴力をふるう

モラハラ最大の特徴とも言えるのが、言葉による虐待と心の支配

冒頭でお伝えしたように肉体的な暴力をふるうことはありませんが、たとえば家事や育児のやり方、果ては奥さんの人間性にまでもダメ出しをしてきます。

「家のことも満足にできないのか」
「まずお前を躾ないとダメだな」


などと日々責め立てられ、やがて精神的に参ってしまうのです。

モラハラ旦那の特徴その② 激しい束縛と嫉妬

嫉妬深さもモラハラ旦那の特徴の1つ。自分以外の男性と口をきくのを禁じたり、子どものような門限を設定するなど、理不尽なルールを作って妻を従わせようとします。

また、携帯のメールや通話履歴をチェックし、交友関係や行動をすべて把握しようとするでしょう。

モラハラ旦那の特徴その③ 何でも妻のせいにする

モラハラ旦那は、常に自分が正しいと思っています。たとえば旦那さんが浮気をしたとして「お前が俺をないがしろにしたからだ」などと、自分の非は決して認めません。何ごとも妻のせいにしてしまうのです。

自分に甘く、他者に厳しいのもモラハラ旦那の特徴なのです。

モラハラ旦那の特徴その④ 表と家の中とで態度が豹変する

家の中では傍若無人にふるまい、妻を苦しめるモラハラ旦那ですが、職場の人や友達からは「穏やかな人」「理想の旦那さん」などと思われていることがほとんど。つまりやたらと外面がいいのです。

そのため、妻はモラハラ被害に遭っていることを周囲にはなかなか気付いてもらえません。それどころか誰かに相談しても「あなたにも悪いところがあるのかも」などと言われてしまい、心が追い詰められていきます…。

モラハラ旦那の特徴その⑤ 妻をおとしめる嘘をつく

奥さんの体調が悪くて家事をこなせなかったときなど、「妻が食事を作ってくれない」「家のことをまったくしない」など、事実と違うことを吹聴しがちな点もモラハラ旦那の特徴として目立ちます。

しかし、表では「いい人」というイメージを作り上げているので、よくデキた旦那さんと怠け者の嫁のように周囲は認識するのです。

モラハラ旦那の特徴その⑥ アメとムチを巧みに使い分ける

モラハラ旦那は常に不機嫌なわけではありません。感情を爆発させた後で「さっきは言い過ぎた。ごめんね」などと謝ってきたり、ときには甘い言葉ともに贈り物をしてくれることすらあるでしょう。

このように時おり優しさを見せることで、妻は「悪いのは自分」「夫は私のためを思って叱ってくれている」などと思い込んでしまいます。

旦那がモラハラになった理由

妻を悲しませて悦に入るという「歪んだ性格」になってしまった原因として、幼少期の家庭環境が少なからず影響していると言われています。

たとえば父親がモラハラ旦那だった可能性。母親が罵られたり、ひどい扱いを受けるのを日常的に見ていた結果、それが夫婦の当たり前の形として刷り込まれてしまったというケースです。

その他にもネグレクトや暴力、過干渉などなど、親とよい関係が築けなかったことが原因になっている場合が多いようです。

モラハラ旦那の5つの対処法

対処法その① 旦那をとにかく立てる

基本的に男性は女性より優位に立ちたいという気持ちを持っています。モラハラ旦那はその傾向が非常に強く、どうあっても妻を下に見ないと気が済みません。

褒める、自慢話は口を挟まず聞く、歩く時は少し後ろを歩く…など、下手に出ることでモラハラの度合は少なくなるはず。

対処法その② 右の耳から左の耳へと聞き流す

モラハラは暴力を伴わないのが特徴です。これを幸いと捉えて、モラハラ旦那が何か批判的なことを言い出したら「また始まったわ」とでも思って、別のことに意識を向けてやり過ごしてみましょう。

実際、顔色をうかがう、反論する、泣くといった反応することで、嫌がらせがより悪化するケースが多いのです。まともに取り合っていたらキリがありません。

対処法その③ モラハラを自覚させる

そもそもモラハラを行う人は、思いやりの心に欠けています。ですから自分の威圧的な言動にどれほど妻が傷ついているのか理解していません。

これまで旦那に言われたことや態度について、どんな風に感じているのかを冷静に伝えてみましょう。ハラスメントが始まってから間もなくであれば、改善される可能性もなくはありません。

対処法その④ 信頼できる人・公的機関に相談

自分の両親、友達…誰でもいいので、とにかく現状を聞いてもらいましょう。吐き出してしまえば気持ちが少しは楽になりますし、解決のヒントをもらえるかもしれません。

モラハラ被害を無料で相談できる公的な機関もあります。

上でモラハラの特徴ひとつとして挙げた「周囲への理解されがたさ」については、会話のメモや録音など証拠を揃えることでクリアできます。

対処法その⑤ 離婚する

上でご紹介したいくつかの対処法を試してみて、旦那のモラハラが改善しないのであれば、離婚を考えてはいかがでしょうか。

特にお子さんがいるならば、将来に悪影響を与えないために必要な選択かもしれません。

さいごに

モラハラ旦那の特徴と5つの対処法をお届けしました。旦那さんの言動に思い当たるところはなかったでしょうか?

もしかして…と思うようなときは、対処法その①「とにかく立てる」から順番に試してみてください。言われたことはメモしておいたり、可能であれば録音するなど証拠を残しておくことも大切です。

関連記事
夫からもっと愛されたい!愛され妻の6つの特徴とは
はぁ…結婚生活に疲れた!離婚をするのってあり?
旦那が好きなのかわからない!自分の気持ちを確かめる方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード